ワンダー 君は太陽のネタバレレビュー・内容・結末

上映館(1館)

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿されたネタバレ・内容・結末

すごーく良かった。特にジャック目線のところは号泣。友情って素晴らしい。オギーの話だけでなくて周りの人の話って感じがした。学校生活の中で誰もが経験するような話がすごくリアル。本当に優しい人達ばっかり出てくる。この映画の中に出てくるような人でありたいなぁと思うけど簡単なようですごく難しいような気がした。
最後の終わり方がなー。
無理矢理盛り上げた感じが。
表彰されて終わりってゆうのがアメリカ的だな。

それ以外は素晴らしかった。
立派な大人が多くて感心する。
自分が親になったら見習いたい。

そして友達も素晴らしい。
周りの目を気にする年齢に自分の意思をしっかり持って行動する、主人公の親友。
子どもが生まれたらこんな子どもに育って欲しいなw
これまたほっこりして泣ける
優しい涙が流れる映画ですねぇ😢

大人が思ってる以上に子供は色んなこと考えるし感じるし
ジャックは性格も顔もイケメンすぎっ!!

ヴィアも可愛いぃ〜

性格が悪い人は最後には罰を受けるし
ほんとにいい人はなかなか周りに気づいてもらえないかもしれないけど、
良さが周りにバレたらその人の周りにはいつも笑顔が溢れるよねっ!

ジュリアンは次の学校ではこの経験を活かして更生してほしいと切に願っちゃう

ずっと仲良かったのに突然会話もしなくなっちゃっても
きっとそれは何か理由があって
またちゃんと友達に戻れたらそれはほんとの友達なんだろうなっておもう
日本語難しいなおい

ブラウン先生の授業の格言もよかったなぁ

子供が2人以上できてから見たらもっと今以上に感動するよこれ!
自分の子供にそれぞれ平等にするのはすごい難しい気がする。

また見よーっと
シンプルにハートフルな映画。
テーマも素敵だし子供が産まれたら見せたい。素敵な人間になってほしいと思う。

一方で演出や脚本でもう一声欲しかった感もある。
障害のある主人公であるオギーの視点だけではなく、オギーという弟を持ち、弟を愛してはいるけど自分ももっと愛されたい姉のヴィアに視点が移るのは「おっ」と思ったし、そこからオムニバス的に色んな人物に移っていくのはいいんだけど、親友のジャックが何であんな酷いことを言ったのかとかもう少し丁寧な描写が欲しかった感じ。ヴィアの友達の気まずくなってる子ももうちょい存在感出しても良かったのでは。

特にいじめっ子のジュリアンは、あんなダメそうな親を映すなら、彼の心理描写も少しあってもいいのかもとは思った。校長室から出て行くときに「あ、彼の描写が始まるのね」と思ったらそのまま退場したし。

もうちょっと上手いこといけたのではという感覚も残る。
そんなとやかくいう映画じゃないとは思うんだけども。
最高にいい
私の顔が違ったら、今と同じ環境にいられるだろうか…とか
自分の中身で人を惹きつけられる人になろうと思った!

いじめっこの親がモンスターすぎてこっちまで嫌な気持ちになった!
けどいじめっこは親よりマシだったんだなってわかって少し胸のつっかえが取れた
主人公フォーカスの感動映画だと思ってたけど、
全然違って良い方で期待を裏切られた。
パパのオーウェンは相変わらずのキャラで好きだし、ミランダが永遠と可愛かった、、、、
記録用

人は見た目じゃない。
内面で他人の心を動かす人間に。

こういう人でありたい、こういう人になりたい、と思える登場人物がたくさん出てくる。

内面の素晴らしさを見れる人間に。
海外で一足先に鑑賞。まあいい作品なんだけど、物語的に派手だったり凝ったりしてるわけではない。でも見たあとちょっと自分を、家族を好きになれる。そんな映画。
全てが現実的
お姉ちゃんの寂しさとか両親のもどかしさその場の流れでの悪口とか
それでも、皆少しずつだけど前を見ながら変わろうとしていて希望に満ちた映画だっあ
最後の言葉が心にささりました。
偉大さは強さを正しく使うこと、最も偉大な事は自分自身の魅力で多くの人の心を動かす力を持っている。
>|