コクリコ坂からの作品情報・感想・評価

コクリコ坂から2011年製作の映画)

上映日:2011年07月16日

製作国:

上映時間:95分

3.5

「コクリコ坂から」に投稿された感想・評価

maedaあ

maedaあの感想・評価

4.0
ずっと口角上がってた、ジブリではかなり異端な雰囲気。俺たちのカルチェラタンはどこだ!??
小娘

小娘の感想・評価

5.0
実はジブリで1番好きなのコクリコ坂。とても良い。
岡田准一と長澤まさみ最高コンビ。
haji

hajiの感想・評価

3.8
舞台は1963年、オリンピック前年。オリンピック前年である今年にもぴったりだと思い、観ました。
Riptide

Riptideの感想・評価

4.5
一部では「焼き直し」「ありきたり」と評されている作品。違うんだよ、この作品でようやく宮崎駿は男女の愛というものを真剣に描いたんだよ。男性性と女性性にモチーフを分けた上で読解するととてもわかりやすい。
Rio

Rioの感想・評価

-
ジブリで1番好き。
雰囲気・曲がどストライク。
こんな青春したいな。

カルチェラタンのところ笑っちゃう(笑)
それと同時に細かい背景設定がすごいなと思う。箱に書いてある地名とか。ちゃんと考えたんだなと思う。
moviemaker

moviemakerの感想・評価

4.4
ジブリの青春。名作。アルバムも聴いてる。事細かな所のコアな感じが本当にいい。カルチェラタンへようこそ
中学の時に1度見て、
「あ、ジブリっぽくないなぁ。」
と思いました。
ファンタジーな世界から一変、現実にほど近いアニメーションへと変わりました。前はそれを退屈だと感じていました。

いま、大人になって改めて見ました。
家族って、生きてくって、こんな複雑かぁと思わされました。
ジブリで泣いたのは初めてでした。
感動とはまた違く、自分と重ね合わせてみることができるアニメーションに心打たれました。

どうしてまた見直したのかというと、
YouTubeに上がっていた
宮崎駿さんと、その息子 宮崎吾郎さん
の動画を見たからです。
本当に現場とは大変だなぁと感じました。
私たちが数時間で見て簡単に感想をのべているものは、スタジオジブリが何年もの歳月をかけて、身を削っていることを知り、もう一度見たくなりました。
そして動画をみて分かったのが、これ、東日本大震災の最中に作成していたものでした。勇気づけたい、そんな時だからこそ作らなくてはいけない、そういった思いが詰まってました。

ジブリ作品は
子供ごころ擽らせるものであり
成長してから深さを知るものである
と感じました。
Rrose

Rroseの感想・評価

5.0
懐かしい。大好きなこの青春映画はわたしの青春時代と共に。中学一年生の時に初めて1人で映画館で観た映画で、当時好きだった人が風間さんに似てたから(髪型と腕時計)、重ね合わせてキュンキュンでしたな。「わたし、風間さんが好き。(でした)」
あれから何十回と観たけどいつ観てもいいな。主題歌「さよならの夏」も好き。60年代昭和のノスタルジックな味わいも。
amime

amimeの感想・評価

3.0
(全部何十回も観てるジブリを今更ながらレビューするのコーナー…)

これは1回しか見てないな…
かつ

かつの感想・評価

-
こういう街が好き
昭和のヒットナンバーとかノスタルジー感じる
>|