ワンダー 君は太陽のネタバレレビュー・内容・結末

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿されたネタバレ・内容・結末

普通にめっちゃいい映画だった。
子供がメインじゃない映画でも子役の演技の質がその映画全体の質を測る試金石になるなと前から思っていたけども、これはすごいクオリティ。もちろん子役だけじゃなく、若手、ベテランみんな演技素晴らしいし、撮影、演出も一級品でした。

オギー本人の頑張りはもちろん素晴らしいけど、ジャック、ヴィア、など周りの友達や家族の協力や悩みもしっかり描いているので誰かしらには感情移入して見られる内容。

オギーに感情移入してると、あ、あいつはこう思ってたんだって視点の転換で色んな思春期の悩みが見られるのも見どころ。

ただ何もかも上手くいくわけではなく、ジュリアンは少し非情な感じで話から退場しちゃったりする。それでもチラッと彼が成長した証は見せてるあたり抜かりないけど。

オギー役のジェイコブ君はあんな特殊メイクであそこまで感情を顔に出して演技できるのは本当にすごい。

基本的には見てる人間がこうなるだろうな、こうなって欲しいなって思うように進むので感動しやすいんだけど、若干俺のようなひねた人間には好きになれない要素でもある。

いい話を衒いなくいい話として描いた万人向け作品です。
めっちゃ泣いた。

現実にはこんな優しい世界があるかわからないけど、それを信じたくなる作品。

オギーの行動が周りの人を変えたり動かしていくという構図だがそもそも周りに良い人が多かった。
それも含めての奇跡(ワンダー)だと思う。

とくに姉のヴィアと親友のジャックこの二人は本当にいてくれてよかった。

弟が病気だったり何かしらの問題を抱えていて、両親が自分をあまり構ってくれないという状況は個人的に似たような時期があったので分かる部分がある。
その状況下で自分を常に犠牲にし、弟を支えながらも最終的には自分も一歩踏み出すことができたヴィアもよかった。

ジャックがジュリアンを殴ってしまうシーン、彼の優しさとオギーに酷いことを言ってしまった自分への怒りや葛藤、色んな思いが伝わってきた。このシーンで一番泣いたと思う。

あとは予想外のスターウォーズネタの多さも個人的には嬉しかった。

他人の人とは違う所をしっかりと見て理解する。これは人生のどんな場面でも必要不可欠なことだと感じた。

この映画は観るべきだと思います。
いい映画だったけど、他にもいい映画ってあるよねーって。

すごいなと思ったのはコンセプト?で、もちろんオギーが主役ではあるんだけど、オギーを取り巻く子どもたちのことを書いていって、それを相対的にオギーの世界に当てはめるような、なんだろ。コンセプトじゃない気がしてきた。
ずっと言われてたけど、オギーを太陽として惑星軌道のような映画になってたとはおもう。
最後の格言もそうだよね。
要はあなた以外の人間もなんか考えてて、それはきっと協力しあったりできるんだよっていう。
そういう話?なんじゃないかな?
『スターウォーズ』シリーズ好きな方々は観た方が良いと思います!
Rotten Tomatoesを始めとした各所での絶賛は目にしていましたが、個人的には"ある懸念"があって斜に構えてしまい、あまり期待しておりませんでした。
その懸念とは「障害を持った主人公をいかにもかわいそうに描き、お涙頂戴のあざとい作品に終わっていないか?」ということです。
結果この懸念は外れておりました。

この映画で何よりも素晴らしいと感じたのは、この映画がオギー"だけ"の物語に終わっていないところです。
これは親子の物語でもあり、姉弟の物語、そして友情の物語でもある。
もちろん物語の中心人物は主人公オギーですが、回りの人物が決してオギーの引き立て役としての薄い存在に終わってなどいません。
特に「姉ヴィア」と「初めての友人ジャック・ウィル」、加えて「姉の親友ミランダ」の視点とストーリーがあることで、この映画の魅力と感動がグッと高まっていると感じました。
オープニング後、黒い画面に白文字で"オギー"と出たときは「あれ?」と思いましたが、なるほどそういうことだったのか。





自分に鋭く突き刺さったのは姉ヴィアのストーリー。
レディバードでは「注意を向けることは即ち愛情である」という言葉があったが、それは逆に言えば「注意されない自分は愛されていないのではないか?」というヴィアの苦悩そのものです。
親以上に気を掛けてくれる一番の理解者の祖母は亡くなり、親友だったはずのミランダは別人のように変わってしまう。
そんな辛い場面でも、今まで"手がかからない良い子"として生きてきた彼女はその悩みを両親にはなかなか打ち明けず、ひとり浜辺で祖母との思い出に浸る。
やっと目を向けてくれた母がオギーに奪われてしまった場面でも、彼女はオギーに当たったりせずに優しい姉として気遣う。
弟のオギーを愛しており、両親の苦労もわかるからワガママなど言えず、手のかからない良い子としてたくさんのことを我慢してきた彼女の内面を考えるとそれだけで思わず泣けてしまいました。
また、ミランダがイケテる自分を演じるためにヴィアを避けてしまうのは、「レディバード」の"クリスティンとジュリー"の関係を想起。
避けようとしているはずなのにヴィアに目が向いてしまい、遂には耐えられずにオギーに電話する。
わかっていても本人にはなかなか言い出せないもどかしさ。
ミランダのアシストによって実現したヴィアの熱演は、彼女がついに報われる素晴らしく感動的なシーンでした。

オギーの親友ジャック・ウィル。
彼は思わず同調圧力に屈し、思ってもいないオギーの陰口を叩いてしまう。
多くの人は群れていればそれだけで安心できるし、孤立を非常に恐れる。
学校などという極めて狭い空間なら尚更。
個人だったらやらないはずのいじめにも荷担してしまう。
自身がいじめの標的にされないため、保身に走ってしまうジャックの過ち。
彼の弱さを責めることは自分にはできません。
だからこそ、"同調圧力の呪い"をついに打ち破った"あの瞬間"、ジャックが漢になった瞬間が胸を打ちました。

両親は素晴らしい人格者。
優しくも厳しい母親とユーモアで雰囲気を和らげる父親。
普通の学校に通わせることで、オギーが辛い目に合うのは火を見るより明らか。
親としてはこれ以上なく辛い選択なのだけど、仮面を被ったまま生きるのは本当の解決ではないんですよね。
キャンプ授業に旅立つバスを見送る二人。
「こっちを振り向きもしない」という言葉に詰まった喜び。
最後に明らかになるヘルメット紛失の真相には思わずグッと来ました。
お父さんも"ただ優しいだけ"の存在じゃなかった。





ジュリアンの悪行がばれ、両親共々校長室に呼ばれたシーン。
それまでの映画の流れからすると、このシーンの後にジュリアンのストーリーが始まり、彼に同情させるような展開になるかと思いましたが、結果それは無かったので良かったです。
(あの両親のヤバい雰囲気はビンビンで思わず察してしまうけど…)
いくら事情があったとしても、彼の行為は簡単に許されることではないので、フォローせずに突き放したのは良い判断。

前半のスターウォーズを引用したギャグもチャーミングで良かったです。
まさかチューイとダースシディアスが出てくる映画だったとは…笑





ジュリアンとその両親への校長先生の言葉。
「彼の見た目を変えられないのであれば、自分たちの見る目を変えるべきなのでは?」
もちろん現実はこの映画ほど簡単ではないかもしれないけど、一人でも多くがこの言葉を意識し、サマーやジャックウィルのように声を上げる勇者が増えることを願ってやみません。
もちろん自分もそうありたい。
「もし世界が敵だらけだったとしても、理解者が一人でも近くに居てくれさえすれば、世界は全く変わって見えるのかもしれない」なんて柄にもなく真面目なことを見終わって考えてしまいました。

(あと、非常にどうでもいいことですが、担任教師を演じるDaveed DiggsがJ.Coleに見えてすごく気になったのですが、誰か共感していただけるでしょうか…)
予想を上回りました。

主人公のオギー<だけ>の話ではありませんでした。
トリーチャーコリンズ症候群のような病気の子供がいる家庭ではついつい兄弟姉妹は割を食うものですが、お姉ちゃんのヴィアのことがふっと気になったところで《VIA》とコーナー分割。
「おっ、そう来たか!」ちょっと前のシーンでのヴィアの描写から彼女の苦しみが描かれます。これ全体の深みにつながりますよね。短いけれどおばあちゃんとのエピソードもいい!おばあちゃんは仕方ないこととして全てを理解し、そしてフォローしてくれている。素敵なおばあちゃんです。
そして《ジャックウィル》。彼のハロウィンの時の言葉もよくわかる。何より子供だし会話の中でとりあえずジャスティンに合わせておく感じは人間誰しも経験する場面。しかしこのジャックウィルですが、ほんの短い時間でも、少年が成長するところが見事に表現されていて素晴らしかったです。背景の貧困家庭も窺わせていました。
《ミランダ》。ここもまた電話でのオギーの声を聴けばどれだけ愛されてきた子かがよくわかります。これもまた嫉妬というか憧れというか。親の再婚の影響を受ける子供というバックボーンもリアルです。「ブラックスワン」のようなことにはならずに良かったです。『わが町』の彼女は素敵でしたね。

ところでこの『わが町』ですが、舞台演劇の名作です。日本でも文学座など時々上演しますから是非ご覧ください。とってもいい話です。

エイモスくんも、ジャスティンくんも、出てくる子たちが最終的にみんな人間の善に帰り着くため、それもごく自然にそうなるので、アメリカでも、日本でも評価が高いのもうなずけます。単にオギーだけならこうはならないでしょうね。サマーキャンプの湖での彼らのシーンは素晴らしかった!さすがに泣きました。

最後にチューイ!!GOOD JOB!
予告からすごく気になって
公開を楽しみにしていた映画!

宇宙が散りばめられた子供部屋や
宇宙服を着たシーンだったり
スターウォーズがたくさん出てきたり、
それだけでテンション上がった笑
パルパティーンがてできた時には
「おっ!」ってなった笑笑

オギーの視点だけでなく、ヴィアやジャックだったりいろんな人からの視点で描かれていたけど、原作が本だからと聞いて納得!
いじめやすれ違いの話っていうのもあって、異なる視点からだからこそわかること、伝わって来るものがたくさんあったように思う。

オギーはもちろんだけれど、
みんながそれぞれ悩みや問題を抱えている。
そんな中でも、1歩を踏み出すことで
新しい世界に飛び出したり、
何かを変えたりしていく。
なかなか出来ることじゃないと思う。
だからこそ、それが出来るって本当に
すごいことだと思う。

登場人物も子供から大人まで
みんないい人達だった!
なれるものなら、
あんな父親になりたいな笑

大人とか子供とか関係なく、
いろんなことを教えてもらった気がする。

見終わったあと、優しい気持ちになった
とっても良い映画だった!
大好きな映画になった。

オギーの静かな強さに心打たれた。
友達のジャックとのちょっとしたすれ違いとかもリアルでもどかしくて。
女の子の自分で聞きなよっていうのもいい味出してて。女の子はやっぱどの国でも大人なんだな。

この時のお姉ちゃんのヴィアの私もミランダに避けられてるの、どこでもあるの、オギーだけじゃないのという言葉がオギーを思って伝えてるヴィアの勇気出し優しさだなって思った。

ジャックがジュリアンを殴った時に
退学になってもいい。だけど絶対理由は言いたくないっていうのも優しさであり強さでありで涙が止まらなかった。

オギー目線だけじゃなく母のストーリー、姉のストーリー、姉の友達のストーリーと様々な目線からのストーリーが入り混じってていろんな気持ちが味わえた。

今自分がドン底だからこそ刺さるものがいっぱいで人のあたたかさを感じる映画でした。
とても綺麗なお話だった。
とんでもなく悪いやつもいないし、ハッピーエンドの映画が観たいときにオススメ。

主人公も頑張ってて偉いけど、支える家族や友達もいい人過ぎて号泣。
素直に応援して観てしまった。

主人公はもちろん、主人公以外の周りの人たちにも悩みがあって、
それぞれ前を向こうとしてるのと、
その頑張りをよく見ている人がいて…

こんなにうまくいかないだろうと思いつつ、
観るとなんとなく前向きになれる映画だと思う。

映画に出てくる小物や文字のフォントが可愛いかった。
みんな其々に、心の中の孤独ってありますよね。心の底を曝け出す相手がいない辛さって.,.。
でも勇気を持って前に踏み出せば(打ち明けて見れば)みんな同じ気持ちだったり、人は互いに支え合って生きているんだなぁとつくづく思える作品でした。其々の視点から語られるストーリー展開が、その事をより一層感じられて良かったです。
>|