HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

上映日:2016年07月16日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:130分
    監督
    久保茂昭
    脚本
    渡辺啓
    平沼紀久
    キャスト
    AKIRA
    岩田剛典
    青柳翔
    井浦新(ARATA)
    TAKAHIRO
    登坂広臣
    鈴木伸之
    町田啓太
    山下健二郎
    佐藤寛太
    佐藤大樹
    岩谷翔吾
    山本彰吾
    黒木啓司
    遠藤雄弥
    鬼龍院翔
    喜矢武豊
    歌広場淳
    樽美酒研二
    稲葉友
    栁俊太郎
    山田裕貴
    鈴木貴之
    一ノ瀬ワタル
    前田公輝
    窪田正孝
    永瀬匡
    林遣都
    遠藤要
    阿部亮平
    小澤雄太
    早乙女太一
    大屋夏南
    ELLY
    野替愁平
    白濱亜嵐
    ANARCHY
    秋山真太郎
    武田航平
    中村達也
    橘ケンチ(KENCHI)
    松澤一之
    西岡徳馬
    小島藤子
    工藤綾乃
    山口乃々華
    城戸愛莉
    八木将康
    加藤歩
    YOU
    小泉今日子
    あらすじ
    数多の不良たちが集まる、危険な荒れ果てた街。「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」各チームそれぞれの頭文字をとって、その地区は「SWORD」地区と呼ばれ、そこにいる不良たちは「G-SWORD」と呼ばれていた。SWORDが頭角を現す前、伝説のチーム「ムゲン」が一帯を支配していた。その支配に唯一屈することのなかった「雨宮兄弟」、両者は激しく衝突し、突如ムゲンは解散してしまう。ギリギリのところで保たれている均衡、しかしその地区にある男が帰ってくるところから事件がはじまる。過去から未来へ、未だかつてない戦いが今はじまる。

    「HiGH&LOW THE MOVIE」に投稿された感想・評価

    金ブッ込んだなーって思った。世界に数台しかないカメラで撮影された集団戦が良い!すげーよ!琥珀さん!

    琥珀さんに始まり、琥珀さんで終わる。
    どこかで見たような設定しか…
    でもハンターハンターの流星街みたいな地区のパルクール集団と中村達也とICEはかっこE

    このレビューはネタバレを含みます

    どのキャラクターも実に魅力的で、何度も見たくなるパワーにあふれた作品。
    敵対勢力同士が団結して大きな敵を打ち倒すストーリーも面白いし、一人で抱え込んで悪者やってる先輩に体当たりでぶつかっていく後輩の熱量もここにしかない楽しさ。
    全編にわたってイケメンの画力で画面に引き込まれ続けるので、ものすごい肉迫した感じでお話を楽しめてしまう。
    いきなり見ても大丈夫かなと思ったら登場人物が多すぎてわけわからなかったけどイケメン合戦!!!!ってかんじ
    実はドラマ版は全部見てました。
    EXILE系は全然興味ないんやけど、話の筋そっちのけで迫力あるアクションシーンしかないのが好きなんです。全てをそこに注ぎ込んでる感じがたまらない。(EXILEさんのもともとの身体能力の高さも手伝って恐ろしいくらいアクションが映えてる)

    ボス倒してもまた現れる新たなボスっていう昭和の少年ジャンプ的な構成で一生堂々巡りしてるんですがドラマでいがみ合ってたSWORDが団結してボス戦するシーンにちょっと胸熱。

    相変わらず脇を固める俳優陣も豪華。林遣都、山田裕貴、窪田正孝、井浦新、小泉今日子、、、最後の最後に斎藤工?!笑
    映画館には見に行かないけどWOWOWでやってたら見ます。笑

    このレビューはネタバレを含みます

    エグザイルも何も知らない状態で観て、たぶん私向きではなかったけれど楽しめました。

    字幕:字幕オプションすらなかった。韓国語や中国語や英語には日本語字幕が現れる感じです。
    物語:随所随所にしっかりコメディリリーフが入っていて、格好良くキメるところもテレなく撮られていたので気持ちよく見れた。回想が多いけど物語がシンプルだから混乱も特にしなかった気がする。
    リアリティレベル:低い。割と冒頭で「暴対法」とか言われて「普通の法律あるんだこの世界?!」とびびるなどもした。
    女性描写:観る前からハードルを下げておきました。
    キャラクター:キャラクターデザインがめくるめく漫画っぽくて楽しかった。海外ヤクザの金髪の子が好き。
    ヤンキー:そういえばヤンキー特有の言動が怖くて苦手だったの思い出した。北関東の人間なので恐怖心が植え付けられている。
    戦闘シーン:すこしカメラのブレが大きくて、大画面だったら酔うかもと思ったけど、この映画の中で一番好きだった。あと車がマッドマックス怒りのデスロードみたいになってるシーンも好き。あと二人だけで最後に拳で語り合っているの、そういうミュータントパワーかと思った。
    アクションと各キャラの設定がすごいと聞いていたので、期待して見たのだけどそれほどでもなく、端的に言うとnot for meだった。
    ゴチャゴチャしすぎてて全体的にうすあじ。
    雨宮兄弟は好きなので、出番が沢山あるようなら続編も見てみようかな…
    それぞれの地区の大義名分が意味わからない笑笑

    鬼邪高校ってうけたけど♡
    >|