忠臣蔵1/47の作品情報・感想・評価

「忠臣蔵1/47」に投稿された感想・評価

Jake

Jakeの感想・評価

3.8
忠臣蔵を復習するにはとても良いです。
個人的には津川雅彦の表情の演技が絶妙だと思います。
そもそも忠臣蔵が好き
堀江安兵衛目線の忠臣蔵
キムタクがかっこよく演じてた
切腹の介錯が確か渡辺謙
「俺切るよ?」と飛び入り参加したとか
大石主税、岡田准一だったんだなぁ
この当時は興味なくて注目してなかったけど
denil

denilの感想・評価

4.5
「武士道」が美しく描かれていました!
学ぶことが多くありました。
kohei

koheiの感想・評価

4.2
昔見たときに凄い印象深くて、久しぶりに思い出して借りてみました。
面白かったあ〜

キムタクかっけ〜

あの沢庵の音めっちゃ好き
kaopocorin

kaopocorinの感想・評価

4.0
とにかくキャストが豪華すぎる!
先輩から全貌聞いてから見たらめちゃくちゃおもしろかった◎
忠臣蔵素人で、歴史背景を勉強後に観賞。お家断絶、多数の浪人…いいことは起きてない。浅野様はよっぽどのことがあって吉良様に斬りかかかったのかな。どんなやりとりがあったのかな。
M少佐

M少佐の感想・評価

3.3
これはドラマです映画じゃないよ。

 堀部安兵衛

赤穂浪士のイレギュラーの一人。
浪士の一人娘と結婚したが故に赤穂浪士に加わる。
彼の大義は何処にあるのか?

このドラマは何故か良く覚えている。

面白かった記憶がある。
18年前、これで赤穂浪士を知った。
浅野内匠頭を調べ、吉良上野介を嫌いになった。面白かった。
男に産まれたら武士になりたい、かも。
Noname

Nonameの感想・評価

4.0
年末になると観たくなる1本。

木村拓哉演じる堀部安兵衛は当然ながら、全員が適役と思わせてくれる配役が素晴らしい。

ラスト討入り後、メンバーで群衆の真ん中を堂々闊歩する様は感動そのもので、作中「武士とは生き様よりも死に様に拘る」という言葉の意味を深々と理解させられた。
友

友の感想・評価

4.2
みんなカッコイイ‼︎

佐藤浩市と木村拓哉と岡田准一と深津絵里と松雪泰子と堤真一と妻夫木聡と豪華な名優がみんないい。

人を斬るような時代じゃなくなった武士が
我が主人の恨みを晴らすため人を斬る。

とても有名な話を飾り過ぎずにリアルに描かれていていい。

最後は実に好きなシーンだ。
>|