超高速!参勤交代の作品情報・感想・評価・動画配信

超高速!参勤交代2014年製作の映画)

上映日:2014年06月21日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「超高速!参勤交代」に投稿された感想・評価

Toshi

Toshiの感想・評価

4.1
超高速参勤交代

01/07/2014
@イオンシネマ茨木

https://youtu.be/RngrAI-263I
軽い気持ちで明るく楽しく観られる娯楽映画。
水戸黄門じゃないけど、予定調和のストーリーは見ていて安心できるし、いいリセットにもなる。
こういうジャンルで細かいことを突っ込むのは、センスがないと思うので、
深キョンは超絶可愛いという感想で終わりたい。
Seven

Sevenの感想・評価

3.4
一路読んでてこれ観てみたけど、一路が良すぎるのかいまいちかなぁ。
面白いシーンはあるから眠くなるとかはない。
もり

もりの感想・評価

2.0
通常10日前後かかる参勤交代を5日でするって内容だけ聞いたらおもしろそうやけど、ただ山道を走ってショートカットしただけ。途中の隠密との戦闘も多すぎて映画の尺伸ばしてる感強い。
変に肩肘張らずに、純粋に娯楽として楽しめる時代劇映画の決定版。

貧乏藩と馬鹿にされ、限られた日数、人数で参勤交代をする佐々木蔵之介さんはじめとする湯長谷藩の面々。幕府の家老から数々の妨害を受けながらも、持ち前の明るさと腕っぷしの強さで、敵をバッサバッサと薙ぎ払う様は、暴れん坊将軍のような爽快感があります。

時代劇苦手な人でも、単純に佐々木蔵之介さんがカッコイイ、深田恭子さんがカワイイ、という理由だけでも観れます。

疲れて、心が荒んだ時に見ると、明日から頑張ろうと思える、元気をもらえる映画。
KSK

KSKの感想・評価

3.8
5日で福島県から江戸まで行く、シンプルなテーマで、時代劇ながら難しく考えることもなく楽しめたエンターテイメント作品。こんなにアクションがあるとは思わなかった分も含め、画としての動きが活発で良かった。苦難をどう乗り切るか男気と知恵と体力で切り開く様は痛快。味方、敵どちらもくせ者揃いで、脇役の個性がいい。佐々木蔵之介はおちゃらけモードからの真剣モードがグッとくるかっこよさ。
ふかきょん💕


段蔵が湯長谷藩スキー!ってなっちゃうのが良い
uy

uyの感想・評価

3.0
コメディとアクションと人情ものが混ざった時代劇で意外と見応えあった。

でも江戸時代にワイヤーアクションは要らない。やたら皆フワフワ飛んでる…
隠密も、たくさんいすぎて隠密ってない。
AK

AKの感想・評価

3.8
佐々木蔵之介さん演じるお殿様の前向きさ、明るさと福島弁に癒された。江戸幕府が参勤交代政策で地方の国力を削ぎ反乱を予防したこと、街道・宿場町が整備されたことは歴史の授業で習うけど、本作を通じて江戸時代の様子をより身近に感じることができた。大名行列を横切れる職業など豆知識も得られて興味深い作品だった。
個人的にはお咲とのロマンスはあまり響かなかったけど、忍へのお礼がぼろぼろの銭だったのが泣けた。西村雅彦さん演じる相馬が良いキャラで、本人は至って真面目なのだけど笑えた。
思ってたよりはおもしろかった。当時のCMがコミカルすぎて劇場鑑賞は敬遠したけど、登場人物みんなキャラが立ってて、退屈しなかった。

「相棒」ファンなので、薫ちゃん(寺脇康文)と米沢さん(六角精児)が楽しそうに稽古しているの見て泣きそうになりました。笑
知念くんは、今後もこういうおいしい脇役で見たい。時代劇似合う。

深キョンはなんか何言ってもかわいい感、、、 トータルで見て「この話のヒロインに深キョン???」とも思ったけど、こんな(身分は低いけど)ぐうかわ美人が庶民思いのまっすぐな殿様に、という構図は確かにあり。

陣内さん、どんだけ性悪よ! マンガみたいな悪役で笑いました。
>|