アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男の作品情報・感想・評価

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男2015年製作の映画)

Der Staat gegen Fritz Bauer/The People vs. Fritz Bauer

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:105分

3.5

あらすじ

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イ…

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドにコンタクトをとりアイヒマンを追い詰めていく。しかしその頃、フランクフルトではバウアーの敵対勢力が、彼の失脚を狙って狡猾な謀略を巡らせていた…。『顔のないヒトラーたち』前日談的エピソード。

「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

突然、加害者と被害者が共に生活を始めた時代。なんて生きづらい世界だろう。戦後も戦いは続いていた。

バウアーのそれが正義なのか、復讐心なのか。両方だろう。

セクシュアリティについても触れられていた。

前知識が多少あるとまた違うのかもしれない。
タイトルのダサさと音楽の渋さもよい…
oji

ojiの感想・評価

3.5
バウアー検事長の執念と個性が印象に残る映画
 『ハンナ・アーレント』といい、この映画といい、ドイツは「本気」でナチス時代の反省をしている。
 8月15日の談話では、前の世代がやったことの謝罪は必要ないとか言っている日本とは大違いだ。
 その姿勢の差が、一連の映画製作にも表れている。
 ナチスの残党が多く、捜査を妨害をされたり外されそうになっても、執念で追い続ける主人公の検事長。
 ドイツで逮捕し、ドイツ国内で裁こうとするのだが、道はきわめて険しい。
 モサドや、海外との協力も取り付けるのだが、という事実も誇張せず淡々と描いている。
 冷静に描こうとしているのだ。そして、反省も込めているところが凄い。
bowzZ

bowzZの感想・評価

3.3
アイヒマンの捕獲はモサドだけの手柄だと思っていた。
フリッツ・バウアーが居なければ、モサドも多分捕まえられなかったな。戦後のドイツでは英雄として有名人物らしいが。
この人がしたかったのは、戦後少し後の頃のドイツ国内でのナチ残党を糾弾する事で、「顔のないヒトラーたち」でも確かそんなような事が描かれていた。
検事長フィリッツ・バウアーは、ナチ戦犯の大物=アイヒマンを、執念で追う。 「彼を捕まえて裁判にかければ、芋づる式にナチ戦犯が裁かれる!」という物凄い信念。 検事長の部下がハニー・トラップに引っ掛けられたり、検事長も国家反逆罪に問われそうになったりしながら、なかなか見応えあるドラマが展開された。
Oliver

Oliverの感想・評価

3.7
同じドイツ人でありながらユダヤの血をひく検事長が、ありとあらゆる手を使って罪深きアイヒマンを裁くため、徹底的に追い込みにいく。

彼がTVで語った、一言一言が胸に刺さった。これはドイツ人に限ったことではない。偉人の力を借りるのではなく、国民一人一人の行動が国の誇りとなる。だからこそナチの現実から目を背けることなく、国家反逆罪に問われようが正義を貫いた彼の行動はドイツの誇りだと思う。
曇天

曇天の感想・評価

4.1
映画として普通に面白い。
フリッツ・バウアーは異端のナチハンター。検事長ながら法を逸脱したやり方で捜査する。しかし、連邦情報局の要職にはナチ側の人間がいて妨害を図ってくる。本人はユダヤ人であるために復讐に駆られていると誤解されて支持されづらく、さらに戦前を生きたドイツ人であるために若者達から批判の対象にされる。世間はまだ全面的に反ナチというわけではなかったらしい。当時ドイツは「経済の奇跡」といわれる復興を果たし、簡単に言えば浮かれていて過去を忘れようとしていた時代だった。アウシュヴィッツ裁判までホロコーストの実態も明かされずナチ側の人間が力を持った、再ナチ化と言われる時期の話。

タバコぷかぷか、トランペットとドラムで引っ張る音楽の使い方がシブくて惚れる。何と言っても原題は”The Peaple vs Fritz Bauer”の意。歴史の汚点を暴くためということもそうだけど、生涯かけて賞賛もなしでアイヒマンを追った男の執念の様がよく出ていて燃える。1950年代末期だけあってスパイ映画の雰囲気もある。
フリッツ・バウアーはドイツの教科書にも載っていないといわれるほど知名度が低かったそうで。戦前はシュトゥットガルトの裁判所判事だったがナチ党の政権掌握後に2回拘束され、戦後までデンマークやスウェーデンなどの国外で亡命生活を続けました。49年に帰国後、地方裁判所長を経て、劇中にも出てくるヘッセン州首相にフランクフルト招かれて1956年検事長に就きます。

鑑賞2回目で誰がナチ残党かナチハンターかの構図がわかってきて面白い。職場には協力者である部下以外にも、彼の仕事を賞賛する市民的な声もあり一方でナチ残党もいたりして中々に混沌としている。孤独に見えるけど秘書や運転手など陰から彼を気遣うドイツ人は多い。靴下や女の歌う歌の歌詞、ローザ・ルクセンブルクの絵など細かい演出がニクい。徐々に明かされる部下アンガーマンの性格とその終局は切ない。
皮肉にもドイツ映画はナチスが題材だと光るのかもしれない。最近把握しきれないくらいナチ映画が出てて困る。『ヒトラー暗殺、13分の誤算』『ハンナ・アーレント』『ヒトラーへの285枚の葉書』は国産映画と言ってよさそう。『手紙は覚えている』はカナダ人監督だけどブルーノ・ガンツが出てる。『栄光のランナー』も観たい。

アンガーマンは架空の人物ですがモデルはいるらしいです。インタビュー記事で語られています。http://cinetri.jp/interview/fritzbauer_larskraume/
non

nonの感想・評価

-
面白かった。

実話ベースというのも
当時、ドイツにも
もちろんユダヤ人はいて
戦後もいて、
彼らがどういうふうに
生きていたのかとか
色々考えさせられた

なによりも彼が当時TVで
語ったことが胸に沁みた。
これはどの時代の
どこの国のひとにも
言えることだよね。

彼の相棒として働いていたのが
架空の人物と知って
本当にひとりで闘っていたんだ
というのがまた、悲しかった

そして、ハンナアーレント
Kokushi

Kokushiの感想・評価

3.0
淡々と話が進んでいった印象。

検事長のおじいちゃん。
格好良いです。
イケメンって意味の格好良いではなく。

正直、途中から
アンガーマンの性癖が気になって、
アイヒマン所ではなくなった。
歌手の美人な男性は、何者?
あの方は、本当に男性?
女優を加工して男性に見せてるの?
それはないか。
アンガーマン、検事長の言い付けを
守っていればなぁ…。

最後、中途半端感があった。
説明だけで終わらせた。
アンガーマンが、
どうなったのか説明がなく、
個人的には、モヤッとした。

タンクトップ姿のアンガーマンが、
まさかの、だらしない身体で、
ガッカリした。
rongdawu

rongdawuの感想・評価

3.2
自分の人生にとって一見リスクでしかないことを、ある意味向こう見ずに取り組んできた人達が積み重ねてきた歴史が、今の世の中を形作っていると感じた作品。
法は万能ではなく、実態に応じて変えていくべきものである、ということを史実系の映画を鑑賞するたびに思う。
>|