女神の見えざる手の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

女神の見えざる手2016年製作の映画)

Miss Sloane

上映日:2017年10月20日

製作国:

上映時間:132分

4.1

あらすじ

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に…

天才的な戦略でロビー活動を仕掛けるエリザベス・スローン。真っ赤なルージュで一流ブランドとハイヒールに身を包み、大手ロビー会社で花形ロビイストとして辣腕をふるう彼女が、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍する。アイデアと大胆な決断力で、難しいと思われた仕事に勝利の兆しが見えてきた矢先、彼女の赤裸々なプライベートが露呈し、重ねて予想外の事件が事態を悪化させていく。勝利の女神は誰に、どんな風に微笑むのだろうか…?

「女神の見えざる手」に投稿された感想・評価

「女神の見えざる手」観了。

ロビイストの法廷サスペンス、位しか説明が出来ないです。良かったところ挙げるとネタバレになっちゃう。
ネタバレ避けて挙げるなら、画の撮り方が計算されているところ、ラスト十数分の展開の2点がとても気に入りました。

最近流行りの、イギリス人監督のアメリカ映画。脚本は、イギリスの弁護士出身の方とのこと。なるほど、納得。
canonon

canononの感想・評価

3.5
ロビー活動というものを知らなかったこともあり、難しくて話についていけませんでした。。( ̄▽ ̄)字幕についていくのもやっとどころかついていけなかったです。

ギリギリの精神状態で魂をすり減らしながら正義を貫く様子、また孤独感や弱さ、不安定な部分も描かれていたのが人間らしくて良かったです。

ロビー活動に興味は持てました。
もう一度集中力が高まっている時にチャレンジしたいです( ̄^ ̄)ゞ
MOE

MOEの感想・評価

3.8
国の政策立案を通過させるための「戦略」のプロ、「ロビイスト」の切れ者の女性が主人公。ここまでえげつない調略・某略の物語は、いい意味であんまり見当たらない気が個人的にしました。


アメリカにおける銃規制法案を通過させるために、ライバル社に移籍して元同僚と対立しながら策を弄するロビイストをジェシカ・チャスティンが演じます。勝つことが至上、勝利のためには他者を利用することも厭わない彼女の辿り着く果ては法廷でした。しかしそれすらロビイストにとっては「ステージ」の一つに過ぎなかった。


ラスト10分の展開が胸熱です。某略・調略ものが大好きな自分にとっては胸のすくストーリーでした。ジェシカのクールすぎるお仕事ファッションも見所のひとつ。個人的には最後に彼女が選択した身の振り方も非常に納得でした。彼女にとっては生存戦略でもあっただろうなと思います。
しきぶ

しきぶの感想・評価

3.6
主人公がヒーローではなく、エゴイストの塊だとする、ラストカットの残酷さが好き。
自分が犠牲になることで目的を達成させんとする主人公と、不本意のうちに自分が矢面にたたされた部下の黒人女性が見つめ合うカットの哀しさ。密偵となっていた元部下にはそういったシーンは用意されず、メモのはしがきで見せる上品さ。
鏡の使い方も最高。メイクをなおして、コメントが求められるわ、と鏡ごしで告げる怖さ。
megさん

megさんの感想・評価

4.2
期待を大きくし、初めからセリフの勢いについて行こうとがんばって観た…すごーく面白かった!

ロビイストという仕事は日本ではあまり(まだ?)なじみがないので、その内容に驚く。
映画の創作の中のことなので極端だったりしているのだろうが、アメリカでは ロビイストが職業として存在し、世論や政治を動かしているとなると、それらはお金と裏のかき回しみたいで、それが本当によい政策につながっているのかは疑問だと思う。 現実はどうなのかなぁ。

それにしてもこの映画に出てくるロビイストはクールなのに、政治家(議員)たちは 愚かな人ばかり。

ストーリー展開はよく、俳優陣もいろんな個性が描けていて、今年おもしろかった作品の首位か?という感じ。

上映前の予告で 「ユダヤ人を救った動物園 」を観たが 同じヒロイン 、ジェシカ・チャスティン。
是非観に行こう。

ラストでスローンの視線の先にあったものはなにかな? もしかして続編の予感?と思った。
もし次作があるなら、またあの鋭いハイヒールと黒のスーツのカッコいいスローンに会えますね。 スローンがロビイストになるまでにも興味がある。
Shiren

Shirenの感想・評価

4.5
・日本ではほぼ馴染みのない、クライアントの利益を政治に反映させる活動を行うロビイストという職業をフォーカスした作品。主人公は勝つことのみに拘る超凄腕の女性ロビイストであるが睡眠時間を大量の薬物摂取で削り、性欲さえも男娼を雇って解消するという仕事第一の徹底した超合理主義。恋愛要素を一切持たせないヒロインの映画は物凄く斬新。
・兎に角徹底して政敵に勝つためにしか行動せず、一切手段を択ばない主人公の詰将棋のような戦略が凄すぎて、もう「うわーそこまでやるかー」という感想しかない。絶体絶命からの最終の一手には痺れまくりである。全然関係ないジャンルだけれども攻殻機動隊の主人公である草薙素子を連想せずにはいられない。
・鑑賞後は主人公のジェシカ・チャステイン以外誰が出演していたっけ?という他の出演者のことがちょっと思い出せないくらいの強烈なインパクトのある映画。いやこれホント面白いけれど、題名は原題の「ミス・スローン」のままの方がよかった気がする。
Eriko

Erikoの感想・評価

4.0
エリザベス・スローンは勝つために手段を選ばない敏腕ロビイスト。私生活も省みず、目的達成の為に尽力する姿は逞しい。

心が無いように思えて、でも何か大きなものを抱えているのは分かるけど、それが何なのかは最後まで出てきませんでしたね。なぜそこまで勝ちにこだわるのか、なぜ人を騙すのか、彼女の生い立ちが気になります。

マーク・ストロング好きなんですよね〜冷静で紳士的で。今回も安定感のある良い役してました。

相手が切り札を使い切ってから、こちらの切り札を出す。繰り返される言葉の通り、最後の切り札の出し方に痺れました。
Mi

Miの感想・評価

4.0
純粋にストーリーだけでこれだけ楽しめる映画に久しぶり。
始めは難しくてついていけるかなって思ってたけど、意外と細かいところ聞いてなくても楽しめた笑
ジェシカの演技力中々だったけど、彼女の過去にもう少し触れて欲しかった気もする。観客に考えてもらおうタイプなのかな。
ロバートいいやつだったけど、日本人的にはもう少し色っぽい人が良かったな笑
momo

momoの感想・評価

3.9
私はフェミニストではないですが、キーを握るのが全て女性だということに感銘を受けてます。10年前に作られてたら、日本で作ったら、女性だっただろうか?
『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープが好きなら、ドラマ『グッドワイフ』が好きならハマる。ドラマ『フィクサー』より強力。
記録
アメリカや韓国はこんなふうに政治家の悪事やロビー活動を映画にできるのに、日本ではできないのかなあ。
ロビー活動にはネガティブなイメージが強かったけど、見方が変わりますね。実際の仕事でも見習うべき部分が多かったように感じます。
確かに敵にも味方にもしたくない、外から見ていたい人でした。

ラストもスカッとしたけど、あれは映画的すぎたかなって後から思ってしまいました。報いは受けてたけどね。
>|