銃弾の饗宴 ラームとリーラの作品情報・感想・評価

「銃弾の饗宴 ラームとリーラ」に投稿された感想・評価

かき

かきの感想・評価

3.3
圧倒的なビジュアルと構成でせめてくる。
ヒロインのベリーダンスが
とても素晴らしいが胸が痛い。
何年か寝かせてじっくりと見るそんな1本
GAMAKO

GAMAKOの感想・評価

4.0
*特徴______________

インドのロミジュリ映画
_________________

初見、バンサーリー監督映画。
もうこの方に一生ディピカー様を撮って頂きたい。
映画の一瞬一瞬が美しく惚れ惚れします。
ラムとリーラのわちゃわちゃダンスシーンも最高です。
後にシン様とディピカー様が本当の夫婦になると思うと余計ニヤけますね。

ストーリーはロミジュリのリメイク(?)って事でやはり切ないー。
お互いが対立する種族の、長の子供故の禁断の恋、駆け落ち、掛け違い、自害。

キャラにもなくこんなベタベタなロマンチックストーリーに感動してしまった。

※本レビューは、英語字幕で視聴の為
何言ってたか半分も分かってない人間が書いてます。
Miyu

Miyuの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃ良いよケミストリー半端ない
これの死なないでみんなから祝福されたバージョンがそのまま今のランヴィールとディピカみたいな
2人の良さ大爆発してるもうとにかく良い
ひとな

ひとなの感想・評価

5.0
歌って踊って、豪華な衣装と舞台もあり、キャスティングも素晴らしい。
インド映画のインド映画らしい要素が高いレベルでバランスよく詰まっている。
s0o0gle

s0o0gleの感想・評価

3.0
原題 : Goliyon Ki Rasleela Ram-Leela

IFFJ(Indian Film Festival Japan)って見に行かなかったんだけどそのおさらいがキネカ大森でやっていたので見に行った。そう、Deepikaを観に、それも大画面で。

話としてはこれまで何度か言及してたけど私の嫌いな救いのない暴力物語という感じ。指切るシーンとかグロくて凹んだ。

よく考えたら劇場でインド映画を見るのはこれが初めてで、半年くらいインド映画観続けたけどやっと劇場でDeepikaを観れたという喜びを感じながら観ていた。映画祭もありがたいけどそもそもが配給増やせよクソ。
meg

megの感想・評価

5.0
まず1番はディーピカちゃんが美しすぎた。衣装が豪華で華やかでよりディーピカちゃんの美しさが✨
ランヴィール・シンさんも筋肉すごくてめちゃくちゃ男前でかっこよかった。
インド版ロミオとジュリエットと聞いていたからなんとなく結末は想像できてしまったけど、やっぱり悲しすぎる。愛する人同士殺し合うなんて。恋に落ちて、でもすれ違い、憎み合って、それでも愛し合っているのに。
対立が終わったから、生きてたら一緒になれたことを2人が知らないままなのが辛い。
悲しいクライマックスだけど、歌も踊りも盛りだくさんで華やかな映画で好き。
てれ

てれの感想・評価

5.0
愛に生きた男女の美しくも哀しい物語。衣装と建築物と歌と踊り、全てが豪華絢爛。傑作。日本全国公開を切に願う。
主演2人は本当に美しいし映像も美しい、でも観ていて最初から最後までなんかずーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと違和感とその違和感へのイライラ感が絶えなかった、この監督の作品に自分はまったく合わないことを痛感した、個人の問題です本当に申し訳ございません
ICW
オームシャンティオーム振りに観たディーピカちゃん
美しい大人の女性に成長していた…
前半の楽しい歌とダンスシーン、出会い、恋、からのすれ違い
あんなに楽しそうだった二人が憎みあう姿、なんでこんなにも上手くいかないのか、もどかしくて悲しかった。
インド盤ロミオとジュリエットと聞いていたので結末は大体分かってたけどあまりにも悲しい。。。
でも二人は納得したんだろうなー
曲良い

ディーピカちゃんを最高最高に美しく見せる至高の衣装
可愛すぎる

話は、、、普通!
6月にバンサーリ監督の最新作が日本で一般公開?されるときいて楽しみすぎて涙が
みんな世界一の美女を見て!!!
>|