女神の見えざる手のネタバレレビュー・内容・結末

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿されたネタバレ・内容・結末

気ままに映画、本日のラスト。

一番、期待値が高かったので最後に残していたのだがその期待を裏切らない素晴らしい作品だった。

最後の逆転劇には自分も驚かされ、ものすごくテンションが上がったものだが、むしろ注目すべきはその前であるように思う。

逆転劇だけを見れば、すごい!と率直に思うのだが、最初からそこを計画していたとしても、その前の過程が全てうまくいっていた、計算通りだったとは全くいえない。

一見完璧そうに見える主人公であるが、そのキャリアのために捨ててきた自身の普通の営みを男を買うことで満たす。
次期右腕として期待していた部下からの信頼をその部下自身を巻き込んだ戦略と不幸な事件により、一生失うこととなる。
そういった彼女の強さからくる弱さがこの作品の最大の魅力であったように思う。
今や観客の考えることを想像して、それに反する結果を与える映画を与える映画はいくらでもある。
その点、本作は予測できすぎる。
ラストのどんでん返しが肝だと言えるにも関わらず、それを予見させてしまっては面白味に欠ける。
2時間あっという間のすごい映画だった。
観てるわたしたちまでもが全てが彼女の手のひらの上なんだよね。時には押して時には引いて、全てを自分がコントロールしている。
本当にとてつもない映画だった。
TIA!
(this is America! byブラッドダイヤモンド)
↑これが言いたかっただけ。笑



まあ、出る人全てがいかにもな人達で埋め尽くされている。


キャリアウーマン像を絵に描いたようなスローンがスタイリッシュ。
眼鏡をかけて冷静、冷徹な秘書は正に秘書。
議員達は金と権力に溺れている様を全身で体現してる。

自分のカッコイイと思うビジネス界のイメージがいかにアメリカ文化に毒されている?か痛感しました。💦💦


でも憧れちゃうのです、こーゆう世界。笑


主人公のスローンの勝利に対する信念も凄い。周りの人間は堪ったもんじゃないだろうけど、見ていて痛快。
最後のドンデン返しは圧巻。
肉を切らせて骨を断つ。
サムライすら感じる姿は最早ジャパン。(どっちやねん。笑)


まぁ意味ないことをツラツラ書いてますが、これは是非観て欲しい!
超やり手のロビイスト、エリザベススローンがあの手この手で銃規制の法案を改定するために奮闘し、文字通りどんな犠牲も厭わず突き進んで行くお話
最初は「ここまでハッキリバッサリ言える女性かっこいい」と好印象なんだけど、持てる全てを犠牲にして勝ちに行くところで「最後にはひとりぼっちになるんだろうな」と思っていたら、最後で究極のどんでん返し
まさに「女神の見えざる手」
最初から全て彼女の手のひらで関わった全員が踊らされていたことを知った時、人間業ではないと思った
テンポがいい分会話中で専門用語が連続した時に全てを理解しようとすると置いていかれる
これは二度観て楽しめる作品
頭がいいってムチャクチャかっこ良いことなんだな



エスコートサービスが誇りを持ってるのもよかった
ロビー活動は予見すること
敵の動きを予測し、対策を考えること
勝者は敵の一歩先を読んで計画し
敵が切り札を使った後
自分の札を出す
敵の不意を突くこと
自分が突かれてはいけない

この言葉で始まり、この言葉で終わる。

最初から匂わせていたはずなのにスローンの札が読めなかった。
何かあると思い込み続けていたのにも関わらず。
なので「見えざる手」に興奮した。

一連の行動の中に、予期していたことかわからなかったのが男性との関係。
唯一不意を突かれたのではと感じ、作品がここに何を表現したかったのか読み切れない自分の感受性の無さに情けなさを感じた。。

結果、見たかった作品が予想を超えることはないが久しぶりに超えてきた自分的に非常に好みな映画です。
今年見た映画の中で1.2を争う面白さの作品かもしれない。前半は非情に徹する敏腕ロビイストのあこぎなまで、勝利の為、味方をも騙し売る、権力者にも盾突き目的のためなら手段を選ばない、法を侵して男も買うダーティーな女性ロビイスト。後半、怒涛のように最後まで一気に進み万事休すでもう終わりかと思いきや、最初のフリのシーンに戻り、セリフで予告した通り今が敵が切り札を出した後だと分かる。ということはこの後さらなる切り札が…見事なまでの大どんでん返し。最初から自分も刑務所に入る覚悟でやってたと分かる。何ちゅう腹の座った男前な人なんだ(この表現がすでに時代錯誤かも知れないが)恐れ入った。もっと騒がれても良い作品だと思う。
最後の肩をすくめるところがカッコいい!!

仕事に殉じて、仕事に全てを費やす振り切れた姿勢には痺れる。
この映画の素晴らしかったところは大きく以下の三つ。

1.ロビイストという題材
2.銃規制というテーマ
3.主人公の仕掛けるサスペンス

1つ目、日本だと数年前から聞かれるようになったロビイストという職業。ロビー活動といいつつ実際にやっていることはなんなのか、という仕事物として面白かった。
まぁ政治家の外部サポーターなのでその辺はマイルドになっていたとは思う。それでも、票の獲得のために策略を巡らす攻防は見応えがあった。

2つ目、銃規制というテーマを実際に作中で論じることで、社会風刺の一面を担っているということ。何故アメリカでは銃が容認、流通しているのかというところから、規制派、推進派の思惑まで、ザックリと理解できるところも良い。

3つ目、主人公の仕掛けるサスペンスが見ていて飽きさせない。思い返せば予測のつくラストだが、攻め手と追い込まれ方、逆転劇、テンポよく進むおかけでつい、ラストの逆転には膝を打った。

いやー中々キャラクターも地味にキャラ立ちしてて面白かった。
自分の勝利を心から信じている
ただ、信じるだけではない
その勝利のための考えられる全てのアクションは着実に行なう
敵も味方も欺く
仕事が生きがい
プライベートは諦めてしまったのだろうか

最後刑務所を出た彼女の表情は、孤独にあふれていた
そこだけ、人間味が少し見えた気がした
>|