否定と肯定の作品情報・感想・評価

否定と肯定2016年製作の映画)

Denial

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:110分

3.8

あらすじ

1994年、アメリカのジョージア州アトランタにあるエモリ―大学でユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)の講義が行われていた。彼女は自著「ホロコーストの真実」でイギリスの歴史家デイヴィッド・アーヴィングが訴える大量虐殺はなかったとする”ホロコースト否定論”の主張を看過できず、真っ向から否定していた。 アーヴィングはその講演に突如乗り込み彼女を攻め立て、その後名誉…

1994年、アメリカのジョージア州アトランタにあるエモリ―大学でユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)の講義が行われていた。彼女は自著「ホロコーストの真実」でイギリスの歴史家デイヴィッド・アーヴィングが訴える大量虐殺はなかったとする”ホロコースト否定論”の主張を看過できず、真っ向から否定していた。 アーヴィングはその講演に突如乗り込み彼女を攻め立て、その後名誉棄損で提訴という行動に出る。異例の法廷対決を行うことになり、訴えられた側に立証責任がある英国の司法制度の中でリップシュタットは”ホロコースト否定論”を崩す必要があった。彼女のために、英国人による大弁護団が組織され、アウシュビッツの現場調査に繰り出すなど、歴史の真実の追求が始まった。 そして、2000年1月、多くのマスコミが注目する中、王立裁判所で裁判が始まる。このかつてない歴史的裁判の行方は・・・

「否定と肯定」に投稿された感想・評価

さち

さちの感想・評価

3.7
レイチェル・ワイズ、主人公のようで主人公でなかったな…
史実に基づいてるものにスコアつけたくないけどあくまで作品として。

あったなかったで論争するのは、ましてや裁判までなるなんて、まっぴら御免だ。最後の最後まで否定的な事を📺言ってるネズミ男にユーモアさえ感じるw
裁判の判決、勝って安堵の抱擁とガッツポーズ感だったけど負けてたら食い下がってたの?負けると思ったの?ってくらいなんか違和感を感じた。まぁそれだけ相手も手強かったんだろうけど。

あーあ、ジャック・ロウデンの活躍ぶりが見れず残念🤦🏻‍♂️
はる

はるの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

現在ではフェイクニュースがSNSを席巻し、自分にとって都合の良い情報であれば真贋問わずに拡散させてあたかも決定事項のようなコメントを添える。事実から目をそらす否認行為、ポスト・トゥルースということだが、この作品で扱われている「アーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件」はSNSなどが広まる以前の1996年にアーヴィングによって提起され、4年の歳月を経て2000年に結審となった。

というようなことは自分にとってのメモでしかないが、2016年にこの作品が作られ、こうして遅ればせながらも日本で公開されていることの意味を考えながら鑑賞していた。
導入から訴訟を受けての弁護団が形成されている第一幕は非常に緩やかでかつ与えられる情報は少ない。これから何が始まるのかの重みを観客は感じられないし、それは登場人物たちでさえ理解していなかった。ただしこの時点で「歴史修正主義」について考えさせられるのが現代の日本人だろう。

被告の弁護団が裁判への準備を進めるにつれて彼ら自身もまたホロコーストの真実について深く知るようになり、やがて原告であるアーヴィングとその背後にいる差別主義者たちへの嫌悪と激しい怒りを増していく様子は上手いなと思う。デボラでさえも彼らの変容に驚き、またそのプロフェッショナルに感嘆し、否認していた他人(概ねユダヤ人以外だろう)の良心を信じられるようになる。この点においては邦題がカバーしていると言うこともできるが、好意的な見方だなあ。

劇中でも語られるように、ホロコースト被害者を法廷に立たせるということは筋が通っているようでそうではないというのも考えさせられる。同じ土俵に立って単純に比較されていいはずがない二軸ということなのだ。邦題に関しての問題点も挙げられているが、本来ならこの裁判自体が茶番であるとも言える。並び立つようなものではないから。事実について肯定は必要ないのだ。

また特筆されるのはトム・ウィルキンソンの演技プランであり、アンドリュー・スコット同様、キャスティングでのミスリードからの見事なカタルシスが彼によってもたらされる。

レイシストで自称歴史学者の罪を暴くために徹底した理詰めで進められていく極めて地味な法廷劇がこれほど心地よいのかと感じ入ってしまった。とにかくデヴィッド・ヘアーの本が良かったし、弁護団の若き弁護士の卵がボーイフレンドに「不満しか言っていないのに何故続ける」の答えとして「不満よりも重要なことだから」と返す。これが本当に良い。
ナギサ

ナギサの感想・評価

3.4
実際に起きた裁判に基づいているからしょうがないのだけど、ホロコーストを扱った作品の中では地味だった気がする。“生存者”があまり登場しないからかも。ただ勝敗に伴うリスクや戦略など、裁判を見る映画としては緊迫感があって良かった。被告側の弁護団は本当に良いチームだと思う。
2017.12.28
2017年最後の劇場鑑賞作品。私にしては真面目な作品を選んだと自画自賛したいのですが、電車代をケチって寒空の下2駅歩きながら満腹ランチをして席に着いたら…程よい疲れに劇場内の暖かさが私に眠気を届けてくれて…まさかの寝落ちをしたももくりです涙

とは言うものの、全編通して寝てたわけじゃありません!全然説得力ないと思いますが、物語は非常に興味深かったです。"ホロコースト"を否定する歴史学者アーヴィングを批判したリップシュタット。逆にアーヴィングから名誉毀損で訴えられ、しかも"ホロコースト"があったことを法廷で証明しなくてはいけなくなるという物語。この裁判が事実な上に結構最近の出来事ということに驚きました。

私事ですが、2018年1月末にアウシュビッツ=ビルケナウ収容所博物館へ行って来ました。本作で出てきた場面を現地で見たかったのですが、残念ながら見つけられませんでした。施設内で何百万人という命が奪われたとは信じられないというか、想像ができないという気持ちには理解できないこともないですが、「否定」は論外です。

レイチェル・ワイズは相変わらず作品選びがお上手です。そしてアンドリュー・スコットとマーク・ゲイティスというシャーロックファンにはあがるキャスティングに拍手です。
面白い
気を抜いて見れる感じではない
勉強した不法行為の内容ちょっとでた
個人的に法定映画大好きなので過大評価もある
ホロコーストの内容をちょっと調べておくと、相槌打って楽しめる作品だと思う
法律、ホロコースト、ヒトラー、ユダヤ人
これらの知識がない人(中学生以下)などは、会話スピードが早いのでしっかりと理解して楽しむことはむずかしい
かもしれない。
こんな裁判が実際に行われていたとはまったく知らなかった。デボラが言うように、裁判を始めることでのリスク、負けた時の途方もないリスク、史実が真実で当たり前だとすれば、リスクしかない裁判だ。すごい映画だな・・・
Kaoric747

Kaoric747の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

この監督の映画は「ボディガード」しか観たことなかったので、こんなシリアスな法廷ものを作れるとは思っていなかった。歴史学者でホロコーストの真実を追うデボラ リップシュタットとホロコースト否定論者デヴィッド アーヴィングとの法廷での闘いを描いた作品。ホロコースト関連映画ではあるが、実際にホロコーストの現場を目にしたユダヤ人はほぼ登場せず、それはデボラの雇った弁護団の方針でもあった。ホロコーストの悲劇性は極力排除し、冷静に裁判を戦う英国の弁護団は時に冷淡に思えたが非常に頼もしく情熱的だった。良作。(2018/1/2 KBCシネマ)
“否定”することの意義の重要性と責任の重さを認識しているのか突きつけてくる。
自分の倫理観のズレや現在の立ち位置を確認できるこういった映画は大切。

そして原作(ハーパーBOOKS)の前書きにある脚本家D・ヘアの言葉が全てだなぁ。

“インターネットのこの時代、誰もが自分の意見を述べる権利を持っていると主張するのは、一見したところ、民主的なことのように思われる。しかしながら、すべての意見に同等の価値があると主張するのは致命的な過ちだ”
RyujiUruku

RyujiUrukuの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いい映画だったけど少しモヤモヤした。
個人的にデボラには発言して欲しかった。
切り替えし云々を無効にする、相手を見ないで詰める技術について弁護士が語るとき、フィクションとしてなにか不安定な位置を獲得しそうになるが、着地はきちんとしてしまう
>|