永遠の0の作品情報・感想・評価・動画配信

永遠の02013年製作の映画)

上映日:2013年12月21日

製作国:

上映時間:144分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「永遠の0」に投稿された感想・評価

たそ

たその感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

飛行機に乗り込んで不調に気づいたときの顔とか、一番最後の突っ込んでいってるときの顔とか、顔の演技がほんまにすごい。
まるみ

まるみの感想・評価

4.5
ゲロ泣いた。岡田くん、格好良すぎる役ばっかやなぁ。でも本当に適役やと思う。

戦争という、命を賭ける場面でさえ見られる、日本の「弱い奴は根性がたるんでる」とか「自分を犠牲にしていれば、頑張っていれば、勝つことができる」っていう精神論的思想って、どういう文化から来ているんだろうなぁ。他の国はどういう思想で戦っていて、それがどういう文化から来ているのか、いつか人生で探ってみたいところではある。
bluesky4

bluesky4の感想・評価

5.0
亡くなった父は酔っては戦争体験の話しを夜毎繰り返し、聞かされる子供の私はそれが本当に嫌だった。だからこの映画の大ヒットも受賞も知っていたがどうしても足が向かなかった。
三浦春馬さんを知り、この歳になり本作品を観る縁があり、昭和の平和な時代を何処か楽しめず不機嫌に過ごし亡くなった父の気持ちがわかった様な気がした。

当時18才前後の戦争経験者達も世を去り、『繰り返してはならない』このメッセージはもう映画の強い力で後世に伝えることしかないのかもしれない。
沢山の若い人にも観て欲しい。
原作共々素晴らしい映画であった。
餅

餅の感想・評価

2.0
戦争──即ち大東亜戦争(太平洋戦争)を示すものを現代と接続することで「理解」しようとする作品。その緒は人々の「感情」だという点に、なんとも言えない気持ちになる。

史実をありのままに伝えるだけでは、なにも残らない。そこでナラティブに語ることによって観るものを感動させるという構造──。
そのキーワードは感情である。「戦争は絶対ダメ」という大前提のもと、だがしかし肯定できない戦争を生き抜き、あるいは英霊となった者たちと、いまある自分の実存を繋がなくてはならない。乗り越えられない論理を引き受けるため、感情を駆動させ、涙する。

三浦春馬演じる青年が合コンで特攻と自爆テロを混同するネタを流すことができずに反応し、声を荒げて立ち去るシーンがある。この世間とのズレは保守主義的な「引き受け」の象徴にみえた。


ゼロ戦に乗り、失われた命があるからこそ今の自分や家族があるという問題を、架空戦記というかたちで「具体的に」人間の出会いとして表現している。

「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、以つて万世の為に」という昭和天皇裕仁の玉音放送がラストで流されるが、生き延びた国民と、家族のためにあった思いが国体に接続し、包摂される。


直感的に避けていた作品だが、靖国神社が三浦春馬ファンにとって意味ある場所になりつつあるとの話を耳にし、あえて観てみた。
2014年に上京する直前にした父との会話をおもいだす。父と弟はこの作品に感動したらしい。「なにか感じるものがあるかもしれない」と。私は「いや、観ないっしょふつうに笑」と冷淡に流したが、視聴後もその感想は変わらない。泣きもしなかったし、なにより2時間の映画を観るのに6時間くらいを要した(集中できず、何度も中断)。
しかし、小難しい論理を理解しようとせず、むき出しの感情で物語を紡いでいきたい場合は「便利」な作品だ。なぜ人々が感動を覚えるかが理解できた気がする。
丁寧につくられた作品だが、感想は永遠に「ゼロ」だ。なぜなら主人公に感情移入できなかったから。その構造に没入しない限り、空っぽな時間が流れる。
零戦がマイブーム来てる時に見た。
めちゃくちゃめちゃくちゃ感動した
みさち

みさちの感想・評価

4.8
今の平和な日々はこの方達のおかげで成り立っているんだと思う
次は誰?毎日迫る死への恐怖
そしていざ、
涙なしには観られない
初めて劇場で泣いたのは
終わった後、女子トイレはみんな同じような人ばかりだった。

岡田くん、カッコいい
tomiosho

tomioshoの感想・評価

2.8
観客も右寄りの人が多いなか見てしまった^^;

この映画のクオリティを上げたのは岡田准一さんの演技。逆にいえば、岡田准一さんじゃなければただの右翼映画になっていたかも。

戦争にフォーカスすることも大事だけど、戦争にフォーカスしすぎると世の中が見えなくなる。
riko

rikoの感想・評価

3.5
母親に観るように言われた。戦争について知らないことばかりだから観て良かった。
ぴー

ぴーの感想・評価

3.0
これは、本で読んだ方がいいのかもと思った。
ストーリー的に、ドキュメントを映画にしたものだけど、今の私たちの生活と少し前の世代の差が歴然。
愛と命と戦争の話。
miko

mikoの感想・評価

3.6
小説読んで号泣、映画見て号泣。

最初から結末はわかってるはずなのに、最後まで見て泣くしかなかった。
>|