永遠の0の作品情報・感想・評価

永遠の02013年製作の映画)

上映日:2013年12月21日

製作国:

上映時間:144分

3.8

あらすじ

太平洋戦争末期。勝利を目前にしたアメリカを大混乱に陥れた、たった一機の戦闘機。「悪魔」と呼ばれたそのゼロ戦は米軍最強の空母艦隊による一斉射撃・百万の銃弾をくぐり抜け、包囲網を突破してみせたのだ。その「悪魔」を操るパイロットは、実に意外な人物であった。宮部久蔵。天才的な操縦技術を持ちながら、生還することにのみ執着し、仲間から『臆病者』と罵られた男だった…。

「永遠の0」に投稿された感想・評価

sac0212

sac0212の感想・評価

3.3
冒頭から涙止まらず
日本人だなあ
lion

lionの感想・評価

1.0
好きになれん
A

Aの感想・評価

3.8
記録
それにしてもこの映画の評価となると、戦争の是が非か等の議論ばっかりで、映画そのものの話がほとんど出てこなくてある意味ワロタ。
ということは、結論から言うと、この作品は日本に必要な映画だってことなんだろうな(笑)。

最近は映像美が洗練されてきて、どこの国の映画でも素敵な風景を提供できるようになった。この映画も例外ではなく、CG技術も進化し、迫力のある戦時中のシーンや風景を堪能することができる。
しかし、役者の演技や演出に関しては、お世辞にも褒められるレベルではなく、この内容で感動するのはちょっと厳しいかな。
あと、戦争映画としてこれを鑑賞するのだとしたら不適合で、これ観たところで何か考えるようなことはない。
終戦記念日に家族とWOWWOWにて鑑賞しました。気になるタイトルでしたが、タイミングを逃しておりました。

隣国のイカれた●朝鮮がミサイル発射計画で世界を賑わせ緊張が続く国際社会ですが、当時の日本人も様々な人間模様の中で必死に生きていたんだなと再認識。

岡田准一さんの演技に惹かれ、最後はかみさん、次女の前で号泣してました。零戦、改めて見たいから靖国神社に見に行こうかな…

⭐︎教訓⭐︎この世界Love&Peace‼︎ この一言に尽きます。
あすか

あすかの感想・評価

5.0
涙なしでは見れない。小説から入ったけど、全然楽しめます。むしろそれぞれがいいから両方オススメする。
ぬくい

ぬくいの感想・評価

3.0
想像よりは泣かなかった
>|