パンク侍、斬られて候の作品情報・感想・評価

パンク侍、斬られて候2018年製作の映画)

上映日:2018年06月30日

製作国:

上映時間:130分

あらすじ

ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と表すその浪人の名は掛十之進(綾野剛)。掛は「この者たちは、いずれこ の土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが・・・。次々とあらわれるクセもの達。ある隠密ミッションの発令によって始まる前代未聞のハッタリ合戦。そして一人の女をめぐる恋の行方と、一人の猿 が語り出す驚きの秘密。今、あなたの想像をはるかに超える…

ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と表すその浪人の名は掛十之進(綾野剛)。掛は「この者たちは、いずれこ の土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが・・・。次々とあらわれるクセもの達。ある隠密ミッションの発令によって始まる前代未聞のハッタリ合戦。そして一人の女をめぐる恋の行方と、一人の猿 が語り出す驚きの秘密。今、あなたの想像をはるかに超える、驚天動地の戦いがはじまる。

「パンク侍、斬られて候」に投稿された感想・評価

一足お先に試写会観てきました!

前半は疲れが吹っ飛ぶ、後半は考えさせられて疲れる作品でした!笑

誰が観ても面白い!!、、とは正直言えない!好みが分かれると思います!

でも映像作品の限界を突破してる感は衝撃!それ映像で表しちゃうんだ??みたいな、、多分誰も今まで出会ったことの無い映画じゃないかなーと!
めめめ

めめめの感想・評価

3.3
良くも悪くも、あたまおかしい。
個人的には色即ぜねれーしょんと真逆で
「私は嫌いじゃないけど全くもって他人には勧められない」作品。笑
町田康ファンには絶対おすすめ、クドカンファンは五分五分って感じでしょうか。
クドカンさん作品でよくある
俳優陣の「他作品では見られない謎の超絶テンション発動」が今回も多く見られ
特に染谷将太さん、浅野忠信さんの壊れ具合が凄かったです。怪演とはこのことか。
浅野忠信さんが、クドカン作品で言えばこれまで古田新太さんがやってたであろうポジを演じていて感慨深い。笑
あと初めて見ましたが若葉竜也さんという方が素晴らしかった!
「意味がわからない」と思う人もたくさんいそうですが、私は見て良かったです。

このレビューはネタバレを含みます

奇妙な空、そして軽快な音楽にのせて始まるオープニングは引き込まれました。
全編を通してやりたい放題のパワープレイって感じでした!
ドラマよりもとにかくエンターテイメント。
頭空っぽにしてくだらねーって笑いながら観れました。
音楽が良かったなー!
頭空っぽにしやすくなるというか。

脚本が宮藤官九郎さん。
台詞のチョイスさすがです。
上手く現代語を合間に挟む。
会話が軽快になり堅っ苦しくならない。
そして自然と笑いが起きる。
それを体現する俳優陣。

全体を通して色使いが鮮やかでした!

ろん(北川景子さん)が冒頭の敵討ちなのはバレバレで最後の掛十之進(綾野剛さん)を刺すのも容易に展開読めてしまった。


原作読んでいないので世界観が全く分からず。
原作読んでいなくてもエンターテイメントとしては楽しめます。
banana

bananaの感想・評価

4.5
圧倒的熱量を帯びた邦画

試写会で鑑賞。
クドカン脚本に豪華キャスト。
ある程度期待はしていたが想像以上。

江戸?時代設定ながら
現代語混じりで始まる会話の応酬。
型にはまらない個性的なキャラクター。
そして、怒涛のラストシーン。

ゴージャスな一級のエンタメ映画
ながら、観終わった後に
何度でも観たくなるクセのある映画。

主演の綾野さんも言っていますが
オンリーワンな作品だと思います。
nanaka

nanakaの感想・評価

5.0
完成披露観てきました!綾野剛がとにかくすごいです。あまり言えませんが、お尻ペンペンみたいな演技とか、こんな綾野剛今まで見たことありません。。北川さんも可愛いけど癖の強い謎の美女みたいな役所で楽しめました!見た人によって色んな感想を持つだろう映画なので、鑑賞後の感想の言い合いが楽しみになるような映画です。
とも

ともの感想・評価

4.7
石井岳龍監督、宮藤官九郎さんの脚本、豪華なキャスト…面白くないわけがない!そんな想像を遥かに超えて色彩・セリフ・強烈なキャラクターにやられっぱなしでした。
らまー

らまーの感想・評価

4.5
ひと足お先に鑑賞しましたっ
テンポが良く笑いが堪えられなくて声を出して笑ってました。
軽快にポンポン話が進むので何も考えずに流れに身を任せて鑑賞するのがいいです。考えたら負けみたいな、そんな映画(笑)
ジワジワ色んなシーンが後から思い出されるてニヤニヤしちゃいますよ。
NO

NOの感想・評価

3.8
すげよースーパーインディペンデントのノリのものがメジャー映画として全国のシネコンで公開されているんだから!

会社の偉い人は「主演綾野剛、脚本クドカンで、町田康原作かーいいんじゃないっすか」っと決裁通しちゃったけど、試写会で絶対卒倒してると思う。

猿の惑星と長岡花火物語と地方の奇祭を足して時代劇で割ったカルト映画だよ。

しかも、dTV一社提供でしょ。大丈夫かなー。社運かけてるのかなー。もう、心配になるわ!
2018.06.11 ディファ有明
【パンク侍、斬られて候】
完成披露舞台挨拶に行ってきました!

個性豊かすぎるキャスト

ぶっ飛んだ考えをお持ちの監督と脚本家

こんな映画初めて見た…最高すぎる!
「鮮やか」、「パンク」、……
どの言葉でも説明しきれない映画です!!
vvivip

vvivipの感想・評価

5.0
試写で拝見。
うん、あのシーンもう一度見たい!と思えるシーンの数々で、早くも公開が待ち遠しい。

マヂな大人が本気出して
バカやってる。

夏に向けて、
いや、夏だからこそ
こういう爽快さ溢れる映画を求めてる!

あー、もう一度見たい。
>|