ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生の作品情報・感想・評価・動画配信

みんなの反応
  • ゾンビ映画の原点であり、後の作品に多大な影響を与えた
  • ゾンビの恐怖を効果的に演出しており、音楽やアングルも怖い
  • ハリウッド批判や人種差別が裏テーマとして描かれている
  • バーバラの無能さや協力の難しさが描かれており、人間同士の争いもある
  • ゾンビが人間に見えるが、それがこの作品の魅力の一つである
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

1968年公開のナイト・オブ・ザ・リビング・デッドといえば、モダン・ゾンビの走りですね!
ジョージ・A・ロメロ監督が、現代の「ゾンビ」の定義を確立してくださった(ゾンビ好きとして、ありがたや~)と言…

>>続きを読む
元祖ゾンビ映画!
アミューズメントパークしか観てなかったけど掘り下げていきたい

屋内での低予算な攻防だけどもミニマルな展開と白黒の映像によりリアリティを感じられて非常に満足。

バリケードを張ってる最中でもラジオで世界観を広げているしでなんだかんだ飽きない工夫も凝らされていてゾ…

>>続きを読む
ゾンビ映画ここに極まれり!
原点にして ゾンビ映画の核となる要素がいくつも確立されていて すでに完成形になってる。
焼けたお肉をゾンビが順番に少しずつ持ち帰るシーンが微笑ましいね。
zouQright

zouQrightの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

リビングデッド3部作の1本目。生きる屍の夜ということで、舞台は夜。一軒家に逃げ込んだ人達の一夜のお話。本作で既にゾンビ映画の王道展開を確立したロメロは凄い。ラジオやテレビからの情報により、色々と判明…

>>続きを読む

思ったより、というか滅茶苦茶楽しかった…!
勝手に派手な映像が続くと思っていたが、着々とバリケードを張ったり逃走準備をしたりと静かなシーンもあり、緩急効いた映画だった
人間同士のやり取りやメディアの…

>>続きを読む
よく知るゾンビより、よっぽどアグレッシブで元祖であるはずの本作が逆に新鮮に感じ全編通して楽しんでたらあのラストでビックリしました。
想像の3分の1くらいおとなしかった。
70分で良い。
ラストは衝撃。

元祖ゾンビを観る会、2本目は『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』🧟

ここから”ゾンビに噛まれて感染”が定番化したらしい。
見応え抜群でかなり手に汗握る展開だったんだけど、ラストが『ミスト』と同じく…

>>続きを読む
酸基

酸基の感想・評価

3.8

言わずと知れた。ゾンビ映画のパブリックイメージであるゴア描写は殆どなく、室内劇として面白い。ゾンビ登場からラストに至るまで、途轍も無い出来事を淡々と描写していく。特に墓場の画の引きとラストカットの呆…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事