ワンダー 君は太陽のネタバレレビュー・内容・結末

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿されたネタバレ・内容・結末

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・何度も劇場で予告を観ていたから、観る前からどんな映画なのかイメージは膨らんでいたと思う。「顔が他の人と違う少年が主人公」というポイントは、それだけで映画として特徴的だし、ストーリー展開はシンプルだろうなと、無意識に思い込んでいた。

・だからこそ、意外な構成に驚いた。もちろんプラスの意味で。主人公ジャックと、友達、主人公の姉ヴィア、姉の友達ミランダ、4人の群像劇風な構成だったわけだけど、作品に奥行きをもたらしていて本当に素晴らしかった。まさに小宇宙のようー

・主人公だけでなく、周囲の人物も影響を受けて、また苦悩を抱えている。そこにスポットライトを当ててすくい取っているのが、観客の共感や感動を誘うのではないだろうか。適度にもたらされるユーモアのエッセンスも、作品を爽やかにしていてよかったと思う。

・しかし、終盤に向かうにつれて、それまで丁寧だった展開と演出が一気にゴチャゴチャしていったように感じた。「飼い犬の死」は脈絡なく唐突気味で、主人公や家族に少々の影響を及ぼすが、わざわざ死なせるほどだったか。「姉の友達ミランダ」は、演劇が始まる直前に主役をヴィアに譲るが、ミランダの物語の結末(ヴィアとの仲の修復)として、軽薄過ぎないか。思えば中盤の、主人公をいじめた子供とその両親の描き方にも、類型的な軽薄さがあった。「終盤に主人公が、いじめっ子に突き飛ばされて頭をうち、流血する」意味深な描写もあったが、それも特に何も触れられず。

・これらが私にはノイズに感じられて、満足度はかなり下がってしまった。途中まで良かっただけに、「なんで!?どうして!?」というかんじ。。原作モノだし、120分に収めるためにいろいろカットした結果なのではないかと、何となく考えてみたり…
とってもとってもかわいいオギー
周りの人含めて温かくなっていくストーリーがよかった。
だからこそ、悪い子の話も見たかったなぁ。
スターウォーズ好きの設定は中の人とリンクしてるのかな
以前映画館で見ました!本当に良かったです。見て良かった!と心の底から思いました。オギーだけじゃなくて、その周りの人の視点も描かれていて、それぞれが抱える寂しさ、不安が伝わりました。だけどそれぞれに助けてくれる人物がいて、救われてたから見てて温かい気持ちになりました。それぞれがぶつかり合いながらも、優しさを忘れてなくて、お互いを思いあってるからこそできることなんだなって思いました。
「他人をいたわれ、みんなそれぞれ闘っている。その人のことを知りたければよく見る。」ほかにもいろいろな場面で考えさせられる言葉がありました。
DVD化したら買いたいです!
オギーは引くほど変な顔じゃないし、すぐ慣れるだろ。
ましてや賢くてユーモアもあるし。
なのでいじめっ子が転校してしまうのは残念だった。親がくそだから更正するチャンスも奪われた。
お姉ちゃんの友達が好き!お姉ちゃんの彼氏もよかった。
ジャックウィルの子とってもかわいかったからこれからが楽しみ!
犬がいっぱい吐いたとか伏線あったので犬が病院に行ったあとすぐ死んでしまって悲しかった。
最初から同情を誘われる主人公オギーの境遇。しかし、あくまでオギーを軸として映画は展開していくが、オギーを取り囲む家族や友達にもそれぞれ焦点を向けられ人間関係の難しさや誰しも苦悩は平等に起こりうるのだなと考えさせられる
一方で、それぞれが持っている真の人を思いやる気持ちや頑張って生きようという力強さが映し出されておりとても温かい映画であった
太陽系の群像劇
主人公のオギーを中心とした群像劇。
あー、小学校の時とかこういうのあったよなーと。容姿が原
因で菌扱い。いじめられて、学校が嫌いになって、それでも
家族や友人に支えられる。それはオギーの持つ何かがそうさ
せているのだろうな。
ヴィア視点の時に、オギーが太陽、自分たちはその周りの惑
星と言う台詞が、当事者とその周りにいる人たちとの関係を
よく表してる。
いじめていたジュリアンはイケメン金持ち。性格がちょっと
悪いけど、本当はいいところもあるはず…もっとそこが見た
かったよー!!最後も学校辞めちゃうし...。。。その後がき
になる
でも、校長先生とのあのシーンは本当に胸が苦しくなった
校長先生いい人好きません??
番好きなキャラだったなぁ。なんの差別や偏見もなくて
ただただ正義を貫く感じがもう...。。。
あとは、ジャック役のノア·ジュプが可愛すぎて可愛すぎ
オギーの初めての友達で、一緒に学校から出てくるのを見る
イザベル役のジュリア·ロバーツの演技もめちゃくちゃ引き
込まれた…もし自分がイザベルと同じ立場だったらって思う
と絶対泣いてしまう
ウォールフラワーの脚本·監督、美女と野獣(17)の脚本を務
め、最近波に乗り始めてるスティーブン·チョボスキー。次
回作にも期待!!
オギーだけじゃなく、友達、いじめっ子、お姉ちゃん、お姉ちゃんの親友…色んな人からの視点で描かれてるのがよかった
お姉ちゃんにめっちゃ感情移入してしまった〜

映画上映から抜け出してからのラストは泣いた
たくさんの主人公のストーリーが乗り重なる映画でした。
結局悪者はいじめっ子の両親だけだったような。
個人的に、親友の子のケンカのシーンに爆泣きでした
めちゃめちゃよかった。最初から最後までずーっと泣ける。オギーだけじゃなくて、たくさんの人の視点から描かれてて、みんなそれぞれの思いがあって、その構成も好きだった。それぞれの気持ちに共感できて、なんだよ結局みんな良い人じゃん、みんな好き!!てなった(笑)クソだったのは、ジュリアンの両親くらいだね。最後綺麗にまとめすぎてるのかなとは思ったけど、すごく心があったまる作品だった。"choose kind"ってすごくいいなあ。
“you can't blend in when you're born to stick out”

最高だった。
>|