ワンダー 君は太陽のネタバレレビュー・内容・結末

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿されたネタバレ・内容・結末

オギーくん、ぜんぜん醜くないじゃん、デッドプールの素顔にも思ったけど、もっと、遠目から、う、見ていいのか、と戸惑うような見た目じゃなきゃ説得力ないと思った、けど、美容整形を繰り返した結果、というなら、そうか…うーん、

見た目の話なのに、映画としての見やすさを優先していいのか、とか。

辛いときには空想を。チューバッカ、心強かった。

視点を切り替えていく、見せ方がうまかったな…なるほど、こうすれば良かったか、とも思った。

お姉ちゃんが、良い姉すぎて。すごいな。いわゆるきょうだい児の苦悩を長女あるあると重ねて共感を得やすくしたあたり、上手いなと。良い子すぎる女の子に嫉妬してしまう親友を描いたことも、良い子には良い子なりの大変さがある、大人に褒められず、同世代にはやっかまれる、誰かが褒めてやるべき、という示唆になっててとても良かったと思う。天国のおばあちゃん…泣けてしまった

オギーの友達も良い子だった。奨学金…貧困に触れるあたり大事だ。

学校を停学になり、親に連れられて退学することになったいじめっ子、「わかるよ」と声をかける校長、差別を生むのは教育が悪いから、家庭環境が悪いから、という、どうしようもなさ、やりきれなさを感じて、悲しかった。

よく涙ぐみ、よく笑うジュリア・ロバーツ、ジュリア・ロバーツらしくていいね。

あの父は、もう一歩こう、うまいこと描いてほしかった気がするけど。妻と娘が腹割って話すことを、「きっと女同士の話があるんだ」と息子に説明する夫、あんまり信頼できねえなって…どうだろうか。
最近映画の中で、立派であろうとする父、良い大人であろうとする父、を立て続けに見てたこともあって、チョット物足りず。
個人的には、父と娘の会話もしっかり見たかったな。もうあと一歩、描写が欲しかった。

正しさよりも親切を(kindを優しさではなく親切と翻訳したところが嬉しい、良い言葉だ、親切)、見た目は変えられないのだから見方を変えるべき、など、名言たっぷり。「なんでも自分の話だと思わないで」という台詞も良かった。

予定調和ではあったけど、見せ方の工夫で見応えあったな。優しい世界。でも、もうあと一歩、心を抉るような映画の方が好みではある。原作小説をじっくり読みたいかも。
喧嘩に加勢してくれたクラスメイトがオギーにハイタッチを求める姿を見てグッと来てるジャックの表情を思い出すだけで涙がこみ上げてくる
みんなそれぞれに悲しくてつらくて寂しいこと 分かっててもなんで自分だけがって思うことがありすぎる毎日だけどこれ観れてちょっと救われた気がする 言いたいことたくさんありすぎてまとまらないくらい良かった オギーもジャックもお姉ちゃんもあのわんちゃんもみんなみんなだいすき ルームのあの男の子ってこと知っておどろきと納得
王道ではあるけどそれでも心が温かくなる映画。オギー役の子の演技が素晴らしいと思ったらルームのあの男の子だと知って納得。オギーだけでなく彼の周囲の人々もそれぞれ問題を抱えていて、彼らにもスポットを当てているのが良かった。

いじめっ子ジュリアンの両親がひたすらクソ親で彼の結末も可哀想なものだったのが心残りだったが、そこも上手くいっていたらさすがにやりすぎか…。彼の人生にも今後救いがあってほしい。
主人公の男の子を中心にしてる話と思ったら、周りのひとりひとりが主人公で。
いい意味で多分こういうお話なんだろうなという予想を裏切ってくれました。
お姉ちゃんが言った、いつもあなたの話しだと思わないで。ってコトバには、はっとさせられてよかった。
とても優しくて良い映画でした。
少し前に鑑賞。

ずっと感想が書けませんでした。

皆さんのレビューで涙・涙腺・号泣などの単語が目に入り自然とハードルが上がっていました。

こりゃヤバいなと思い鑑賞。

しかし全然涙が出てこない‥

想像通りの内容でした。

その1つ・2つ上を期待しておりました。

僕のワンダフル・ライフのあの少年がいじめっ子、デイジーの死などマイナスポイントもありました。

お姉ちゃん役の女優さん、とっても良いですね。
全員主役!
どんどんキャラの焦点が変わっていく進み方もよかったし、そのキャラのパートにしっかり話があるのも良かった
各話で泣けるから涙が出っぱなしです…
0.3足りないのは、いじめっ子の彼は結果どうなったのかだけ知りたかったな〜ってことで
ボロ泣き。。。

オギーに友達ができた時のママの表情とか、オギーが他校の生徒に襲われた時に加勢してくれた子達と友情が芽生えた瞬間のオギーの涙とか。とにかく泣いた。

ヴィアの気持ちもすげーわかる気がするし。

それにしてもオーウェン・ウィルソンの夫役・パパ役はほんとに好きかもしれない。。あんなパパになりたい。
人間関係って、学校生活って、こういう事よくあるよね、って思って観てたけど、オギーの周りの人の心がどんどん動かされていって、特にジャックが大切なものを守る為の行動にはとても感動した。世界は広いけど、まだまだあの位の子どもたちにとっては今ある世界が全ての様に感じて、その中で自分を守っていかなくちゃいけない。なかなか出来る事じゃないよね。
周りの人の心に行動に影響を与えてたのが、実はオギーの静かな秘めた強さだったっていう事に最後の最後で気づかされて、なんだか凄く温かい気持ちになった。

プラスのエネルギーを与えられる、そんな人になりたいなと思った作品だった。
オギーのメインの話も感動したのですが、それよりもお姉ちゃんのヴィアの話に感動しました。
母のイザベルが観劇シーンでメガネを忘れてしまい、旦那からメガネを借りて(奪いとって)、ヴィアの演劇をしっかりと見ようとします。そこにはずっとイザベルが見てこなかったヴィアの成長した姿がそこにありました。メガネという道具を使って、初めてしっかり娘を「見る」という行為が際立たせる演出がすごく良かったです。セリフで説明しないところもとても効果的。
>|