グエムル -漢江の怪物-の作品情報・感想・評価・動画配信

グエムル -漢江の怪物-2006年製作の映画)

괴물/The Host

上映日:2006年09月02日

製作国:

上映時間:120分

3.4

「グエムル -漢江の怪物-」に投稿された感想・評価

売店に住むという世界線あるんだ。
タバコ屋で働くのに憧れてたの思い出した。
今んとこポンジュノ監督はカップ麺食うシーン絶対いれてくんな笑
食いてーー。

怪物は実は主人公でしたってオチになるかと思ったら違うのね。
重ね合わせてるだけか!
「あれ?こんなに面白くなかったっけ?」

中3の長男も鑑賞。
昔リアタイで映画館で鑑賞した時には面白かった記憶だったが、グダグダな家族のやり取りを面白いと思えず。
長男も同じ感情を抱き惰性で何とか見終わる。
長男にとっては初めての韓国映画…チョイスを間違ったか‥
sato

satoの感想・評価

3.6
怪物が跳梁跋扈する不穏な雰囲気の合間合間にコメディっぽい所を入れてたのが、テンポのメリハリがついててよかったと思う。
そして、怪物から娘を救い出すパニックホラーとしての一面以外にも、公害やみたいな社会風刺の要素も違和感なく取り入れているのが上手いなと思った。
なんっなのこいつら……

というフラストレーションをギリギリまでためての。
泥臭い連携シーンはとても良かったです。
ずっと待ってたんよアーチェリー。
妹かわいい。

オチも好きでした。


しかし韓国社会。
実際にこんな無能ではないだろうけど
韓国映画はほぼこの監督のものしか観てないので、印象が悪くなりつつあります…
村口

村口の感想・評価

2.0
漢江にホルムアルデヒド流したら化け物生まれちゃった! って書いたけど、作中で原因は明言されてない。
アメリカ人が率先して化け物に立ち向かうの、皮肉を感じておもろい。
なっさけね〜ソン・ガンホさん最高だな。
家族みんなで泣き喚くシーン、通話記録調べるくだり、頭を固定されてるショットが好き。
親父がなっさけね〜息子を愛してるの、よかった。アボジ…………………………。
ヒョンソ……………………。
セジュ…………。長生きして。
さすがポン・ジュノ作品…
面白かったです…

最初の登場で陸に上がった怪物が向こうからタッタッタッ…って走ってくるところと、民衆の呆気に取られてからパニックに陥るまでが非常に好きなシーンです。
ヒョンソを助けるために奮闘する家族ひとりひとりのキャラクターもすごく良くて、憎まれ口叩きまくったり乱暴なんだけどなんだかんだ愛があって良い。
救いがないと見せかけて、案外救いがあったようにも思えます。

パニック映画としてはもちろん痛烈な皮肉の効いた風刺映画としても楽しめました。
2作品目。ただのパニック系かなと思ったけど、やっぱりポンジュノ監督、社会風刺要素も強い。

これもまた報われない作品なんだけど、謎にグエムルとかいうSFチックな生命体のせいで個人的にはチープに感じられてしまった。
写真の怪物は、モデルが竹中直人という衝撃的事実。

「パラサイト」のコンビ、ポン・ジュノ監督とソン・ガンホがタッグを組んだパニック映画です。
実はポン・ジュノは、韓国政府のブラックリスト入りしてるらしいですよ(笑)

正直あまり韓国映画には詳しくないので、少しカルチャーショック?的なものに苦しめられたところは正直あります。

ポン・ジュノさんは、社会へのメッセージを娯楽に上手く埋め込んで、多くの人に伝えるのが上手だなと常々思わされます。結局面白くなければ、中々お客さんは来ませんからね。アカデミー賞も、誰も見ない映画ばっかり選んでしまっている現状は寂しいですね。

精神的にズタズタ引き裂いてくる多いので、その辺りが苦手な方は、分けて見ていくのも一つの手かもしれません。
calanque

calanqueの感想・評価

3.3
単なるB級パニック映画ではない、と聞いていたので苦手なジャンルだな〜と思いつつ観た。好きなペ・ドゥナ出てるし。
これは結構な風刺映画。ここまで辛辣に米国批判して大丈夫?と思った。
そして私たちの置かれてる立場を実感し、複雑な気持ちになった。
しかもコロナを予見するかのようなウイルスの話…。
途中、グロかったりして本当無理だ…と思ったけど結果的に観て良かった。
グエムルのサイズ予想より小さいやん。

その分、ビルを破壊じゃなくて公園や身近な所で暴れる。意外と新鮮。

ダメ家族の活躍(がんばり?)にツッコミ入れつつ。
>|

あなたにおすすめの記事