ワンダー 君は太陽のネタバレレビュー・内容・結末

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿されたネタバレ・内容・結末

久しぶりに感情を揺さぶられる映画を観た。

もちろんオギーは生まれつきの顔で辛い目に遭ってきたけど、温かい家族のおかげで、理科好きで素直なユーモアのある子に育ったんやと思う。

最後の展開はベタでも涙が溢れた。
良かった。観終わってすぐ原作と続編注文した。

原作がたくさんの人に読まれて、ジュリアンになるなっていうムードが広がるのに違和感を覚えて、もともと書くつもりなかったけど、続編書かずにはいられなかった、っていうR・J・パラシオさんのエピソードにも感動。校長先生も物語にはいつも2つの面があるって言ってたし。

原作読むの楽しみ!
オギーが困難を乗り越えていく系の映画だと思ったらいい意味で裏切られた。

オギーを中心とした家族や友人にも丁寧に焦点が当てられてて、学校でのこと、友人関係での悩み、家族の関係とか共感できる部分が多すぎて。みんな同じように悩んでるんだなーとか、ちょっとした思いやりや優しさの大切さに気づかせてくれたりとか、自分が忙しくて気持ちがトゲトゲしくなってしまった時に大切なことを思い出させてくれる映画。

私には特に、お姉さんのヴィラのパートが刺さった。家族を想うが故の優等生で、自分の悩みとかで家族を煩わせまいとしてるところとか切ない。オギーを大切に思っているからこそ言えないんだろうし。あの10代のよくわからないけど友達とうまく行かなくなって距離ができてしまう感とか懐かしすぎる!本当に些細なことが原因だったんだろうとか、ちょっとしたきっかけがあれば今も友達関係だったのかなーとか懐かしく思ったり。ヴィラは友達といい関係に戻れて本当に良かったと思うし、自分から少しでも歩み寄ろうとできるかどうかで人間関係っていい方向にいくよなーって思った。そこは面倒臭がらずに生きていきたいと改めて思う。

地味に担任の先生の格言が効いてるのもいい。

興味ひかれつつも、いかにも感動させようとしてる映画と勝手に思い込んでて今まで敬遠してたけど、大満足映画だった。
最後のオギーの賞の受賞はやりすぎかなって思ったけどひっかかったのはそれぐらい。
ずっと見たかったやつ!
とっっても良かった。
やっぱり母って偉大だなあ。ジュリアロバーツのやっぱり心配しちゃう時とかオギーに友達ができたときの演技が良くて、じーんときた
もうジャックウィルがかわいすぎて、、1人で悩んでるとことかかわいすぎ
choose kindとかの格言もそうだし、最後の校長の言葉も良かった〜
お父さんの家族での役割も好き。
オリビアはオリビアで悩んでるとことか、AtypicalのCasey思い出した。障害の有無に関わらず、みんな悩んでるしみんな人と違うってことだよね
子供ができたときにまた見たい!
心の柔らかで清い部分だけで観ればとても良い映画だと素直に思えるのだけれど心の硬く濁ったドス黒い沼の部分で観てしまうと性善説的な環境ありきに負うところが大きいのかなと勘繰ってしまう。

優しい事が前提の世界で良くない親に育てられた良くない子供を排除して終了みたいなのはちょっとどうだろうと思った。機会は均等じゃないし世界は均衡に満ちてはいないけど顔の分を愛嬌と賢さで補えたのも環境が良かったからで、確かにイジメたのは良くないことだけど親のせいでやり直せる機会が与えらない世界は優しいとは言い難いなと思う。それだと世界は優しいのでは無くオギーにとってだけ優しい世界になってしまうような印象と不満が残る。

だって、世界はすばらしすぎて気づかれないんだよ。そういう人たちにも気づかれてあげてよ、ねえ、世界。
一番辛い時期に母と観に行った映画。
凄くこの男の子の気持ちを考えると不安で感情移入してしまった。
お姉ちゃんはお姉ちゃんで頑張り屋さんで家族思いだけど辛い思いもして、うちの姉妹間を想像しながら観ていた。
家族愛、友情、波乱、沢山経験してからの最後の卒業式は本当に泣けた。
嬉し泣きができた映画。
ものすごい良かった。
なぜか分からないけど最初の方から終始泣いてました。悲しい涙もあったけど、家族と友達の愛情に泣けた。
涙はするけど、映画の雰囲気自体は重くなく、クスッとなるところもあるし全体のバランスもとても好きでした。
それぞれの視点からそれぞれの事情と悩みがみえて、いろんな人に感情移入してみれる。
そしてパパの明るくて優しい人柄がとっても良かったです。
映画④
〜誰だって人生において1度は主役に〜
子供の頃の無垢で素直であるが故の無意識の好奇心というのは、時に人々の心に突き刺さる。しかし、それは彼らが思いっきり喜び、人々を賞賛することが出来るという良さを生むものでもある。
オギーの周りの人々の視線が徐々に変わっていくところは見ていてとても面白かった。弱点を武器に、魅力にするということはまさにこの映画の主題だろう。周りの人も決してオギーのことを諦めない。そのおかげでオギーは輝くことが出来たのではないだろうか。

誰だって人生の主役。私たちだってそうだ。ちょっとやそっとの壁にも立ち向かって生きていこう、そう思わせてくれた作品。
いろんなキャラの視点から、物語が進められていくのが好きな感じだった。心が温かくなる話でよい。新学期とか、新しく何かスタートする時とかに見ると、くるものがあるかもしれないね〜。
冒頭から容赦なく泣かせにくるくる

オギー以外の人物のモノローグがあることがとても良かった。オギーだけに焦点をあてた映画ならもっと感動したんだろうけど、今作は周りの人々のことも意識されていて偽善的な感じが漂白されていた。

いじめっ子が救われなかったのが残念。あいつが救われないのは当然だし正しいことだ。でも親切ではないよな。この映画の一番伝えたいことはサマーが読んでくれた教訓のはずでありそれは「正しいことと親切なことどちらか選ぶなら親切なこと」エンドロールの最後にも#CHOOSEKINDと出ていた。だからこそいじめっ子は救ってほしかった。
>|