ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツのネタバレレビュー・内容・結末

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

録り溜め映画『ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜』観終わり。

おもしろい!

どこまで実話かはわからないけど、M・キートンが野心溢れまくる主人公をふてぶてしく好演。

世界一の食品フランチャイズ『マクドナルド』は、「等価に満たないあのマズさ」(あくまでも個人的な感想です)でいかに儲けているのか!?
そのヒミツが明かされますw

ラストの、真の創業者「マクドナルド兄弟」とのトイレでのやり取り。
「他にも真似したヤツがいたのに何故成功しなかったのか?」の理由。
『マクドナルド』という名前だ。
「響きが良い。なんともアメリカ的だ」というのがおもしろい。

「とにかくロボットアニメの名前は濁点と『ン』が付かなきゃダメなの!それで多くの候補の中から『ガンダム』という名前を選んだんです!」みたいな事を富野由悠季が仰っていたのを思い出したw
ひぇ〜兄弟可哀想〜、、。

みんな大好きマクドナルドにこんな背景があったなんて…これからマック食べるたびにちょっと切なくなるわ……。

やり手経営者ってなぁ、そりゃ綺麗事だけじゃ絶対成功しないもんなぁ…そりゃあなぁ…仕方ない……かぁ…。

なんだけどどうしても兄弟たちにもう少しお金ではない気持ち的な何らかが欲しかったなぁと思うのは敗者側の意見か。
それが現実…(涙)

でも面白かった。
こうやって事業って大きくなっていくんだなぁと。
マイケル・キートンの最後のお顔が良かったです。
野心のもとに発展したのがよくわかるし、マクドナルド兄弟には公認で、マクドナルドからは非公認。その理由がわかった気がする(笑)
この映画で語られている話は、現在のマックの商品に現れている気がした。

スピードと対価を感じる美味しさ。

そこには繊細な心遣いや優しさはなく、とても現実的な味に思える。

それが嫌いかと言うと、そうでもなく、あのスピードと値段では満足せざるおえない。

少々値がはってもいいから、兄弟が追求していたマックも味わってみたくなった。
歴史を知る、創業者・経営者の生き様を知るという意味で、見る価値のある作品。

レイ・クロックはマクドナルドのシステムをつくったのではなく、そのアイディアをフランチャイズ化したことに功績がある。
システム自体はマクドナルド兄弟が考えたものを、最初はフランチャイズするという名目で店を立ち上げていったものの結局は奪った。
そして、ただ店を拡大していくだけでは稼げず、むしろ財政難となる。
そこで、銀行で偶然レイの話を聞いたハリー・ソナボーンの助言により、土地を買ってフランチャイズ店のオーナーに貸すという不動産業のビジネスモデルを構築する。

など、ビジネスを立ち上げるには参考になりそうな話のオンパレードだが、レイが自らのビジネスを始めたのが52歳ということには、何か勇気をもらえる。
レーガン元大統領は55歳で政治家活動を始めたことも、引き合いに出されている。

リーダーらしい強烈な性格だった。
そして、それを演じたマイケル・キートンも見事。
いろいろ観てるんだけどレビュー仕上げられないし、HDDは録画たまり放題だし、いろいろ追いつかなくなってきました。

誰もが知ってる国際的な企業「マクドナルド」の創業者、レイ・クロックのおはなし。

「マクドナルド」っていまじゃ誰でも知ってる企業名だけど、創業者はマクドナルドさんじゃないのね、という疑問が解けます。

レイはもともと…いやこのあたりから面白いの詳しく書かないでおきます。

「十字架や国旗のように、国中に黄色いMのアーチを」と夢のようなイメージは、いままさに全世界レベルでその通りになってます。ほんとの創業者マクドナルド兄弟の気持ちはわからないでもないけどきれいごとじゃ世界は変えていけないのかしらね。でも、いまや彼らの名前は世界規模で知らぬものはいない。

「エネルギッシュで強引、聡いアメリカ」を体現するレイ・クロックと、それとは対称的に1940年代のアメリカのノスタルジックな牧歌的な空気、車とか住宅とか街並みとか、のんびりした絵、そこでバーガーとコークなんですよ。これぞアメリカ。おおらかなようでいて、でもお金とか権利とか、そこはいやらしいほどどろどろ現実的で…なんだか不思議なコントラストが、好きな作品でした。

マイケル・キートンはこういう役はまりますね。すごく極悪非道なヤツにみえるけど、孤独な戦士的な悲しさもあり。だから「怪物か、英雄か」なんてキャッチコピーを背景のキートンが笑っていると、おもわず観たくなります。

これの前に感想を書いた「女神の見えざる手」に続いて、強くて、さらに、若干「嫌われもの」じゃないと、時代は動かせないっていうことでしょうか。さすが肉をがぶがぶ食って大陸を切り開いてきた人たちだなぁと、支えあいもたれあう仲間社会で田畑を耕して生きてきた農耕民族のわたしなんかは思ってしまいます。

そしてやっぱり、観ながらマックの基本メニューが食べたくなってきますね。いまのようにバラエティに富んでなくていいんです。ふつーのハンバーガーとフレンチフライだけでいいんです。今すぐ誰か買ってきて!

※「ミス・スローン」からのつながりでこれ。ちょっと強引でしたが、次はマイケル・キートンつながりの映画の感想になります。さて。
欲しいものは全て奪うんだな。店の名前やシステムも、人の奥さんも。
契約破棄するのもビックリ。
でも、彼がいなかったら、私はマクドナルドを口にしていなかったのか。
これがリアル。
どこまで史実なのかわからないけど、マイケルキートンは熱演でした。
ものすごく後味が悪いお話。後味が悪いからこそ現実味があって暗い気持ちになる。

社会的な成功者はたくさんいて、みんな素晴らしい持論や来歴を持っているけどそれらの犠牲になった人はそれ以上にたくさんいるんだろうな、と気づかされる。

「マクドナルド」のシェイクは結局アイス入りに戻ったというエピソード。マック&ディック兄弟の矜持や誇りが、2人の手の届かないものとなってしまった場所にひとつだけぽつんと残されたみたいで切なかった。
【才能があっても成功できない者はゴロゴロしてる】
って何度も出てきて、ラストの マクドナルドの看板を降ろされてるのを見上げている兄弟のシーンに、このセリフが流れていたのが印象的。
彼は成功しなかったわけではないが、レイクロックが彼らに向けた言葉な気がする。

才能があって、上にいける力があるのにそれを生かさない兄弟が許せなかったのかな、嫉妬かな。自分にはそんな才能がないから。彼に兄弟にはない別の才能があったけどね..。
冷静に考えたら酷い奴だけど、あれだけ欲望に忠実にじゃないと、何かを捨てなきゃ、大きな物を手に入れられない。
ラストシーンの彼のなんとも言えない切なそうな?顔が、よかったな〜
最低な人感が出てて非常に分かりやすかった。

ブラックコメディって聞いてたけど笑える要素はなし。
>|