ソーシャル・ネットワークの作品情報・感想・評価

ソーシャル・ネットワーク2010年製作の映画)

THE SOCIAL NETWORK

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.5

「ソーシャル・ネットワーク」に投稿された感想・評価

いわし

いわしの感想・評価

3.5
セックス&ドラッグの世界をリアルに覗けるのが面白いところかも
Facebookが出会い系アプリだったとは知らなんだ
やっぱりハーバード大学って凄い大学なんだとか、アメリカの強さみたいな変な所に感動
天才の考える事は、凄い!でも恋は天才でも上手くいかないのか…
かなり面白かった
たおる

たおるの感想・評価

3.7
Facebookはマーク・ザッカーバーグがフラれた所から始まった?

なんのためにFacebook立ち上げたのか若干わかりづらかったような気もしたけど、友達と作り上げてきたけど、途中からいろんな人との関わりの中ですれ違っちゃって…みたいな話。

どこまでが実話なんだろうと思って、観終わったあとに少し調べたら、マーク本人いわく、「同じなのは服装だけ」(笑)

でも監修には友人だったサヴェリンが。
サヴェリンが監修ってことはサヴェリン側の思いみたいなのが強くでてるのかなとか背景を考えるとちょっと違って見えてきたりする。

この二人の今の関係はどうなってるんだろうとちょっと気になる…

また観返すと違う部分も見えてくるかな
e1416

e1416の感想・評価

3.5
1回目は「ふーん」と思ったけど、2回目見たらよかった。
本当は違わないのに、すれ違ってくように見えて、実際にすれ違ってく色々。

Wikiより:
『ソーシャル・ネットワーク』(原題: The Social Network)は、2010年のアメリカ映画。SNSサイトのFacebookを創設したマーク・ザッカーバーグらを描いた映画である。
マークの天才ぶり、そして一つのことにひたすらに一途なところとは正反対な周りの人間達の様子。
ナップスターのパーカーもイイ味出してるし、何気にハーバードの学長も双子に創造への情熱が大切なんだ、と説いたりしていて対比が効いている。
アイデアの大切さ、凄さ、そして情熱。
何かを叶えたい時に必要な事を再確認できる映画。
ふみや

ふみやの感想・評価

3.6
ハーバード大学に通うマークはは彼女と口論になり、別れを告げられる。
彼女の悪口をSNSに上げる。次第にエスカレートし、ハーバード大学の女子生徒を評価した名鑑をインターネット上に作る。やがてアクセス数が伸びネットワークが落ちる。
半年間の観察処分を受ける。女子生徒全員に嫌われた。
この経験から仲間とともに社交性の発展、出会いを求めたサイトのハーバードコネクションを作る。
マークはサイトの発展を望み、フェイスブックを立ち上げハーバードコネクションを元に思うがままに書き換え、自分の手柄にするが、仲間に知的財産の盗用として訴訟された。
マークはビジネスにおいて成功したものの大切な仲間を失った。

周囲の人に対してマークは自己主張が強く、意見を曲げず、協調性に欠ける。仲間を裏切り信頼を失った。
ビジネスは周りの協力があってこそ、成功する。
タイピングの音が心地良い。
ストーリー思ってた感じとちょっと違ったなぁ
ジェシー・アイゼンバーグていつも思うんだけどめっちゃ早口だよな笑
かえで

かえでの感想・評価

3.5
凄いもの作る人もきっかけはひょんな事なんだなー。途中から早口だからなのかどんどん引き込まれてくけど目離したら逆に話分からなくなるくらい笑
こんな若いって知らなくて大学生でFacebook作ったって事に驚き
Facebookがどういう過程で生まれ、どんな困難に直面してきたかが描かれていて面白い。
便利なサービスを作ってる人達はお金を手に入れたいという気持ちより、世の中を便利にしたいっていう気持ちが何よりも先に来るんだなっていうのを感じた。
かっこいい。
今回2回目だがまた見返したくなる作品。
shiyao

shiyaoの感想・評価

5.0
テンポもいいし、マークザッカーバーグにも似てた!早口なしゃべり方とかオタクっぽくてリアルだった!
>|