ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

いい作品なんだよこれ
いつ見ても泣けると思う
本当にみんなにとってオギーは太陽なんだなって
下高井戸シネマ
学校にチューバッカが居たら見ちゃうなぁ、泣けたなぁ!
不意に語り手と視点が変わる、短編の連作集みたいな構成が効いている。ここでは脇役や代役と思われた誰もが主人公。オギーを太陽として回る惑星こと家族やクラスメイトたちが実に魅力的で、みんなの素顔がもっと知りたくなる。地味っ子お姉ちゃん(昔のケイティ・ホームズみたい)と実はイイ子すぎる親友はいじらしくてたまんないし、彼氏はイイ男すぎるし、気取ったあの子もクールなあの子も腕っ節の強いあの子も、いじめっ子でさえみんなみんな可愛いくて、その背景に興味が尽きない。
もちろん、オギー自身の真っ直ぐな光がそれを照らす。彼はハンディを乗り越えるために特別なミッションを経たりする訳じゃないし、もちろん聖人扱いでもなく、笑ったり泣いたり怒ったり拗ねたり甘えたりの感情を隠さない。つまりオギーは実質何も変えない、けれど自然と人は変わる。誰だって優しくされたいし優しくなりたい、味方がいれば嬉しいし友達のことをもっと知りたいから。そんな子供映画であり学園映画としての美しさに心洗われてしまう。特に友人関係での喜びと失望は誰しも経験することで、何とも甘酸っぱい。初めての学校生活には疑問、戸惑い、驚き、称賛…文字通り様々な“ワンダー”が詰まってる。
あと、オーウェン・ウィルソンと犬の組み合わせは鉄板。SWネタや小道具も心憎い。SWと同じくメダルもらえてチューイも喜んでるよ!
人の良いとこ、悪いとこ含みに含んでる素晴らしい映画。
オギー・プルマンのように強く生きたいって思う映画!
すごく好き
めっっっっっちゃ最高でした。
2018年のNo.1です。

原作読まずに見てます。
全体に通じた宇宙のテーマも素敵で、子どもみたいなワクワク感をおぼえました。

ジャック・ウィル役の子に終始見惚れてしまいました。イケメンだった…。
Kae

Kaeの感想・評価

4.7
開始早々泣いた。
本当にいい映画!!!
家族の絆。
ワンダーの強さと優しさ。
人は見かけが全てじゃないと心から感じた映画。ぜひみて欲しい
Y

Yの感想・評価

5.0
すごく良かった!
これはちっちゃい子も大人も、どんな人にもオススメしたい映画。


家族の中で太陽のような存在のオギーを中心に、周りの人達の人生もその人目線でしっかり描かれていて、誰でも必ず共感できる場面があると思う。


私が特に共感したのはオギーの姉。
親の関心はいつもオギーに向いていて、自分には向かないことを不満に思うというより悲しむけど、その気持ちを伝えることを遠慮してしまう姿は見ていて胸が苦しかった。



本当はオギーのことが好きなのに、いじめっ子に合わせて悪口を言ってしまうジャック。
まさにモンスターペアレンツを持つ、芯は良い子かもしれないいじめっ子ジュリアン。
周りが言うことを気にせずにオギーと真から仲良くなろうとしたサマー。

クラスメイトの中ではこの3人が特に印象的だった。

オギーの人生や、姉の恋、両親の愛情、姉の友達ミランダのオギーの家族に対する想い。
悲しいことはあるけど、人の温かさがすごく伝わってくる映画で、終始涙ボロボロだった。
111030

111030の感想・評価

3.8
予告でみたときはお涙頂戴的な展開映画かな〜と観る気もなかったけど、観てみたらオギー以外の話がしっかりあってとても良かった。すごく良かった。
凄くいい映画だった!
実際はこんなに理解のある人達が
周りにいるとは思わないけど
勇気を貰える映画だと思う
何回も見返したい映画!!
Iman

Imanの感想・評価

4.5
普通の、仲のいい家族と親友、その中にオギーがいた。何も特別な人じゃないというトーンで描いているところがいい。だから、押し付けがましいお涙頂戴映画にならず、じわじわと感動が押し寄せてきました。また、いい言葉がいっぱいもらえます。おススメだし、もう一度観たい映画です。
>|