アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男の作品情報・感想・評価

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男2015年製作の映画)

Der Staat gegen Fritz Bauer/The People vs. Fritz Bauer

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:105分

3.5

あらすじ

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イ…

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドにコンタクトをとりアイヒマンを追い詰めていく。しかしその頃、フランクフルトではバウアーの敵対勢力が、彼の失脚を狙って狡猾な謀略を巡らせていた…。『顔のないヒトラーたち』前日談的エピソード。

「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」に投稿された感想・評価

サバ

サバの感想・評価

3.5
海外へと逃亡したナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンをドイツ人の検事長フリッツ・バウアーがいかにしてアイヒマンを発見し、追い詰めていったのかを描いた映画。

ナチでありながら政府の要職についていた人達がいたなんてなんて知らなかった。それ故に、アイヒマンが捕まると自分達の悪行が知られることになるからことごとく邪魔をする。

人は暴政に屈服してはならない、絶対に!
とフリッツ・バウワー。
主演のブルクハルト・クラウスナーが良い味を出してた。ドイツ映画らしい重厚感がある。派手な捕物とは違い、地味な感じだがそれはそれで良い。
最後は、スッキリ終わるわけではないが実録映画なので仕方ないか。
somebody

somebodyの感想・評価

3.8
WOWOW #180114 28本目

アイヒマンショーもみ〜よお〜っと。
torakage

torakageの感想・評価

3.0
主人公の検事の固い意志がなければアイヒマンが逮捕されなかったかもしれないっていうのはわかった。それと元ナチが何事もなかったようにその時の組織に組み込まれてたことも。
しかし映画としては地味。
切身

切身の感想・評価

3.5
渋いなぁ〜〜。最近見たドイツ映画の中でも群を抜いて渋いよ。

副題がダサいけど、中身はゴリゴリのダンディーな映画。
Emiri

Emiriの感想・評価

3.0
ドイツ映画初めて見たけどこんな感じかー…すごく暗くて、地味な台詞が多くて、集中するのがなかなか難しかった。

『肯定と否定』もそうだったけど、裁判モノって、感情的な人物を主人公に据えるのが定例なの…?すごい違和感。。
mokomoko

mokomokoの感想・評価

4.0
混沌とした時代背景の中、バウアーの最後まで諦めない執念と信念・・・戦後これだけ経ても尚ナチス関連作品が製作される影響力を再認識。
戦後に生きる者として観ておくべきお話し。画も美しくて正義が伝わってくる。
当時の再現なのか、この映画としての描き方なのか、どちらにせよ美C映画。建物、調度品、絵画、着こなし、音楽、全て見応えあり。特に短時間だったブエノスアイレスが美C。特に特にその風景とアイヒマンの姿がスバラC。
たま

たまの感想・評価

3.0
ナチの残党が要職についていたり、国家反逆罪に問われる危険を犯してまで戦争犯罪人を追う検事長。
第二次世界大戦後のドイツ。戦争は完全には終わっていなかったんだ。
そして同性愛も罪に問われていた時代。
ドイツのためにドイツででアイヒマンを裁判にかけたかったバウアー検事長だがそこまでは叶わなかった。しかしアイヒマンにしてみれば地球上から抹殺したかったユダヤ人によって捕まり裁判にかけられるという屈辱を味わっただろうからまあ仕方ない。そして、イスラエルで〝アイヒマンショー〟という映画が作られたんですね。
natsuki

natsukiの感想・評価

3.0
話の展開は地味だけど、上司のおじさんの行動力と、仕事に対する熱量を感じた。
>|