ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツのネタバレレビュー・内容・結末

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

映画の序盤は、創業時のマクドナルドがどれだけ画期的で、如何に革新的だったのかが描かれます。
当時の驚きや衝撃については、知る由もなかったので、当時の様子を追体験出来たのは面白かったですね。

そして、映画の中盤以降は、事業を拡大するレイと、保守的なマクドナルド兄弟の確執が描かれます。

興味深いのは、両者の善悪が曖昧なところ。

成功を求めてハードワークするレイは応援したくなる一方、彼の独善的なやり方には疑問も覚えます。
マクドナルド兄弟にしても、商品の質を重視する姿勢には理解するものの、経営者としては、あまりにも牧歌的な感覚の様に思いました。

結局、マクドナルド兄弟は負けてしまうわけですが、彼らの発明が生産効率を上げる…資本主義を助長させるものだった以上、こうなる運命は避けられなかったのかもしれません。
物凄い平和主義者にも関わらず、超高性能の武器を作ってしまったのが、そもそもの悲劇というか。笑
彼らが負けたのはレイと言うよりも、そのシステム…資本主義そのものの様にも思えます。

レイのやり方は確かに強引だし、汚い部分もありました。
でも、彼がフランチャイズを推し進めたからこそ、その恩恵に預かれた人達も沢山いたわけで、一概に彼を悪人とは決めつけられないと思うんですよね。
もしも彼がいなければ、今のアメリカの発展はなかったかもしれない。
レイを善人とも悪人とも受け取れるバランスで描いたところはフェアだと思うし、その曖昧さが本作の魅力にもなっていると思います。

ただ、1つ怖かったのは、ラストにあるスピーチの練習で、レイが自分の事を「ファウンダー(創業者)」と呼ぶところ。
自分を正当化させる為に、権力者が平気で嘘をつく…オルタナファクトの時代を予感させ、ゾッとしてしまいました。
レイとトランプは同じ自己啓発本に傾倒していたそうですが、そういった意味でも“アメリカ”を描いた作品なのかもしれません。
溺れているライバルがいたら口にホースを突っ込んでやる、ビジネスはそういうものだ!

そんな事は出来ないし、やりたくもない

ここのシーンが一番好き。
レイとマクドナルド兄弟の違いをすごく感じることができる。
マクドナルドって初期の創設者が大きくしたわけじゃなくて、別の人が大きくして"創設者"になったんだって初めて知った。
確かにフランチャイズ化して企業を大きくすること、ビジネスを成功させる為には非情になることも時には必要かもしれないけど、自分がここまでやれと言われても出来ないし、やりたいとも思わない。
成功する為に聞いてたレコードの言葉がかなり心に残った。
最後演説スピーチを鏡の前で練習してる時に、始まりは…で言葉が詰まったのは本当は違うからってのを思ったからなのか?あれは何を考えたんだろうか?
映画館で観られなかったけどやっとレンタルできた。
話術巧みで愛想も良いが、自らの野心のためには非情にもなる男の話。
マクドナルド創業者ではなく、マクドナルドのチェーン店化に踏み出した者の話だった。
初代マクドナルド創業者が観ていて可哀想になるビジネスは弱肉強食なのだなぁ。
あのマクドナルドの創業の話しが観れてうれしかった。
主人公のレイはザ ビジネスマンといった感じ。
憎めないが好きにはなれないが最低の人間。
ディック&マック兄弟にもっと敬意を払うべきだ。
長年支えてくれた奥さんも捨てるし。
正直者がバカをみる世の中に絶対してはならないと思った映画。
しかし現実は反対なのが悲しい。
0→1と1→100は、ゲームのルールが違う。

才能があっても、天才であっても、頭が良くても、世の中では報われないこともある。

必要なのは、執念と覚悟。


1→100で必要なことは、それ以外に
・イケてる名前
・象徴
・権利
・収益逓増的なビジネスモデル
・キャッシュフロー
・迅速なトライアンドエラー、PDCA
・そのフェーズに合わせたスペシャリストとのパートナーシップ


0→1のアイデアはローカルにあるのかも、それと世の中のニーズを組み合わせる編集力があれば良いのではーー


このゴールデンアーチを、教会のようにしたい、
っていうのが良いなーー

マクドナルドってアメリカっぽい、とか感覚で語られている部分もあり、ビジネスっぽい。

色々と刺激を受けている内にあっという間に見終えてしまった、、面白い!!
えげつない話のはずなのに、不思議とノれた。ストレスを廃した脚本。主人公のキャラクターに似た人物を知ってるから、共感というか、応援しやすかったのかも。

兄弟がとにかく魅力的で。

でも、フランチャイズ展開に同意しておきながら、他店の様子を見にいく気配のないマクドナルド兄弟に呆れる気持ちがあったから…実際どうだったんだろう。この描写があるかないかで個人的には、だいぶ印象が変わった気がする。あの顛末、自業自得とは思わないが、ビジネスってそういうものだろとも思って。しかし、都会と田舎のビジネスの違いの話と思えば…アメリカって広すぎるよね、難しいよね、と同情したい気持ちに。複雑、

しかし、レイ・クロックは一応、兄弟に対して仁義は切ったのではないか…と思って。でも、入院中の兄のもとを訪れて白紙の小切手を置いていく、入院費もかかるだろうと思わせる、このへんが手打ちだ、と思わせる、脚本が絶妙で、実際は相当ストレスがかかることの連続だろうなと思って。うーん。紳士協定は守られなかった、そうでしょうね…彼は紳士じゃない…

兄弟視点の映画も見たい、かな。兄弟はその後どんな気持ちで…うん…

魅力的な悪役といえば、この上なく。しかし…わりとどの登場人物にも感情移入できたので面白かったな…おじさんの野心と悲哀は嫌いじゃなかった…レストランオーナーとピアニスト夫婦の描かれなかった離婚劇にはヒエェと思ったけど。最後の、実際の映像、このおっさんはきついわ、と思わされたけど。

実話を漂白してるかといえば、そんなこともなく。絶妙な塩梅だと思った。

フランチャイズ加盟店をファミリーと謳いつつ、妻を疎かにする男…でもそこにそんなに重きを置いてない脚本と演出が見事な采配だと思った、感傷よりも…なんだろうね、この感覚は。社交界に憧れてたのであろう妻はどうなったんだろ…彼女にも同情するけど、慎ましやかで上品な彼女はパワフルな彼のパートナーにはなりきれなかったんだろうなと…でも慎ましやかで上品では、あの豪華な生活はできなかったでしょうよ…彼と一緒にパワフルに働いてほしい気持ちが湧いたよね、やっぱり…いや充分すぎるほど支えてたんだと思うけど…彼が勝手すぎたんだと思うけど…

BJ・ノヴァク、どこで見たんだっけ…と思ったらドラマ『ニュースルーム』のいけすかないけど敏腕なIT社長だった。騙されてるんじゃ?と一瞬思ったけど、そんなことはなく。

なんだろうなあ、出会いってすごいよな…

商才と野心の戦い、才能よりも執念の勝利だと思ったけど…マクドナルド兄弟の物語も充分、数奇な成功譚で…それを上回る物語が淡々と展開されて…いや興味深かった。

マクドナルド兄弟の店を乗っ取った、という話は大昔にwikipediaで読んでぼんやり知ってたんだけど、こうしてさっぱりと整理整頓して見せられると思っていなくて、いや…すごい。

わりと好きな映画でした。でもあんまり他人には言いにくいかも。そんな映画。
単純にテンポが良く、面白い映画だった。ただ主人公の非情すぎるところが少し不愉快(-。-;
でもビジネスの世界ってそんなもんなのかな。。。

この作品を通じて、経営の勉強にもなったし、「マクドナルド」っていう名前の響きも成功したファクターの一つなんだと知ることができた。
『シェイプオブウォーター』を見たばかりで、まさかまた『The Power of Positive Thinking』がでてくるとは(笑) あの時代のアメリカの象徴なんだなと感じた。

そして見終わったあとに心なしかマクドに行きたくなる(笑)
機内で鑑賞
とても興味深く面白かった。

マクドナルドが世界規模でチェーン展開した裏側。
タイトル通りまさにファウンダー(創業者)の話だった。

1950年代のミズーリ州にある兄弟で営むバーガーショップマクドナルド。
当時の常識を覆した、ナイフもフォークもプレートもない、ただ紙で包まれただけのハンバーガー。
作業も効率化され長蛇の列ができても、待ち時間は長くない。そんなハンバーガーショップに商用で偶然立ち寄った主人公のレイ。
仕事が長続きしない自己啓発好きの主人公は、この店の味とシステム、それからマクドナルドという響きが気に入ってしまい、結局は力でこの店を自分のものにし、チェーン展開に成功する。
事業の拡大より、品質にこだわりのあったマクドナルド兄弟は騙される形で店を手放すことに。

正攻法で成功する者もいるが、恐らくこれがリアリなビジネスに成功する人間の特徴ではないかと思わせる。
これを観た後、マクドナルドが食べたくなくなった人は少なからずいると思うし、仕事だけでなく、仕事仲間の奥さんまでも盗んでしまった人間としてのクズ具合も描かれていることが、マクドナルド兄弟の執念にも似たリベンジに思えた。
マクドナルド創業者とされている男の執念が成したマクドナルド帝国ストーリーが圧巻!ビジネスが好きな人はぜひ見るべき。
>|