ビリーブ 未来への大逆転の作品情報・感想・評価・動画配信

「ビリーブ 未来への大逆転」に投稿された感想・評価

AR2

AR2の感想・評価

4.0
性差別とはなんなのか、を考えるのにとてもいい映画。おそろしいくらい有能な夫婦に感嘆…。この時代に料理上手かつ妻と対等に居続けリスペクトをもつ夫の背景もっと知りたいと思った。思わぬ収穫としては税法の面白さを知れたこと。

ひとつ文句つけるなら相変わらず映画の主旨を無視した邦題。信じるだけで何か変わるなら100年もかからないし、「性別による区別」を全く想起させないタイトルにがっかりする。そうしないと売れないと想定している時点で日本のジェンダー平等意識の遅れが垣間見えるというもの。

このレビューはネタバレを含みます

原題 “On the basis of Sex” からもわかる通り、法における性差別の撤廃に奮闘した女性ルース・ギンズバーグの物語である(邦題はわかりにくすぎ)。

「法は天候に左右されないが、時代の空気には左右される」(A court ought not be offered by the weather of the day, but will be by the climate of the era.)

上記の言葉がこの映画の全てを表している。近年も多様な性を求める動きが活発であるが、ジェンダーの運動の核心となるのがルースのこの運動だったことが体感できる。

そしてこの言葉が我々の救いにもなるのだなぁと感じた。「変化」は常に求められていることだが、それを先導する者たちがいなければ変化はしないのだろうと強く感じた。
その点でルースは夫マーティンという最高の理解者がいたことがやり抜けた源なのではと思えた。

初めはあまり展開が読めず、面白さを理解することはできなかったが後半になって何と戦いどういう状況にあるかがわかるようになりのめり込んでしまった。
最後の裁判はこちらもその場にいるような臨場感を与え(演技が自然!)非常に面白かった。

社会システムが変わる瞬間を捉えた本映画。次の世代が我々であることを認識し、ただ怠慢に生きないよう社会に関心を向けないとなと思った。
疑いと変化を恐れないマインドを作る良い映画でした。

<作中の偉人の名言>

“Reasons is the Soul of the law.”
- Thomas Hobbes
「理性こそ全ての法の魂とな」
- トマス・ホッブス

“I ask no favor for my sex. All I ask of our brethren is that they take their feet off our necks.”
- Sarah Grimké
「私は女に何も望まない。女の足を引っ張るなと男に言いたいのだ。」
- サラ・グリムケ
comachi

comachiの感想・評価

4.0
私の好きな女優さんがおすすめしてて、
視聴開始した作品。


主人公の女性の姿に私も頑張ろうと
優希を貰いました。憧れる。
Yume

Yumeの感想・評価

4.8
ルースの言葉ひとつひとつがとても強くて好きだった。女性としてすごく刺激を受けた。
ルース・ベイダー・ギンズバーグの若い頃を描いた映画。学生の頃からその後の人権運動のとっかかりになる判決までを描いた作品。予想以上に精力的な人で努力家だなと感じた。
エリート同士の夫婦っていうのも当時は珍しかったんだろうな、と思う。
KNN

KNNの感想・評価

3.7
当たり前といえば当たり前ですが、ドキュメンタリー版RBGを観た方が丁寧。
それでも、群衆、人だかり、“男らしい”男たちの姿。
まるで群れを成しているのは旧時代の人間たちにも見える。
彼女が何に、どこに身を投じたのか。
全て捉えた上で、美しいあのオープニングはすごい。
Sorano

Soranoの感想・評価

4.3
全然話聞こうとしてなかった奴らが最後にはみんなが少し尊敬するような眼差しをもってルイースの話をきいてた。  

女子トイレがないとか今の時代ありえへんけど、ありえへんってなってるこの今の時代を作り上げた一人。
かっこよすぎ
SPECTER

SPECTERの感想・評価

3.5
女性としては2人目の連峰最高裁判事として活躍したルース・ベイダー・ギンズバーグの若い頃の物語。
今のように男女平等が普通になっているのは当たり前ではなかったんだと思わせてくれる作品だった。
当時は珍しく女性差別を無くすことに理解を示す夫も素晴らしかった。
ルースはご飯を作らず、夫が作っている描写は当時では先進的だと感じた。
shin

shinの感想・評価

3.7
もちろん素敵な話ですが、こんなに簡単に(本当は全然簡単ではなかったというのはよくわかっていますが)法律の先例が覆るのか...と思ってしまいました。
お世古

お世古の感想・評価

3.9
ストーリーとは関係ないですが、1950年代の女性のファッションを見れてイイ
>|