アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男の作品情報・感想・評価

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男2015年製作の映画)

Der Staat gegen Fritz Bauer/The People vs. Fritz Bauer

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:105分

3.4

あらすじ

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イ…

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドにコンタクトをとりアイヒマンを追い詰めていく。しかしその頃、フランクフルトではバウアーの敵対勢力が、彼の失脚を狙って狡猾な謀略を巡らせていた…。『顔のないヒトラーたち』前日談的エピソード。

「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」に投稿された感想・評価

Marin

Marinの感想・評価

4.0
『ハンナ・アーレント』では、アイヒマン逮捕から裁判後までが描かれていたのに対し、
本作では、アイヒマン逮捕にあたってモサドによる“誘拐”という手段がとられるまでの経緯がわかる

「モサドによって逮捕された」という事実の裏で、当時の人々が知ることのなかったフリッツ・バウアー検事による策略が存在していた。

何よりも衝撃だったのは、戦後ドイツにおいて、ナチスが平然と公務に就いていたこと。

そんな中で自分の正しいと思う仕事を遂げるのは、本当に怖かっただろうな、、、
信頼していた部下との関係も最後は、、、
次は『スペシャリスト』観よう
史実は分からないけど、バウアーを突き動かしてるのは個人の信念であって社会正義じゃない。

だから当時は罪だった自らの性癖についても余計な後ろめたさなんて持ちあわせていない。

個性的な髪型といい、検事フリッツ・バウアーの魅力が全開。
ユダヤ系の判事長フリッツ・バウアーが終戦後雲隠れしたアイヒマンを追い詰めようと奮闘する姿を描きます。勿論実話。幾度となく映画の題材にされるアイヒマン。彼がどんな事をした、どんな人物であったかについては今作では深くは語られません。知ってて当然なのか、或いは他の作品群、書物などを当たるべきなのでしょう。
フリッツ・バウアーの風貌は手塚治虫のキャラクターに似ていて、映画のスタイルは『トランボ』に似ています。始終タバコの煙がモクモクしてる、そういう時代のお話です。同性愛が処罰されていたような、今よりずっと良くない時代。
フリッツの、己の信念と公の正義が合致している状態は本当に羨ましく思えました。自分もやりたい事をやって人の役に立ちたい…。
冒頭でフリッツの身に起こる出来事、単なる事実なのかもしれませんが、後々非常に効果的に感じられました。一瞬のまどろみが、ただ惚けているだけだとしても、心の奥底を想像したくなってしまいます。
彼が、ほぼ唯一信頼しているアンガーマンにだけ見せる心遣いにも彼の人間性が垣間見えます。車中での会話シーンがとても印象的。
その、アンガーマンの物語。とても胸が痛みます。酷すぎる。その後の彼はどうなったのだろう。フリッツの様に?それ以外の道に?
個人的にはフリッツとアンガーマンの関係性に心を掴まれ過ぎて、他があまり頭に入って来なかった。主題も非常に今日的で、意義深いものであるはずなのに、集中力が保てなくて深く理解出来ませんでした。
映画に申し訳ない。映画を観なくても良い日もある。いつか見直します。
むうこ

むうこの感想・評価

4.1
こんなゴイスーな人が居たということを知れて興奮。この時代のこーゆー映画のインテリアとか車が凄い好み。
#あの日のように抱きしめて
とか。内容は苦しいのに見入ってしまう。

ユダヤ人とゲイという当時では二重のマイノリティを抱えながらも強く信念を貫くフリッツバウワーに見惚れた。
pan

panの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

去年はアイヒマンの裁判ばっかり見てたけど、そういえば捕まる前の話は見てなかったなと思い至る。
終戦後12年、国の要職はナチスの残党だらけってどこの国でも同じだね。
バウアーの孤立無援ぶりが見ていて辛い。あんな年寄りなのに。
しかもやっとできた仲間が・・あれ、あの場面のBGMいかにも怪しいじゃん、いっその事無音とかにすればよかったんじゃない。
「ここに何かある!」って考えてしまったわ。
まあ、すぐわかるっちゃわかるんだけど。
(あのクラブはよくあんなに堂々と営業してるなぁ)
ローザ・ルクセンブルクの肖像画を外していたりとか、何かとわかりやすい演出多かったけど、ドラマとしては面白かった。
空

空の感想・評価

3.0
ナチスドイツ敗戦後に検事長になったユダヤ人が逃亡していたヒトラーと共にユダヤ人を絶滅させようとしたアイヒマンを探す執念を丁寧に描いている

敗戦後もナチス親衛隊はちゃっかり政権に潜り込んでいたというのは様々な映画でみてきたがこういう社会に浸透した感覚というのは簡単に消えるものではないのだろうなぁと思う

歴史の勉強的になる
映画的には非常にに暗いイメージかな
hayato

hayatoの感想・評価

2.1
【ナチス、アイヒマンを追いつめるために敏腕検事長は何をしたか。】

★名台詞
バウアー検事長『Du solltest der Tyrannei nicht erliegen.』
(暴政に屈服してはならない。)

まさにヒトラー政権が酷かったように、ユダヤ人として足掻こうとした幹事長の覚悟が伝わった。

《ストーリー》△
《演技》△
《音楽》△
《展開》△
《笑い》×
《感動》×
《泣》×
《ハラハラ度》△

★感想
アイヒマンを何としてもドイツで裁きたいために必死に追い詰めた検事長がどうやってアウシュヴィッツ裁判へ繋いだのかが分かった。

上層部との駆け引きなどが面白かったかな?それ以外は単調だったので、眠くなってしまった。

ただ、戦争が終わってもこういった戦犯は捕まってほしいし、野放しにはして欲しくない。
歴史に残るようなら良い形で残して欲しいと思った。
コバ

コバの感想・評価

4.0
ナチ崩壊後もこんなに大変だったなんて。
ドイツ人についてほんのちょっぴり知識が増えた。
かわせ

かわせの感想・評価

3.0
当時のドイツの雰囲気がわかるけど、終始地味な映画だと思う。
新生ドイツになっても政府、民間含めて至るところに当時のナチ関係者がいて、誰を信じていいかわからない所は面白かったけど、絵的に地味がったのが残念。
もやし

もやしの感想・評価

4.3
久々ドイツ映画。

国外にいるナチスのA級戦犯アイヒマンを全力で捕まえようとした検事長の話。てか、アイヒマンは有名すぎて捕まえるのはそんなには難しくないが、焦点としてはドイツで裁けるかどうかということ。
この検事長はそれをすごく大事に捉えていて、そうすることでドイツの価値観が変わると信じていた。
今となってはドイツも自省的雰囲気になってるけど、当時は違ったんだね。
熱い話だ。



当時はお偉方にもナチスの残党が普通にゴロゴロいて、色んな方法で妨害してくるのがとても怖い。
終始誰を信じていいかわからない話で、緊張感があった。


でも、まあ地味な映画かな。
史実を知れたことが一番の価値に感じる程度には地味。
全く飽きさせない作りではあるけどね。


主人公と相棒のように動いてくれた検事との人間ドラマは良かったな。
人が正義を貫くってことがどれだけ難しいのか、ってことを明確に展開で教えてくれる映画。
やっぱり、甘くねえな。
大事を成す人ってのはやっぱり特別だ。
俺は一生何にも成さずにゆらゆら浮かんで人生終わるんだろうなあ笑
>|