公共の敵の作品情報・感想・評価

「公共の敵」に投稿された感想・評価

八咫

八咫の感想・評価

3.1
殺人の追憶の人が主人公。
テンポよく観れた。日本と統治機構とその信頼性が違うからか、これは映画だと割り切ればいいのかとんでも刑事物だよね。韓国でヤクザが小学生にまでカッコ良いものとして認知されてるのも映画だからだよね…?


脚本 3
美術 3
演技 3
演出 3
チープ感のなさ 3
満足度 4
その他(音楽、カメラワーク)
韓国屈指の演技派ソル・ギョングが、やさぐれた刑事役を好演。
老夫婦惨殺事件の真犯人に迫っていく。

物語的には大きなひねりはないものの、ストレートに刑事たちの熱が伝わってくるし、ほどよくユーモアも散りばめられていて、硬軟のバランスが良い作品。

韓国サスペンスは、どの作品を見ても、主演俳優だけに頼らない脚本がしっかりできていて、ハズレ作品がない
Makoto

Makotoの感想・評価

4.0
韓国版リーサルウェポン、単独行動だけど。キチガイデカ。
上司に同僚も愛すべき仲間たち
あらすじを読むと「殺人の追憶」風なのかな、と思ったけど違った。
韓国らしいと言ったら失礼だけど、腐敗を描かせても徹底して腐敗感を出すので観てる者も時折「そこまで〜」と退く。
容赦のなさも然りだ。
でもどこかに韓国特有の小気味良さやおフザケも忍ばせ、それに慣れれば堪らないものなのだ。
KAIMAR

KAIMARの感想・評価

3.6
ソル・ギョング主演。
熱血漢溢れる野蛮な刑事と、少年達を育てるヤクザ組織。
ある日 殺人事件が起き少年が自首してから・・・・
いわゆる韓国サスペンスというよりも、かなりコメディーとドラマ色が強い珍しい作品。 まだ安心して見れる作品かな
カン・ウソク監督作品。「名もなき野良犬の輪廻」のカメレオン俳優ソル・ギョング主演映画。江東署強行班カン刑事は刑事になって12年。破天荒な行動で民衆の敵を蹴散らします。今回は両親の殺害犯逮捕に獅子奮迅です。班長のカン・シニルもお気に入りです。
危険エナジーほとばしるソル・ギョングがとにかくカッコいい!

コミカルな展開に「しょっぱなの激鬱シーンはなんなんだ?」と引っかかりながらも中盤以降は大好物の激熱サイコ惨殺クライム捕物帖へ。「警察は人民の盾である!」頑張る現場。「あんな事しちゃう奴は人民の敵である!」暴走する江東署強行班刑事カン・チョルジュン。全然良い刑事ではないけれど独自のモラルでもって断固として譲らないカン・チョルジュン。顔面もキャラも立ってるわイイわ!

Vシネぽいのは古いからか?
悪に染まりきれないGOOD刑事もの『最後まで行く』『チョ・ピロ 怒りの逆襲』あたりにスピリッツ受け継がれてる?
続編も観よう。
ああそうか。しょっぱなの激鬱シーンはカン・チョルジュン覚醒のきっかけか。

チンピラ役がことごとく味があってイイ。イ・ムンシク、ソン・ジルは馴染みないんだけど、ナイフの達人ユ・ヘジンは一見の価値あり。
小森

小森の感想・評価

-
硬派系暴力刑事VSサイコパス。雨の中野糞するシーンがドラマチックだった。
韓国の刑事モノでは傍若無人な刑事が沢山出てくるが、カン刑事はかなり最低の人間性。

野○ソシーンもインパクトあり。

シリアスなストーリーなのだが、ギャグ調の展開が光る。

反面ストーリーは浅いし、アクションとしても中途半端。

約2時間半も尺を取る必要があったのかは疑問だ。
lim

limの感想・評価

4.2
그때 그시절 감성이 물씬
욜라 재밌다

공공의 적은 배척해야한다
>|