ギフト 僕がきみに残せるものの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ギフト 僕がきみに残せるもの2016年製作の映画)

Gleason

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:111分

4.1

あらすじ

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮…

アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。

「ギフト 僕がきみに残せるもの」に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

5.0
めちゃくちゃ泣いた。開始5分くらいから最後までずっと号泣だった。
本当に見てよかった。
この映画は愛で溢れていた。お父さんとグリーソン、グリーソンと妻ミシェル、グリーソンと息子リヴァース。もっともっとここには書ききれないくらいのたくさんの愛で。

お父さんとグリーソンは信仰の面で違いがあったけど最後はお互いに理解し合えて良かった。お父さんが息子を失うかもしれないという恐怖を教会で癒そうとするが、グリーソンは神にすがることはしない。でも信仰は一旦置いて、本当の気持ちをお互いに言い合えたときは涙が止まらなかった。

そして妻ミシェルにただひたすら尊敬の念。これは息子に向けたビデオダイアリー。息子が成長したらきっと両親をすごく尊敬するだろうな〜。
ココ最近、ドキュメンタリーがとても好き。なんでだろう。スクリーンのなかのひとたちの紛うことなき『リアル』を体感出来るからかな。

フットボール界でヒーローになった男は、ある日突然、ALSの宣告を受けた。

彼は闘うと決めた。愛する妻も、まだ見ぬ我が子も、じぶんが信じた友人たちも、みんなと1列に並んで『闘う』という選択肢に一歩足を踏み出した。
その先にもたくさんの選択肢があって、財団法人を作った、病気を公表した、子どものためにビデオ日記をはじめた。数々の軌跡と、そこにいる『リアル』な人々。
生まれるのは団結と勇気だけじゃなくて、軋轢や不和も芽生える。心も折れる。大切なものを見失う。でも、手を取り合って真っ直ぐ前を向いて歩けるのは、声にならない声を張り上げられるのは、大切なだれかがそこにいるからなんだろうなぁ

ALSは進行性の難病だから、この病名を聞いたときの絶望は計り知れなかっただろうな。病気と向き合うこと自体がかなりの試練なのに、それをやすやすと乗り越えて、彼は自ら大きな壁を越えようともがいた。自ら手にしたその葛藤が、どうにも辛くて痛ましかった。でも、その壁によじ登るために、手を貸す妻や友人たちの姿がとても美しくて愛おしい。
あんなこととてもできない、と思いながら妻の行動を目の当たりにするのだけど、自然体で奔放な彼女は平然と『自分は聖人にはなりたくない』ってカメラに言ってのける。彼女はただひとり、彼を支える妻でありたいのだ。

たとえば

最後にあのとき、彼がすくいあげたたったひとつの選択肢が

彼のためなのか
彼の大切なひとのためなのか
彼をヒーローとおもうひとたちのためなのか
彼の意思なのか
使命感なのか

なんなのかなぁ、彼はいまも声にならない叫び声をあげて、葛藤してるのかなぁと思った。そう思うと簡単にはすこしも泣けなかった。

あーそれにしても、マイクパパ愛おしかった‥(ビデオカメラを写真だと思って、顔の筋肉ひとつ動かず律儀に待ってるとこ)
hiro

hiroの感想・評価

5.0
観るべき。

必死に愛を伝えようとする姿。
必死に生きる姿。
お涙頂戴的な感動ドキュメンタリーじゃなく、難病が個人やその家族にどう影響をあたえているのかしっかり描かれていて、残酷な現実がとても悔しかった。
肉体はどんどん衰えて、やせ細っていく体。
どんどん喋れなくなるジレンマ。
現実は辛く悲しいけれど、全体にあったのはまぎれもなく愛だった。

主人公と息子の絆はもちろん、主人公と父親との関係にもめちゃめちゃ泣いた。
この家族の大切な愛の記録を公開してくれてありがとうって心から思った
nIa

nIaの感想・評価

3.0
この人たちはみんな凄い 素晴らしい
僕は作中のどの人間に成り代わったとしても、異なった選択をするだろう
凄い、と称賛に値する行動でも 共感には程遠い
miki

mikiの感想・評価

4.3
ひたすら涙。
色んな立場から物事を拾って行くと、向き合い方が変わる気がしました。

親としての在り方とは?

深いドキュメンタリー!思い出すだけでまた涙。
和夏

和夏の感想・評価

4.5
これはただの難病ドキュメンタリー映画ではない。人生の選択、家族との絆、生きるうえでの考え方…人によって何を感じて考えさせられるかは違うと思うが、自分の今の生き方を見直すのによい機会になるだろう。
自分は思い残していることはないだろうか。今しかできないことをできているだろうか。本当に大切にしないといけないものを大切にできているだろうか。わたし自身は、時間に限りがあることを忘れて生きてしまっていることに気付かされた。
子どもはどんどんできることが増えていくが、高齢者になるとできないことが増えてくる。誰でも迎えるその時期を早い時期、速いスピードで体験しているようだった。忙しい生活を送っている大人に、ぜひ見てほしい。
よる

よるの感想・評価

4.6
自分も父親であることを考えると、見習いたいと思う部分が数多くあった。グリーソンのような人が、なぜALSになってしまうのか。そんなことを思ってしまう自分が好きにはなれない。誰だったら難病になって良いなんてことはないはずで、でも非がないように感じる人だと、やっぱりなぜ?と思ってしまう。ALSに苦しむ人や、周囲の家族、友人に多く幸が訪れますように。自分に出来ることは何か、大きなきっかけをもらえる映画で、たくさんの気付きを得た。この映画は定期的に見て、自分を振り返り、人間としても、父親としても、修正しながら生きていきたいと思えるくらい自分にとっては大事な作品になりました。
アイ

アイの感想・評価

4.2
言葉がでない
たくさんの彼の言葉に周りの家族の想いに
本当に胸がいたい
一緒に泣いて笑ったけど
今何も言葉がでない
悲しくなって元気になって寂しくなって怖くなって
見終わったあとまだずっと胸いたい
自分の考えを言葉にできない

彼は父でもあり子でもある。白旗を掲げない。ユーモアを忘れてない。未来の声。彼の闘いをみて私は今までわかりたくてわかったつもりで話しかけてたことに気づいた。だから届かなかったんだと。彼の魂は救われている。
shoken

shokenの感想・評価

4.0
グリーソンと奥さんがとにかく凄いと思った。本やネットではわからないリアルな感情が伝わってきた。
ちょっとそこ走ってみるわみたいなシーンは一気に胸が苦しくなった。
ALSのことを殆ど知らなかったので、観てよかった。
>|