ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

誕生日になにか見に行きたいと思い、こちらを鑑賞。

安い感想だなぁ…と思いつつも、もうこの言葉しか出ないのであえて。

本当に良かった。
もう最初からボロボロ泣いてしまった。

仕事やら対人関係やら、色んなことでもやもやしていた気持ちが、見ていくうちにすーーっと浄化される様な気がした。

ひと捻りある映画ももちろん好き。

でもこういうシンプルで、伝えたいメッセージがハッキリしている王道なストーリーは、素直な気持ちになれるので大好き。

一人一人に愛があって、暖かくて、優しさが染み入る素敵な映画。
mayukko

mayukkoの感想・評価

3.7
優しさに溢れた、とても分かりやすい爽やかな良い映画。ちょっと弱っていたときに観たからあっさり泣いてしまった。
良い映画だけど、綺麗すぎるかな。オギーと家族が実際に受ける試練なんてあんなもんじゃないだろうと(想像でしかないけど)思う。あとミランダのエピソードは特にペラペラであれなら無い方がよかった。最後のグリフィンドールに300点みたいなああいう出来すぎたラストはちょっとしらけたな…いじめっ子の退場のさせ方もどうかなと。

でもジェイコブくんやっぱり天才だし周りの子ども達も可愛かった。オーウェン・ウィルソンは良いパパ役が似合いすぎる。ヴィア役の子はキャリー・マリガンみたい!
ロク

ロクの感想・評価

4.5
「スター・ウォーズ」が大好きで将来の夢は宇宙飛行士という10歳のオギー君は心優しい両親や姉から愛情を一杯に受けて育った男の子。ただ一つ違っていたのは彼は遺伝子の先天性疾患で生まれながらにして顔が変形しているトリーチャーコリンズ症候群を患っている男の子だったということ。彼は27回もの整形手術に耐え日常生活が出来るまでなったものの自分の醜い顔を人前に晒すことを嫌い誕生日に買ってもらった宇宙飛行士のヘルメットを被ったままの生活を送っていた。そんな彼を見かねた母親は容姿のことで同級生からいじめられることを心配する父親の反対を押し切り新学期を迎える季節を機に学校へ通わせることを決める。こうしてオギーの人生で初めての学校生活が始まったが彼には様々な困難が待ち受けていた...予告編を観る限り容姿が人違うということでクラスメート達から差別的なイジメを受けることになるオギーが内面の魅力を武器に成長していく姿を描いた感動作なのかなと思っていたら大間違い!もちろん話の主軸はオギー君の成長なんだけれど監督はオギー君だけじゃなく自分も両親からの愛情を受けたいけど障害を持って生まれてきたオギーの世話を最優先に考えている両親の姿をみて「手のかからない子」を演じることを選んだ姉のヴィア、ヴィアの親友で家庭が崩壊してしまっていることを周りの者に知られたくないために小さな嘘をついてしまいヴィアと仲違いしてしまうミランダ、オギーの内面の良さをいち早く見つけ親友となるが友達の前でついた些細な言葉でオギーを傷つけてしまうジャックなどオギーの周りの人物のエピソードを「友情」という部分を主軸に章仕立てて描いており、感動の輪を更に広げる効果を生みだしていて素晴らしかったです。特に自分自身が長男ということもあり性別は違えどお姉ちゃんのエピソードには涙が止まらなかったですね。確かに本作は映画である以上どうしても口当たりの良い表現で障害者を描いてしまっている部分はあり実際この障害を抱えている人達からは「現実は数倍過酷で綺麗事ですむようなものではない!こんな「感動ポルノ」のような作品で自分達を馬鹿にするな!」と批判的な声が多く上がっているのも事実です。でも「人を外見で判断するのではなく内面を知ることでその人の本当の真意を読み取ることが出来る。そのためにはまずは顔見て話すこと。」という本作に込められたメッセージは自分としては間違っていないと思うし1人1人がこのメッセージを理解して様々な人と向き合っていければ“ワンダー(奇跡)”に満ちあふれた世界が開けるのではないか?そんなことを教えてくれる素晴らしい作品だと思います。マーベルヒーロー映画など娯楽作品も素晴らしいけど、こういった作品に巡り会えるのも映画の良さだと思います。オギー君が「スター・ウォーズ」好きなのでスター・ウォーズファンなら思わず笑ってしまうようなシーンがあったりオギー君のパパを演じるオーウェン・ウィルソンが要所要所でほのぼのとした笑いを取ってくれたりオギー君の通う学校の思慮深い素晴らしい校長先生役で「クリミナルマインド」のギデオンさんが出演してたりと映画としての見所も満載な作品です。
トキノ

トキノの感想・評価

3.8
オギーだけじゃなくてみんなそれぞれの生きづらさを抱いていて、克服していくっていう描写が良かった。一歩踏み出せるジャックを褒め称えたい。あと、スターウォーズを推しまくってたのはびっくりした。
オギーはほっこり太陽だったし、周囲は星のようにどんどん輝いていった。無理に感動させてなくて、日常を切り取ったような感じで良かった。
あり

ありの感想・評価

4.5

こういうお話は主人公にばかり
フォーカスが当たると映画が
泣きに入って冷めちゃうけど
オギー、ジャック、ヴィア、ミランダ、父、母、
みんなの視線が入っていてそれぞれに感情移入できる

目に見えない大切なことを
教えてくれる映画
あさ

あさの感想・評価

3.3
『全ての物事には2面性がある』

親の視点も是非描いて欲しかった。
でも想像してたただの感動モノみたいな映画じゃなくてとても良かった!
すず

すずの感想・評価

4.0
心の目で見よう👀

☀💫💛☀💫💛☀💫💛☀💫💛☀💫💛☀💫💛☀💫💛
オギーは生まれつき人と違う顔をしている。私がもしオギーみたいな子を見かけたら、ちらちら見てしまうと思う。それをするなというのは難しい。

障害を持って生まれた子は普通じゃないの?じゃあ普通ってなに?

オギーを中心に描かれる感動ものと思いきや色んな人物にスポットライトが当たる。観客は表面だけでその人を推し量っていることを目の当たりにするんです。

お母さん。お母さんは強い存在だけど、やっぱり心配性で子供を優しく見守る。オギーを学校へ送り出す気持ち、オギーが初めてお友達と下校する姿を見た母の気持ちに私の母性本能も働いた。

お姉ちゃんはどうだろう。「良くできた子」とは響きは良いが、本当は寂しかったり我慢してる。主張が少なくなっちゃうのわかるな。これはお兄ちゃんお姉ちゃんあるあるだよね(笑)私もお姉ちゃんだからヴィアの気持ち良くわかる。

クラスメイトのジャック。彼がオギーに言った一言。彼を嫌なやつと思ったよ。きっと私だけじゃないはず。けれど、彼の本心を知ったとき、彼のこともう嫌なやつに見えなかった。オギーの視点から見れば嫌なやつでもそれは彼の一面しか見ていないから。早く仲直りして(>_< )泣けて観ていて辛かった(T_T)


オギーの顔も慣れるんだよ。そしたら見えてくるのはオギーの人柄。人を知るには何度も会ったり話したりしないとわからないよね。

この映画というか原作がそうだと思うんだけど、「気付き」が段々わかる構成になってる。他にも色んな登場人物がいて、その人から見えてくるもの、学べるものがある。


変われるものと変われないもの。
相手が変われないのなら自分が変われ。
「順応」「適応」

見た目で判断するな
相手を知ろう
「心の目で相手を見よう」


「親切にしなさい」

昔習ったことかも知れない。
いつの間にか忘れちゃってた。


見てみたかったお話も幾つかあった。
クラスメイトのジュリアンのその後が気になる。お母さんは惑星になれないからブラックホールに行っちゃったのかな?(笑)ジュリアンのお話も見たかったな(^^)あと、ワンちゃんの心の声とか聞いてみたかった。お父さんのお話はなかったけど、お父さん1番好きかも(∗❛ัᴗ❛ั∗)♪

・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡

嫌なことがあったら妄想していたオギー。妄想はもういらないよね。この映画事態が妄想なのかな。きれいごとで出来すぎでみんなで絶賛するのが、ちょっと変な感じもする。みんなしてこの映画は叩いちゃいけないとか誉めとかなきゃって思ってるんじゃない?なーんて少し思ったりもする。考えすぎかな(笑)泣いたけど、実はもっと泣きたかった気分だったので少し物足りない(笑)スコア3か4で迷ったもん(笑)まぁこれは私情なので映画に勝手に期待するなって話だけど(笑)次の日に観た別の映画の方が泣けました(ToT)


リアリティーはないし、障害者の実態はこんな生温くないのもわかる。だけど、この映画を観て一人でも多くの人が、見る目が変わる、人に優しくありたいって思ってくれるなら…オギーの周りの惑星の1つになってくれるなら…それは素敵なことじゃないですか✨💛

これは障害に限ったことではない。人としてありたい姿、コミュニケーションの本質、沢山の「気付き」が詰まった映画だった。道徳の教材にしたら良いと思う。


誰かの惑星に私もなれるだろうか?優しくありたいな(*˘︶˘*).。.:*♡
泣いちゃう。
かなりサクセスストーリーだけど、でもまぁ、そうだよな!
長男なのでviaの気持ちが痛いほどわかるのがツライ。オギーが理系に情熱を燃やす感じがなんだか懐かしい。細かいところに撮影の工夫が見えたので、こういうところの積み重ねがクオリティに繋がってるような気がした。映画のテイストに反してしまうので難しいが、viaの友達をもう少し掘り下げたら絶対面白いと思った。
>|