ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツのネタバレレビュー・内容・結末

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

英語の授業で、少し触れてから興味を持ち始めたアメリカンカルチャー。マックドナルドの話はそのうちの1つでした。

映画を見ていてちょっと精神的に疲れた。悲しかった。

レイの人生を救ってくれた人達は紛れもなくディックとマックなのに、その人達を裏切るようなことしてしまうレイは紛れもなく典型的な実業家でした。実業家として成功している人の典型例だと思ったし、あそこまでの執念がないと事業を発展させることはできない。っていうのはわかっていたけど、ディック、マック兄弟が必死になって作ったお店を横取りしてしまうのは、本当に胸が苦しかった。

レイの言いたいことも兄弟の言いたいことも、どっちも分かるから見てて辛かったな…。最後の方涙止まらなかったし笑 でもこうして映画になったことで、ディック、マック兄弟の存在、2人が始めた事を知ってもらえたのは本当に良かったと思う。

やっぱり90年代のアメリカンカルチャー面白い。もっと知りたいな。

PS 最近見る洋画ほぼ100%で泣いてるwwww
面白い。創業者と事業を大きくした人との長年のやりとりが描かれている。最後創業者にマージンを紳士協定として契約して払わないところが後味悪いがそれらしく終わった感じ。。
実話を元にしたマクドナルドの創始のザ⭐️ビジネス映画。

アメリカの会社に勤めているので、通ずる部分も多々感じつつ、目的のためには手段いとわないけど、後から良心は痛む感じら只々ぽいなーと。個人的には後味苦め。
大好きなマクドナルドにこんな悲しいお話があったなんて思いもしなかったなぁ。1号店の看板を外されたの泣いた。兄弟や奥さんの犠牲があって、私はいまマクドナルドのハンバーガーを食べることができている。
マクドナルドさんが世界中でマックをヒットさせるまでの成功談…


じゃない!!!((((;゚Д゚)))))))

この人は誰ーッ???∑(゚Д゚)

あの赤に黄色のMの字をバックに立つマイケルキートンはマクドナルドさんじゃないのかー!!:(;゙゚'ω゚'):知らんかったー!!

マクドナルドは兄弟の名前。
ファストフードの画期的システムを生み出した人物と、それをフランチャイズ化して大富豪になった人物は別。
いやぁ知らんかった!

マックさんサイド非公認なのも納得の内容( ´_ゝ`)事実を並べたら、たまたま都合悪く映る事ってあります。受け取り方は観客が決めれますからね。

前半のスピードシステムの開発秘話や成長してゆくマックを見るのはすっごーく好き。
当時の店内を細部まで再現したり、従業員の動きや包紙ひとつとっても隅から隅までこだわっててワクワクさんMAXです。
熱中するテニスコート上の効率化検証はずーっと見てられるシーンです。私もやりたい!混ぜてほしい!!

そしてそこから徐々に中盤からは雲行きが怪しくなっていき、ラストでは血も涙もない契約を兄弟はレイ・クロックに迫られるのです。

レイ・クロック怖!成功を富を追い求め、邪魔する者を叩き伏せる冷血さが怖過ぎる!!
不動産のくだりはビジネスとしては脱帽だけど、こっちの心理的にはドン引きですよね笑
マイケルキートンのどアップの怪演はいつも凄い。共感と反感の表裏一体の男、レイ・クロックは見事。

アメリカンドリームとは?フランチャイズとは?資本主義とは???いやぁ〜唸ります!考えさせられる愉快な映画です。


Blu-rayの結構長い記者会見は見る価値あり。
プロデューサー陣にホークアイがいるよー!!!( ´∀`)

プロデューサー脚本家キャストみんな実に興味深いお話してます。
特にマイケルキートンのアメリカンドリームの定義やローラ・ダーンの12歳の娘の映画の感想とかがナルホ度が高かった。

兄弟の受けた困難を知らずに、今まで呑気にチーズバーガーとか食べててなんか申し訳ない気持ちになるなぁ( ´_ゝ`)一回こりゃ正座して感謝しながら食べねばならんよ。

GoogleもWikiも創業者の検索でマクドナルド兄弟の表記にちゃんとなってる。世界は騙されたままにはならない。偉業は伝えられるべきですね。
マクドナルドの創業(ブレイク)ストーリーの映画化。
えげつないなぁ、と思ったら、本人も「ビジネスだから、えげつないよ」って話してる。
マクドナルドの問題は、他にもあれこれあるし、「スーパーサイズミー」も合わせてみたらいい。
後味がいいわけではないし、これからマックで食べようとする度、この後味を思い出すかも。
そういう意味で、評価は高く点けたい。
主人公の野心家レイ・クロックの執念のリアルビジネスの話。
前半は熱意と感動でマクドナルド兄弟と事業展開していく話と思いきや後半は事業拡大にあたり兄弟と対立するとは…
成功を収めることは出来たけど果たして主人公は幸せだったのか。
凡人の自分には分からない世界で後味はあんまり良くないけどリアリティのある話でした。
複雑だけどやっぱりマクドナルドは食べちゃうんだろうな…(笑)
見終わったら、気持ちが複雑だ。
マックがそういう感じで世界に広がったっってリアルのビジネス話だね。

今度食べながらまた考えたいわ
全編通してザ成功者!というか、こういう人がのし上がるんだなって感じてしまう。最後のマクドナルドの名前にこそ価値があるという話は妙に説得力があった。
ファウンダー ハンバーガー

供給量を増やせば需要が付いてくる。
売れていないから作らないじゃない。作らないから売れていないんだ。

ポジティブの力
執念と覚悟があれば無敵だ!

マクドナルドは2人の兄弟が創業した。
スピードとテイクアウトは当時画期的だった。

効率的に提供できるように、店を作る前にテニスコートに設計図を描いて人を動かして何度も改善した。

フランチャイズ うまくいかない。
変なことされ評判悪くなったら全店舗に影響出る。

ゴールデンアーチ
どこの町にも教会はある。人々はそこに集まる。
マクドナルドを新しいアメリカの教会にしよう!

フレッド・ターナー パティを焼くのが上手い
のちに世界100カ国に拡大した

ファウンダー 創業者

クロックは兄弟からマクドナルドを奪い取った。
>|