カプール家の家族写真の作品情報・感想・評価

「カプール家の家族写真」に投稿された感想・評価

ntk_m

ntk_mの感想・評価

4.1
ポスターの感じ、踊り狂うだけかと思ったらやや重ための家族の話で、いい映画でした。インド人だと思うと、お兄ちゃんの抱えるものの大きさも考えてしまう、、
Kaori

Kaoriの感想・評価

3.5
香港行きの飛行機の中で見た
ちょっと前のことだからあんまり覚えてないけど、いい映画だった
家族について、幸せについて、考えさせられた
ゆきち

ゆきちの感想・評価

4.0
ポスターを見た感じではボリウッドらしく楽しい映画なのかと思いきや、家族それぞれの問題を抱えて久々の再会。結構ドロドロ、見ていてなんか悲しくなる親子関係。
結局、お互いの全てがバレて、剥き出しにし合い乗り越えてハッピーエンドだけど幸せについて考えさせられます。

キネカ大森でも見逃したけどANAの機内で見られて良かった
Natsumi

Natsumiの感想・評価

3.8
伏線が読めず、展開にドキドキできた。

(自分の家と違って)家族がちゃんとそろっている問題なさそうな家でも、お互い色々な軋轢が生じることがあって、許しあうこと、話し合うことが大切なんだなと思った。

家庭というのはやっぱり今の自分をかたちづくるルーツなんだなという気付きを与えてもらえた。
ポスターから陽気な作品を想像していたがかなりシリアス。ポスターだけでなくストーリー展開でも予想を裏切られ続けた。それが伏線になるのか!と多々驚かされる。家庭の空気の変化がゆったりだけど劇的で観ていて非常に緊張した。あと、一応ナチュラルに踊ります(笑)
柿

柿の感想・評価

4.8
キネカ大森のIFFJ2016というインド映画祭の映画を観に行った。日本でDVD化されてないやつ。

テーマが家族。こんなにも辛くてやり切れなくて苦しい映画はないと思った。家族ってほんとに知り合いや恋人の関係とは絶対違う。当たり前だけどそれがこんなにも感じさせられるとは思ってなかった。うまく文章化できない。

家族の関係は切っても切り離せないってこういうことなんだろうな。

この家族は家族だけどお互い本当のことが言えない。言ってしまえば家族関係がうまくいってない。もうすぐで崩壊しそうだった。愛が足りなかったっていうのもあるのかな。そこにおじいちゃんの心臓発作によってアメリカにいた2人の息子がインドに戻ってくる。最初はずっと昔から抱えていたそれぞれの家族の恨みがぶつかる。でもだんだん打ち解けて観てる人もほっとする。そこからあの感じよ。ラスト40分が苦しい。お互い後ろめたいというか割とguiltyな秘密があって家族だからそれを知ったら余計傷つく。というか絶望する。そこからどんどん悪い方向にいき、、それでも家族は家族として支え合わなければならない。

やはりあのおじいちゃんは変態じじいだけど大切なものを持ってたんだな。

ポスターとか楽しそうだからで観に行った結果、不意を突かれた映画だった。久々にうるっと来た。
やはりひいきとかじゃなくてインド映画は良い作品ばかり。もっとこの魅力を多くの人に伝えられればいいのに。わざわざ大森まで来て良かった。
Masumi

Masumiの感想・評価

3.5
161007

笑えるシーンもあるものの、ラスト衝撃...。
観終わった後、しばし呆然とした。
ボリウッド映画の時代の変化を感じた一作。
エマ

エマの感想・評価

4.2
おじいちゃんの入院を機に離れて暮らす兄弟が実家に戻って再集合したカプール家。お父さん、お母さん、兄弟と4人それぞれに抱える秘密や悩みによって衝突してばかり。果たしておじいちゃんが望むカプール家の家族写真は撮れるのか。

IFFDにて。時間がここしか空いていなかったので、特に期待をせずに見たけれど大当たり!家族それぞれに秘密を抱えていたり、大切な存在なのにケンカしたりするのは万国共通。でもお互いを見つめ直して認め合う姿に感動して涙。もう一度見たい、DVDでないかなあ。
ストーリーはまぁあるあるなんだけど、ダンスシーンがちゃんとストーリーにリンクしてて新たなボリウッドだな、と思った。アーリアーバッドの下ネタキャラが可愛かった。
IFFJ2016にて
インド映画の中の妻と母って
耐え忍んで家族を支えイメージ。
この映画ではそんな因習にとらわれている
人物が登場しないのでインド映画も変わったもんだと思った。
>|