グエムル -漢江の怪物-の作品情報・感想・評価

「グエムル -漢江の怪物-」に投稿された感想・評価

DEN

DENの感想・評価

-
昔、父に連れられて映画館まで観に行った記憶がある。なんでこのグロい世界をまだこんなに小さい私に見せるのか謎で仕方なかった。今、その理由を聞いてもただ「あれはすごかったよな〜、そういう鮮烈な記憶は大事なんだよ」ってあっさり言われる。この映画で何日間かは下水道?とか地下?とか橋の下が怖かった記憶はある。
Dwarf

Dwarfの感想・評価

3.6
ポン・ジュノということでね…。
まーーーた、変な映画観させられました。

変なとこで笑い入れたり、音楽の使い方がアホらしかったり、なんとも言えない世界観というか…。カット割りも見応えありました。ポン・ジュノにしか作り出せない作品だというのは確かに言えることだと思います。隣に座ってる人に飛び蹴りするとか、どういうセンスしてるんですかねぇ…(笑)

ただ、それらをうまくまとめ上げ、高い完成度に仕上がっているかといえばそんなに…って感じ。退屈に感じる部分も多かったし、このようなジャンルにしては少し長く感じました。もう少しコンパクトだと嬉しかった。

俳優や、ラストについては特に言うことはございません。ペドゥナもいい役してました。終わり…良くないけど、まぁ全て良しということで。
ゆう

ゆうの感想・評価

-
ソンガンホ、ペドゥナと好きな安心して見れる俳優さん揃い。
さすが韓国映画だから、よくわかんないところで笑いをぶっこんでくるし、笑っていいのかわかんないシーンもあるけどそれをひっくるめても好き。
ペドゥナが矢を射るシーンかっこよすぎませんか
はけ

はけの感想・評価

1.4
未だにグエルムなのかグムエルなのか覚えられない。
なんで接触者と細菌ばかりに集中して、怪物は放置なの?
なんでガソリン飲むの?
殺す人間ととっとく人間と食う人間の違いはなんなの?
すべての登場人物の民度が低すぎて全体的に汚らしい…
怪物の移動の仕方はよかった。
最後の劇薬はなんだあれ…
Tune

Tuneの感想・評価

3.4
韓国映画・ポンジュノ作品ではおなじみのソンガンホ、そして『殺人の追憶』で素晴らしい演技を見せた"あの男"パクヘイルが兄弟役、今や世界的女優ペドゥナがアーチャー美少女としてキャスティングされている、さらにさらに先ほど挙げた『殺人の追憶』で障がい者を演じた男とナホンジン監督『チェイサー』で主人公の兄貴分だった刑事も出演していていちいち最高。

作品全体を通して監督が伝えたいことがなんとなく理解できたから良し。
怪物の造形のなんともいえないキモさ。
ストーリーのゴリ押し感は否めない。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.5
うんうん、何回見ても楽しめるね!そこは安心のクオリティ、そしてさすがのソンガンホ。
パトレイバー3を見るとどうしても続けて見ちゃうけど、本歌取りみたいなもんかなーと思う、パクリと言うよりもねー。好きなんだろうねー、パトレイバーがさ。悪いことじゃないんだから、言えば良いのに。
もにか

もにかの感想・評価

3.8
昨日観た新作映画よりずっと面白かった! 映画観てて常々余計に思ってたシーンとかカットしてるから韓国映画は多分私の性分に合ってる
深海魚

深海魚の感想・評価

2.5
そんなことあるのか!
ホラーかと思ったら家族愛の映画でもあった
ソン・ガンホ出てましたね。もったいないですね。

変な怪獣怖いですね。

それ以上覚えていません。

少なくとも、知り合いに、ねえ、ねえ、この映画知ってる?てことはない。

映画の中でのソウル(魂)が見当たりませんでしら。あーあ....。
やし

やしの感想・評価

1.5
【あの日の思い出レビュー】


しっかりとは覚えていないので、
コメントの信憑性が欠けるのは重々承知だけど、
「相当つまらない作品」だったという記憶がある。


なにが《つまらないポイント》だったのか、
レビュー書くために再鑑賞も試みたけどどーしても食指が動かず、本レビューを書くに至る。。。


確か…
「なんでそーなるの?」
「え?どーいうこと??」
…の積み重ねが最後まで解消されないままだったからかな。
「なんであの子は大事に連れ去ってんの?」とか。

映画館で観てて途中で帰りたいと思ったのはコレぐらいだと思う。

そういう意味では、"怪物が"、というよりこの映画自体が気持ち悪いものになった。


韓国の観客動員数NO.1っ!!とか、
公開時の煽りに乗って期待値上げすぎていたのもあるのかなー。
>|