ソーシャル・ネットワークの作品情報・感想・評価・動画配信

ソーシャル・ネットワーク2010年製作の映画)

The Social Network

上映日:2011年01月15日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ソーシャル・ネットワーク」に投稿された感想・評価

まこ

まこの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

少し難しかった。
テンポが早くて英語を話すスピードも速くて…笑
些細なイライラから始めたはずの女子のランク付けやブログをしていた若者がまさか最年少の億万長者になるとは…!
主役の少しいじわるそうな表情が良かった。
最後自分の元彼女に対してFacebookを通して再び友達になろうとリクエストを送っているシーンは印象的。
音楽もなんだろう静かな感じで良い。
s

sの感想・評価

4.0
孤高の天才ってこういうことなのかな。

ただ前半はちょっとソシオパス過ぎて無理。女の子の格付けサイトも、無神経ブログもちょっと無理。
後半のマークは、自分のことを「劣等感だけでのし上がってきた拗らせ天才」だと自覚しているからこそ、やな奴を演じて殻に閉じこもってる部分に同情出来た。

ショーンみたいな中途半端な天才が調子に乗っちゃってるのが、見てて一番イライラする。

天才すぎてノンフィクションと思えない。異国のお伽噺を見てるみたいな満足感がありました。
最高

Facebookの生みの親
莫大な富を手に入れた裏の話

ドロドロの裁判シーンと過去の回想を、交えて描く

最初のシーンと最後のシーンが、最高
富を手に入れても、変わらないモノがある

数分毎にF5を押してるシーンは、イケテない証

劣等感が創造性をうむ
映吉

映吉の感想・評価

5.0
素晴らしい。
退屈でちょっと難しい作品なのかな?と思ってたけどとんでもない。デヴィッドフィンチャー監督のセンスが光りまくってた作品です。
とも

ともの感想・評価

3.8
らしい雰囲気とカメラの独特な追い方好きやったなこれが事実っておもろい天才はすごいです
同級生の顔面比較とか鬼畜すぎて笑った
スパイダーマンヴィランに強いのに親友に叩きのめされててかわいそうやった
ハロー

ハローの感想・評価

3.1
動機がなんであれとんでもないスピードで目的を達成するスキルは凄まじい。その人物のとてつもなさをめざとく見つける人間の嗅覚もとてつもない。普通の感覚で生きていくのも大変な現代社会においては、真っ当な社会秩序より、もしかしたらカリスマ的な人物の方が必要なのかもしれない。

たぶん僕は友達にはなれない💻
フェイスブックって世代じゃなくてあんまり馴染みがないけど、

起業したらいろんな問題でてくるよなあ
親友と争うことになるの辛い~~


鉢買ったしとっても美味しい定食屋も見つけた!映画も見れていい日になった!
黒鋼刀

黒鋼刀の感想・評価

4.8
デヴィッド・フィンチャー監督作

正直これ以上ないくらい凄まじい作品と思ってます
ヒューマンドラマでここまで
エキセントリックかつパンチの利いた内容

当時劇場で観たときの胸の高鳴りは忘れられません

今見直すと一つ思うことがある
ナップスターって皆わかるのかな?笑
bluebottle

bluebottleの感想・評価

3.8
悲しいドラマだったな
FBがMetaverseに入れこむ理由が分かったのは良かった
『ソーシャルネットワーク』を観た。
この作品好きだ…

『ドラゴンタトゥーの女』を観る前にデビット・フィンチャーの作品を制覇するための一環として観たわけだが、良かった。

まずはキャスト。
マーク・ザッカーバーグ役の『ジェシー・アイゼンバーグ』。知らん。

共同創始者役の『アンドリュー・ガーフィールド』。知らない…。

マークの元彼女役は、『ルーニー・マーラー』。そう、この彼女こそ、『ドラゴンタトゥーの女』の主演の彼女だ。
違いすぎる。こりゃ意地でも観ないといけない『ドラゴン〜』。

そして、嬉しかった。先日観た『J.エドガー』での演技が秀逸だった『アーミー・ハマー』が出ていたんです‼️双子役で。やっぱこの役者いい。なかなか好きだ。

あと、ジャスティン・ティンバーレークも出てます。最近の話題作の出演者が軒並み出ているのは、何かの縁か…。

そして、内容について。
主人公は今まさに私が利用しているFacebookの創始者のマーク・ザッカーバーグである。エピソードに多分の脚色があるのだろうが、そこまでの誇張もないように感じる。

思ったことは1つ。
『凄いね、天才は…。そして、なんて自分はちんけなんだろう…。』
まあ、凄いです、ザッカーバーグ。

けど、最後はちょっぴり共感しちゃいました。別に自分が天才だと言いたいわけではありません(笑)

話を二元的に進める手法は、先日観たJ.エドガーと同じ。私は観る順序が前後してしまったが、本作の方が先に上映されているので、ほんとはこっちが先。

回想と現在に時間的差異が少なく、人物の見てくれに差がなかったので、注意して観ていないと訳がわからなくなるね、本作は。そこらへんもフィンチャーっぽい。

観る人によっては、退屈かもしれないが、私は好きだ、この作品。描いているものが天才の『狂気の部分』と『俗っぽい部分』だったのが良かった。

フィンチャー、いいな、やっぱ。
>|

あなたにおすすめの記事