我は神なりの作品情報・感想・評価

我は神なり2013年製作の映画)

사이비/The Fake

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.7

あらすじ

選ばれしは、神の子―。「あなたの信じていることは、“本当”ですか?」 ダムの建設によって水没することが運命づけられた田舎の村に、粗暴なトラブルメーカーのミンチョルが久しぶりに帰ってくる。ところがミンチョルの妻子を含む村人たちは皆、彼の不在中に建てられた教会に通い、若きカリスマ牧師ソンを崇めていた。それがインチキ教団を率いる詐欺師ギョンソクの陰謀だと察知したミンチョルは、村人たちのなけなしの財産…

選ばれしは、神の子―。「あなたの信じていることは、“本当”ですか?」 ダムの建設によって水没することが運命づけられた田舎の村に、粗暴なトラブルメーカーのミンチョルが久しぶりに帰ってくる。ところがミンチョルの妻子を含む村人たちは皆、彼の不在中に建てられた教会に通い、若きカリスマ牧師ソンを崇めていた。それがインチキ教団を率いる詐欺師ギョンソクの陰謀だと察知したミンチョルは、村人たちのなけなしの財産を狙うギョンソクの悪行を阻止しようと奮闘する。しかし村人も警察も札付きのワルであるミンチョルの言い分にまったく耳を傾けず、四面楚歌に陥った彼は“悪魔に憑かれた男”の烙印を押されてしまうのだった…。

「我は神なり」に投稿された感想・評価

mince

minceの感想・評価

3.8
ダム建設で消失する村。村人の補償金を言葉巧みに搾り取る宗教団体。教祖を祭り上げ奇跡をデッチ上げる。酒場の揉め事から詐欺と気づいた男。だが彼は苦学する娘の進学費を暴力で巻き上げる嫌われ者「我は神なり」名古屋CT。彼が成そうとしているのは正義かそれとも。韓国製アニメ映画。おもしろい。2017年12月2日「新感染ファイナルエクスプレス」のヨン・サンホ監督。パンフのインタビューがとても良く重いテーマだが楽しんでみてほしいというメッセージが染みた。
filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

3.0
【記録】blu-ray. 20 nov. 2017. in korean.
『新感染』のヨン・サンホ監督作品。
神と悪魔をモチーフにした韓国映画という点で『哭声』に通ずるものを感じる。
目の前に突きつけられた現実と神の声、どちらを信じるのか。
親子の物語としては『新感染』とは正反対だが、人間の本性を鋭く描いている点では『新感染』同様素晴らしい。

このレビューはネタバレを含みます

【 14万4000 人の、天国に行けるであろう利己主義者たち 】

『新感染』ほどのテンポは無く、アニメーションの不思議な動き、テンポで進んでゆく。
エンタメ度は新感染よりだいぶ低め。

『新感染』では助け合いの精神に目覚めてゆく父親や自己犠牲精神マンマンのドンソク兄貴やら“熱い” 面々の人間模様が見れたけど、コチラの登場人物はほぼ 皆 “ 自分第一” 。

ロクデナシ親父が警察や村人に『あいつは詐欺師だ!』と訴えるのも、怪我させられて詐欺師にムカついたからであって、正義感からではない。
夜の世界に堕ちた娘を引っ張り出すのも、娘が大事だからではない。娘が自分の思い通りにならないのは面白くないから。

ロクデナシ父ちゃんを筆頭に、神父も詐欺師も、村民だって利己主義。
あのボンヤリ君も然り。亡くなったお婆ちゃんと同じ天国に行きたいから悪魔のオマエを殺すって、超自分本意ジャン。
信仰のお陰で妻の死に顔は穏やかだった、って。苦労させた妻に罪悪感を感じたくないが為の代弁に聞こえるよ。

神父の『お前のような “悪” が居るから理想の世界にはならない。だから死ね!!』って牧師も利己主義。

信仰心を皮肉った作品ではないのだろうけど、ワタシ個人は信仰心が無いせいか、なんとも滑稽に思えて‥‥(そこが面白さ?)
利己主義のカオスと言うのか ^^;

しかしとにかく今年は、
『沈黙』、『ハクソー・リッジ』、『夜明けの祈り』‥‥
“信仰すること” によって苦しむ人々の映画をホントよく観る‥‥
観れば観るほど、逆に “ 信仰” に対してどんどん理解できなくなってきてます ^^;
いち麦

いち麦の感想・評価

3.0
信仰を利用する俗物的な詐欺師、原理主義者的な牧師、神を全く信じぬ非情な極悪男の三つ巴対決。判断力失った無力な信者。展開も着地点も実に面白い。ただアニメとしては絵も動きも致命的なほど魅力がない。実写で見たかった。
ゆり

ゆりの感想・評価

3.2
お話しが面白いから面白かったけど

見てる間ずっと綺麗な日本のアニメみたいなって思った
kyoko

kyokoの感想・評価

3.5
さすが韓国、救いがないねぇ。
ヤン・イクチュンはここでもシバラマ全開w
ストーリー自体はなかなか面白かった。

人間の本性が現れる局面での表情がうまく表せていないのがもったいない。あまりアニメに詳しくないので、これが韓国アニメの限界なのか、アニメという手法そのものの限界なのかはわからないのだけど。

ミンチョルの、え、俺ってそんなに悪人なの?のビックリ顔(こっちがビックリだわ)とか、娘に対する感情がぐちゃぐちゃ過ぎてもう自分でも訳わからない、みたいな顔とか、やはり実写で観たかったなと思うし、そしたら結構泣けたんではと思う。

宗教ものと聞いて、悪徳宗教vsまともな正義だと思っていたが、
やはり韓国映画。

正義なんて出てこない。
悪vs悪。

全員クズ。


宗教側、もちろんクズ。
教祖様も 一見良さそうだが、ちゃんとクズ。
教祖様を裏で操る詐欺師も もちろんクズ。

村人側、普通かと思いきや、クズ。
普通なら 正義としていなくてはいけないであろう無宗教の人でさえ クズ。というか、この映画の中で1番のクズであった。

警察、もクズ。
村人の言うことを信じない。
捜査をしろ。
ビビンバの具に文句を言うな。


腹が立ちすぎて、笑うしかなかった。
このイライラさせる感じがたまらない。


ストーリーは テンポが良いのか悪いのか分からず、常にグダリっぱなしな感じがしたが、オチとかかなり良かった。
escher

escherの感想・評価

3.5
単純に実写化の方が良かったんじゃないかなと思える。
監督がアニメーター出身だから、アニメ化したのかな?
主人公の父親がクズで、さらに新興宗教を仕切る男もクズで、クズ同士の争いが面白い。
恐怖、同情、怒り、悲しみ…その他もろもろがごちゃごちゃになって、よく分からない嫌な気持ちになった

いや、いい意味でね 笑


前に学校の課題で教会行ったときを思い出した
「我は主なり」って合唱が始まって、しばらくすると何人か泣き出してた
怖かったわー 笑
>|