永遠の0の作品情報・感想・評価

「永遠の0」に投稿された感想・評価

笑い男

笑い男の感想・評価

4.6
エンドロールが流れ主題歌が聞こえてきた時、名前も知らない顔も知らない、でも確かにこの国に生まれこの国のために戦った方々を思い黙祷し感謝を捧げた。
この映画は戦争賛美でも美化でもない。国同士が争うことで起きる悲惨な現実をひとつの物語として見せてくれた。
当時の実情はもっと凄惨で汚れたものだったかもしれない。だが確かなのは太平洋戦争で亡くなった軍属の戦没者約230万人それぞれに物語があったということ。
映画という垣根を超えて何か大事なものを見つめ直すきっかけになる貴重な作品。今後も忘れることなく心に留めておきたい一本。
観たよ




本作は戦争賛歌だなんだと叩かれていますが全くそんな事はなく非常に興味深い人間ドラマでした。


只し、井上まお演じる嫁が亡くなった旦那を投影する様な台詞は心の中に閉まっておくべきだと感じました…相手に失礼すぎる
momonomama

momonomamaの感想・評価

4.8
百田尚樹さんの原作を映画化したものです、絶対に映画館で観なければ~~~~
と、行ってきました。
原作を読んで感動した人は原作と比べがちです、、、この映画も2時間にどうまとめるのか、、、と思いながら観ましたが!!
私的には原作よりよかったです。
もちろん、原作もここ数年で2番目くらいに感動した作品ですが、百田さんの放送作家故の性でしょうか、大衆受けするようなラストになってるんですよね。
伏線をいろいろとはっておいて最後に紡ぎ合わせて「どうだ、、、百田だぞ~~」って(笑
思わず、百田さんのしたり顔が浮かぶような、、、

映画はそういう百田さんのずるい手法とかがすっきりとそぎ落とされて(百田さんごめんなさい、、十分感動してますよ)焦点をうまく家族愛に絞りこみ、作りこんでました。
たとえば、、某新聞記者が出てこずに合コンシーンでまとめてたところとか、、大石君(今のおじいちゃん、、夏八木)が生きていて真実を証言することで不要な伏線をそぎ落とせてたとこ、、など。
戦闘シーンのCGも迫力満点!!
桑田さんの唄も当然のことながらマッチしてましたし。
いうことなし、、、、

とは言え、、、
現代シーンの三浦春馬の演技がオーバーなのがちょっと鼻についた。
宮部が大石と搭乗機を交換した時に残した写真とメモ、、これは嫌でしたね、他に方法はなかったのかな?
大石がおばあちゃんと結ばれていく過程も少し陳腐感がありました。



など、、、いけてないシーンももちろんあったのですが、原作を超える映画は初めて観ました。上映後、拍手しそうになった(笑
涙じゅるじゅるやったけど、、隣に座ってた推定60代のおじさまもじゅるじゅる泣いてはった。
いつもがらがらの映画館が満席だった、、、いい映画でしたね、また観たいです。

(2014年視聴)
サウス

サウスの感想・評価

3.9
今の日本があるのは、この時代様々な犠牲があったのだと感じた。
そして、その話を受け継いでいくということが大切ということも。
soga

sogaの感想・評価

3.8
観終わって映画館から出た時、外の景色が違って見えたくらい余韻が凄かった。
彦次郎

彦次郎の感想・評価

3.6
青年が祖父について調べていくうちに分かる真実を描いた戦争映画。
岡田准一氏の演技もあって特攻隊から戦争の悲しみが伝わりました。改めて戦前と現代は隔絶されたものではなく地続きである事が認識されます。
NaotoTakei

NaotoTakeiの感想・評価

3.7
戦争系の日本映画の中では最高峰ではないか。
戦闘シーンもハリウッド映画顔負けで、VAR技術をうまく活用できていると思う。史実に基づいたストーリーも深く、心に残る映画
ソウ

ソウの感想・評価

4.3
泣いた。原作と終わりかたは違うがこれはこれでとても良かったと思う

このレビューはネタバレを含みます

見たよ

【メモ】
祖母松乃の葬儀にて本当の祖父が別にいたと聞かされた春馬
生前繋がりのある人達を辿り自分の祖父がどんな人だったかを知っていくことに。

実の祖父は特攻隊員で若くして戦死した宮部久蔵
皆は彼を海軍一の臆病者と呼ぶ
宮部は妻、娘の為にも死ぬわけにはいかなかった

教官になった宮部は自分の教え子達に決して可を出さなかった
しかし、可を出さないことにも限界が。
やがて教え子達は次々と命を落としていき宮部は無力さゆえついには特攻に志願してしまう。

出陣当日、宮部は自分の機体と別の機体をかえてもらう

宮部が乗るはずだった機体はエンジン故障で離脱

離脱した乗組員こそが現春馬祖父だった

機体には宮部からの手紙があり妻と娘を助けてくれと残されてた

年月をかけ松乃と現祖父は結ばれる
めい

めいの感想・評価

3.6
これも再鑑賞

新井浩文と田中泯の存在感🙏🏻✨
上手に映画化してると思うけど全体の雰囲気は原作の方がすき。
(多分最後含めて現代パートが下手)
>|