ミケランジェロの暗号の作品情報・感想・評価

「ミケランジェロの暗号」に投稿された感想・評価

WWⅡが背景にありながら、名画を中心にストーリーが進むという、なかなか斬新な構成。
時折、ユーモアもあって終わり方もスッキリ😃
tamchan

tamchanの感想・評価

3.8
楽しめました。
入れ替わって成功し過ぎはあり得ないだろうけどストーリーは無理なく進みハッピーエンドでチャンチャン。
ラストの3人の去る表情がいいですねー
Marino

Marinoの感想・評価

3.0
ユダヤ人迫害、ナチの時代にはいろいろな物語があるよね〜 実際ハッピーエンドなんてそんなないやろなあと思うけど、終わり方 良かった、ウインク!
まゆか

まゆかの感想・評価

3.5
ストーリーは面白かった。
細かいことを言うと、主人公が強制収容所に収容されているのに、痩せていなくて、髪も刈られてないところに違和感を感じた。リアリティが無くチープさを感じてしまった。
くすっと笑えるところもあり、ナチスを皮肉っているところもあったり、終わり方も良かった。
ナチス時代の映画だが、少しコミカルで重く暗い雰囲気もないので見やすい。
展開も分かりやすい部分はあるけど、娯楽ミステリーのような作品だしそれはそれでいいかなと思った。
Shiro

Shiroの感想・評価

4.0
全体的に重くなく、時折コミカルなタッチの映画

暴力的なシーンもほぼないのでとても観やすい

「es」の主人公だった「モーリッツ・ブライブトロイ」が今作の主人公

彼は表情が良いですね

最終的なオチは読めてしまったのですが、結構展開があるので飽きずに観れます

また違った戦争映画として面白い映画でした

てかハイルヒトラー。バカにしてるでしょ
オーストリア映画というのをはじめて観た。第2次大戦下のオーストリアがナチスに統治されてたのさえ知らなかった。「アドルフに告ぐ」みたいにユダヤ人とアーリア人の友人がミケランジェロの画を巡っていろいろやりあう話で、ちょっと安っぽいけど思わず楽しめた。ナチスのダメっぷりがおかしい。マンガ的ではあるが、立場が二転三転する脚本が面白い。
Sachitsu

Sachitsuの感想・評価

4.3
ストーリーとして面白い。人種に関係なく頭のいい人が最後に笑う。
あの

あのの感想・評価

-
ドイツ(語)の映画でもはやおなじみモーリッツ・ブライブトロイ かわいいウインク
制服ひとつでね 収容所を映さないことでより在ることが強調されるというか、対位的
おもしろかった
>|