彼が愛したケーキ職人の作品情報・感想・評価・動画配信

「彼が愛したケーキ職人」に投稿された感想・評価

マーコ

マーコの感想・評価

3.5

●一言感想●
優しいけど寂しい、そんな余韻に浸れます
宗教との葛藤も描かれる


●あらすじ●
ベルリンの洋菓子店で働いてる中出会ったのはイスラエルから来てた彼だった…



●感想●

森のケーキ🍰懐かしい…

主人公の心情が掴みにくかったけど優しさに見入ってしまいました

食べたくなってちゃんとクッキー食べながら観た🍪
yume

yumeの感想・評価

4.0
ハンガリー人の友達にハンガリーの郷土料理であるグヤーシュが好きだと伝えた時、とても喜ばれたことがある。確かに自分が慣れ親しんできた味を美味しいって共有出来ることは、とても喜ばしいことだよなぁとその時思った
そういう食文化及び性的嗜好、言語、宗教を超えた所にある人々の信頼関係とその喜びについて静かに語っている作品だった。とても美しかった。16:9のアスペクトのせいか、その美しさが際立って見えた気がする
coccon

cocconの感想・評価

4.0
たまには華やかで楽しそうな映画を見よう!と、何も考えず「ケーキ職人」という言葉からこちらを選び見てみました。が、なんということでしょう、せ、切ない……。全く楽しくなる映画ではなかった。しかし良い映画でした、思わぬ当たりでしたね。真夜中に甘い物を欲してしまう映画でもありましたが…。全てを知った妻はトーマスに対してどんな思いを抱いているのでしょうか…。全然違うけれども「婚約者の友人」を思い出しました。彼の母親役の方がドヌーヴに似ていてお綺麗でした。
yosugara

yosugaraの感想・評価

3.7
最初の方はあまり面白くないと思って観てたけどだんだんとのめりこんでいけた作品。
トーマスの優しさに惹かれていってしまった。静かでカットが良かった。
ちょっと悲しすぎるからもう少し幸せな要素が欲しかった.....
sunflower

sunflowerの感想・評価

4.2
久しぶりにこんなに哀しさが残る作品を観た

決して堂々とできる関係ではなかったけれど
愛があったのは確かで
残された妻も子も抱える気持ちは複雑で
それでも彼が愛した人に会いに行こうと悲しみを抱えて訪れた

想いを言葉にせず、ただ必死に自分にできることを尽くして働いた場から
たった1時間で立ち去れと、生地をこねながら泣く彼の姿に涙

言葉数は少ないけれど、眼差しや手先から溢れる優しさ
本当に孤独になってしまったのかもしれないと見終わった後も彼の残像に浸っていた
KZM

KZMの感想・評価

4.1
シュヴァルツヴェルダーキルシュトルテ

3年前に見たものを再鑑賞。
愛した人の生きた環境へ足を踏み入れていくケーキ職人。
彼の愛した人を見て彼をもっと感じたくて密接になっていく姿を見るのが辛かった。
ユダヤ人と非ユダヤ人との差別やイスラム教の食品提供規定など新たなことを知ることができた。
自身の夫とケーキ職人の関係を知ってしまった妻はラストシーン以降どうするのだろうか。
なかなかハードな映画でした。奥さんからしたらたまらないだろうな。イスラム教の認定はいろいろと大変。
ハナコ

ハナコの感想・評価

3.9
甘ったるいケーキが食べたかったのに、口に入れたらほろ苦かったときのような、そんな気分になる映画。
同じ男性を愛したふたり(恋人トーマスと妻アナト)のお話。彼は言葉少なだったけれど、表情や手先、作られるお菓子から愛が伝わってきました。好きな映画です。
zoe

zoeの感想・評価

3.8
とにかく切なかった。どの場面でも、オレンの死はもちろんだけどトーマスとオレンが一緒に居て、愛を交わしている時だって常にどこか寂しさや切なさがあった。

トーマスの、言葉よりも眼差しが彼の心情や物事を語るようなシーンが多くて、彼を演じたティム・カルクオフの演技が素晴らしくよかった。

あれほどまでにオレンがあれほどまでにトーマスを愛していたと知ったときサラは一体どう感じたのか、オレンが愛したトーマスはサラの目にどう映っていたのか。

静寂がトーマスとオレンの愛を、トーマスの行き場のない彼への終わらない愛を優しく包んでいた。

トーマスとイタイが2人でなにも喋らずに、ただクッキーを飾り付けてるシーンが一番好き。クッキーもだけど、なによりも黒い森のケーキが本当に美味しそうだった。

ピアノの音楽も美しくて、低予算映画とは思えない作品だった。監督がとても上手かったと思う。
私にはまだ早かったかもしれへんなあ

内容は理解できるけど、なんか伝えたいことというかこの映画の真理の部分は分からなかった、、

とりあえずケーキとクッキーは美味しそうでした
>|