否定と肯定の作品情報・感想・評価

否定と肯定2016年製作の映画)

Denial

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:110分

3.8

あらすじ

1994年、アメリカのジョージア州アトランタにあるエモリ―大学でユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)の講義が行われていた。彼女は自著「ホロコーストの真実」でイギリスの歴史家デイヴィッド・アーヴィングが訴える大量虐殺はなかったとする”ホロコースト否定論”の主張を看過できず、真っ向から否定していた。 アーヴィングはその講演に突如乗り込み彼女を攻め立て、その後名誉…

1994年、アメリカのジョージア州アトランタにあるエモリ―大学でユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)の講義が行われていた。彼女は自著「ホロコーストの真実」でイギリスの歴史家デイヴィッド・アーヴィングが訴える大量虐殺はなかったとする”ホロコースト否定論”の主張を看過できず、真っ向から否定していた。 アーヴィングはその講演に突如乗り込み彼女を攻め立て、その後名誉棄損で提訴という行動に出る。異例の法廷対決を行うことになり、訴えられた側に立証責任がある英国の司法制度の中でリップシュタットは”ホロコースト否定論”を崩す必要があった。彼女のために、英国人による大弁護団が組織され、アウシュビッツの現場調査に繰り出すなど、歴史の真実の追求が始まった。 そして、2000年1月、多くのマスコミが注目する中、王立裁判所で裁判が始まる。このかつてない歴史的裁判の行方は・・・

「否定と肯定」に投稿された感想・評価

アウシュビッツに興味があって観に行った。
演技なのか素なのかわからないけど、アーヴィングの表情に本当にイライラした、凄く。
ホロコーストを否定するっていう考え方があることにビックリだったから、嫌味も含めて新鮮だった。
あとはチームワークの大切さ。黙ることの辛さ、強さ。
どこまでが実話なのかな…。
良い映画でした。
実験4号

実験4号の感想・評価

3.5
面白かった!
これが実際の出来事を元にしている映画で、しかも、ホロコーストの有無が争点だったなんて、無駄なこととかくだらない内容とは言わないけれど、それにしても、頭のおかしい盲信的な人はどこの国にもいるということか。

ロンドンは本当にいつも天気悪いな、と思って観てました。

ペンギンブックス、やっぱりいいね!
特に文句もなく、普通に面白いけど、あれ、これで終わり?って思ってしまった。
三度目の殺人やら女神の見えざる手とか、最近立て続けだったので、その影響はあるのかもしれない
SatomiN

SatomiNの感想・評価

4.0
弁護士チームがとてもよかった!
ティモシーも良い味が出てた!
あさ

あさの感想・評価

3.8
ユダヤ人の大量殺戮をホロコーストって言うのを知ったのもすごく最近…
でもアウシュビッツでのことは小学生の頃から知ってたし日本でもアンネフランクを知らない人はいないはず。
幼い子はシャワーを浴びられると思ってガス室に連れていかれた、ひとりの独裁者がに洗脳されて多くの罪のない命が奪われた時代。そして日本も枢軸国の一つ。

まさかイギリスの歴史学者にここまで激しくホロコースト批判をする人がいたなんて全く知らなかった
2時間どっぷり裁判漬けの映画だったけど実際に長期戦でこの裁判を行うのはすごく体力のいることだったと思う。

自分の考えだけが正しいと思い込んでしまう恐ろしさ、ひとりで挑むだけあってアーヴィングも口達者で、人の話を聞かないで言いたいことだけ言う政治家みたい。
自分のリスト見て気づいたけど、「婚約者の恋人」とチラシがそっくり。

このレビューはネタバレを含みます

とにかく、リチャードがスマートで、信念をもっていて、最高に素敵で、緻密な証拠と論説で否定論を論破していくのがかっこよすぎた。聡明な彼が世の中には卑怯者ばかりで、時々すごく不安になってしまう、と漏らした時は泣けた。アウシュビッツで拾った部品はなにかにつながってたのかな?

イギリスでは被告側が立証責任をもつこと(火種そっちなのに!?厄介すぎるのでは!?ってなった)いまでも裁判官たちにカツラを着用が義務づけられてること、知らなかった。ペンタゴンしかり、実話に基づいていると、歴史的な出来事の学びもあって、知識が増えたり蘇ったりするので、とってもよい。

このレビューはネタバレを含みます

ホロコーストがあったのかなかったのかという裁判の話…だよね。
正直なんでこれを映画にしたの?という気持ち。歴史得意じゃないからか、日本から遠い国の話だからか…。
まぁそれは置いておいて、デボラに腹立ったわ。弁護士はプロなんだし感情抜きでいろいろなこと考えて方針たてているのになぜそれが分からないんだ?目先の情に流されてはいかんだろう。弁護士陣は素晴らしかった。教授がかわいそうになるくらいだったけど判決すら否定してて、あ、この人タフなんだなと安心した。
caky

cakyの感想・評価

3.8
法廷でのガチの殴り合い。事実の「否定」に挑み、歴史解釈が追う責任が問われていく。「そうであるかもしれない」可能性の重みと、その結論付けの重大さを痛感した。感情論ではなく、客観性をまさにチームに委ねる姿勢が見どころ。
tatu

tatuの感想・評価

2.7
主役側は大弁護団なのに相手側は一人いじめられてなんだか可哀想。
相手から仕掛けてきた裁判だからしょうがないか。日記も提供したりしてよくわからない感覚がある。ストーリーは法廷の部分部分が連続していていまいち山場が掴みにくかった。
>|