四十七人の刺客の作品情報・感想・評価・動画配信

『四十七人の刺客』に投稿された感想・評価

うに

うにの感想・評価

-

評価:C

1994年 監督:市川崑
犬神家の一族

個人的には余りにも厳しい作品だった。

一応20代前半なので若者の感覚から云うと、なんとも言えない演技や、何処かチープな血のり、妻子と別れ…

>>続きを読む
おぐり

おぐりの感想・評価

2.5
2024-05-28 ぽすれん
30年前、映画100年記念に東宝が制作
市川崑監督、健さん蔵之介、愛人りえ

豪華キャストで見る忠臣蔵です。

最初っから仇討ちにスポットを当てた作品で高倉健さん主演のせいか巌大石って感じに。
武士の意地の為と所為な作品となっています。

しかも出るわ出るわの豪華俳優陣。
こ…

>>続きを読む
katojjj

katojjjの感想・評価

1.5

昔にテレビ東京で放送された『大忠臣蔵』に似たような作品だが、役者陣の演技は類型的で剣戟シーンは迫力に欠け、はっきり言って退屈な時代劇。

TVの2時間スペシャルドラマを観ているような感じで映画的なカ…

>>続きを読む

去年に続き忠臣蔵映画を鑑賞。健さんの声と時代劇はマッチすることに気づいた。
単なる仇討ちではなく調略戦を主眼にした忠臣蔵なので、なぜ浅野が吉良を襲ったのか理由は最後まで明かされず(吉良自身も知らない…

>>続きを読む

定番時代劇「忠臣蔵」が語られる時のコア=武士道・忠義・人情劇といった日本人好みの美談テイストをあえてハズし、一方的な処断を下した公儀への反抗、テロ事件として捉え、そこへ至る陰謀や暗闘をドライに綴る「…

>>続きを読む

忠臣蔵を映像化するなら外せない場面というのが必ずある。
まずは吉良上野介に対し浅野内匠頭が斬り着ける場面。
ここがばっさりカットされているという異色な忠臣蔵を見ることになる。

とはいえ一体誰がそれ…

>>続きを読む
教授

教授の感想・評価

-

時代劇は好きだし、疲れた時には安心して観ることができるジャンルでもあるし、設定上、メジャーで大作な日本映画にありがちな「大仰」な演技も成立するという意味で「安パイ」なものであると思いきや、なかなか困…

>>続きを読む

つまんないよ‼️
なんで宮沢りえ妊娠してんだよ
黒木瞳なんて最初1分くらい抱かれるためだけに出てきてるし
まあうっとりはしたけど…

武士なりの命の価値観が良かった
お前らの家族共々命投げ打ってくれ…

>>続きを読む

忠臣蔵の市川崑バージョンで、ちょっと変わった忠臣蔵。
大石内蔵助が高倉健で、女好きに描かれ、お相手は宮沢りえ。
柳沢吉保は石坂浩二、吉良上野介は西村晃だが出番は少ない。
最大の特徴は浅野内匠頭が何故…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事