永遠の0の作品情報・感想・評価

永遠の02013年製作の映画)

上映日:2013年12月21日

製作国:

上映時間:144分

3.8

あらすじ

太平洋戦争末期。勝利を目前にしたアメリカを大混乱に陥れた、たった一機の戦闘機。「悪魔」と呼ばれたそのゼロ戦は米軍最強の空母艦隊による一斉射撃・百万の銃弾をくぐり抜け、包囲網を突破してみせたのだ。その「悪魔」を操るパイロットは、実に意外な人物であった。宮部久蔵。天才的な操縦技術を持ちながら、生還することにのみ執着し、仲間から『臆病者』と罵られた男だった…。

「永遠の0」に投稿された感想・評価

なす

なすの感想・評価

-
5箇所で泣いた。2回見に行ってDVD予約して買った。
戦争を美化してるという声もあるが、我々若い世代に訴えるという面では私はいいと思う。
まず、知る意欲に繋げる。その一歩にこの作品はなるのではないだろうか。
私はそう思う。
サピ男

サピ男の感想・評価

5.0
戦争映画の中でも最高峰のレベルだと思う
何回も泣いた
蛙

蛙の感想・評価

2.8
チネラビータ別館でサラミ食べながらみたなあ、泣こう泣こうと思ってたけど泣かなかった。
さらい

さらいの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

百田さんの小説を読んですごく心打たれた。内容わかってても映画でも泣いてしまった。松乃のとこに帰ってきてもう一度戦地に戻る時に「どんな形であれ帰ってくる」と言ったシーンが1番きた。
上に逆らって教え子を庇い殴られた後、今までついてこなかった教え子たちが宮部に感謝したところはやはりいいシーン。
小説の良いところかなり削られてたし、最後現代に宮部が飛んでくるとこは(???)って思ったけど、とても良かったです。
桑田佳祐がこれに共感して書き下ろしたという主題歌『蛍』もとても良い。
はた

はたの感想・評価

2.0
小説を読んだのでかなり期待して見た。結果、小説のが良かった。

・要素要素が小説と変わっている
・主人公兄弟がなんとなくうるさい

なとなど。
756bee

756beeの感想・評価

3.6
まだ上映してたのかって感じだけど、くずはモールで最終週ということで、せっかくなので観に行った。一部で言われてるような戦争賛美的なものは感じなかったけどなぁ。ただ終盤は余計な説明が多すぎ。そこまで言わんでもみんな分かる。あとエキストラの女子高生の脚、太すぎ。
Erika

Erikaの感想・評価

4.7
映画に2回見に行った。今見ても泣ける。
戦争、戦後と 考えさせられる映画だと思う。原作も 読みました。
EMILY

EMILYの感想・評価

4.6
泣きすぎて嗚咽。
ラストのシーンが最高。表情が。

考えさせられる一作です。
雨女

雨女の感想・評価

3.0
・原作に寄り添いながらも、映画だけのシーンもあって良かった。
・小説では健太郎に話してくれた人はみんなゼロ戦への誇りや熱意を語ってたけど、映画ではどちらかというと宮部さんへの個人的な感情を強く話してたイメージ。
・宮部さんは軍人で、自分が上官でも部下たちに敬語を使うのが印象的だったけど、映画ではあまり敬語が目立たなかった。
・映画にしかない宮部さんと家族のふれあいのシーンが見れて良かった。
>|