RBG 最強の85才の作品情報・感想・評価・動画配信

「RBG 最強の85才」に投稿された感想・評価

ドキュメンタリーとしての新しさはないが、RBGという偉大な女性を知りたければ見ると良い。
最初の5分が異常にかっこいい。
na3

na3の感想・評価

5.0
アメリカの基盤を作るということは世界に多大な影響を及ぼす基準を作るということ。
彼女がどれだけ大きなプレッシャーと差別と偏見と戦い続けたかは計り知れない。世界のトップレベルであろう聡明さ、最高裁での実績、最高裁判官になったのに謙虚で魅力的な彼女。私は日本人だけど、多くのアメリカ人が彼女を敬愛する理由が分かりました。
nanaco888

nanaco888の感想・評価

4.4
以前、彼女を題材にした映画を見たことあって、気になってた。

彼女の活躍ぶりだけでなく、55年以上連れ添った夫は、自分も弁護士として活躍しながらも妻を支えていて、その夫婦の姿がとてもすてきだった。

インタビューだけでなく、当時の映像も使われていて、見やすくて分かりやすい構成だった。
kangaroo

kangarooの感想・評価

4.2
これを観れば、彼女が今の地位、名声を経たことに疑問を持つ人はいなくなるだろうな、と感じる映画。

ロースクールで出会った旦那さんと在学中に結婚、妊娠、出産を経て復学したと思ったら、今度は旦那さんが癌を患い、看病も同時にこなす。それでいて成績は優秀。

周囲の環境に恵まれたところも大きいだろうけど、私はこんなにも努力家の人を他に見たことがないし、物凄く勇気づけられた。

マグカップ欲しいなあ。
MyYouMe

MyYouMeの感想・評価

3.8
映画『ビリーブ 未来への大逆転』に続き鑑賞。
“ノートリアスRBG”という愛称には笑ってしまった。それほどまでに有名でポップカルチャーからも愛されている存在。映画の方では比較的若い頃しか描かれていなかったけど、こちらはそれに加えて判事になってからやごく最近のことまでの様々な判例やエピソード、彼女の素顔などを綴ったドキュメンタリー。
ルースさんご自身の人柄や素顔の魅力がたっぷりで、インタビューで見せるチャーミングさやトークの合間に挟むジョークが好印象。

夫のマーティンさんも本当に映画通りの素敵な方で、若い頃に患った病気を乗り越えて、晩年までずっとルースさんを信じて愛し続けた様子がユーモアたっぷりにスピーチする映像から伺えた。

個人的に最高にウケたのは、SNLでケイト・マッキノンが自分のモノマネパロディを披露する映像を楽しそうに観ながら「服しか似てないわね」とズバリ言う場面!笑

「特別扱いは求めません。男性の皆さんお願いです、私たちを踏みつけているその足をどけて」
60年以上に渡り性差別のために闘った勇敢な女性も現在87才と高齢だけど、どうかいつまでもお元気で、可能な限り判事を続けて正義を全うしてほしいなと思わずにはいられません。
Nozomi

Nozomiの感想・評価

4.0
女性の平等のために戦ったひと
簡単に目標とは言えない偏見と不平等に耐えたひと
決して表に出さない静かな怒り
トランプは限界を超えたのか
謝罪に垣間見る女の武器は冷静さ
u

uの感想・評価

4.5
2020(78)
1人の女性があの大きなアメリカを変えた事実が偉大すぎて、途中泣けた
あんなに小さい体で、プラス美しかった
触発されたすごいよかった🦩♡
WOWOW.

ドキュメンタリー映画。
ビリーブの方はひとつの案件を取り上げたが、実際は沢山の性差別があり、日本も少なからず影響を受けて今の世の中があると分かった。カッコいいって強い人のことを言うんだなあと学びました。
りの

りのの感想・評価

4.6
最高裁判事と聞くと、強気で表に出る事を得意とするような人なのかと思ったら、実際のRBGはとても控えめでシャイなタイプの女性だった。照れくさそうに笑う姿が可愛らしく、夫は朗らかで優しい笑顔が印象的。とっても素敵な人だった。対照的な2人の夫婦愛が観ていて気持ち良かった。淑女とは、こういう人の事をいうんだなぁと思った。
れら

れらの感想・評価

3.5
反トランプでこの作品が作られたのだろうなあと思う。
その点においてはこの作品は重要だと思う。

しかし、ルース・ベイダー・ギンズバーグ本人については、自分に接点がなさすぎて、心に留まるところがなかったかなあ…。
「怒ったら相手は話し合いのテーブルについてくれない」という部分は、そうだなあと思ったけれど。
>|

似ている作品