ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツのネタバレレビュー・内容・結末

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

以下にマクドナルドが成功したかの話。主人公はフランチャイズを持ちかけた人物。

元々は、回転率と美味しさをモットーにしていた地方のハンバーガーショップ。二人の兄弟が作った。

そこに現れた主人公。

それぞれの思いと意地と根性で、マクドナルドは今の地位を築き大成功を収めるが、タイトルのファウンダー(創業者)は、単数形。二人の兄弟はそこにはいない。

良いものを作り上げたクリエイターとそれを売るメーカー。そんな視点で観るのも面白いかも。
本家マクドナルド兄弟から事業を乗っ取ったレイ・クロックの人格の評価は賛否分かれるだろう。
マクドナルドの屋号を金にものを言わせて奪うのは人並みの良心があればできることではないが、彼にはその良心の呵責に勝る野心を持っていた。

レイは前半と後半では人柄が変わったようにもみえる。しかし、彼は一貫して、全米規模でビジネスを行う野心と、お互いに助け合うチームへの憧れという2点の行動原理に基づいて行動しているようにみえた。


レイのことを周囲の人々は目新しいものになんでも飛びつくただのミーハーとして捉えていたが、周りにどう思われようと彼の野心は鎮火することがない。
営業回りで宿泊したホテルでは自己啓発のレコードをかけ、52歳になっていたが、いつか夢を掴むことを信じていた。そのストイックな執念は狂気といっていいかもしれない。
レイはある日、革新的なハンバーガーショップ(マクドナルド)のシステムに遭遇し、その仕組みの効率のよさに心を奪われる。彼は常識を覆すアイデアに感動し、今度こそうまくいく!と確信しフランチャイズ出店に乗り出す。
フランチャイズ契約を兄弟から取り付け、まめに系列店を巡回しクオリティを管理する。複数店舗の運営は兄弟自身かつて試していたが既に失敗しており、多大な労力を必要とした。
店舗を出すために、妻にも秘密で、自分の家を抵当に入れ背水の陣で運営に精をだす。
彼は自分の持てるものをすべて事業拡大のみに捧げた。

そんな彼がチームを組むべき仲間だと認めたのは、フランチャイズ展開の評判を聞きつけて新たに出会った、法律コンサルタントや、新開発の粉シェイクを提案してくれた女性ジョアンだ。
そこには、品質維持を最優先として事業拡大に否定的だったマクドナルド兄弟や、それまでの妻は含まれていなかった。

人生50年分の思いが蓄積された執念は想像に及ばないが、彼が味わったであろう辛酸を考えると後半の冷酷な態度にも頷ける部分がある。
正直善人か?と問われたら答えるのが難しいんだけど野心といいキートンの演技も相まって魅力的な人物になっている

マクドナルドという響きが良いとう名言は一生忘れなれない一言になりそう笑
『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』鑑賞。一発ビジネスで当ててやろうと奔走するレイが、マクドナルド兄弟のハンバーガー生産システムに感銘を受け、自ら投資をしながら今のマクドナルドを確立していく話。但し、それは決して成功譚として美的に描かれているわけではなく、マクドナルド兄弟の店を「侵略」する欲の深さにフォーカスが当てられていた。そういう観点で、ハンバーガー「帝国」とはなかなか妙な副題であろう。
そうした欲深さの権化であるレイは、マクドナルド兄弟のビジネスを奪うだけではなく、長年連れ添った自分の妻を捨て他人から妻を奪うという愚行にも出る。その所謂「ギラつき」は、レイの人間性を語ると同時に、人間(ひいては資本主義)そのものの欲の構造を露わにしているようでもある。そうした欲の肥大化が、マクドナルド兄弟の店の前にマクドナルドの100号店を出店するという、(他人の妻を寝取ったような)店の「寝取り」をPRするかのような底意地の悪さにつながっていくのだ。
掠奪とは古来より続く人間の本能であり、それが現代社会にも通じるものであるとこの作品は教えてくれる。そうした欲の性はレイの身に顕現し、レイはおよそ知略とは呼べない手法で動物のようにマクドナルド兄弟の「領土」を奪っていったのだった。
レイの起用を「鶏の檻に狼を入れたようなものだ」とコメントしたマクドナルド兄弟の言葉が本質をついている。
どうだろうね。
日本人の多くは乗っ取られた兄弟に同情しそう。
でも、主人公がレコードで聞いている人生訓は多くの日本人が好みそう。
52才から人生が開けるというのもいいです。
▪️見る前の期待。
「プレゼン野郎による創業者からの
経営乗っ取り物語」。
レイのヒールっぷりに期待。

▪️見た後の結果
レイは期待を裏切らない
ヒールっぷりっが良かった。
最後まで野心に忠実だったところが
ぶれていなくて良い。
「マクドナルドは私がつくりました」

あなたが行なっているのは不動産業です
と提案してきたビジネスマンに脱帽。
マックとMacは関係あったり
するのだろうか。
欲しいものはどんな手を使ってでも手に入れる男の話🍔

後味は悪い…
レイ・クロックの貪欲さとマクドナルド兄弟の実直さを足して2で割れば良いのだろうねえ、どちらかに長け過ぎてたね
正に誰もが知ってる世界のマクドナルド!
の、誰も知らない創世記。
正に痛快!爽快だけど痛い…。

なぜ都内ではこんなに公開館数が少ないのか…勿体無い!
50年代のアメリカの風景も感慨深い。
ガソリンスタンド、公衆電話、ネオン管、時代を表すディテールも素晴らしい。

普段、劇場に観に行くジャンルではなく、DVDでも十分楽しめるだろうと…たまたま岡田斗司夫さんのyoutubeを聴いたら直ぐに観たい!となりサービスデー1100円鑑賞。コスパ高!大満足!

バットマン→バードマン→バルチャーからの"ハゲ鷹"と呼びたくなるようなレイ・クロックを演じるマイケルキートンの名演にシビレます!
エンディングのシェイク復活の下りが救いになってる風ですが、そこは岡田斗司夫さんのyoutubeでネタバレしていたので騙されず。

現代において、しかも場所によっては24時間、いつでも手軽にハンバーガーを食べれるのは間違いなくレイの根気?執念?
発明家、デザイナーとしてマクドナルド兄弟リスペクト。しかし彼らだけでは世界のマクドナルドは生まれなかった。

店を持ち、富を得るチャンスをを万人に与えた。今でこそ品質問題をおこしたりと問題も抱えるが、家族で気軽に外食するハッピーも世界に広めた。
彼は怪物で英雄で実はポンコツ。
彼の魅力に集まった能力者によって帝国となって行く。

私はマクドナルド大好きです。
食事としてはNGな物も多いですが、食文化のパイオニア。モーニングもハッピーセットも大好きです。
地域のために、素晴らしいものを提供したかったマクドナルド兄弟。最後にマクドナルドをすべてとられてしまったのはひどく悲しかった。

ただ金儲けをしたかったレイ・クロック。今のマクドナルドがあるのは彼のお陰だけど、成功のみを追いかけ続ける人生には、すごいとは思うけど共感はできなかったな。

理由はわからないけど、名前に力があるってことはよく感じるね。
>|