ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツのネタバレレビュー・内容・結末

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

実際は創業者ではないが、マクドナルドのファウンダーを名乗った男の話。
成功するための力は執念、である。


西海岸でマクドナルド兄弟により生まれたマクドナルドがとある冴えない営業マンの手でアメリカ全土を席巻するフランチャイズチェーンになるまで。

情的な視点だとやはりマクドナルドの味とシステムの産みの親である兄弟の想いとは裏腹に利益と覇権を追求するレイ氏のやり方に「なんて嫌な奴なんだ」という感想を抱いてしまう。"ファミリー"として一緒に成功しようと説くあたりまではまだ良かったね。win-winってやつです。

のし上がりたい気持ちも、あの素晴らしく効率化されたシステムを世に広めたい気持ちも分かるけど彼を全面的に受け入れてはいけない気がする…そんなちょうどいい塩梅で感想を持たせてくれるマイケル·キートンの演技は流石としか。
けれども、彼が雇用を多く生んだことで生活が安定した人が一定数いたことや、いち田舎の飲食店がアメリカンドリームの形の1つを見本として見せたことはどう見ても世界的に大きい。こんだけの材料あればゼロから大富豪になれるんだぞ、と。


生みの親から権利を徐々に奪っていく話なわけだから気持ちのいいものではないんだけども、それでもやっぱりあの頃のアメリカの風景やオールドカー、ファッションは見ていて憧れる。ヴィジュアル面でも楽しめた。


途中でゴルフ仲間たちを見限ったのが象徴的だったけど、社会的に成功する術はあっても友達はいないのが帝国を築いた彼の影…

しかしながら、50過ぎてあそこまでのし上がったのは勇気が湧く。新しいことに挑戦したいと考えているところだったから良いタイミングで出逢えた。
これを見て彼を嫌いになる人の方が多そうだけどビジネスのお話としてはめちゃくちゃ面白いな。こういう映画をもっと観たい。
主人公!人の店取るわ人の女房取るわで強烈!
結局、口の上手さと手段を選ばない精神で上り詰めた!こういう人嫌いじゃないけど直接かかわりたくはない…
映画で見るくらいで丁度いい。
「ライバルが溺れてたら口にホースを突っ込む」は名言…笑
最後、やっぱり約束守らない所が流石。
乗っ取られた企業の一つ。職人が始めて商人が奪う形。
一歩踏み込ませるとどこまでも図々しくなり少しずつ侵略していき思い通りにいかないと怒り狂って何が何でも噛み付いて離れない人っている…レイ曰く最初からそのつもり、執念だ発言もこの耳で聞いたことあるのでこの手の人とは直感と初動対決。結局不動産ですという話。
非常に役に立ち、勉強になる作品。

成功者とは失敗のスペシャリストと言うのがよく分かる。

諦めない精神の強さと執念!!

この映画の主人公は天才どと感じさせてくれる。

会う人会う人に「過去の失敗」をバカにされ続けるシーンが印象的...収納テーブル、紙コップ、シェイク...上手く行かなくても次、上手く行かなくても次。

何処まで行っても何度失敗しても、絶対に諦めないと言う「執念」だけは誰にも負けない。

それが成功者の条件だろう...と本気で感じさせられる
マクドナルドをフランチャイズで展開したのは創業者ではなかった
創業した兄弟をのせてフランチャイズにして、兄弟はもう蚊帳のそと、契約も破棄して約束の取り分も渡さなかった

支えてくれた奥さんとも離婚して他の女と結婚した

成功者だろうけど
マイケル・キートンのせいかめちゃくちゃいやな奴にしか見えず😂
マックすきなのになんだか複雑……
マクドナルドを描いた映画
観る年代で感じ方は変わるけど、僕の年代だともっと頑張ろうと思う映画だった。
ビジネスがアメリカ的ではあったけど。
内容は苦労→成功→挫折→再び成功。
こんな流れ。
ロッキーと同じ笑
録り溜め映画『ファウンダー〜ハンバーガー帝国のヒミツ〜』観終わり。

おもしろい!

どこまで実話かはわからないけど、M・キートンが野心溢れまくる主人公をふてぶてしく好演。

世界一の食品フランチャイズ『マクドナルド』は、「等価に満たないあのマズさ」(あくまでも個人的な感想です)でいかに儲けているのか!?
そのヒミツが明かされますw

ラストの、真の創業者「マクドナルド兄弟」とのトイレでのやり取り。
「他にも真似したヤツがいたのに何故成功しなかったのか?」の理由。
『マクドナルド』という名前だ。
「響きが良い。なんともアメリカ的だ」というのがおもしろい。

「とにかくロボットアニメの名前は濁点と『ン』が付かなきゃダメなの!それで多くの候補の中から『ガンダム』という名前を選んだんです!」みたいな事を富野由悠季が仰っていたのを思い出したw
ひぇ〜兄弟可哀想〜、、。

みんな大好きマクドナルドにこんな背景があったなんて…これからマック食べるたびにちょっと切なくなるわ……。

やり手経営者ってなぁ、そりゃ綺麗事だけじゃ絶対成功しないもんなぁ…そりゃあなぁ…仕方ない……かぁ…。

なんだけどどうしても兄弟たちにもう少しお金ではない気持ち的な何らかが欲しかったなぁと思うのは敗者側の意見か。
それが現実…(涙)

でも面白かった。
こうやって事業って大きくなっていくんだなぁと。
マイケル・キートンの最後のお顔が良かったです。
野心のもとに発展したのがよくわかるし、マクドナルド兄弟には公認で、マクドナルドからは非公認。その理由がわかった気がする(笑)
この映画で語られている話は、現在のマックの商品に現れている気がした。

スピードと対価を感じる美味しさ。

そこには繊細な心遣いや優しさはなく、とても現実的な味に思える。

それが嫌いかと言うと、そうでもなく、あのスピードと値段では満足せざるおえない。

少々値がはってもいいから、兄弟が追求していたマックも味わってみたくなった。
>|