コクリコ坂からの作品情報・感想・評価

コクリコ坂から2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

3.5

「コクリコ坂から」に投稿された感想・評価

かなり好き。音楽とかカルチェラタンのあたり最高。
そして2人の関係性の安いメロドラマというまさにな感じ、良き。
ラストがもっとなんかあればジブリ作品でもかなり1、2を争ったかもしれない。
ゲド戦記がアレだったので期待してなかったけど面白かった。カルチェラタンの作りが好き
ayuna

ayunaの感想・評価

3.9
誰も悲しくならない映画!
ほんとにだいすき!!

海の朝起きてからのリズム感もすきだし、音楽も最高!
岡田准一と長澤まさみのリベンジ作といったイメージ。
学祭っぽいノリが好きでした。
ちなみにリベンジは成功してると思います。
otom

otomの感想・評価

3.0
ジブリの顔をした普通の映画と云った印象。息子は監督業を続けたいならジブリの呪縛から逃れた方が良いのではないかと云うくらいにジブリってだけで成立している作品。その時代に青春を過ごした者じゃないと同じ懐古でも説得力がない上、何やら詰め込み過ぎな気がする。サントラ設定もしかり。演技力は別としてジブリ顔の長澤まさみは色々良かった、うん。

このレビューはネタバレを含みます

1960年代、太平洋戦争が終結した直後を舞台にしていて、東京オリンピックが決まり勢いづいていく日本の様子、学生運動(カルチェラタン存続運動)が熱かった。主人公の海が真面目でしっかりしているけど、血の繋がりがあるかもしれない風間さんを思って一途に涙するシーンはもう、心がえぐられる気持ちになる。横浜の海のシーン特にが綺麗だった。白い花の咲く頃、紺色のうねりがなど歌唱シーンもお気に入り。海ちゃんと風間くんには本当に幸せになってほしい。エスケープ憧れる。ジブリの中で1番好き。
りんか

りんかの感想・評価

3.6
何回か観ないと理解出来なかった。
観れば観るほど登場人物達の感情が伝わってくるかと。
祐希

祐希の感想・評価

-
この映画もジブリ作品の中で上位のもの!
物語の内容はもちろん、コロッケを商店街で食べるのとか、男子学生が集うカルチェラタンの雰囲気も大好き!
時代独特の熱気が面白いです
好きです。
やや単調だし、この映画の青春恋愛要素にそこまで惹き込まれなかったからか
真実がどうこうなんて事には興味も薄く、そんなひっぱるなよ!なんて思ってしまう気持ちも有った物の
真っ直ぐな登場人物全員を好きになってしまう、清らかさと正しさ、懐かしげな雰囲気につられ、応援する気持ちで最後まで惹き込まれました。

この映画が印象的な体験になったのは
映画館で主人公の母の「会いたいわ」の一言に唐突に泣かされました。
一緒に見に行った、当時めちゃくちゃギャル、文字通りギャル、ギャルを体現した様なギャル、そんな風貌の女性が「何故、泣いてるのか意味がわからない。そんなの当たり前じゃん。」と発した一言がガツンときました。

それが普通の感覚では無いのかもしれませんが
この映画の白眉だと感じた、どう言葉にしたらいいか分からないですが、そんじょそこらに転がりまくってるドラマや映画でよく見る男女感なんて超越した愛情。その部分に気持ちを揺さぶられたのに、そんな女としての、純としか言い様が無い愛情は、もしかしたら女性には当たり前に備わっているのかもしれない、少なくとも今隣にいる人は備えてる、というリスペクト!!
律子

律子の感想・評価

3.7
青春でとても良かった。
こんなにものをしっかり考えている学生じゃなかったので、みんなかっこよく見えるし羨ましい。
カルチェラタンいいなあ。
>|