ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

上映館(1館)

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

世の中に期待したくなる映画。完全なる悪人が出てこないので、安心して見ていられる。
Sayurin

Sayurinの感想・評価

3.7
ジュリアロバーツはいつも変わらず若い!笑
いろいろな立場(姉、友達)の角度から描いているところが良かった。
観ていてあたたかい気持ちになりました。
ご飯食べたあとにホットカーペットの上で観ていたら眠くなってきてウトウト。でもホント心地よい映画で心温まる内容でした。少し寝てもついていける展開なので大丈夫です。
satoshi

satoshiの感想・評価

4.2
"人はいたわれ。みんな闘っている。"
オギーだけの物語かと思いきや、それぞれのキャラクターが抱えてるものが次第に明らかになっていき、最後は皆が理解し合って大団円。現実ではこんなに上手くいかないケースが殆どだけど、それでもこういう物語を観ると救われるんだよな。愛しい作品。
おぎーの話だけかと思ったら、各登場人物の視点でも描かれるのが良かった。小5の会話大人びてる...あとジャックが好き。
あい

あいの感想・評価

4.8
ずっと気になってた映画ほど、期待が高まると逆に冷めてしまうことが多いのだけど、その更に逆だった。ここ最近で1番泣いた。なんなら、泣いてた時間のが多い。笑

言わずもがな、オギー自身がめちゃくちゃ辛くて、でも強くて、生きることそのものが困難かもしれん。そこが主題なんだろうけど、この映画のすごいところは、サイドストーリーが圧巻な所だと思う。家族の忍耐力と、諦めない気持ち、まじで偉大すぎる。だからこそ、安心して涙を流せるし、引き籠ることもできる。家族が救い出してくれるって、絶大な信頼があるから。おばあちゃんとヴィアの関係なんて、もう、そこを描けるって本物だな、って思う。拍手。

ジャックと仲良くなるきっかけがカンニングっていう『2人だけの秘密の共有』だったのがグッとくるよね。唯一許される悪事だよね。眩しい。

冒頭で母親が言った、あなたを知れば醜くないって分かるからって言葉が最後に生きてくる。格言の授業も良かった。

多分オギーは、この先もその悪口に慣れることなんかなくて、何回も何回も同じ重さで傷つくだろうけど、その度に家族と友達が救ってくれるんだろうなってところに落ち着いて、安心している。それでもの悪口達を許したり、忘れたりは絶対できないし、消えないけどね。2時間もなかったのにめちゃくちゃのめり込んでしまった、、
nasa

nasaの感想・評価

3.9
良かった。あたたかい映画。
ストーリーの作りもそれぞれの視点からというのがあって、良かった。
父ちゃんのお前の顔が好きなんだというのにグッときた。

ヴィアとミランダ役の子が可愛かったなぁー。
モヨ

モヨの感想・評価

3.0
先天性の病気での人生の辛さは察するに余りある。そのきょうだいも然り。

相手を知りたければ、よく見ること。

じっくり観察してみます。
世界はすばらしすぎて誰も気づいてない
オギーの身の回りにいる人たち素敵すぎる
感動しっぱなし泣きまくり
名言も多すぎる
校長先生いい人だぜ
Akito

Akitoの感想・評価

5.0
「正しいことをするか、親切なことをするか、どちらか選ぶときには、親切を選べ」

登場人物の優しさが、

心をとても豊かにしてくれる。

最高の映画でした。
>|