我は神なりの作品情報・感想・評価

我は神なり2013年製作の映画)

사이비/The Fake

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.6

あらすじ

選ばれしは、神の子―。「あなたの信じていることは、“本当”ですか?」 ダムの建設によって水没することが運命づけられた田舎の村に、粗暴なトラブルメーカーのミンチョルが久しぶりに帰ってくる。ところがミンチョルの妻子を含む村人たちは皆、彼の不在中に建てられた教会に通い、若きカリスマ牧師ソンを崇めていた。それがインチキ教団を率いる詐欺師ギョンソクの陰謀だと察知したミンチョルは、村人たちのなけなしの財産…

選ばれしは、神の子―。「あなたの信じていることは、“本当”ですか?」 ダムの建設によって水没することが運命づけられた田舎の村に、粗暴なトラブルメーカーのミンチョルが久しぶりに帰ってくる。ところがミンチョルの妻子を含む村人たちは皆、彼の不在中に建てられた教会に通い、若きカリスマ牧師ソンを崇めていた。それがインチキ教団を率いる詐欺師ギョンソクの陰謀だと察知したミンチョルは、村人たちのなけなしの財産を狙うギョンソクの悪行を阻止しようと奮闘する。しかし村人も警察も札付きのワルであるミンチョルの言い分にまったく耳を傾けず、四面楚歌に陥った彼は“悪魔に憑かれた男”の烙印を押されてしまうのだった…。

「我は神なり」に投稿された感想・評価

bowzZ

bowzZの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

韓国アニメは初めて観た。イソップ童話のオオカミ少年の嘘つき部分を、日頃の素行と風貌の悪さ、に置き換えたような話だな。人は見た目が9割、という事でww 
しかしやっぱり韓国は、アニメでも警察は役立たずだし、血みどろバイオレンス展開になるのね。
Yukimatsu

Yukimatsuの感想・評価

4.0
救いがない。けども面白い映画ではあった。辛い事があると神を頼りたくなってしまうんだろうな。
宗教は信じないくせに、浪人生だった頃、神社の絵馬に合格祈願をしていた自分を思い出してしまった。
クズとゴミとゲスとカスとボケとバカしか出てこない。それでも人間。それが人間。なのか?なんだろな。宗教でも資本主義でも民主主義でもテレビでもゲームでもテスト勉強でも恋でも愛でも映画でも何でもいい。何か狂信して寄り集まってないとやってれないのが人間なのだろうな。身もふたもないな。だいたい韓国犯罪映画のパンドラの箱にはフタとか元からないよな。けどフタ取ればどこも大差ないかな。ああ昨日観た『アマルコルド』。。禁断の「昔は良かったなぁ」言いそうになる。
M少佐

M少佐の感想・評価

2.5
 「“お父さん”と呼ばれた事はないんだ」

クズと詐欺師と純粋故に騙される村人。
ダム計画で消える村。
思い出や生活してきた場所が全て消えてしまい、他所へ移る不安。
中には健康や家族、とにかく不安が付きまとう。
その不安に漬け込む詐欺師集団と牧師。
巧みとは言い難い耳障りの良い言葉を並べ立てる詐欺師と、村人に優しく接する牧師。
牧師は純粋に布教し村の人を救おうと奔走しているように見える。
でも詐欺師の一味。
長老と呼ばれる詐欺師は、手下を使い、あの手この手で村人から、立ち退きの示談金を奪おうとする。
ダムに沈んで住むところの無くなった後の面倒も見ると言うが…
久しぶりに、この村に戻ってきたクズ男。
娘の大学進学費用で豪遊。
途中、町で詐欺師と喧嘩して逆恨み。
たまたま指名手配だった詐欺師を交番の写真で見つけるも、素行が悪すぎて誰も信じてくれない…
男は単独で行動を起こす、ただの腹いせの為に。

色々と思いすぎて書けないし、ボカしたレビュー。
韓国はソウルの夜景で、一際目立つ立派な大きな建物、それは沢山の協会。
地元の人に聞くと「全て寄付で出来ているんだ、凄いだろ」とのこと。
確かに凄い。
米軍が駐屯しているので、信者も多いのかと思ったら、もちろんそうではなく韓国の方達の寄付。
観光等で普通に歩いていると分からないものもあるのだなと当時は思った。

とりあえずアニメでなくてもよくはないか?とも思ったが、この独特の雰囲気は…やはりアニメである必要性は感じない。
リアルに寄せていても、たどたどしい絵柄の印象を受ける。
いや不快な絵柄。
狙っているのなら大したもの。
ストーリーは、クズの言うことは誰も信じない、洗脳された集団は恐ろしいのと、善意の皮を被ったエゴほど恐ろしいものはない…
解るのだが、全てにおいて物足りない。
期待しすぎたかも。
台詞の気持ち悪さは多少面白い。
もっとクズをクズとして描いて欲しかった。
でもクズ映画なら他にも沢山あるので、無理に見なくても良い印象。

ラストのシーンは色々とボカしてあり、視聴後の不愉快さは保証します。
joujim

joujimの感想・評価

3.0
韓国はキリスト教の信仰者が多く、中には詐欺まがいのカルトと呼ばれているものもあるわけですが....しかし重い、かなりヘビーな内容です。

ダメ人間の父親が一応は正義の側ということになるのですが、真実を知っていること以外はダメ人間すぎて...たとえ詐欺ではあっても、心安らかに逝けることは否定できない、という描写がありました。心優しき牧師が信仰のために豹変する。ダメな父親が、最後の最後には否定していた神にすがる。

監督はアニメ独自の表現を使いたいわけではなく、実写では費用などの面で難しいからアニメにしているのかと思いました。
黒味噌

黒味噌の感想・評価

4.0
暗すぎて下手したら死人出るレベル。その辺の鬱映画なんて比じゃない。韓国の映像作品は何でこんなに暗いの多いんだ、、、。

アニメーションが少し残念ではあったが、内容はかなり面白い。実写の方が映えそうだな、という印象。

主人公はクズだけど、やったことは間違いなく正しかったと思う。彼の普段の素行がもう少しまともであれば、あのラストは無かったかもしれない。しかし、因果応報という言葉で片付けるには余りにも虚しい結末だった。

僕も自分は正しいのに人に疑いの目を向けられることを、この世で一番腹立たしくて悲しいことだなと常々思っていたので、この映画は結構堪えた。正しさを証明するためにはその場だけ頑張ったって意味ないな。普段の行動からということですね。
『新感染』
『ソウル・パンデミック・ステーション』
ヨン・サンホ監督がブレイク前に手がけた新興宗教周りを描いたアニメ作品。

漫画原作で実写版映画化なら分かるのだが、こんな辛気臭い話をわざわざアニメで作らんでも、とやや辟易とするし、いかにも韓国的とも言える。

アニメーションならではの飛び抜けた表現が皆無なのはどうしたことか。
せめて狂信的信者の眼に映る虚構のパラダイスでも表現してくれれば、コントラストが効いたのではないかと思う。
なんせアニメのレベルが低いので、紙芝居と変わらない。
声優としてのヤン・イクチュンではなく俳優として演じていれば、そりゃもう息も出来なかったろう(常套句)。
良いキャラは揃っていただけに、実写ならなあと感じざるを得ないが、終盤はカロリー高かったし、見応えは充分あった。

ラストカット。
朝の爽やかな陽光に緑が映え、ようやく安息の時が…
そうは問屋が卸さなかったとさ。

アニメがちょっと雑?単調?な感じが否めないけど...
これは、実写化したらストーリーとかももっと入ってくると思うんやけどなぁ。

とりあえず人は自分が一番大事なんよ、
不安な分、神とか天国とか何かを信じてすがりたくなるんよ、ね。
添島

添島の感想・評価

3.5
この世の地獄。もはや釜山行きでなんであんな快く終われる作品を作れたのか理解できないくらい地獄。何が地獄ってあんな出来事のあとにも夫婦生活を続けていく生活と言う名の枷です。諦めて狂った方が幸せなんじゃないかと言うのがもうさらに地獄。うわーーー

ここぞとばかりに闇の部分をぶちこんでくる韓国アニメ、おそるべし。日本も大昔そんなアニメやってたね週刊ストーリーなんとか。トラウマ。
aoi

aoiの感想・評価

3.0
騙されてるとわかっていても、信じることで精神的に救われてる人もいる。
「この安らかな顔を見ろ、これが騙された者の顔か?」というセリフが印象的。

閉塞的な村で、盲目的に崇められるインチキ教団。カリスマ牧師。
テーマは興味深かったけど、陰鬱で暗い。
主人公は暴力的な救いようのないクズで、感情移入できる登場人物は一人もいない。
おかげで、搾取する側・される側どちらに偏るでもなく、両側からその異常性を見られるのは濃い。

村人が一人亡くなった時に、「天国へ行ける14万4千人のうち、一人埋まってしまった、どうしよう…」みたいなセリフを零してた信者には驚いたし、「天国へ行けるのはクラスで一番の点数を取るより難しいのよ!」という発想にも思わずポカーン。
そんな不安に駆られ続ける宗教に縛りつけられて、人生が幸せになるとは思わないんだけどな。

教会での気持ち悪いダンスには戦慄。オウム真理教然り、ダンスとか体操とか作るのって教団のテッパンなの?

韓国アニメは初めて観たけど、タメツメの甘さや表情のカタさはやっぱり気になっちゃう。いかに日本のアニメがレベル高いかが知れる。
でもなぜこのクソ暗いテーマをアニメで表現したのかは謎だなー。
アニメーションとして華があるシーンも特になく、色彩も濁っていて特に特徴はなし、顔もリアル志向。謎だらけ。
のっぺり顔デザインはアーティスティックでわりと好きだけどね。

# 144/2018
>|