女神の見えざる手の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

みみみ

みみみの感想・評価

4.0
「ハウスオブカード」で政治のあーだこーだを訓練されてしまってる脳内だから、もっとやれ!感は出ちゃったけど、ジェシカチャスティン様の病的な美しさとテンポのいいストーリー展開で2時間越えだけど、まったく飽きずに見れたぞい!続編やってほしい。
tkred2046

tkred2046の感想・評価

4.6
『女神の見えざる手』政治を影で動かす敏腕ロビイストをジェシカ・チャスティンが圧倒的な存在感と鬼気迫る演技力で魅せる。
そこまでやるか!と何度も思わせる大胆かつ用意周到な主人公に誰もが驚かさせる事間違い無し!
女を見下し、保身と利権ばかり求める最低の男達に鉄槌を下すヒロインにとてもスカッとした!
銃乱射事件に絡み、銃規制法賛成派と規制法反対派で別れて壮絶な選挙表集めが展開されるのも、とてもタイムリーで考えされられた。
現時点で今年の洋画マイベストワン!
knn

knnの感想・評価

3.5
ついていくのに必死、英語ができたらな〜〜もっとおもしろいと思う
ぶんず

ぶんずの感想・評価

4.0
凄かった!これは観る予定の方は絶対ネタバレ禁止だね。
前半、スピード早いし早口なので字幕追うのに必死。私の頭脳では??がいっぱいで理解するのに付いて行けず途中睡魔に襲われたが、後半はもう怒涛の展開に引き摺り込まれて前のめりになって観てた。前半ついてけなかったのをかなり後悔だわ。面白かった!伏線回収の為にももう一回ちゃんと観たいかも。
Tami

Tamiの感想・評価

3.8
5 years minimum

いやぁ痺れた!これに尽きる。

成功、境界線、信頼、覚悟

正しいと信じたことを貫くのに、タブーは許されるのか?
これ、核心的な生きる問いだな…
正義は女子が切り開く?!笑
いや、こんなにカッコ良くはムリだけど、せめて映画を観ている間は夢をみせてくれ。

プレミアム試写会に誘われて鑑賞。
観られて良かった一本でした。
jocx

jocxの感想・評価

3.8
テンポが早く字幕を追うのに必死!しかし、あっという間の時間。日本では馴染みのないlobbyist。頭の切れる方が勝つ。とにかくカッコイイ主人公。しかし勝負に拘り思想を貫くあまり、時に人の気持ちを置き去りにしてしまう。孤独と闘い、政治家、マスコミに対して騙し合い、人とのやりとり、計算、仕掛け、lobbyistってスゴイ‼️最後に笑うのは⁉️
ジェシカ・チャスティンの力業炸裂
パワフルな女の弱味を隠しながらの働きバチっぷり
味方を騙し切れてナンボの世界がおもしろい
ファッションのこだわりにも拍手
最後の最後まで緊張が続き、口の中がからからになってしまう。
だれることがない、久々の緊張だ。二転三転する話に振り回されそうだ。
そして最後に激震。ロビイストという、非情な仕事でどんどん敵も味方も切り捨てて行く。

銃の恐怖にさらされたググバサ=ローの対面する場所が
だだっ広い空港なのが、なかなかいい雰囲気を出している。

典型的な法廷劇にロビーストという要素が重なった二重に楽しめる映画だ。
オリンピック誘致、トランプ当選…その決定はロビイストが左右していた!天才ロビイストが政府もマスコミも世論も動かし、銃社会アメリカに究極の一手を仕掛ける!逆転に次ぐ逆転のノンストップサスペンス!
michan

michanの感想・評価

4.0
鑑賞する少し前にラスベガスで銃乱射事件があり「銃規制」を扱う本作はタイムリーな内容だった。
この映画は何と言ってもジェシカ・チャスティンの演技が見所。
異常なまでの完璧主義かつ合理主義でワーカホリックのミス・スローンはジェシカ・チャスティンが演じたからここまで魅力的になったんだと思う。
勝つためなら私生活は全て犠牲にして、平気で周囲を裏切り、ボスに黙って単独行動。絶対敵に回したくない、恐ろしいと思うけど、彼女に引き込まれる。
敵の裏の裏をかくミス・スローンに観衆も騙される映画。
>|