• Filmarksトップ
  • アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男の感想・レビュー

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男(2015年製作の映画)

Der Staat gegen Fritz Bauer/The People vs. Fritz Bauer

上映日:2017年01月07日

製作国:
  • ドイツ
  • / 上映時間:105分
    監督
    ラーズ・クラウム
    キャスト
    ブルクハルト・クラウスナー
    ロナルト・ツェアフェルト
    リリト・シュタンゲンベルク
    イェルク・シュットアウフ
    ゼバスティアン・ブロンベルク
    ピエール・シュラディ
    アルンドゥト・シュヴェリング=ゾーンレイ
    あらすじ
    1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドにコンタクトをとりアイヒマンを追い詰めていく。しかしその頃、フランクフルトではバウアーの敵対勢力が、彼の失脚を狙って狡猾な謀略を巡らせていた…。『顔のないヒトラーたち』前日談的エピソード。

    「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」に投稿された感想・レビュー

    recoba20
    recoba20の感想・レビュー
    4日
    4.0
    ナチス残党を追う戦いの一つの形

    いつ殺されるかと思いながらドキドキしながら観てました。

    物事をとらえる時の一つの見方
    YasuwoMitadera
    YasuwoMitaderaの感想・レビュー
    6日
    3.2
    アルゼンチンに逃亡していたナチのアドルフ・アイヒマンを追う話。
    アイヒマンの確保の執念を燃やす、ドイツ人検事バウアー。国内にまだまだ潜むナチの妨害に対講し、隠密にイスラエルのモサドとコンタクトを取る。

    基本的にナチを扱う映画ってさ、映画産業自体がユダヤの資本に大きく影響されてることもあり、多少盛られていることを考慮すべきだと思ってる。現実以上にナチに対し矮小に俗悪に描写されるからね。勿論ナチズムを肯定する訳じゃないが。

    実話とは言うけど、ナチ残党の妨害って本当はどれくらいだったのかな?というのは、ちょっと疑問もある。映画的に多少オーバーに描いてる気もする。裏が取れてる描写じゃないもんな。

    一方で検事のバウアーと、さらには部下までもがゲイだってのは、話しとして面白い。
    ドイツの法律は1994年まで同性愛は法律違反。特にナチス時代にレーム粛正が行われたこともあり同性愛に対する政治的圧力は戦後まで続くことになる。(レーム粛正とそれに伴う同性愛者に対する法的処罰は「地獄に堕ちた勇者ども」「ベント」などを参照して欲しい。この辺の歴史認識は超興味深いぞ)
    ここがわかると、この映画は俄然面白みが違う筈。

    で、ナチ残党の罠で部下の検事がオネエに手を出してる所を見つかり強請られちゃう。oh!やっちまったぜ。

    そんなこんなでイスラエルと交渉するのだが、バウアーが逮捕する訳じゃない。あくまで影で執念深く努力していた男の話。
    表舞台に居ない側のストーリーですな。これが映画化されることにユダヤの反ナチに対する執念を感じるよ。
    しみたれうお
    しみたれうおの感想・レビュー
    2017/05/15
    -
    バウアーと机をおさめるフレイミングの窮屈さと、討論会の翌日の、秘書の紅潮した顔が印象深い。
    パンダヤロウ
    パンダヤロウの感想・レビュー
    2017/05/15
    3.7
    実録サスペンスのキャッチコピー通り見応えあり。
    観て良かった。
    きうい
    きういの感想・レビュー
    2017/05/14
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    お前…そんな綺麗な顔してちんちんついてんのかよ…まじかよ…
    花俟良王
    花俟良王の感想・レビュー
    2017/05/01
    3.5
    カタルシスは個人的になかった。
    それでも観るに値する。
    映画は「知る」という好奇心を刺激してくれる。

    これを観た人は、アイヒマンはどういう男だったのか?と知りたくなるだろう。

    また、イスラエルとモサドとユダヤ人についても知りたくなるだろう。

    では、日本の過去と現在はどうなのだろう、と比較対象ができるだろう。

    コレを観てると、『ハンナ・アーレント』や『顔のないヒトラーたち』、または『サウルの息子』や『アイヒマンショー』などの見方も変わってくるだろう。
    ゴーヤ
    ゴーヤの感想・レビュー
    2017/04/28
    4.0
    ドイツ人が嫌いになる
    shibamike
    shibamikeの感想・レビュー
    2017/04/22
    3.0
    この映画を観て、アイヒマンってそんなに悪いヤツなんかとネットで調べたら本当にヤバいヤツでビビった。ナチスのホロコーストはガチで狂ってる。
    やけっぱち
    やけっぱちの感想・レビュー
    2017/03/28
    -
    アイヒマン逮捕の裏で暗躍した人物を描くというサスペンスフルな題材なのに、内容が薄く見応えがなかった。あと、検事長らのドラマ要素である同性愛描写が見世物的扱いでしかなくて、真摯さに欠ける。
    恵雅樹MowHenry
    恵雅樹MowHenryの感想・レビュー
    2017/03/28
    4.4
    ●'17 3/18〜31単館公開
    (首都圏等: '17 1/7〜公開)
    配給: クロックワークス/アルバトロス・フィルム
    ワイド(シネスコ) 音声仕様表示無し
    3/22 19:20〜 メトロ劇場にて観賞
    DCP上映 LPCM
    パンフ未購入

    ドイツのナチズム贖罪映画。
    サスペンス映画の体裁を保ちながら、フリッツ・バウアーの人柄・人間像も上手く織り込まれていて楽しめた。ナチ残党が政府内部に蔓延っている事実には驚愕。
    靴下の件とか。
    ジャズによるBGMも良い。

    忘却の彼方にあったホロコーストを思い起こさせるきっかけとなる話を描いた「顔のないヒトラーたち」→
    「本作」→
    アイヒマン裁判の映像を編集した
    「スペシャリスト 自覚なき殺戮者」
    (NETFLIX配信中)→
    この映画のベースとなったイェルサレムのアイヒマンを書いた人物に焦点を当てた「ハンナ・アーレント」→
    アイヒマン裁判撮影の裏側を描いた
    「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」の順で観ると良いかも?
    >|