ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツのネタバレレビュー・内容・結末

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

マイケル・キートンの
演技は良かったけど共感できる
部分は少なかったなぁ...

彼は力んで色々進めてるけど
彼に関わった身近な人があまりにも
幸せそうでなくて笑

もちろん彼のような人がいたからこそ
これだけ世界に広まったのは間違い
ないですが...

病院に押しかけて来て
小切手を書かせる演出は
映画でもやり過ぎじゃない?
と思ってしまった。

でも、見終わった後お店の
導線見たくてチーズバーガー
買いに行きましたw
てっきりマクドナルド兄弟の話かと思ったら違った。

途中バー?で話すところらへん少し中だるみしてた様な気がするけど基本的にはテンポも良い。

レイクロックはユダヤ系らしい。すげぇなユダヤ。
マクドナルドの響きに惚れたレイ=クロック。何か燃えるものを感じたのだと思う。外食産業はビジネスなのだから、手広く利益を追求していいだろう。フランチャイズにこだわり、ドナルド兄弟の大切にしたかったものを蹴った。成功とは一体何だろう。粘り強さだとレイは言う。成功をつかめない人間がドナルド兄弟だとしたら、自分もそちら側だ。尻込みし、手広さではなく、目の前の事に手厚く対応したい。なんてスマートでないことだろう。…と卑下するわけではなく、利益を追求する職業にはレイのような度胸が必要だ。
高いスコアをつけたのは、かの有名なマクドナルドの事実をもとにしているという興味深さと、俳優さんらの自然な演技、わかりやすさ、意外な内容、そのへんかと思う。一気に観てしまえるお薦めの作品となった。
正直、兄弟目線で見ていた分、
すごく暴君っぽいところが悪目立ちして感じられた。

広めた実力や、成功者としての力は持って他のかもしれないけれど、
見てて気持ちいいものではなかった、
映画としてではなく、ドキュメンタリー番組としてなら楽しかったのかもしれない。

成り立ちを知れたのは良かったです。
マクドナルド個人的には美味しくて好き。
マクドナルド創業者の話ではなく、これを乗っ取り世界的企業に押し上げた男の話。
良いか悪いかは別として資本主義とはどういうものなのかが理解できる。
今のマクドナルドの味の根幹は創業者の「理念」ではなく「執念」である事を感じた。
またこの映画を観た後に改めてこの映画の主人公と対等に渡り合った藤田田の凄さを再認識できた。
いつかマクドナルド創業者の理念が込められたハンバーガーを食べてみたいと思ったが叶わぬ夢なのが悲しい。
 1月3日夜、BSテレビで見ました!
 52歳まで失敗だらけで成功を夢見ていた男が、サービスが速くて美味しい町のバーガーショップ、”マクドナルド”を見て、すっかり惚れこむ。店を営む頑固な兄弟と契約をかわし、世界的なチェーンにするのだが、効率を求める男と自分たち流のやり方にこだわる兄弟とは、ことごとくぶつかるようになる。男は、最終的に金の力で“マクドナルド”という名前を買い取る。
 同時に、彼の古女房はハイテンションの夫にいつもブレーキを踏んできたが、彼は同じように野心家でイケイケの女性と出会い、ダブル不倫の末に再婚にこぎつける。
 周囲の良心的だが安定志向の人たちをことごとく蹴散らして、彼は世界的なハンバーガー帝国、マクドナルドを作り上げる。大成功の裏側は、えてしてこんなものなのかなと思わされた。この世には、ふたつのタイプの人間がいるのだろうか。
マイケル・キートンが冴えまくってた。演技のセンス高い。この話がほんとうなら、今まで以上にマックは食べたくない。
うわー切ない。途中まですごく気持ちよくて面白かったのに、、まあそうなるか。
兄弟可哀想だけどこの人がいなければ私とマックの思い出もないと思うとやるせない。
あんなに心温まる「しあわせの隠れ場所」と「ウォルトディズニーの約束」の監督の最新作がこれかあ。
執念と覚悟があれば無敵だ 客を待たせず品数を絞りファミリーをターゲットにして効率的な厨房を作ったマクドナルド兄弟とフランチャイズ契約をしたレイクロックが店舗の土地を購入することで資産を増やし店舗を拡大して親を飲み込んだ。一つのビジネスを多角的に観る
マクドナルドがどうやって成長していったかって話。
最初は3人でうまくやってくもんだと思ったけど、レイが乗っ取っちゃったんだね。
とても興味深い内容だった。
そもそも最初から乗ってる気だったんだもんね。
執念・・・これって仕事する上では本当に大事な事だって改めて気づかされた。
マイケルキートンはハマり役だね。
>|