EVERYTIME WE SAY GOODBYE/エヴリタイム・ウィー・セイ・グッドバイの作品情報・感想・評価

EVERYTIME WE SAY GOODBYE/エヴリタイム・ウィー・セイ・グッドバイ2014年製作の映画)

製作国:

上映時間:16分

3.3

あらすじ

「EVERYTIME WE SAY GOODBYE/エヴリタイム・ウィー・セイ・グッドバイ」に投稿された感想・評価

2014年日本/16分

あらすじ
妻が末期ガンと分かった日、夫は「したい事なんでも言って」と言い、妻は「じゃあツチノコ探しに行こう」と告げた。子供のいない夫婦はツチノコを探して季節を廻る。笑いあって、愛する者の為に、ただ笑いあって。



末期がんの妻の「ツチノコを捕まえたい」という願いを叶えるために、全てを投げ打った夫。
夫婦は取り戻せない時間を取り返すかのように旅を続ける。
ゆったりしたムードが心に残る、寂しいけど可笑しい16分。
鑑賞後、ふたりにとっての「ツチノコ」とは何だったんだろう? と考えると、それは特別にツチノコでなくてもよかったんじゃないかと。
ゴールがない宝探しのようなものであれば、夫婦でずっと過ごせる時間を作ることができれば、奥さんは何でもよかったのではないか。
そんなふうに考えると、この作品の奥行きがさらに広がる。
身近にいる人の大切さを再認識したくなる一編だと思った。
牛猫

牛猫の感想・評価

2.8
「ツチノコを見つけたい」という余命わずかの妻の願いを叶えるために、夫婦でツチノコ探しの旅に出る話。

ツチノコ探しというゴールのない目的が2人の時間の尊さを際立たせていて良かった。
どちらかに死が迫ったカップルとなると、死ぬまでにやる事リストみたいな形にしてしまいがち。「君の膵臓をたべたい」とかモロそんな感じだったしね。別にそれが悪いとか言うつもりは全くないけど、それだと達成する度に終わりが近付いていくようでどうしても悲壮感が出てしまう。
一見バカバカしいようだけど、そんなバカバカしい目的がこのカップルの関係性や彼女のキャラクターを表していて素敵だと思った。
しかし、もし自分だったら残された時間をツチノコ探しに使うのはもったいなくてできないかもしれない。そんな贅沢な時間の使い方も残された夫に生きる意味を残すという奥さんの愛情だったのかもしれない。

山の上からの絶景はできればカラーで観たかったけど、白黒だからこそ奥さんの表情や声色に感情がのっていたような気がした。
MaIKo

MaIKoの感想・評価

3.2
いい具合にファンタジー要素とリアリティが含まれた作品だったかなあ。
ほんとにショートフィルムも色々な作品があって楽しい
yu

yuの感想・評価

-
モノクロ映画というよりカラーから色を抜いたみたいな質感の映像が印象的だった。
chaooon

chaooonの感想・評価

2.8
末期癌を患った妻が告げた「やりたい事」、それは「ツチノコを探す」事だった…!

ツチノコってとこにインパクトはあれど、ザ・王道な余命ムービー!ショート版。

あぁ…苦手なんですわ、余命系は…🤣

ツチノコのインパクトと共にもっとコミカルなら楽しかったんだけどなぁ〜🤔

自主制作感が出てしまってる感じも、ちょっと演技っぽいところも気になってしまいました…。

最後の真っ白になっちゃうところだけ、めっちゃ好きだった😌笑った!
年末年始アンコール配信
末期癌の妻の願いを叶えたい夫
ツチノコを探す事になり諸専門家を訪ねるが一向に見つからず…
生きる意味を指し示すような感じなのかと思いきや本当に現金や生活の心配故のようでえぇ…って感じ。
二人の関係性も違和感があって腑に落ちないまま終了。
m

mの感想・評価

-
名前を呼ばせるために意地悪するのがかわいいけど、実際やられると心臓に悪い
霖雨

霖雨の感想・評価

2.7
とりあえずモノクロにすればいいってもんでもないと思うんだけど。

末期だからこそ見つけられないもの、終わらない願いを言ったのならわかるけど、本気で夫に賞金を残すためならなんだそら、となる。

その後の生きがいを作るためとかなのか。

語りすぎ。説明的すぎる。

作品を通して一番気になったのは監督名のqurataのところ。
えいわ

えいわの感想・評価

2.5
何故ツチノコなのか理由が分からなくてモヤモヤ。
本当に意味がないのか、ともちゃんの真意を教えて欲しかった。
y

yの感想・評価

3.0
先に死んだ妻が夫に残した生きがい。
(レビュー見て後から同感した)
>|

あなたにおすすめの記事