黒い司法 0%からの奇跡の作品情報・感想・評価・動画配信

「黒い司法 0%からの奇跡」に投稿された感想・評価

冤罪の死刑囚のために立ち上がる弁護士による奇跡の実話。


思えば「グリーンブック」もツアー最後の地が アラバマ だった。グリーンブックは1962年、黒い司法は1988年。そして現在も…根底はきっと何も変わっていない。その証拠としてこういう話はいくつもある。まるでデジャブをみているかのように。

人種差別の問題は永遠のテーマであることを思い知らされるような作品だけど、これが現実。それを深く心に刻まなければいけないと改めて思った。


以下ネタバレあり〼
☟ ☟ ☟ 





投げ入れた家族写真は演出過多にも思えたけれど、あの新米警官の存在がとても良かった。立場がどうこうではなく真実をちゃんと見極め、できることをやることの大切さ。なんか気持ちが救われた。

エバを演じたブリー・ラーソンさんもこの作品と観客を繋ぐ重要な役割りを地味ながらに見事に演じていたのも印象に残ります。


まるでデジャブのようでオーソドックスな作品ではあるけれど、シンプルに心が揺さぶられ胸が熱くなる良い作品には違いない。2度泣ける…。
これはガツンときました。
黒人差別+冤罪=アメリカ社会の闇。
法治国家とはなんぞや。

「ヘイトユーギブ」で黒人は黒人として生きていく教育を家庭でされるという事を知り衝撃を受けましたが、なるほど、こういう不当な扱いから自分達を守る術なのね。
作中にも出てきたけど、ゴスペルが黒人の間で生まれた意味がこれほど胸にスッと入ってきた事はない。生きる糧。

マイケルBジョーダンって「フルートベール駅で」に出ていた方なのね。素敵な俳優さんでした。
Kamsan

Kamsanの感想・評価

4.0
アラバマ物語からの鑑賞。アラバマ物語がある街での実話がなんとなくさびしさを感じました。同じ隣人でも、差別から真実が隠される世界が、今でもある事が現実です。怖い話で終わらせないで、いい世界にしていきたいものです。久しぶりの法廷ものの鑑賞でした。
mi

miの感想・評価

3.6
無実の証拠が上がってるのにもかかわらずなかなか認められないのが辛い。実話に基づいているというのがショックで怖い。
ジェイミーフォックスの演技が素晴らしい。
はまべ

はまべの感想・評価

4.3
最近は映画は観てるのに、
感想を記録せずに溜めてしまっているせいで、
観賞後の率直な気持ちを忘れてしまっているし、
まとめて書こうと思っても、だんだん雑になってきてしまいますね、、

そんなことはさておき、
こちらの映画、
予定調和的といえばそうなんですが、
実話ベースの映画なのでね。

感動しましたし、
考えさせられる部分も大いにありました。

また日本とアメリカで、
考え方も違うんではないかと思いました。

そもそもアメリカでは逮捕をする時、
犯人に権利の通告をすると思いますが、
弁護人を立てる権利がある!的な

この映画では冤罪はもちろん、
罪を犯してしまい、償いたいのだけど、
人種差別の問題があり、
そもそも弁護士などからサポートを受けることすらできない、
そんな人も救済、サポートしてあげよう、
というそんな話。



難しい。


正直、それが人種差別が原因なら問題だし、公平にするべきだが、

そもそも許されない罪を犯している人間は、
権利なんて剥奪されるべきだ。
そりゃあ刑務所の中で最低限の生活は保障されるべきだし、
更生するためのサポートは必要なのかもしれないが、、、

私のは感情論ですね、、

ですが、
ストーリーとしては、ガッツポーズをしたくなるような、
そんな映画でした。
何はともあれ、差別や冤罪などに、
立ち向かい、
勝利を勝ち取っているのですから、
本当にすごい。
あの時代で。

エンドロール前にブライアンのその後の活動について、
脇役で登場していた囚人のその後について、説明があったのでとても安心した。

知っておかなければならない事実を描いてくれたし、
考えるきっかけをくれたこの映画には、
感謝です、ありがとう。
筍

筍の感想・評価

3.9
じつわ実話です。

まだまだこんな話が山のようにあるんですね。
差別の問題は根が深いです。
やっぱり憎たらしく作ってあり、ちゃんと映画になってる。
黒人はカッコいいなー。
aki

akiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

1980年代、黒人差別の激しかったアメリカでの実話に基づく話。理由もなく、黒人ということ、ただそれだけで罪を着せられ、死刑を求刑される人も少なくなかった。そのうちの一人の男性と共に闘うことを決意した黒人弁護士。最初は拒絶されるものの、徐々に同志となり、冤罪に立ち向かっていく。
映画内で最も辛かったのは、仲間の死刑執行のシーン。白人であればこれほどの刑を受けていなかったのだろうと思う。今現在も根強く存在する、人種差別。映画では黒人の視線に基づくものである。単一民族で日本で生まれ育ち、差別されることとは程遠い環境で育った私にとって「肌の色で差別されること」がどれほど辛いものなのか、少しだけ理解できた気がする。全世界の人々に見て欲しい作品。
sicca

siccaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

法廷ものなのに、そこまで重く感じず、
さくっと観れた

再審請求が棄却されて、マクミリアンの息子が、泣きながら訴えかけてたのが、印象的だった

この手の映画は多々あり、この作品が特段に面白いとは思わないが、6年間の勾留で釈放されたのは、奇跡に近いと思う

ジャスティス…本当にかっこいい
ENdouga

ENdougaの感想・評価

4.0
実話を基にしたストーリー。
これは考えさせられる映画。

これほどまでに無罪の証拠は揃っているのに、
死刑判決がくつがらない展開にうんざりした。

情報を鵜呑みにすることなく、
バイアスをかけることもなく、
事実を積み重ねていくことの大切さを痛感する。
UTAMETAL

UTAMETALの感想・評価

4.0
正義〜って感じが強く印象に残る作品だった。もう無理だと思うような事がおこっても絶対諦めず挑んでいく強い心よかったなぁ〜、しかし今でも残っている理不尽な黒人差別について考えさせられる作品だ。
>|