超高速!参勤交代の作品情報・感想・評価

超高速!参勤交代2014年製作の映画)

上映日:2014年06月21日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

江戸期、徳川吉宗の治める時代、お上に無理難題をおしつけられたわずか1万5千石の小藩があった。磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩である。元文元年(1736年)春、湯長谷藩は、幕府から突然の参勤交代を言い渡された。湯長谷の金山を我が物にしようとする老中・松平信祝の差し金であった。期日は4日。通常の参勤交代では8日はかかる。しかも莫大な費用が必要であり、困窮した湯長谷藩には無理な話だ…

江戸期、徳川吉宗の治める時代、お上に無理難題をおしつけられたわずか1万5千石の小藩があった。磐城国(現在の福島県いわき市)の湯長谷(ゆながや)藩である。元文元年(1736年)春、湯長谷藩は、幕府から突然の参勤交代を言い渡された。湯長谷の金山を我が物にしようとする老中・松平信祝の差し金であった。期日は4日。通常の参勤交代では8日はかかる。しかも莫大な費用が必要であり、困窮した湯長谷藩には無理な話だった。藩主・内藤政醇は、小藩と侮った老中の仕打ちに激怒しつつも、知恵者の家老・相馬兼嗣に命じ、4日間で無事参勤交代を果たせる作戦を立てはじめた。それは、道中の人が見ているところでは渡り中間を雇って大人数に見せ、人のいないところでは藩の少人数のみで、山中を近道して駆け抜けると言う奇想天外な作戦だったのだ!そこに東国一の忍びと言われる戸隠流の抜け忍・雲隠段蔵を道案内役として雇うが、幕府の老中・松平も刺客を雇い、湯長谷藩の参勤交代を阻止しようとしていた…果たして湯長谷藩は、5日以内に参勤交代を果たし、無事に藩と領民を守ることができるのか!?

「超高速!参勤交代」に投稿された感想・評価

日本らしいコメディ。参勤交代がいかに大変だったかという歴史的背景も勉強できて楽しめる。フィクションにしろ江戸の大安の裏事情という着目点も面白い。ご飯食べながらだったので福島弁にはスーパー欲しかった。
Hide

Hideの感想・評価

3.0
まぁ、よくいろいろアイディア考えるわ。
笑えました。なーんにも考えずに楽しく見れました。

このレビューはネタバレを含みます

ちねんちゃん目当てで観てみたら、弓を射るちねんちゃんが思った以上に良かった。訛りも超絶がわいがっだ。というのを除いても、いろいろ程よい娯楽映画だった。全体的に緩いトーンで、さすがに最後は仲間を喪うシリアスの一片でも入れるのかなと思ってたら遊助生きてたし、観終わった後に「ちょうどよかったな(いろいろと)」と思える幸せを感じた。明日も明後日も仕事が休みだーというときに観たい。
とりあえず深キョンは本当に可愛いんだけど本当に演技が下手で、深キョンが出ると映画の質が変わる…。本当に可愛いんだけど。
yuna

yunaの感想・評価

-
大根のおつけもの食べたくなる。

いろいろご都合主義は多いけど、ほっこりたのしい映画
金なし!人なし!時間なし!

期待度★★★★★

見ててほっこりするし最後まで飽きずに楽しめた
だがやはりご都合主義(仲間が忍者達より強すぎる)とかお咲の妹を助けに行くイベントも途中放棄とツッコミどころはある
それをふまえても良作
ただ早く移動するだけのテーマでよくここまで作り上げれるもんだなと感心した。
大笑いではないけど笑えるところあって、王道ストーリーなのでのんびりと鑑賞できます。
Ryota

Ryotaの感想・評価

3.6
こういうわかりやすい邦画コメディ好きだなー

「こんなのありえないだろう」とか「こんなシーン必要ないんじゃ?」なんて余計な事考えずに観れるのも一つの魅力だ
Shannon

Shannonの感想・評価

3.8
なんかほっこりした^ ^
それぞれの役者さんのキャラが引き立っててよかった。田舎侍かっこいいね
shiori

shioriの感想・評価

3.9
あーおもしろかった。蔵ちゃんの人柄がすべてだよ。まわりのみんなもキャラが濃くてわかりやすくて観やすかった。死んだと思った人がちゃんと生きてたのもほっとした。続編も楽しみ!
2017.12.28/
人間力だね!それぞれのキャラが濃すぎる。いい意味で。
Kosuke

Kosukeの感想・評価

-
歴史の授業で参勤交代を教える時、この映画を用いたらいいんじゃないか

と思えるくらい当時の参勤交代の、特に経済的、身体的辛さが伝わってくる。
中身としては、参勤交代をいかに切り抜けるかという100%コメディかと思いきや、アクションあり、恋愛あり、友情ありのてんこ盛り時代劇でした。特にアクションは期待もしてなかったけど、忍者がワイヤーでクルクル回ってました。

個人的に家老役西村雅彦の訛り方と、飯盛女役深田恭子の女郎感は隠れた見所だと思う。
>|