ライフのネタバレレビュー・内容・結末

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

船内のせまい通路の、無重力の長回しはすばらしい。船内がすごくリアル。
最初の友好的な雰囲気から一転、恐怖が広がっていく展開はよかった。
ストーリーはほぼ『エイリアン』かな。船外に出たり、逃げ回って隔壁閉めたりと、王道というかありきたりだけど、追い詰められていく緊迫感で最後まで観れた。
生命体の造形は最初はよかったけど、結局タコ系かいなって感じ。
キャストが豪華 ライアンレイノルズが一番に死ぬのはビックリした いいキャラだったのでもう少し生き残って欲しかった

ラストはなんとなく予想出来たが後味が悪い…
名立たる俳優を集めてるのに
あっさり残酷に退場させるのは贅沢な気が、、
ラストには救いなし。
一言でいうとエイリアン
退屈しないが新鮮さは無し
先の読める映画

ただ、キャストはいいかな
こういう系を観る度に、たしかに地球以外で生命体が存在していてもおかしくはないよな…と思う。

1人、また1人と死んでいくというのはお決まりだが、案外はやくライアン・レイノルズが死んでしまい拍子抜け。内容もありふれているが、キャストはよい。真田さん演じるショウはかわいそうで、彼がいちばん助かってほしかった。個人的には。

エイリアンと比べてもそこまでおぞましい光景はないし、一応PG12指定はついているが気軽にSFスリラーを楽しむにはちょうどよい作品だった。

だけどイカやヒトデ的なものには今後触れたくないかも(苦笑)ラストは、こうなったかー!という感じ。
ずっと観たかったSFホラー!
予告のシーンを楽しみにしてたけどなかった??

リアルな残虐展開が続くから後味悪いけど、
本当にリアルだからこそ面白くも感じた
真田広之さんが思っていたより活躍してました。火星人の変貌ぶりにびっくり。最後のほうは蛸にしか見えない。昔の宇宙人のイメージですね。終わり方も予想していたが、夢も希望もない終わり方でした。この続編もあると面白いかも。
宇宙船というクローズドサークル内での地球外生命体との戦い(とゆーか逃亡戦)、シンプルで良いですね。
ライブアライブSF編が好きなので凄く楽しめました。

ラストのオチは意見が分かれるだろうな…自分は最高だと思いました、ありゃ地球滅びたな(確信
真田広之が予想以上に生き続けたことには驚いた。
よくわからなかったのは、脚が不自由な人の脚に絡み付いていたエイリアンはどこから来たのか?繁殖したのかなと思ったが、そうでもなさそう?
豪華キャストに期待したけど、ライアン・レイノルズが最初にやられてるし、真田広之は特に見所なかったし、博士は足に奴がいるなら早く言えって感じやし、ヒトデとタコとヘビを合体させたようなエイリアンの造形は今一つだし、ジェイク・ギレンホールの最後のオチもとってつけたみたいだった。
>|