アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男の作品情報・感想・評価

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男2015年製作の映画)

Der Staat gegen Fritz Bauer/The People vs. Fritz Bauer

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:105分

3.5

あらすじ

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イ…

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドにコンタクトをとりアイヒマンを追い詰めていく。しかしその頃、フランクフルトではバウアーの敵対勢力が、彼の失脚を狙って狡猾な謀略を巡らせていた…。『顔のないヒトラーたち』前日談的エピソード。

「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」に投稿された感想・評価

Kokushi

Kokushiの感想・評価

3.0
淡々と話が進んでいった印象。

検事長のおじいちゃん。
格好良いです。
イケメンって意味の格好良いではなく。

正直、途中から
アンガーマンの性癖が気になって、
アイヒマン所ではなくなった。
歌手の美人な男性は、何者?
あの方は、本当に男性?
女優を加工して男性に見せてるの?
それはないか。
アンガーマン、検事長の言い付けを
守っていればなぁ…。

最後、中途半端感があった。
説明だけで終わらせた。
アンガーマンが、
どうなったのか説明がなく、
個人的には、モヤッとした。

タンクトップ姿のアンガーマンが、
まさかの、だらしない身体で、
ガッカリした。
rongdawu

rongdawuの感想・評価

3.2
自分の人生にとって一見リスクでしかないことを、ある意味向こう見ずに取り組んできた人達が積み重ねてきた歴史が、今の世の中を形作っていると感じた作品。
法は万能ではなく、実態に応じて変えていくべきものである、ということを史実系の映画を鑑賞するたびに思う。
Mimi

Mimiの感想・評価

-
アイヒマンを探した、
フリッツ・バウアー検事長の話

大戦後もそこかしこにナチの残党がいたそうで。当たり前といえばそうだが、敵が多い中で動くってさぞかし大変だろうなあ。


ヒトラーと同じかそれ以上に、アイヒマンが絡む映画って多いなと思う今日この頃です。
ちぃ

ちぃの感想・評価

3.3
おじいちゃんが短い足を一生懸命バタバタして走っていく姿、可愛すぎかっ…!



ルドルフアイヒマンを、生涯をかけて追い続ける検事長、フリッツバウアー。
名前を変えてクウェートに潜伏しており、それを突き止め、拉致させたものの、その事実が公になったのは、彼の死後だった。
いたるところに、ナチの残党が潜んでおり、情報を調べるも、妨害をされてしまう。
悪人を裁くのに、こんなにも邪魔が入っては、ダメですねー。
フリッツバウアーの執念の捜査が身になってよかった。
彼の愛弟子のような存在の検察官、カールも、フリッツと一緒に捜査をしており、彼は彼で、人に言えない秘密を持っていた。その秘密が吉と出るか、凶と出るか…



実在していた人物をどこまで表現できているのかはわかりませんが、この、フリッツバウアーは、可愛く見えて困ります。笑
高血圧のヘビースモーカーらしいフリッツバウアー。いつも葉巻吸ってましたね。小太りだし。でも、そのおじいちゃんが、バタバタ走る姿は可愛さしかなかった…!
とても偏屈というか、頑固そうにも思えますね。
拉致した場所での裁判でなく、ドイツで裁判にかけたい、この願いは、果たして叶うのだろうか…



ナチ関係、最近多いアイヒマンの映画を見たい方は良いかもです。
リョカ

リョカの感想・評価

3.7
戦後ものうのうと、しかも割りと豊かに生きていたナチ党員がこんなにいたなんて知らなかった…「ユダヤでゲイか」っていう偏見&偏見な侮蔑の意味での発言がまかり通っていた現実があったことを忘れてはならないし、そんな発言があったとしても「だからどうしたんだ」と声を大にして言える世の中で無くてはならない。
トランスジェンダーの歌手を演じてた俳優の名前が知りたい
ひろ

ひろの感想・評価

3.9
いやー、良作(*´ω`*)アイヒマン拘束は大きなニュースだけどそれに尽力した人の話は初めて見た。なんともチャーミングなお爺ちゃん、そして素晴らしいバディ感(゚∀゚)これはドイツで裁かないと私の負けなんだ。。。日本へ宛てたメッセージにも聞こえる強烈なインパクトだった。フリッツバウアー、とても魅力的な人物でした。
凄かった、全く知らなかった歴史の一場面に立合ったような気がした。
国家にも裁判所にもナチだらけの中で戦った後。
モサドからの『やりました』という一言だけの電話のシーンには思わず涙が溢れた。
壮絶な話だった。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.2
只々地味に淡々と進んで行きます。
検事長が頑固です。
アンガーマンが男色家で二丁目みたいな所でキモい事にハマってます。
>|