• Filmarksトップ
  • アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男の感想・評価

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男(2015年製作の映画)

Der Staat gegen Fritz Bauer/The People vs. Fritz Bauer

上映日:2017年01月07日

製作国:
  • ドイツ
  • / 上映時間:105分
    監督
    ラーズ・クラウム
    キャスト
    ブルクハルト・クラウスナー
    ロナルト・ツェアフェルト
    リリト・シュタンゲンベルク
    イェルク・シュットアウフ
    ゼバスティアン・ブロンベルク
    ピエール・シュラディ
    アルンドゥト・シュヴェリング=ゾーンレイ
    あらすじ
    1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドにコンタクトをとりアイヒマンを追い詰めていく。しかしその頃、フランクフルトではバウアーの敵対勢力が、彼の失脚を狙って狡猾な謀略を巡らせていた…。『顔のないヒトラーたち』前日談的エピソード。

    「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」に投稿された感想・評価

    フランクフルト、1950年代中頃、食料品を抱えた1人の男が建物のドアを開け入ってくる、中にいるはずであろうその住居の主に数度声を掛けその場を去ろうとするが奥の廊下に溢れ出す水に異変を感じ浴室のドアを開けると・・・「ドイツで裁判を受けさせなければならないんだ!」ってお話

    【アドルフ・アイヒマン】ナチス親衛隊中佐、ホロコーストに深く関与、終戦後混乱に乗じフランシスコ会から手に入れた偽造パスポートを使いアルゼンチンへ逃亡した男

    【フリッツ・バウアー検事長】ユダヤ人、戦後散り散りに消えたナチの残党を追う男

    フリッツ・バウアー検事長を中心に描かれる今作は東西に分裂したドイツで民主的だと思われていた西ドイツにも政界や捜査機関、大企業の上層部等々に如何にナチの残党が巣食っていたかをまざまざと見せつける内容になっている、そこにイスラエルの諜報機関モサドや東ドイツの秘密警察シュタージなんかも絡んでくるし、おまけに東西冷戦時代の緊張感のパワーバランスで真実を捻じ曲げようとする首相、と一筋縄ではいかないシナリオが最高に神経をピリピリさせる

    派手なドンパチシーンは一切無いけど、ホントの世界でもこうした暗躍が常にどこかで起こってるんだろうか、なんて考えてしまう
    アキ
    3.7
    潜伏先のブエノスアイレスで、記者から”ユダヤ人問題の最終的解決(虐殺)”を問われた際に、さも平然と「全ユダヤを根絶やしにできなかったことが私の最大の罪だ」とのたまう彼の回路は完全に壊れていたんだろうと思う。サイコな点では「ドントブリーズ」の爺さんと通底する部分があるが、爺さんにはどこかしら人間的な哀愁が漂っていたのに比して、アイヒマンには何もない。人の皮をはいでもはいでもあるのは朦朧とした憎悪と混沌で、輪郭がないのだ。
    ドイツの闇を知った。
    この闇に敢然と立ち向かった人がいたことに感動した。
    あの時代男色が罪なんだとなと驚いた。
    ナチの残党がよっぽど罪だろう。
    何が道徳かって感じ。
    ハラハラドキドキがもう少し欲しかった。
    『顔のないヒトラーたち』前日談エピソード。

    こんな言葉あったら観るしかない。

    でも淡々としていてあんまりハマらなかった。
    まこ
    3.5
    検事フリッツバウアーでも同じ感想だったけど、これで終わり?っていう終わり方だった。
    すごいことしたのは分かるんだけど、それ以上でも以下でもなかったってことなのか、どうしてもゲイの話を避けて通れないから、そこに目が行ってしまうのか、自分でもよくわからない。
    ゆべし
    3.3
    時代がガラッと変わる、という表現があるとはいえ、人の心まで一気に変わる訳ではないのでドイツも大変な時代だったんだろうな。
    どの角度から見るかで、正義か復讐か違うと思うけど、私は正義と信じたい。
    どっちかって言うと、師弟関係にフォーカス。
    wssk
    -
    アイヒマンにまつわる映像というとインタビューを使用した真面目なドキュメンタリーが既にたくさん発表されているが、これは政治色は弱めでエンタメ寄りヒューマンドラマ仕上げ。

    上司と部下の静かだけれど熱い心の交流、かたちばかりの夫婦関係、人には言えない秘密などを絡めながら、主人公は敵を追う。
    >|