永遠の0の作品情報・感想・評価

永遠の02013年製作の映画)

上映日:2013年12月21日

製作国:

上映時間:144分

3.8

あらすじ

太平洋戦争末期。勝利を目前にしたアメリカを大混乱に陥れた、たった一機の戦闘機。「悪魔」と呼ばれたそのゼロ戦は米軍最強の空母艦隊による一斉射撃・百万の銃弾をくぐり抜け、包囲網を突破してみせたのだ。その「悪魔」を操るパイロットは、実に意外な人物であった。宮部久蔵。天才的な操縦技術を持ちながら、生還することにのみ執着し、仲間から『臆病者』と罵られた男だった…。

「永遠の0」に投稿された感想・評価

ゆき

ゆきの感想・評価

4.1
原作が好きで、映画も好き。
岡田准一がだんだん鋭くなっていく感じがすごい。
最後の一瞬だけ、ん?ってなったけど。
P

Pの感想・評価

3.8
ずっと消えてしまいたいと思っていた時に観たので、最初から最後までずっと号泣していました。
自分に「生きろ!」と言われてる気がして…。
普通に生きてて、粗末にしていい命なんて無いと思います。
ミナコ

ミナコの感想・評価

4.2
日本の男を演じさせたら、岡田准一さんの右に出る人はいない、と思わずにいられないくらいの名演技。
役者の方の一人一人の思いの強さが感じられ、心を強く揺さぶられた。
Tabibito

Tabibitoの感想・評価

5.0
When I saw this, I didn’t feel only sad
Hideto

Hidetoの感想・評価

4.0
原作小説の重厚さゆえに、映画でははしょった部分もかなりあった模様。
とはいえ、命を懸けた男の人生をストレートに描いた良作です。
だいき

だいきの感想・評価

1.2
これ評価してる人多分みんな頭悪い
断言する

なぜなら百田尚樹がクソだから
何で戻らなかったんだろうと
悔やまれるけど
戻れなかったのだと思う
今生かされていることのありがたさ
特攻や死を美徳とする風潮には反吐が出る者の視点です。

劇中の岡田くん演じる零戦パイロット宮部は「自分ひとりの死は戦争には微々たる影響しか与えない。しかし自分が死んだら残された家族に大きな影響が出る」という考えを持っている。

死を美徳とせず、かならず生きて家族の元に帰るという信念を持っていた。


が、彼は優しすぎた。

自分が指導した後輩たちが特攻で死んでいくたびに心をすり減らしていった彼が最後に選んだ決断は、
「一人でも後輩を生きながらえさえ、自分が帰れなくても家族は守る」というものだった。


個人的には「愛するもの全てを守るのはどの時代でも不可能。
ならば最愛の人を守るために他人を犠牲にする覚悟」が人生には必要だと思うのだが、

優しい彼には「後輩の死の上に自分が幸せにのうのうと暮らすことが耐えられない」のだ。


こーゆーのは答えのない問題なので、あとは個人の価値観によって彼の決断の評価が変わってしまうが、
戦争にも行ってない平和な時代しか知らない現代人が特攻を「ヒロイズムに心酔した馬鹿者」だの「愛国心に満ちた讃えるべき精神」だの好き勝手にいう前に、よく考える必要があるなと感じた。
あんり

あんりの感想・評価

5.0
自分が映画に関わりたいと、きっかけになった作品でもあり、自分が今ここにいることに心から感謝やら、色々な気持ちが巻き起こる
カトウ

カトウの感想・評価

4.1
三浦春馬ビミョいっすけど岡田くんほんまにすごいと思います。あの演技力はなかなか出せるものじゃないですね。
色々言いたいことはありますが、最後のシーンの岡田くんのあの笑みは涙見せぬように笑顔でサヨナラをってことでいいですか。
>|