ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツのネタバレレビュー・内容・結末

  • Filmarksトップ
  • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

マクドナルド兄弟に対しての口約束を守る気はないけど真っ向勝負を避けたいから口約束にして契約書に記載しなかった卑怯だと思ったけど、小切手受け取れることは確定なんだから口約束ではなく書面での記載を要求せずに弱気になってた兄弟にもビジネスの世界では落ち度はあると思った。
とは言えレイ自身が言ってたように道義的に誠実なのは兄弟。

これだけなら別に怪物とは思わなかったのに

協力してくれた奥さんに株式1%も渡さなかったのはクズだと思いました。

ただ、レイのお陰で奥さん以外は金銭的にはかなり儲かった筈。奥さんもそれなりに儲かったけど悲しよね。

複雑な気分になる面白い映画でした。
おもしろいけど、なんか、いやーな気分にさせる映画だった。
レイの行動がどっか好きになれないのは、レイの積極さが過剰だからと思う。50代で先がなかったり、今までの苦労もあるから、同情の余地はある。でも、他人の奥さんを寝取る、自分のやりたいことを優先させる、その結果、自分の奥さんをほっとくし、自分の思い通りにならないと自分から電話を切ったり、経費削減のために質を落とすこともする。中年の危機な様子と自分勝手な性格、こうなりたくない人間を体現していて、それがいやーにさせる原因なんだろう。
演じるマイケル・キートンはうまい。魅力も感じさせて、不快になりすぎないように押さえて演技してる。これをやりすぎてたら、ほんとにみなきゃよかったって映画になったと思う。

主人公のレイは根気が大事というけど、観終わると、そのとおりに生きてきてたのがわかる。
50代にさしかかって、いろいろやったけど成功はしていない。それでも諦めずに、毎日積極的思考のオーディオブックを聴いて、セールス文句を練って、練習する。
そしてマクドナルド兄弟の店と出会いチャンスをつかむ。投資をして、上手くいくかと思ったらピンチに陥る。そこを救う助っ人が登場して大成功する。
展開的にはアメリカン・ドリームな物語だけど、観てみると、そう思えないのが余計に歪にかんじる。
反対にマクドナルド兄弟は、アイデアを発明するところとか、兄弟のやり取りとか、見ていてかなり面白かった。この兄弟の話を観たいくらい。演じてるニック・オファーマンとジョン・キャロル・リンチもいい。

レイの才能は「口が達者」というよりも、言葉に対する感覚、ってことにこの映画は着目してる。冒頭と最後が観客に向って話すところもそれを意識してると思う。マクドナルド兄弟を口説くところやミキサーの販売してるところを見ると、そんなに口が上手いとは思えないし、卵と鶏の例えとか、セールスなのに自己啓発っぽい言葉を使うのも変だった。でも、それが鍵になるから、おもしろい。
ディックに聞かれて、マクドナルドという言葉が気に入ったこと、レイ以外の人間にも厨房を見せていたことが明らかになると、店名なんて気にならないようなことが成功の道のりの端緒になっていた。こういう小さなきっかけで未来がどうなるか分からないから、怖くもあるし面白くもあるよな。

背景で店の客層を説明したりと、語り口がスマートでわかりやすかった。包み紙や食べるスペースがないのが画期的だった描写も、時代のギャップを感じて面白かったな。店の品質にこだわるディックがかなりいい。フランチャイズを金持ちじゃなくて、ユダヤ教の教会や軍人の集会に通うカップルに営業するのもおもしろかった。
ライバルが溺れてるときに、口にホースをつっこむことできねーって思った直後に、見事にホースを突っ込むレイに感心した。
ただ成長にちょっと抗う創業者兄弟もそこまで気の毒だとも思えなかった。AかBだけでなくAもBも取る方法を考えたい。
マクドナルドの話し。

創業者達と、ビジネスチャンスに目をつけた男との対立が主軸でありクライマックス。マックは何屋なのか??
いろいろとビジネスを切り取った映画はあるけれど、その中では頭1つ抜けてる出来栄え。
見てて勉強になる。非常に面白かった。
溺れるライバルの口にホースを突っ込めるか?
まじめで善良なだけでは勝てない。
夢を実現するための力強さ。

どちらがいいのか?
わからないけれど、帰り道にマックに寄った。
久しぶりに映画見て気分悪くなった…。
華麗なサクセスストーリーかと思いきや、
エゲツない、弱肉強食の世界でした…

人から奪って成功した話。

これが現実か…と複雑な気持ちですが、それでも私はマクドナルドが大好きで足を運んでしまうんです。苦笑
面白かったー!
マクドナルドの創業秘話(実話)なんだけど、単なる夢物語とも違う。
ここまで巨大企業に成長したのは、そもそもの味や品質維持のオペレーションを作った兄弟ではなく、そのシステムと光り輝くマクドナルドと言う名前そのものに惚れ込んでアメリカ中に広めようと尽力した1人のアグレッシブな男がいたから、と言う話。

主人公が野心家で魅力的で、めっちゃおもしろかったー。
そもそものマクドナルドの元を作った2人の兄弟愛や、そこに惚れ込んだ男によって会社が緩やかに乗っ取られて行く様や、長年連れ添った妻とのすれ違い(のち、離婚)など、寂しさや悲しみを表現したシーンもあるんだけど、全体的にユーモアたっぷりで、テンポも良いのであまりしんみりし過ぎず、前のめりで見ちゃった。
レイ側で観れば、ものすごい野心と根気があったからこそのサクセスストーリー。
マクドナルド兄弟側で観れば、何もかも奪われる敗北感とやるせなさを感じる映画。
作品としてはもっと深みを出せたのでないかなと。

確かに創業者という言葉の持つ意味、経営における勝敗、何が正義なのかを考えさせられる意味では良い題材。だけど、その構図に頼りすぎた作品のように思う。意外と薄い。

K経営って T単純にお金や規模なの?自分に嘘をついて貫くとか辛くない?結局資産は寄付。