パンク侍、斬られて候の作品情報・感想・評価

パンク侍、斬られて候2018年製作の映画)

上映日:2018年06月30日

製作国:

上映時間:130分

3.2

あらすじ

ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と表すその浪人の名は掛十之進(綾野剛)。掛は「この者たちは、いずれこ の土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが・・・。次々とあらわれるクセもの達。ある隠密ミッションの発令によって始まる前代未聞のハッタリ合戦。そして一人の女をめぐる恋の行方と、一人の猿 が語り出す驚きの秘密。今、あなたの想像をはるかに超える…

ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と表すその浪人の名は掛十之進(綾野剛)。掛は「この者たちは、いずれこ の土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが・・・。次々とあらわれるクセもの達。ある隠密ミッションの発令によって始まる前代未聞のハッタリ合戦。そして一人の女をめぐる恋の行方と、一人の猿 が語り出す驚きの秘密。今、あなたの想像をはるかに超える、驚天動地の戦いがはじまる。

「パンク侍、斬られて候」に投稿された感想・評価

チィ

チィの感想・評価

3.2
宇宙が砕けますよって言われちゃったから、砕けて飛び散って鑑賞1ヶ月後のいま戻ってまいりました!!(忘れてた言い訳)

あの悶々とした気持ちは言葉にあらわそうとも思わない唖然呆然笑っちゃうぜO HE DO !!!!!!猿も呆れる独自の世界観にぽっかり風穴をあけられた感覚。ひゅーひゅーしてる、目を閉じると浅野忠信のぐるぐる文様が眼に浮かぶ。なんだったんだあの映画は…。時代劇を演出しようとして、台詞にカタカナ満載だった意図が独立した世界を描いてるようでパンクだった…。あの世界は中毒性があってふわふわしてる、危ない、腹ふり党になってしまう。
ぶんず

ぶんずの感想・評価

3.5
奇想天外な世界観\(^o^)/私は好き好き!
もっともっと!と欲してる自分が居た。
個性豊かな俳優陣で堪らなかったな〜。
深く意味を掘れば現代社会の滑稽さも…いやこのくだらないぶっ飛んだ感じがパンクだから無でいい。無の状態での鑑賞がいい。
騙し合い・裏切りとそれによって生まれるわびしさや精神異常、偏見による苦しみや思想のぶつかり合いなどの理由から、孤立する人々を描いた、社会風刺映画

自らの不祥事を隠して、社会でのし上がろうとする主人公の政治家然とした振る舞いは、格好ばかりで中身が伴わないエセパンク野郎に感じる。立場が変われば態度を変える。まさに現代社会で生きる人々をそのまま映し出した存在。

メタファーが多すぎて、楽しすぎる傑作映画です!
TAKA

TAKAの感想・評価

3.6
2018-130-115-015
2018.7.29 新宿バルト9 Scr.8

・面白かったぞ!?最初は・・・f(^_^;
・風刺
・パンク

う~ん。
最初は面白いかなって思ったんだけどなぁ・・・

衣装デザイン好きよね(^_^)
そして破茶滅茶な展開♪
フワッホー♪(* ̄∇ ̄)ノ♪(笑)

スピーディーな殺陣、刀と刀がぶつかって火花が散るところとか、スッゴいワクワクした(^_^)

だけど、説明のナレーションがあまりに多すぎてテンポを壊しすぎなのではないかな。
って感じ始めたのをきっかけに、少しずつ色々気になり始めて・・・

トータルでは結構好きなんスよ。
台詞に英語混じんのも気にならないタチだし、そういう作品だものね(^_^)

芝居自体のテンポはいいし、アクションもキレが良くて好み♪
そんで腹振りのシーンも結構圧巻だった!トランスしてる感じが良かったです!
( ̄▽ ̄)b!
フワッホー(* ̄∇ ̄)ノ♪

何より役者さんがみんな楽しげだったのが良かったです(^_^)
クドカン作品ってことと、演出の妙なのかな。(^_^)


ただ、途中からね・・・

風刺が鬱陶しくなって
説教臭さが鼻についた。

パンクを感じなくなった。

猿が一番まともってのも何かあざとい。
反体制って意味で考えるとそれも有りかも知れないけれど、
パンク・ロックってのは、
エネルギーの発散でいいのかなって気がする。
(個人の見解です(ФωФ))

そういう意味じゃ腹振りパンクだったな
無為こそ過激ッ!(*`Д´)ノ!!!
ってな感じで突っ走って欲しかったですね。

個人の好みでは、勿体ない感じでした。
そこそこ楽しめたけれど。

追記。
・北川景子がイマイチ腹振りにノリきれてなかった件(爆)
・染谷将太は凄かった(゚д゚)
浅野忠信も。
パンクだったな(^_^)
・永瀬正敏さんシブい♪
・いや、綾野剛も良かったですよ(^_^)
いい役者さんだな。
役者さんは総じて良かったかと思います。
sushiyama

sushiyamaの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

原作読んでみたくはなった。戦いシーンになってからドンドン失速していってしまった。キャラクターの説明過多なところとか気になってしまった。なぜそう行動するのか全く理解できなかったけど、まぁそう思うのも東出くんが言われていた正論言うくらいならいなくていいってことで一蹴されそうだけども。
赤鬼

赤鬼の感想・評価

2.0
内容の話云々よりも北川景子の芝居が下手過ぎて、そこに絶句だった。逆にこんな芝居であんなに仕事貰えてるなんて、周りの人達も馬鹿なんだなと納得出来たし、取り敢えず日本の映画界、やばくないか?後半は良かったけど前半の綾野剛の狙ってやってる・笑えるのであろうシーンも見ていて白けたし、トヨエツの良さも分かりません。ただ、國村隼と染谷将太、浅野忠信と脇を固める人達の馬鹿さ加減がやけに板についていて、むちゃくちゃ良くて、"脇を固める"という言葉の意味を実感出来た。
けっこう好きだなぁ。ほんとにぶっ飛んでる。クドカンの作る世界は好きだし北川景子がかわいすぎた。
takam44

takam44の感想・評価

3.8
意味わからん( >Д<;)って思ったけど、個人的には何も考えずに観れるこういう映画大好きです😂
めっちゃ笑った(*≧∀≦)
カオスすぎる。配信コンテンツ用に作られていたというのがカオス。猿がしゃべったり、念動力で豆が踊ったり普通に見てはいけない映画でした。
オカダ

オカダの感想・評価

3.0
内容意味不明だったけど友達と2人だけの映画館で観て声出して笑った
>|