アイ・キャン・スピークの作品情報・感想・評価

アイ・キャン・スピーク2017年製作の映画)

아이 캔 스피크/I Can Speak

製作国:

上映時間:119分

3.1

「アイ・キャン・スピーク」に投稿された感想・評価

kacchi

kacchiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

完璧な構成、演出とは言えず少し感動が冷めたり、シナリオに無理がある部分も見えた映画でした。
しかし、ナムンヒ氏の演技が素晴らしく、それだけで十分見る価値があります。

通訳を通さず、直接自分の言葉で事実を伝えたい、その気持ちで英語を勉強する元慰安婦のおばあちゃんのお話。

最後に『金がほしいのか』と批判してくる日本人に日本語でまくし立てるシーンでは、胸がいっぱいで泣きました。

知りたくもない学びたくもない、生きるために覚えた日本語。
どれだけ汚い言葉を浴びせられてきたら、日本語でまくし立てることができるだろうか。

慰安婦問題をどう見るか、どう判断するか、批判するかを考える以前に、そうやって生きた方がいる事実には目を背けたくないと思いました。
そん

そんの感想・評価

3.0
- I'm fine thank you! And you?
IshiiYuzo

IshiiYuzoの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

前半はコメディタッチで笑えるけれど、中盤以降は見事に反日物に転換していく。
クライマックスのワシントンの議会演説、日本の外交官?が完全悪者として…もちろん演じているのは韓国人俳優…。

カタコト?日本語で、アナタハオカネヲイクラホシインダ?と、おばさんに浴びせると、おばさんも突如日本語で、オマエラノキタナイカネナンカイラナイヨと応酬‼️

もう笑える笑える。

封切4日目に観たけれど、観客は10人いたかいないか。
若い母親と息子が見ていたけれど、こうして反日精神を植え付けていくのだなと感じた。

主演俳優ふたりは素晴らしいんだけどなぁ…。。。
あにか

あにかの感想・評価

4.0
メインの二人がそれぞれ私の好きな映画に出てたから広告出た時からずっと気になってたけど、思ってたものと違いすぎてショックが大きかった笑
絶対に日本では流れないんだろうなあ、流したらまた問題になるんだろうなあ、でも日本人に見せるべきでもあるのかもなあ、ってもやもやした。
だけど未だに日本への意識にしこりが残っている理由には納得がいった~国民的女優使って、公共交通に大きく広告貼ってかなり推してる感じだったし、一見ただのハッピーなコメディかのように宣伝してたのに、主題は日本がまだ慰安婦問題謝罪しないこと。ああこういう映画がゴロゴロしてるんだなあって。それは仕方ないなあって感じたねえ。
韓国に居て楽しい反面たまに感じる日本人としての生きづらさを、一気に不意にどーんてされた感じで、自分がストーリーとか演技に泣いてるのか何に泣いてるのかよく分かんなかった笑
配給がロッテなのもなんか皮肉だなあとか。
いい経験ではあったと思うぷぷ