女神の見えざる手のネタバレレビュー・内容・結末

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「女神の見えざる手」に投稿されたネタバレ・内容・結末

見応えあった…

エスコートサービスの人はなぜ庇った(?)んだろう?
ロビイストと銃規制、という日本に住んでいるとなかなか縁のないものがテーマ。

どっちも在り方について議論するのが難しい。

ちょっとうまく行き過ぎてる感はあるが、それでも最後はスッキリするまとまり方で良かった。

ロビイストの人達の頭の回転の速さがかっこいい、、そりゃこんな職業の人が沢山居たら、アメリカは主張も議論も活発な国になるわな、、と思いました。

エズメとスローンが最後に交わした視線が気になるんだけど、殺されそうになるくだりは偶然だったのか、それともスローンのシナリオ通りなのか、、、
ロビイストの説明部分で何かが起こるのだろうと思っていたけど、
予想を上回るラスト。
毒で毒を制するとういう印象を受けた。
よく練られた脚本だと思う。
終盤の印象に残る台詞はそれまでの主人公や政治家を思い出させる素敵な台詞だったと思う。
最後の「刑期は5年だから」という5年という台詞に深い意味があるのかと思ったけど、
調べて見てもはっきりとした答えはなく。。。
特に意味はないのかもしれないけど気になった。
何となくこうなるだろうと思いながら観るもののラストの大逆転は気持ちいい
原題のままでも良いかな!主人公が格好いい。先を読むと言っていたことがここまで読んでいたとは。見た後、スカッとする後味の良い映画でした!
最後の面会のシーンが重要で、ああいうのは割と余計な台詞を言ったりして蛇足になってしまうパターンもあると思うが、この作品においては主人公の信念とそれに伴う覚悟とを貫く強さ、法への敬意を少ない台詞で静かに強く印象付けるものになっていてとても良かった。

男娼が重要人物っぽく度々登場してきた割にただのミスリードとしてしか機能していなかったんだが、あれは何だったんだろうか。
勝ちにこだわって、緻密な計画を練り、最後までミステリアスな主人公がかっこよすぎた。自分の性格に関して悪く言われた時の顔が悲しかった。
序盤で「あ、これ予備知識ないとちんぷんかんぷんなやつだ」と思って一時停止。
とにかく、展開がはやい!これが頭の良い人の思考速度か、、と圧巻されつつ、中盤の衝撃の展開からぐっと引き込まれていきました。

主人公はとっても強い信念の持ち主、スローン。敏腕キャリアウーマン!自分の目的を常に理解し、手段を選ばず利用できるものは利用する。でもその裏では人には見せれない弱み、自分の正義が強いが故心が置いてきぼりになる虚しさも垣間見え、人間らしさがあってよかったです。

最後はそう来たかー!と意外とシンプルなサプライズで幕閉じ。
正直予想もしてないラストでした。

スローンの勝利への執着心と
女性としての強さと頭の回転の良さ
目が離せませんでした。

映画自体の密度があったので
集中しないと、おいていかれてしまうが、見終えたときの満足感はピカイチ。
面白かった。でも少し難しいかな。最後の最後まで見逃せない感じ。残念なのはエスコートの男性はもっと重要な役割になるかと思ったけど、大して見せ場がないところくらい。先の先まで何が起こるか分からない映画。
>|