永遠の0の作品情報・感想・評価

永遠の02013年製作の映画)

上映日:2013年12月21日

製作国:

上映時間:144分

3.8

あらすじ

太平洋戦争末期。勝利を目前にしたアメリカを大混乱に陥れた、たった一機の戦闘機。「悪魔」と呼ばれたそのゼロ戦は米軍最強の空母艦隊による一斉射撃・百万の銃弾をくぐり抜け、包囲網を突破してみせたのだ。その「悪魔」を操るパイロットは、実に意外な人物であった。宮部久蔵。天才的な操縦技術を持ちながら、生還することにのみ執着し、仲間から『臆病者』と罵られた男だった…。

「永遠の0」に投稿された感想・評価

本を一冊読み終わったような滑らかな満足感のある内容かもしれない。
蛇足なく、不足なく、過度な演出もなく、
バランスが取れている内容と展開。

確かに戦争の話だが、
戦争のリアルさや演出がこれ以上にあったら、この作品は単なる「戦争アクション映画」になっていたでしょう。

あくまで、これは主人公「宮部久蔵:岡田准一」と「零戦」「彼の取り巻く戦争」の中で見出す未来へ繋げる為の愛あるメッセージを子々孫々に伝えたドラマなのですね。

主人公は、お国最優先な世界より、
大事な家族と家族の幸せを願い、戦争が無い希望に満ちた世界と未来を憂いており
どうにかしたいという強い気持ちをこの映画では描かれているのが時代がこんなに違う私が見ても共感しました。

恐らく、私も彼と同じ様に妻がいて
帰りを待つ息子たちと彼の境遇に共感したのだと思います。

この映画を観て私は、
私が生まれるまで私を繋いだ
私のおじいちゃんやおばあちゃん、
ひい祖父母に伝えたいのは、
戦争が終結し平和で希望と可能性に満ちた日本になりました。だけど、それは有り余るようになり、生きやすいけれど、
すぐに自分を見失いやすく、何を選ぶ事が正しいのか解り難らい時代になってしまった。
だけど、何かの為に何を成し子々孫々に何を託していくのかは今も変わらず、
大人たちの使命だと感謝と共に強く生きる決意を伝えたい。
sena

senaの感想・評価

4.0
色んな偶然で中学時代から元特攻隊員の方々と交流させていただく機会があった私にとっては、かなり胸に突き刺さった作品。多くは語らないけどあの時代を生きた人々はみんなそれぞれに切ない物語を持ってる。
原作を読んでから観たけど、私的には本の世界観を崩さず上手く描けていると思った。作者はそう思ってないみたいだけど(笑)
makityan

makityanの感想・評価

4.0
9/10

自分の死後を強く意識させる作品でした。
私達は夢の続きを後世に託していく、そんな大層なものではないのかもしれないが、幸せを繋げていくという感じ。
幸せの連続性を感じられるのは人間だけなのかもしれないですね。

ミーム的な側面を持つ映画なのかな。

じいちゃんズの演技はぐっっとくるものがありました。
特に最後の構図は涙腺に来ましたね。

そして、戦争はいかんな、マジで。


少しだけ気になったのは、なんでもセリフにしすぎかなと。表情だけで伝えられることをわざわざ喋るのは少し野暮かな〜っと感じました。
サラ

サラの感想・評価

3.3
小説の方が良かった。

映画は岡田准一を売り出したいのか前面に出し過ぎてて、少し残念。

思いっきり泣きたいと思ってわざと泣ける映画選んだつもりだったが、イマイチ不発に終わり、小説読んだ後に、自分の中のストーリーである方が良い作品でした。

岡田准一の演技は悪いとは思わないが、小説のメインが映画化されて変わってしまっていたのが、残念でした。
MoeHokama

MoeHokamaの感想・評価

4.0
一人の力じゃ国は変えられない。だけど、自分の考えはしっかり貫こうって思わされる映画。

それぞれの思いがよく伝わる。だけど絶対小説の方が良い。
のぞみ

のぞみの感想・評価

4.0
多くの名シーンがあった
当たり前かもしれないが戦争の映画系は演技以上に必死だと思う
国のために死ぬのは名誉でも家族は悲しむ
今の時代はそんなことを考えなくていいが、その分命の重さは軽いのかなと
今の争いのない生活に感謝
時代背景に入り込めるかが楽しめるかの境目になる映画。

一番印象になってるセリフ
"愛している、とは言いませんでした。我々の世代に愛などという言葉を使うことはありません。それは小隊長も同様です。彼は妻のために死にたくない、と言ったのです。それは私たちの世代では、愛しているという言葉と同じでしょう"

そして何より岡田准一の気迫の演技。スゴかった。
過去鑑賞。

宮部の最後の勇姿を映すラスト特攻シーンには感慨深いものがあった。
こういった作品(戦争・特攻隊)は、戦争を経験してる人、してない人で賛否両論あると思う。
けどこういう事実を後世に伝えていかなきゃ結局はまたいつか繰り返す。
命を軽々しく考えてはいけない。
今の時代に"生命の重み"を今一度考えさせられる素晴らしい作品。
HEIDI

HEIDIの感想・評価

3.5
ずっと泣いてた。国のために命を捧げるのが当たり前だと言われていた時代に、あれほど一生懸命生きた人間はいるのか。その感覚がすごく新鮮で、いろいろ考えさせられた。宮部久蔵は本当に賢い男性だったんだなと思う。
ただ、やっぱり映画より本の方が好きかな。
よかったから本買った。
当時の国のために死ぬことは名誉っていうことに対して宮部みたいに生きて帰ることがベストだって思っていた人はどれくらいいたのかな。
>|