女神の見えざる手のネタバレレビュー・内容・結末

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿されたネタバレ・内容・結末

はーすごかった。ストーリー展開はスピード感がありアメリカのできる人たちの仕事っぷりって感じ。主人公は不眠症の設定だけど、あんだけ策巡らせれば寝る暇無いし脳内アドレナリン出っぱなしで常に興奮状態だにょなー。
策謀を常に考えている人は人を信じることが最後には出来なくなって、策士策に溺れるのだと痛感。(この映画とは無関係)彼女は信念のために会社を移籍して自分の信念を貫いたけど、結局は更に一旗上げて不動の地位を築き上げると共に、古巣の社長に巨大ブーメランで復讐するのが当初の目的では?と勘ぐってしまう。そしてラストに接見に来た弁護士から「あの文書のサインは君が仕組んだ?」的な話を振られ、チームにも秘密にしていた理由を質問された時に
「収監が5年」と言った最後の台詞。
「あなた達を捲き込まない為」と言わんばかりの最後の台詞にさえ「こいつ此処で信用を勝ち取って何か企んでる」と思ってしま程、のめり込んでしまった映画でした‼️
あー私も相当ひねくれてる。
くっそおもろい。
起承転結の点では一般的だけれど、内容は"人間"として考えるべきテーマでかつエンターテイメントとしての痛快感も有してる。
安易な動機付けがないのもいい。
なるほど。そういうことですか。
最初はロビイスト??話が難しくて理解に苦しみましたが、要は潰し合いのゲームをしている訳ですね。
いかに相手の1歩2歩、いや20歩先を読んで仕掛けるか。主人公はその未来予見の能力が非常に優れている。そんな主人公とは裏腹に、私の方は話に付いていくのに必死なポンコツでした。ですからもちろん、先を予見する事も出来ず、度々起こるサプライズにリアルサプライズでした。いや〜、まさかあの段階ですでに、、
この続きは、Huluでお楽しみください!
これ、主役が女性だから映画として成り立った作品だと思います!

男性だと普通な感じの言動も、
女性だとイラつく&鼻に付くので
ソコが見所です。
気持ち良いです!

一昔前なら、ジュリア・ロバーツでしょうね!
リズが信頼できる同性がいてよかったなと思った。なにかを突出して得るにはなにかを犠牲にしなきゃだめなのかなあ。
ツイッターの駄文より

「女神の見えざる手」
これは凄すぎる。
主人公のリズは勝利への義務のみを負ったロビイスト。
彼女にとっての勝利は「銃規制法案を通すこと」。
まさに今のアメリカが背負う問題。
敵は巨大な資金を持つ銃ロビー。

まさに修羅といって過言ではないリズの生き様に開いた口が塞がらない。

実はまだ観てる途中。
そろそろクライマックス。
自分以外を信じないことの徹底ぶりがそんじょそこらのスーパーウーマン映画とは一線を画している。
これは作り手がヘタなら一瞬でガスが抜けてる。
でも膨張し続ける風船のように事態が進んで行く様がキリキリしていいね。

観てて気づいたけど、劇中リズが一人でいるところはほとんどない。
あっても誰かに電話して仕事をしているわけだが。
そして不意に一人になったシーンで彼女は爆発して机の上のものをひっくり返す!!
他人は信じないし、ともすれば自分すらも信じてない。
これぞ修羅の道。

すげ!!
「女神の見えざる手」!!
最後までリズはリズであって、それでも暴いたものは巨大な膿であり、アメリカの誇りに取り付いたネズミども!!
すげえ感動!!

追記

ラストのリズという人物に含ませるニュアンスが絶妙すぎる。
少なくとも彼女は常に脳が煮崩れる程に苦悩し、それでも自分を捨てずにただ勝利へと向かった。
超人といって差し支えないのに、だからこそ葛藤は常人とは比べものにならない。
そこをちゃんと描けているからこその傑作だと思うのだ。
最初に断っておくが、政治ゲームは嫌い。かつ字幕にはあまりにも不向きな、早口な英語の乱れ撃ち。
ジェシカ チャステインが演じる女性が全く感情移入出来ない。目的の為には手段を選ばない冷血人間。それでも、ジェシカ チャステインは惹きつけるものがある。
ロビイストって何なんだ。よく分からない世界だった。何たら州がどうこうって、アメリカ政治の知識が無いとついていけない。
ミス スローンの謀略の数々に対して、観客は傍観者として口を半開きにするばかりであろう。
しかし、彼女の目的は何だったのか。銃規制を強化したいのか、政治の腐敗を告発したいのか。終盤の怒涛の種明かしが爽快。
買われていた男が、庇うシーンがカッコいい。
秘書は、やはり密偵だったか。でも、終盤にはそんなこと頭に無かったから驚いた。
中弛みが一切無いのが素晴らしい。
展開が速いのと、時系列が混ぜこぜな上にセリフも多い!というなかなか鑑賞能力を試される映画だったけれど、置いてけぼりにされると言うよりかは、最後までグイグイ引っ張ってくれる感じで、その上ラストにはスカッとさせてくれる作品だった。
一部、非現実的に感じる所もあったけれど、もしあれが現実でも行われていたとしたら怖ろしいな。。
とにかく面白かった。

良い意味での裏切りの連続。

ミスディレクション大連発。


主演女優ジェシカの美しさ・ファッションもひたすらずっと完璧で、
囚人服まで着こなすなんてかっこよすぎる…

売春相手と会場ですれ違い話しかけられるところを見られた時点で
あーーーーーー終わったーーーーーー
って思ったのが
製作者側の思うツボで、、

言われてみれば
ジェーンとスローンの絆は最初から描かれていた訳で、、
(夜中の3時に思い立って電話をしたところからもうすでに結末は決まっていた)

全部がスローンの策士で
ただただ騙され続けた!!!!

こうゆう作品では最初から
どうせスローンの一人勝ち、と思っていたけど

何度も何度も
あれ、もしかしてバッドエンドかも
とか
全く次の展開が読めなくて

結果、スローンの一人勝ちではあったけど
キャリアを捨てていて
でも信念は貫いていて

そこがまた震えた。。。

出所したあとのスローンの人生も知りたい。
続編、もしくはドラマ化してほしい。



マーク・ストロング大好き!
拝めただけでも観てよかった。
スローンが感情的になるシーンがいくつかありましたが、素の感情なのか策略なのかがわからない…
ラストの弁護士との面会で、ラグがありつつも「あなたも元気そうね」と言っていたあたり、スローンも普通の人になろうとしていると感じたのですが、どうなんでしょう…?
>|