忠臣蔵1/47の作品情報・感想・評価

「忠臣蔵1/47」に投稿された感想・評価

年末になると観たくなる1本。

木村拓哉演じる堀部安兵衛は当然ながら、全員が適役と思わせてくれる配役が素晴らしい。

ラストに討入り後メンバーで群衆の真ん中を堂々闊歩する様は感動そのもので、作中「武士とは生き様よりも死に様に拘る」という言葉の意味を深々と理解させられました。
友

友の感想・評価

4.2
みんなカッコイイ‼︎

佐藤浩市と木村拓哉と岡田准一と深津絵里と松雪泰子と堤真一と妻夫木聡と豪華な名優がみんないい。

人を斬るような時代じゃなくなった武士が
我が主人の恨みを晴らすため人を斬る。

とても有名な話を飾り過ぎずにリアルに描かれていていい。

最後は実に好きなシーンだ。
討入り、吉良を追い詰める所が鬼気迫る!夫婦の間に流れる空気が素敵!