不思議なクニの憲法の作品情報・感想・評価

不思議なクニの憲法2015年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

3.5

「不思議なクニの憲法」に投稿された感想・評価

絶対に観るべき
特に選挙権を得る前に
北九州の上映会にて観ました、講演会も最後まで聞きたかったし質問もしたかったのですが、後の予定があり残念でした。

福岡では公開してたのかな?
参院選前に
話題になってたので見たかったのですが、観ることが出来ずたまたま北九州で予定のある日に上映会があるということで行くことにしました。

感想としては、日本人なら必ず観るべきです。映画としての評価ではありません。現状を知る。歴史を知る。憲法を知る。とても、解りやすく創ってあり、この手の題材にありがちな一方の意見に寄ってしまうこともなく、様々な人の意見、考え方が紹介されます。なかなかいい意見じゃないかと思っていた発言もしばらくすると、やっぱりちょいと、いかんな~となったり自分のなかで考え方が蛇行します。何故なら知らなかったことが多すぎる、そういう解釈もあるのか~と新しい発見があるからです。
でも、それで良いんです。知ること、自分で考えることが大事だと思うし、この映画の意味だとおもいます。
残念なことは、会場はほぼ満員なんですが若者の姿が見当たらない。
連れて行った高1の娘は、苦痛の二時間とか言う始末。
いつか、親父が連れてきた意味が理解出来る日が来るよ。と言うのが精一杯で、情けなさすぎて悲しくなりました。
個人的な事ですが、子供の頃は戦争で日本は、悪い事をした、世界に迷惑をかけたと教えられ、戦争は悪いものと認識を固定し、戦争映画も全く観ない様にしていました。あんなもん観るから戦争になるんだと考えてたのかな?
ヤンキーやヤクザの漫画みて影響されるみたいな感じで(全く次元の違う話なんですが)
ある程度いろんな事が理解できるようになってか、ネットで様々な情報が得やすくなってきた頃から考え方が変わりました。ここで後悔しているのがなくなった祖父のことです。
とにかく、「戦争は、いかん」とだけは、ずっと言われ続けてました。具体的な話を覚えいるのは、親友たった戦友の話だけです。 何故もっと話をしてもらわなかったんだと後悔しています。(話したくない話でしょうが)

意味合いは、違うかもしれませんが後悔するようになっては遅いんですよ、若者たち!
たくさんの若い人達に観てもらい、自分の考えを話してもらいたいとおもいます。
Naho

Nahoの感想・評価

3.3
改めて政治について考える。主権を握っているのはわたしたちなんです。
選挙が終わった今だからこそ、観る意味がある映画かも
日本国憲法について、その成り立ちや条文を取り上げての説明、意義、向き合い方など丁寧に分かりやすく語ってるので観やすく、すっと脳内に入ってくる。
SEALDsメンバーがスピーチで憲法の条文を読み上げて『これは俺の言葉なんだよ』と言っていたが、正に我々国民の為に憲法が存在することを心に留めておかねばいけないと思う。
憲法改正の危機にある今、是非観て考えて欲しい映画だ。
HirokiGoto

HirokiGotoの感想・評価

3.5
今、多くのひとに見て欲しいと思う一本。19
yoshi

yoshiの感想・評価

4.5
今、みんなに観て欲しい映画。そして、自分の事として考えて欲しい。ある日突然、今は当たり前に享受している自由や平等、幸福になる権利等が奪われるとしたら、どうしますか?
jackpov

jackpovの感想・評価

2.0
正直映画としてのレベルは最低だと言っても過言ではない
インタビューの編集など明らかに結論ありきでインタビューの意味をなしていない
字幕ミスなど当たり前でするから本当に勘弁して欲しい
本来なら☆★★★★をつけたいところだが、護憲派としてしょうがなく星をひとつくれてやった