ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世紀の作品情報・感想・評価

「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世紀」に投稿された感想・評価

Kent

Kentの感想・評価

3.5
これも悪くないなというエンディング。

しかしリメイク前の方がインパクトが強い。

2018/09/06
Netflixにて鑑賞

ロメロ御大作品のリメイク版
監督は何を隠そうトム・サビーニ

なんだけど

すごく普通

というか人間ドラマ、というよりも登場人物みんなのキャラクターに魅力がないというか
アホすぎる

終始ケンカしたりギャーギャー喚いてたり永遠に釘打ってたり

ヒロインの変貌ぶりが突然感あるのが気になったなぁ

まあ佳作ですね
戯連堂

戯連堂の感想・評価

5.0
ロメロゾンビの渇望期に、我々の前に突如として現れた、サビーニ監督の正統派ゾンビ作品。時はMジャクソンのスリラーの追い風で、怖さが希釈される時流に、啀み合う人の醜さ見せる秀作。上半身だけゾンビにひびったよん💓

このレビューはネタバレを含みます

1990年米。トム・サヴィーニ監督。家にゾンビが入ってこないよう、木の板で窓やドアを塞ぐ場面が延々と続くのが印象的。ヒロインのバーバラが強い女にアップデート。当然のごとくファイナルガールになる。黒人リーダー、ベンの行動がことごとく裏目に出るのは皮肉としか言いようがない(意地を張らずに地下室に早く行ってれば…)。木に吊るしたゾンビを撃ち、死体の山の前で記念写真を撮る人間達を観て、ヒロインが「ゾンビと人は同じである」と気付き、強い瞳と意志を持った女性に生まれ変わって終了。それにしてもドアがたくさんある家だ。
りちゃ

りちゃの感想・評価

3.0
終始言い争いおじたちとキャーキャーうるさい女子とで結構ウンザリしちゃうけどなんだかんだ面白かった。ゾンビのろのろすぎるよ。可愛さすら覚えるよ。捕食シーンは身体張ってて素晴らしかった。
ナイト・オブ・ザ・リビングデッドの公式リメイク版。ロメロの設立した制作会社に10代で入社後、彼の右腕として頭角を表し、数々のホラー映画で特殊メイク・俳優として参加した才人トム・サビーニが、本作で初監督したというエピソードが胸熱。

そもそも、元ネタのナイト・オブ・ザ・リビングデッドはロメロ痛恨の「著作権取り漏らし事件」によって、誰でも〇〇オブ・ザ・デッドを使い放題な状況となり、第三者による「勝手にリメイク」が横行。数々の劣化コピーが制作された(このエピソードが、寧ろゾンビジャンルの拡大に寄与したという事実が、何とも示唆に富んでいる)が、それらの作品も勿論それぞれちゃんと愛するとして、さすが源流である本作は、面白さの点で抜きん出ている。意外とゴア描写も抑えめなので、これから過去のゾンビ映画を掘っていく方には、まずはこの作品をオススメしたい。


さて、本家ナイトオブとの大きな相違点として最も重要なのは、主人公の女性、バーバラのキャラ設定変更である。実は、本リメイクのバーバラが、より原作の初期設定に近い(もともと強い女性として描くつもりだったが、役者の力量不足から、足手まといキャラに変更された)らしいのだが、この改変が功を奏し、より意味のあるリブートになった。

物語の中心に据えられた密室劇において、このまま立て籠もるのか、それとも地下シェルターへ逃げ込むのか、という、どちらにしても絶望的にしか見えない究極の選択に対し、バーバラが主張したのは「外へ出て戦う」という超攻撃的なプラン。みんなから思いっきりディスられる、元ネタに無い第3の道の提示により、物語がぐっと深まりを見せるのだが、けっきょく誰の主張が正しかったのかは、見てのお楽しみ。Netflixにあるよ。
妹は兄と共に母の墓参りへ来た。兄のおふざけを否していると、突然襲い掛かるゾンビ達!必死で逃げる妹はある家へ辿り着くが……って話

ロメロの白黒版のリメイクで、こっちはカラー。序盤の展開や登場人物なんかはほぼ一緒なんだけど、中盤からオリジナルの展開でした。

感想としては、まず全員無能になり過ぎてて見てるのが辛かったです。ゾンビ物で例えば「囲まれた→死んだ」なら許せるけど「バカした→囲まれた→死んだ」は少々呆れてしまう。トラブルメイカーじゃなく、鈍いデブや非力な女子供や老人だったら良かったのになぁ。そこ以外は独自のストーリーを楽しんで見られました。オチ以外はオリジナル版の方が好きかな。ゾンビ好きにオススメ出来る映画です!なんだかんだ面白かったー!
ロメロのリメイク
パトリシア・トールマン、ノーブラめちゃよい
ayam

ayamの感想・評価

3.0
墓場で初めてゾンビが登場するシーンだけは大好き!! それ以降はイマイチだよー(T ^ T)
 伝説的ゾンビ映画のリメイク。衝撃度は薄まってるらしいけど、僕は楽しめた。オリジナル版はテンポが合わなくて途中リタイア。
>|