女神の見えざる手のネタバレレビュー・内容・結末

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

4.1

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿されたネタバレ・内容・結末

え、まってアーロン・ソーキンは関係ないの?ってくらい
エンタメ性を削ったソーシャル・ネットワーク感。
ただ、そのお陰で散らした要素がグリグリあとで効いてきてまじで熱い。
皆が仕事をした。自分の仕事、自分の人生、これでいいのかと突きつけられる。

もっと英語わかるようになりたいと切に思った。吹替があればよかったんだけど、字幕を追っていると顔が覚えられないんだよ。

ヒロインには三流で負けてもキャリアがある? 牢獄行っても将来がある、か。最後、彼女の視線の先にはなにがあったのか。

敵が最終的に個人攻撃に出るだろうなんて現実として想像がつくし、あの部下が実はヒロインの切り札なんじゃないかっていう展開もドラマとしては定番。
でも完全勝利ならヒロインは無罪放免だろうと思ったらラストでは矯正施設にいる。じゃあ彼女の敗北かっていうとそれも違う。すべてが計画どおり。
エスコートサービスの男の偽証だけは違ったかな?

震える。

時間があっという間で息をつく隙もない。こんなでかい作品がつくれたたなあ。
エリザベス・スローンという1人の女性の生き方を描いた作品、という取り方が「Miss Sloane」。
彼女の人間的な部分と、非人間的な部分をひっくるめて、超越した能力自体を表現したものが「女神の見えざる手」という邦題な気がした。

合理性を重視した冷徹な人間に見えて、実は感情的だったり弱い面もあったり結構人間的で、そこがすごくいい。
芯を貫き通すためには、何だって使う。自分さえも。そこに彼女の美学がある。

結構考え方は似てる気がする。私にはそれを維持する能力も気力もないけど。
彼女がここまでくるまでのスピンオフを観たい。
敵の先を読んで作戦を立てる。
敵が切り札を出した後に背後から奇襲をかける。
分かっていた筈なのにまんまと騙された!
完全に牙を抜かれたと思ったが、それすらも彼女の計算の内だったんだな。
夜のお友達(名前忘れた)が聴聞会に出てきた時はもう完全に終わった…と思ったが、情が移ったのもあるだろうが顧客の情報は守ると言っていた通り有言実行の男だった。
刑務所から出てきた時に待ってるかなーと思ったが流石に夢見すぎだったかな。
一瞬もダレる事なく没入できた。軽く疲労感を覚えつつも、ミススローンのバックグラウンドなど想像する余韻に浸りつつ…満足です。
エスコートサービスの彼はウザい奴かと思わせておいて良い奴じゃん、とか、彼女これからどうするんだろう…とか、こんな風に考えさせてくれるのは良い映画だと思います。キャラクターが生きてる感じです。
銃規制って実際今そこにある問題な訳で、フィクションなんかじゃない。銃を持つ権利を守る事が資金源になるんですかね?票が取れるなら何でも良いって事?全米ライフル協会だって当初は射撃技術の為の団体だったとか。難しい事は全然わからないけれど、利権がとぐろを巻いているって事ですよね。当選できれば良いのは日本の政治家も同じだなあ…。何処の国もこうなのか、とガッカリ。
こういうテーマをテンポよくスリリングにみせるって凄い事だと思います。キャスティングも良かった。役柄のイメージ通り。そう言えば、ジョン・リスゴーは昔からよく出てるなあ…って思いました。彼はどうしても悪役に見えてしまう。良い役者さんです。マーク・ストロングの強面は毎度津川雅彦と海老蔵に見えてしまうのでした。
台詞の応酬がすごく、序盤ついていくのとロビイストの仕事内容を理解するので精一杯だった。
あと味方側、敵側の顔を覚えるの!
どんどん引き込まれ、どこまでが計画でどこからがそうじゃないのか想定して観ていたが、うーん、いい映画でした!
この役はジェシカ・チャステインにしか出来ない気がする。
刑期5年の意味が当初分からなかったけれど、チームを巻き込みたくないのと、既に刑期を分かっていたのと、どちらの気持ちが強かったのだろうか。
家だと集中切れそうだから、映画館で観て良かった。
ただ、最後の「激震」が銃規制賛成派にどう働いたのかはちと不明瞭。(あの議長役の議員、元は賛成派だっただろうし)
結果良かったし後味スッキリ。けどわすがな?が残った。
最後の出所シーン、迎えに来たのはエスコートサービスの男性なのかなー。
ここまで仕事に打ち込む人っているんだっていうほど仕事一筋のスローン。モチベーションは勝つことって言ってたけど、そうなった理由はなんだろう。
しかも部下や同僚の信頼を得られず1人で戦ってる。すごすぎる。

時々悲しい表情見せるスローンが辛かった。でも本当に頭良くてかっこいい女性。



日本もアメリカもどこの国も政治はこんな感じなんだろうなと。

ラスベガス銃乱射事件かあっても銃規制が進まない、もっと規模大きくするの世界から戦争、貧困ががなくならないのってほんの数人の汚い欲望のせいだと。

日本語字幕でもう一回見たい。
ラストの法廷シーンでのJessica Chastainの熱の入った演説と大反撃シーンは、それまで基本的にクール路線だった役柄と相反してカッコよく鳥肌モノ
それすらも彼女の演技の可能性もあると考えると、本当に凄いキャラだなと
巧みな脚本も相まって、2時間があっという間
面白かったです。

刑務所から出たら、あのエスコートサービスの男性が待っていたら日本映画ぽいなあと思いました。
記録
鑑賞前、自分にはこの映画の内容についていけるかどうかとても不安だったのですが、そんな不安も吹っ飛ぶくらい画面に見入ってしまいました。序盤は字幕追うのにかなり苦労しましたが…(⌒-⌒; )
まだ観ようか迷っている方は是非!劇場に足を運んでいただきたい映画だと思います。
パンフレットも良いです。
>|