ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

yum

yumの感想・評価

3.5
アメリカに関わらず、政府には隠し事がたくさんある、と思わずにいられない。トップにコントロールされる国民があってはならないと、隠された戦争の事実に立ち向かった新聞社の実話。
今のメディアにこの勇敢さはどのくらいあるのだろう。どのくらい人が、真面目にニュースを受け入れるのだろう。
取捨選択が個人に任されるこの時代に描かれるべき話だと思った。
終始そんなに盛り上がらなかったなぁ…。
盛り上がりどころが少ないというか…。最後、報道の自由を勝ち取ったけれど、別にみんな報道の自由のためにスクープするんだ!みたいな意気込みでもなかったし。むしろ、「あの会社に負けてたまるか!」「女社長でバカにされてたまるか!」みたいな私欲のうえでの決断みたいな感じに見えてしまって。
いろんな理由があってワシントンポストにしたのかもしれないけれど、ニューヨークタイムズの方が主人公じゃんって思っちゃうなぁ。
見ても見なくてもいい作品。
PEZ

PEZの感想・評価

2.9
この辺りのアメリカ歴史に興味が無いと、楽しく観ることはできない。
メリルストリープが見どころをほとんど持っていってしまい、トムハンクスの影が薄く感じる。
ラストのウォーターゲート事件を示唆するシーンは要らないと思った。
yoko

yokoの感想・評価

3.3
メリル・ストリープやっぱ演技すごいなあ。

ラストシーンよくわからなくて解説読んじゃった。
Kazumi

Kazumiの感想・評価

4.4
トム・ハンクスが熟してきて美味しい!
大女優メリル・ストリープの横に並んでても違和感がない。

執念と情熱に思わず胸が熱くなる。

裁判所から出てくるケイを見つめる女性たち。判決だけでなく、先駆けとしての羨望も勝ち取った。

「大統領の陰謀」に繋がるエンディング。
ウォーターゲートビルの窓、侵入者に気付く警備員、懐中電灯の明かりに反応する見張り役…また見たい。

ノーラ・エフロンを知らなくてググったら、映画評論を見つけて更に胸熱。
メリル・ストリープが判断に迫られそして意思を固めるまでの一瞬の息遣いと目の動き、心の揺らぎや葛藤が素晴らしく表現されてた。
素晴らしい女優さんだわー

出てくる一人一人、全員かっこよかった。信念持って働くっていいなぁ。
いい映画だった。
晴子

晴子の感想・評価

2.8
興味のないジャンルは見ないのですが、
面白かったです。
日本でももっと本来あるべき形のジャーナリズムがあればなぁと思います。
Corey

Coreyの感想・評価

4.0
これ観てからシークレットマン観たらウォーターゲート事件は完璧
ほのか

ほのかの感想・評価

4.2
戦争とは
国家とは
報道とは
結局は全て感情で動いてしまうのが人間なんだろうな〜。

自分が今何をするべきなのか、
客観視する。
メタ認知できてる人が成功するんだな
さとし

さとしの感想・評価

3.9
口コミに最初は眠くなるとかあったけど、なんのその。確かに登場人物は多いけど、テンポも良く、役者の演技力もありで、ひきこまれた。
最後の終わり方なんか、続編あってもいいくらいに面白い!
>|