3人の信長の作品情報・感想・評価・動画配信

「3人の信長」に投稿された感想・評価

おもしろい!
3人の信長、顔は特に似てるわけではない。影武者のイメージとして、そっくりさんという感じだったから、新しい感覚!
思ってた以上に行動範囲が狭くて、終始口頭でのやり取りな感じなんだけど。コミカル入ってるから敵・味方みんな可愛かった。特に目が悪い役の相島一之さんが可愛かった!本物の信長は誰だろうね〜。分からないね〜〜(笑)
SaYaMa

SaYaMaの感想・評価

3.5
早い段階で誰が本物か予想ついてしまう。が、ちょいちょい挟まれるネタが面白いので最後まで見れてしまう。
2020-17
kiu

kiuの感想・評価

3.0
その特徴は完全にポラギノールやないかの映画

ちょいちょい静止画演出。ネタ的にも会話劇で舞台っぽいので、映画っぽくない微妙な感じだなぁと思ったら、監督さんは元グレチキなのね。なるほど、どーりで。

信長の影武者3人。本物だーれだ?の正体は、結構早い段階で察することできます。このネタばらしを本気で軸にしてるのかが微妙というか。。。舞台なら、はっきり見せないと判りにくいって事情なんだろうけど、映画だとはっきりしすぎてる。わざとなのか天然(そうだとしたら映画監督的に言えば無能)かホント微妙な演出。

音楽使いも舞台的。はい、ここエモいシーンですよ!泣くところですよ!が判りやすい。ん?ただ、ここって良い話風にしてるけど、別に何でもない話じゃね?

舞台も狭くコントを持ってきた様な、LDH新喜劇でした。ほんわかぱっぱ。

このレビューはネタバレを含みます

【人間50年 天下を手に入れるには
  一人では 短すぎる 】

池の水 全部抜きます
信長の時代に この企画があれば
信長は 手を打って喜んだに違いない

近在の池に 大蛇が出る
そんな噂を聞いた信長は
フンドシ一丁 単身 池に飛び込んだ
好奇心旺盛な殿様なのだ

妹婿のドクロを薄濃にして
酒を煽る 鬼畜の信長

かと思えば

秀吉の妻に 思いやり溢れる手紙を
書いたりもした

どれも 本物の信長であり
どれも 偽物の信長かもしれない

登場する 三人の影武者
彼らは エセ信長であるが
本物の 一分でもある

三人の信長か 信長の三人か
ひろ

ひろの感想・評価

3.5
自分こそが本物だと主張する3人の信長と、あだ討ちに燃える元今川軍の侍たちとの攻防を描いた作品

誰が本物の信長かの笑いを交えた攻防が面白かった

「お前が本物か!」と思ったら「違うんかい!」となる二転三転する展開が面白かった

本物の信長が分かったとき「お前かい」ってなったし、最後のオチも良かった
ぼーっとみれる。B級感が凄いけど結構好きだった。途中途中グダグダ感があるけどストーリーは嫌いじゃない。途中で流れが読めちゃったけど、まぁOK。わかった上でもまぁまぁ楽しめた。忠実心とか弱いから不覚にも途中少しうるっときた。
自宅にて鑑賞。役者も、物語も、構成もすべてにおいて絶妙に微妙。時代劇の中で、信長をチョイス。役者にEXILEのタカヒロ。二転三転の伏線回収物語。低予算の中でやりくりした感がすごい(笑)そもそもの雰囲気からしてB級映画感が満載なこの映画を観ようと思ってしまう、私の様な人間が居るから、日本映画は停滞してしまうんだろう。期待を裏切られることもなく、面白くなくはなく、面白くもない、そんな映画ですね。

3人の信長。
誰も彼も怪しいポイントを抱えつつ本物は一体誰だ!?



あの人か!?と思ったらあっちの人か!?
じゃなくてやっぱりあの人だったのか〜!

じゃなくてアイツが本物だったのか!?

そしてこっちに先回りされていたのか!?

と思ったらそれもバレてたのか!?

うわ〜!結局こうなるのか〜!?

と思ったらまさかの展開〜!


くらいの展開180度どんでん返しが何回もあって面白いです。
180度何回もどんでん返しされてるので結局五回転半くらいしてる。

見終わったあとスッキリします。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.8
2019-189-147-042
2019.9.26 TC日比谷 Scr.3

・気楽に楽しみました♪(^_^)
・個人的な好みで言えば
・高嶋政宏さん

笑って泣いて痛快で♪
エンタメの王道ですなぁ♪(* ̄∇ ̄)ノ♪

気楽に楽しみました♪(^_^)

ま、個人的な好みで言えば
もう少し正体がバレるの引っ張って
ギャクパートだとかをもっと観たかったかな(^_^)

でも
笑って
ジーンと来て
殺陣も迫力あって

楽しめる作品でした( ̄▽ ̄)b♪

高嶋政宏さん
画面が引き締まるな
いい役者さんだな(^_^)
>|