暗殺の作品情報・感想・評価

暗殺1964年製作の映画)

上映日:1964年07月04日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「暗殺」に投稿された感想・評価

よ

よの感想・評価

3.6
映像もかっこいいが、武満徹の音楽がかっこよすぎる。清河八郎は興味深いキャラクターだが、丹波哲郎のことはまだ心から好きになれていない。
引きがめちゃくちゃ良いなぁ〜
人間味的リアリズムと幻想
アナーキズム
歴史の知識が乏しく、細部まで理解できなかった…がしかし、それでも退屈せず最後まで惹きつけられた。
今まで触れたことのない表現力で最高。
brian

brianの感想・評価

4.0
日本の歴史の中でも江戸幕末の時代が好きでワクワクしながら最後まで楽しめた。
丹波さんは現代劇のイメージ(キイハンター、Gメン75)がある俳優さんなので時代劇では新鮮な感じで観ることができた。殺陣のシーンは息を飲む展開で迫力がある。
佐田さんは今まで観たことのない新しい龍馬像を演じていてカッコいい。

上映後には映画史研究家・春日太一さんのトークがあり篠田監督の映画に対する熱い思い、監督と岩下さんとの馴れ初め、丹波さんの性格(笑)など面白くてわかりやすい解説だった。

丹波哲郎↔︎清河八郎↔︎篠田正浩
Pandano

Pandanoの感想・評価

3.6
映画を見た後、ふと我が家の本棚に目をやると「幕末」がある。私が買ったものではなく…「奇妙なり八郎」読んでみる。
んー、奇妙なり。

丹羽哲郎は顔の作りが本当に大きいな。007に引けを取らないはずだわ。
そして、ここでもいたぶられる監督の妻。小山明子さんにも思ったけど、肝が据わっているというか…。尊敬。

決めの場面で静止画となり、武満徹の音が【しゃきーん🎶】と入ること数回、カッコいい。
SN

SNの感想・評価

3.4
清河八郎おみゃー何したいんだ?と思ったけど、みんなそう思ったから暗殺されたんだろうな
清河八郎を初めて知った。奇妙なり八郎。

竹脇無我が演じた進吾。
主人公の魅力が少し足りないけど、映像が綺麗なのと縦のシーンに奥行きがあること、篠田監督の陰影の妙。
monaminami

monaminamiの感想・評価

4.8
幕末を舞台にスタイリッシュな映像でお届けしてくれる。清河八郎を全然知らないので普通に勉強になりました!ゴゴゴ、と執念の佐々木只三郎の影が忍び寄ってくるラストもスリリング。丹羽哲郎の色気!
otom

otomの感想・評価

4.8
清河八郎に詳しくない上に司馬遼太郎も読んでないので細部が良く分からないなりに面白かった。幕府を上手い事欺きつつ、尊王攘夷で一貫してる基本筋でありながら、人から人へあっちこっち飛ぶ回想の入れ子のお陰で鑑賞者をブンブン揺さぶって疑心暗鬼の渦に巻き込む作りで結構スリリング。こうしてみると幕末史に俄然興味が出てきた。変わらぬ倒幕目的の清河八郎、目的が暗殺そのものに切り替わってる風の佐々木只三郎ってのもなかなかで、そこからのラストの対峙のシーンのあの顔つきがやばい。随所に盛り込む篠田正浩的な静止画も効いてるんだかどうなのかって具合だけども、個人的には割と好き。石抱き食らって悶絶する岩下志麻に底なしなエロスを感じる。
>|

あなたにおすすめの記事