エイリアン:コヴェナントの作品情報・感想・評価

エイリアン:コヴェナント2017年製作の映画)

Alien: Covenant

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:122分

あらすじ

巨匠リドリー・スコットが描く 全世界待望の『エイリアン』最新作が遂に始動! 人類の植民地を探す宇宙船コヴェナント号 聡明な女性主人公ダニエルズらが降り立った星には……。 “宇宙の楽園”が恐るべき真の姿を現したとき、私たちはかつてない驚きと衝撃に満ちた新たな神話の目撃者となる!

「エイリアン:コヴェナント」に投稿された感想・評価

敵なのか味方なのかラストは特にハラハラドキドキした。リドリースコット監督なので初代エイリアンの礎を築いた人が監督しているので大変よかった。
プロメテウスは見てない人が見ると置いていかれるところがあるので見とくことをお勧めする。
ニハル

ニハルの感想・評価

3.7
初めてリアルタイムで劇場鑑賞できるエイリアンシリーズということで一もニもなく鑑賞。

結論から言うと、リドスコ御大撮り下ろし【R-18G】ファス総攻めオールキャラ同人誌(※死にネタ、同一人物CP、流血注意)という感じの性癖爆発映画でした。
プロメテウスからの伏線回収も程々に、まずはジェームズ兄とガイピを華麗に無駄遣いしてからお決まりのエイリアンvs人間をひと通りやってキャラの頭数を減らし、そしてファスをいろんなシチュでこれでもかと撮りまくったかと思えばまさかのオチで、鑑賞後に言いたいことが山ほど出てくる考察しがいのある作品でした。
作中のワーグナーに関しては、リドスコ御大が「ファスにドイツ語をしゃべらせたかっただけでは?」とひそかに思ってました。

このレビューはネタバレを含みます

期待以上すぎて何もかも肯定できそう。

プロメテウス後のコヴェナント号を描く今作で新たなエイリアンサーガが始まった感。
近々ブレードランナーの続編が公開されるなどリドリースコットの熱意がスゴイ。
ブレードランナーと絡めると、リドリースコットの警告がものすごく恐ろしいものだと気づく。
ありそうな未来だから怖い。

リドリースコットのやってきたことは間違いではなかった。

スゴイ映画です。
オガ

オガの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

バンザーイ🙌デヴィットがジェダイに見えました。
山

山の感想・評価

3.8
もう宗教の話はたくさんやで~

なんだかボウイとマイケルファズベンダー似てるな~と思った。
今年やってた「ライフ」の方が面白かった気もするけど、リドスコ爺さん信者だし、エイリアンテンションあがったし、始まり最高だったし、、、

一言添えるならば、
おっぱい見せろコノヤロウ!!
KANAKO

KANAKOの感想・評価

3.3
痛いよーo(^▽^)o

このレビューはネタバレを含みます

宇宙人映画!としてはハラハラしたしまあまあまあよかったと思うんだけど、意思疎通したりなんか白くなっちゃったり、元祖エイリアンの名を汚しちゃった感がある。
ファンとして納得できないところがいくつかあったかな!
「エイリアン」の名前使ってなかったら普通にポップコーンムービーでよかったのに!
キャサリーンウォーターストーンあんまりかわいくないしすぐ泣くしなんかな〜
ファス×ファスのキスシーンさすがに草生えた!
今年に見たエイリアン亜流?
〝LIFE〟
と本家の何処が違う?

あるいは、インターステラーのマン博士が大活躍のような?!
(@_@;)

どうするんだろ?
終わらない
エイリアンは何処へ行く?
(^0^;)
エイリアンが始め白くていつもと違うなと思ったら
出ました!黒いヤツ!
相変わらず速くて強い!絶望感満載!
エイリアン1にまだ繋がらないから続編がありそうだ。
まー

まーの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

あれ?これファスベンダーが主役?
最初はエイリアンと言えば女性主人公だよね、と思ってたので話が進むと、ファスベンダーの出番が多くてあれれ?と。
エイリアンに対するキーパーソンで、
ファスベンダーvsファスベンダーのアクションシーンあり、キスシーンありと、監督ファスベンダー好きすぎでしょ?
私もファスベンダー好きなので、観ていて楽しかったですけど。

正直、ストーリーはひどすぎですね。
SFものにはありがちな、その技術あるならもうちょっと避けられる方法あるでしょ?とか。
いきなり発見した星にそんなに簡単に乗り込む?いきなり現れた人信用する?とか。
ま、それを言ったら話が進まないんですけど。

そんな中一番気になったのはジェイムズ・フランコの出番の少なさでした。
>|