ライフのネタバレレビュー・内容・結末

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

大概、タイトルに「ライフ」がつくと、いい感じのヒューマンドラマになったりするのですが‥‥

ジェイク・ジレンホール、ライアン・レイノルズ出しておいて、まさかの展開でした。逆に斬新。ってかカルビン最強です。内側から食うって!

そもそも、砂の中から未知のもの見つけて、宇宙ステーションで培養してる時点で超絶危険。最悪、ソユーズで宇宙の彼方に飛ばすつもりでした、って、それよりも良い案あったんやないの?と、お金の使い方に驚きです。

などなど、奇想天外すぎでしたが、エイリアンやプレデター等でやりつくした感があったこのジャンルにおいて、久々の前のめり感でした。カルビン目線の映像は、エイリアン3を彷彿とさせましたが。

翌日の弁当の舞茸が思いがけずカルビンっぽくて、酸素トーチあげなきゃ!などと思ったりしました。
ラストの胸糞の悪さがなんとも言えない。しばらく呆然としてしまいました。
カルヴィン、ハリウッド版ゴジラvsキングコングに殴り込み待ったなし!

序盤の長回しシーンは『ゼロ・グラビティ』にも通じるものがあって、見応えありました。
急速に成長していくカルヴィンの造形が禍々しく変化していくのも、観ていて飽きなかったです。
エンドロールの曲がストーリーとかけ離れた明るい曲だったのもグッド!笑

想像を掻き立てられる恐怖演出を見事に演じ切ったライアン・レイノルズ…にしても、退場早い!主演じゃない時の彼の扱いって毎回こんな感じなのでちょっと笑ってしまった。(^^;

死と隣り合わせでもなお、船員を救おうとする船長。SFパニック映画にありがちな叫ぶだけのキャラではなく、冷静なところは好感がもてる。
以下、エイリアンと同じ部屋に閉じ込められた時の反応の違い
コヴェナント「早く開けろ、このくそ女!」
ライフ「指示を出してくれキャプテン」
この差ですよ。笑
まぁエイリアンの方がインパクトが大きいので仕方ないのかもしれませんが…。
途中からまさかね、、と思いつつ。
最後はやはりミストばりのどんでん返しがありました。
終わりかたは賛否両論かと思いますが個人的にはありでした。
SFパニックムービーです。
予告編見て面白そー!と思って借りたがイマイチ。
エイリアンのリメイクみたいな感じでストーリー的に目新しさもなく。
異生物はひたすら気持ち悪いし、がんがん殺されるし、おまけにバッドエンディングで救いがなく、正直みなきゃよかった、、、と思った。
好きじゃないです。
圧倒的に強い敵、バットエンディングなど
アメリカ映画では珍しい展開。

ライアンレイノルズがもっと活躍すると思いきや残念。 デッドプール出てくれば勝てたんじゃないかと思う。
ジェイク!ジェイク!
やっぱりさすがだ!
俺たちのジェイクギレンホール!!!
かーーらーーのーーラスト!!
やっぱしかーーーい!!!


SFモノは大好きだけど、地球外生命体モノはただグロいので苦手。だけど観られたのはひとえにテンポの良さと尺の適度な短さのおかげ。うまくハラハラさせていただきました。豪華な俳優陣使っといて中身あんまりないじゃん、って言われても仕方ないかもな、とは思ったけど、このいや〜な手に汗握る感じと俳優陣、ワンシチュエーションの完成度としてはアリなんじゃないかと。少数精鋭で、キャストに金かけたんだろうなあ。


地球外生命体は、やっぱりアンタッチャブル。宇宙にあんまり行きたくなくなる一本。劇場で観たら迫力あったろうなあ、後味は綺麗じゃないけど。
よくありがちなエイリアンもの。

ほぼほぼリドリースコット監督の「エイリアン」を二番煎じしたような内容だが、
ただただ恐ろしかった「エイリアン」とは違う。
今回のカルビン(劇中のエイリアン)は知能が優れている点では共通しているが、手袋を破ったり宇宙服の冷却装置を破壊したりと殺し方が人間みたい…
なので、どんどん好き勝手にクルーを貶めていく姿に悪役のような嫌悪感が芽生えた。
そう思うと新鮮さがある。

ラストはちょっと予想してたが、あのキャストでバッドエンドにするとはなかなか粋である。
真田さんをサムライアクションとSFホラーから解放してあげてください…
最後、救急艇があると言いだした時に興ざめ。。
娯楽としては面白いし、映像がとても綺麗だったために残念。。、
カルビンがクリオネ状態で、バッカルコーンしていた序盤がピークかな。
宇宙服の冷却水漏れが原因で、溺れる描写は意外とフレッシュだった。
>|