ライフのネタバレレビュー・内容・結末

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

宇宙人のイメージを覆すとんでもないモンスター、カルビン。


地球では我が子が誕生し幸せな家庭を持ったショウとは対照的に、半身不随の生物学者、ヒューがカルビンを我が子のように溺愛していく姿。

ラストは予想通り。あぁ、コレはアレね。カルビン諸共カーズ状態になるわけねっ。て思ったらまさかのトラブルで地球に落ちるパターン。

しかもチャイニーズの爺ちゃんが脱出ポッドを開けちゃう。

やめろ!地球滅びちゃうだろ!
SFホラー。カルビン気持ち悪くてこわい。キャストは豪華らしい。終わり方も読める。登場人物のサイドストーリーとかは浅い。
使い古されたネタはこの際許してやろう。
でもあの造形だけはもうやめれってば。
小学生でもできるクリーチャーデザインで、味も素っ気もないわ。クリオネ感もイカタコ感も、食傷気味ざんす。

どうせパケの裏見たら書いてあることだから言うけどさ、この映画のクライマックスはあの、火星の土から生まれたクリオネもどきを「カルビンちゅわーん」とか言いながら指でナデナデしとる瞬間やね。

あそこが、ファーストコンタクトものになるのかクリーチャーパニックものになるのかの分岐点。
まぁ、最初は肩透かしを食らわせておいて、2回目(もうカルビンちゃんは成長してタダのキモイカになっとる)でガブリってのも何のヒネリもなくて絶望したけどな。

キャストが素晴らしいだけに、もったいないばあさんが飛んできそうな作品やったね。

ライアン・レイノルズって、やっぱ主役顔じゃないよなぁ。
って再認識した一作でした。

あ、そうそう。
あのラスト、絶叫しながら宇宙に消えていく救命艇はクソワロタwww
悪くはない。真田さん結構出番あり。エイリアンの二番煎じって言うのはやめて。(笑)
作った人に悪い。。(笑)
メンツは豪華。。デッドプール不死身じゃないの??
私の中でミストとかダンサーインザダークの仲間入りを果たしました。
まさかのライアンレイノルズが最初に、、、。後味もすっきりしないし、予告編の期待値が高かっただけに微妙な感じ。金曜ロードショーとかで見たい
面白かったけど、結局一体何だったのかよく分からなかった。ラストが最悪のパターンで終わり、こっちが来てしまったのかとショックだったなぁ。

カルビンがタコみたいで気持ち悪かった。
ハラハラドキドキ!!!
途中までは面白かった◎
最後らへんは、なんか、読めてしまって
ドキドキしきれへんかった
残念

ライアンレイノルズを
こんなにも豪華に殺してしまうなんて!
カルビン!!
もっとライアンレイノルズが、
頑張ってるところみたかったよ〜

私の中でミストが最強に後味悪い映画なんやけどな、、
ミストの3分の1ぐらい後味悪かった

あぁあ〜👾って
地球人初の宇宙生命体との出会い…
はぁ〜〜〜
怖かった!
ずっとドキドキしてた。
こんなにホラー風なSF映画は
久しぶり💡
プレデターやエイリアン系の
切迫感や恐怖感を感じた。


個人的な不満は
主人公級のライアンが
早々と死んで悲しすぎた…!
扱い勿体無いだろ監督‼︎
もっと活躍させて欲しかったよ〜!
でも大好きなジェイクは
最後まで一応無事(?)だったから、
ギリギリ許します←笑

地球上での戦いも
観てみたいかもしれない
でも続編はなさそうだ〜(^_^)

他の惑星で見つけた初めての生物、カルビン。
ラストの展開は予測がつく感じ。
ただあれだけの知能を持った生物だって分かったんだから、ああなってしまうことをみんな予測できなかったのか?って思っちゃう。

最後のレベッカ・ファーガソンの立場になると想像するだけで絶望的、、、。ゾッとするわ。
>|