ライフの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ライフ2017年製作の映画)

Life

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:104分

3.5

あらすじ

6名の宇宙飛行士が火星で発見した<未知なる生命体>。彼らは知らない――。世紀の発見が大惨劇を招くものになることを。それは、かつて火星を支配した、まぎれもなく宇宙最強の生命体。小さく美しく、無駄なものは一切ない知能と筋肉だけでできている。どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する。最初のターゲットは人間。6人の宇宙飛行士。地球にたどりつく<命(ライフ)>は――。

「ライフ」に投稿された感想・評価

2017/07/22 TジョイPRINCE品川 Sc.9
「ライフ」というより「ホープ」
全編に渡って希望が描かれている
『エイリアン』とストーリーが似ていて、面白さも『エイリアン』と同じくらいで負けていない。
だけど、シガニーウィーバーの下着サービスがあった分だけ『エイリアン』の勝ちだな。と、しょーもない感想を持ったクソ親父でした。
あのパンツは小ちゃかった❤️
タニ

タニの感想・評価

4.0
SFスリラーと書いてて、まぁ宇宙行ってなにかがおかしくなる話だろうというのはわかっておりB級臭だけどキャストでTSUTAYAチョイス。内容もわからずどうせ死ぬだろうから「誰が死ぬ予想クイズ」みたいなの嫁と見ながら。黒人の人か真田かとおもいきや最初のチョイス~!!!そしてその後もベタにつぐベタ!こんなにもベタベタベタエイリアンだとは。横の嫁を見てると怖がりながら手で顔を隠し、小指の隙間から見るというまさかの見方すらベタ!!全てのベタを集めてオチまでベタなのになんでおもしろいの?!!?ギャーギャーいいながら家で見るエイリアンは最高だからです。うわーーぎゃー!隔離するんだー!酸素がー!ぎゃー!!
Natsuki

Natsukiの感想・評価

-
カルビン、、


最後はなんとなく予想ついたけど、
ジェイクギレンホールの役が生きてるっていうすごさ。
ヨウ

ヨウの感想・評価

3.0
火星で微生物が発見され、公に地球外生命体の存在が明るみになったけど、調査過程で微生物展開、通称:カルビンが水分、空気を餌に爆発的進化を始め、宇宙船、乗組員、はたまた地球への危機まで危ぶまれるエイリアン映画!
カルビンは、知能が高く生存能力も高い。原始的欲求により餌を求めさまようので、
乗組員たちは策を講じて、カルビンの処理、宇宙空間への放棄を試みる。
ジェイク・ジレンホールを始めとした著名な役者さんが揃っていることと、
カルビンの説得力にリアリティーがあって、モンスターパニック物としても楽しめる。仕方ないことといえカルビンの知能が道具まで利用するところは正直いただけないと感じたけど、細かいこと気にしなければ、ハラハラ展開も多く、絶望感があって面白かったです!
くどu

くどuの感想・評価

-
本気で死ぬかと思った、やっと終わってくれてホッとしてる


普段から予告は見ないようにしている上、キャストが豪華で宇宙を題材にしているっぽかったので軽く見始めてしまいましたが、たまには予告編観てから借りなければいけないなと反省させられました。ガチグロです。


エイリアンシリーズも見てみよ
Naohiro

Naohiroの感想・評価

2.7
想像していたのとのちょっと違った映画。SFスリラーに入るのかね?まあ、ラストのラストは展開読めて残念だった。
これを観た後にエイリアンを無性に観たくったのは謎🤔
未知の地球外生物の想定外の脅威。
一見は下等でひ弱に見えて道具も持たず知性も感じられない地球外生物が、想像を超えた適応力と本能で、人間達の隔離防壁をことごとく打ち破り勝ち残り生存していく。
国際宇宙ステーション(ISS)で働く隊員達は、火星から持ち帰った土壌サンプルに未知の細胞があることを発見。その細胞「カルビン」は徐々に生物化していき、隊員の手に負えない恐ろしい生物と化していった…孤立して逃げ場のない船の中で隊員達の運命は…!

真田広之が出演していて、こういうハリウッドの中で日本人が活躍しているのはすごく嬉しかったです。
最後はお〜!まじか!!っていう驚きと落胆が同時に味わえる映画です。
akitoshi

akitoshiの感想・評価

3.6
2018 14
ジェイクギレンホール見たさ+ジャケ借り
ハラハラドキドキ楽しかった
>|