否定と肯定の作品情報・感想・評価

否定と肯定2016年製作の映画)

Denial

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:110分

3.8

あらすじ

1994年、アメリカのジョージア州アトランタにあるエモリ―大学でユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)の講義が行われていた。彼女は自著「ホロコーストの真実」でイギリスの歴史家デイヴィッド・アーヴィングが訴える大量虐殺はなかったとする”ホロコースト否定論”の主張を看過できず、真っ向から否定していた。 アーヴィングはその講演に突如乗り込み彼女を攻め立て、その後名誉…

1994年、アメリカのジョージア州アトランタにあるエモリ―大学でユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)の講義が行われていた。彼女は自著「ホロコーストの真実」でイギリスの歴史家デイヴィッド・アーヴィングが訴える大量虐殺はなかったとする”ホロコースト否定論”の主張を看過できず、真っ向から否定していた。 アーヴィングはその講演に突如乗り込み彼女を攻め立て、その後名誉棄損で提訴という行動に出る。異例の法廷対決を行うことになり、訴えられた側に立証責任がある英国の司法制度の中でリップシュタットは”ホロコースト否定論”を崩す必要があった。彼女のために、英国人による大弁護団が組織され、アウシュビッツの現場調査に繰り出すなど、歴史の真実の追求が始まった。 そして、2000年1月、多くのマスコミが注目する中、王立裁判所で裁判が始まる。このかつてない歴史的裁判の行方は・・・

「否定と肯定」に投稿された感想・評価

ゆ

ゆの感想・評価

3.7
地味ではあるけど誠実。明白だと思われる事実もそれを証明するのは簡単ではないこと、良心を他人に委ねるのもそれと同じくらい難しいこと。時折感情を抑えきれない主人公にハラハラしつつ、熱を内に込めているようなアンドリュー・スコットさんの佇まいに魅入られた。
24ハラ

24ハラの感想・評価

4.0
淡々と裁判が進んで行くのにすごく誠実さを感じた。変にドラマチックにしないところが現実に起きたことって実感させられた。そしてその中に秘めた、ものすごい熱量もちゃんと伝わってきた。
切身

切身の感想・評価

3.7
勝訴した時のコメントが北島康介みたいだなって思った。
また見てしまった…ホロコースト、ナチ系映画。本当に数年前からこの手の増えたよね。いろんな切り口があるから飽きはしてないけど、終着点は同じものが多い。
satton

sattonの感想・評価

3.7
派手さはないけど、考えさせられる良作。
歴史修正主義の波は、決して対岸の火事ではない。都合の良い情報だけを集めようと思えば、いくらでも集められる時代である。そうでない情報に目を瞑ってしまえば、事実は簡単にねじ曲がってしまう。その怖さを感じた。
また、依頼者のために最善を尽くすが、しかし依頼者と一体化はしない、プロとしての弁護士の姿も見所の一つである。
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

4.0
真実を証明することの難しさを知りました。感情的にならずに、冷静に客観的な証拠を積み重ねること。焦点を絞ること。チーム力に感動しました。これは相当の疲労だ、、、。自分の良心を人に委ねることの辛さなんて考えたこともなかった。

もし自分が被害者で、それを信じてもらえなかったらと思うと、本当に恐ろしい。思想は自由だけど、それは人を傷つけるためにある自由ではない。

戦争の遺したものを伝え続けることの大切さを痛感します。亡くなった人は話すこともできない。

素晴らしい裁判。ただ、あの不思議な衣装が気になりました、笑。国によっても裁判は全然違うんだ、、、。人が人を裁くってこういうことなんだ、、、。そういう側面からもいろいろな事を考えさせられます。
私には難しくて止めてはググるから話が進まず途中で諦めた…( ;∀;)
大好きなレイチェルワイズとトムウィルキンソン、ホロコーストを取り上げてなおかつ法廷ものという私にとっては美味しいところ取りの映画でした。
イギリスの法廷ものは初めてだったけど本当に面白かった。
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

3.8
立証責任が被告側にある英国の司法制度の難しさ故に、それを逆手に原告側の捏造を成敗していく法廷戦略が見応えあり面白い。
ストーリーの大半が法廷劇で法廷物好きには、堪らないだろう。
ホロコーストの有無を題材にした裁判(しかも実話)で、骨太で人間ドラマがあるのが尚良い。
MamiN

MamiNの感想・評価

4.0
アンドリュースコットとマークゲイティス出て来たあたりで、
あ、イギリスってなった笑
(もう一回最初からシャーロック見ようかな、好きすぎる)

アーヴィング対ペンギンブッグス・リップシュタット事件に基づいて、
裁判の経緯からその内容までを描いていた。

アーヴィングの論調というか、
話の仕方ってなんだかヒトラーぽいというか、
根拠がないのに主張したがる人の話の進め方っていう印象が。
やはり、ちょっと特異というか、意見が飛び抜けると、
ああいった方法で人々を引きつけていくのかなと思った。
今聞いたら何言ってんだこの人ってなるけど。
(トランプさんもこんな感じ?)

リップシュタットとリチャードの信頼感が醸成されていくなかで、
好転した印象。

ナチスの被害を受けたユダヤ人のために、
また自分の信念のために、
よくわからない主張を突っぱねるアーヴィングに
立ち向かったリップシュタット、拍手。


法廷系を見ると、
こんな制度あるんだとか、
日本との違いとか気になりますね。
被告側に立証責任が課されるのはなんとも言えないですが、この事件のように。

歴史って、
文献とか残っている証拠で推測していくしかないから、
不確実な部分があるのは仕方のないことだしそれだから議論が生まれてアップデートされていくものっていうことを再認識した。
現に日本史でも以前の常識が、
今でも正しいものとは限らない。
疑ってかかる姿勢も必要なのかも、
適正な範囲で。
またひとつ
私にホロコーストを
教えてくれた作品

事実を歪める、偏った見解により
正統性・いままでよりさらに詳細な真実が浮き彫りに…
弁護団はチームで動く
なぜ、証人は出さない?

史実を一番知っている。
すべての人達が納得するハズ
そして、デボラも
生き残った彼女達もつらい日々あったんだね

ヤツは
ただの代弁者だったのかも知れない。
裁判所の前、彼女とヤツの入廷前にたくさんの人だかり
肯定派、ナチ派と割れる。
腕のタトゥは「手紙が憶えている」で私に教えてくれた。
アウシュビッツ
あの塔から見張り、射撃をした場所「シンドラーのリスト」が
教えてくれた。

毒ガス室の覗き窓

スピルバーグも支援に

裁判
法の前では肯定派・否定派ではなく平等である。

判決は・・・

レイチェルワイズ
「光をくれた人」で熱演
ダンナは007なのねー

何度か胸を熱くするシーンがある
弁護士・弁護団・そしてユダヤ人の女性
差別・偏見
私の中であいつだけが悪いとは思えない。
歪んだ考え方により、真実が見えてくる。

悪い奴、それは戦争を起こした…
>|