エイリアン:コヴェナントの作品情報・感想・評価

エイリアン:コヴェナント2017年製作の映画)

Alien: Covenant

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:122分

3.5

あらすじ

巨匠リドリー・スコットが描く 全世界待望の『エイリアン』最新作が遂に始動! 人類の植民地を探す宇宙船コヴェナント号 聡明な女性主人公ダニエルズらが降り立った星には……。 “宇宙の楽園”が恐るべき真の姿を現したとき、私たちはかつてない驚きと衝撃に満ちた新たな神話の目撃者となる!

「エイリアン:コヴェナント」に投稿された感想・評価

tcat13

tcat13の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

グロいの得意じゃないけどファスが出てるっていうから....。
監督はファス好きなんだなーってめちゃくちゃ伝わってくる。
主にファス。
ファスvsファスもある。
全部ファスのせい
いなぺ

いなぺの感想・評価

3.2
連れがいたのであんまし集中して観れなかった。、
エイリアンと人工知能の方がどっちかというとメインで描かれててパニックモンスター物というより暗めのテンションで生命誕生をグロ美しく盛大に描いた様なかんじ。
語られていることを追うのを断念したときに、いままさにスクリーンでおこってることを、ただ見ていればいいという夢のような事態は、よろこびから遠くて、そうかあと。
Kitsune

Kitsuneの感想・評価

2.8
ザ、エイリアンという感じで懐かしい。それ以上のものはない
キャナ

キャナの感想・評価

3.0
よう分からんものに襲われるの怖いな〜〜キモいしグロいんだけどそれだけじゃないな
最後はなんかもう救いのない終わり方だったな〜〜救われるの?あれ
ロク

ロクの感想・評価

4.1
御年79歳のリドリー・スコット監督が30年ぶりにSFジャンルに戻ってエイリアン誕生の起因を描いた前作は巨額の制作費をかけた割には非常に地味な仕上がりとなってしまい正直期待していたような満足感を得ることは出来なかったんだけど、今作は前作に登場したマイケル・ファスベンダー演じるアンドロイドのデヴィットの真の正体や前作の主人公であるエリザベス・ショウ博士の行方などサスペンス要素と前作以上にブルータルで血みどろな残虐描写をバランス良く配分した基本に立ち返ったかのような正統派SFホラーとなっておりエイリアン誕生の理由も「あ~なるほどそういうことね」と個人的にはしっくりとくる感じで更なる展開を予想させるラストも含め最後まで飽きること無く楽しく鑑賞しました。ブレード・ランナーや過去のエイリアンシリーズのオマージュもたっぷりと含まれているので、そういった部分を見つけながら鑑賞するもの面白いと思いますよ。
MARU

MARUの感想・評価

4.0
序盤からSFの小難しい雰囲気に満ちていて、モンスター映画のハラハラ感を期待した人にはちょっと物足りなかったかもしれません。
前作のプロメテウスよりももっと理屈っぽい印象です。
もちろんモンスターもちゃんと出てきて、エイリアンシリーズ特有のスリルやグロシーンも描かれているのですが、やっぱり根っこは理屈っぽい。
でも私はその空気感に惹かれました。

前作に引き続き、鍵を握るのはアンドロイドのデイビッドです。
ただの機械であるはずの彼が、なぜこの壮大な物語の中で核となり得たのか。
そして彼が求めたものは何だったのか。
後半からの生命というものの概念をじっくりと紐解いていくような濃密なストーリーと、デイビッドが抱える羨望と欲求。
普段何も考えずに生きている私なんか、最後まで圧倒され続けてしまいました。

この先に続くエイリアンシリーズ(というか、エイリアンたちの生きる姿)をデイビッドが見たらどんな反応をするんだろう。
そんな想像も結構楽しい…笑
私には大満足の映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

・2D字幕版鑑賞。

・全エイリアンシリーズ鑑賞済。

・前作プロメテウスを鑑賞せずに観てしまい、話が分からなかった。前作を観た前提で話が進む。
りな

りなの感想・評価

2.7

エイリアンがキモすぎる
んで成長スピード早すぎる

空気感染ってのがついていけん
ゆう

ゆうの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

個人的には大変楽しめました。が、めちゃ悪趣味なので誰にでもお勧めはしないです。ゴリゴリゴシックのセットもそうですが、デイヴィッドの行為の気色悪さといったら。
そして人を完全なアホにすることによってその後の惨劇に対して何なら快感を呼び起こす作りになっているよう気がします。それが何気に趣味悪いというか性格悪い。例えば着陸機内で焦って転倒を繰り返した後、銃を乱射するシーン。壊れて戻れなくなる展開がよぎりましたが、結果はまさかの大爆発!正直吹きました。ギャグやん。
後は前作に続ききっちり性行後の惨劇を入れてるとことか。全く悲しい気持ちにならないっていう笑。本当にオデッセイと同じ監督かというくらい人間をおとしてますね。
個人的にはあの悪夢的なラストはかなり好きです。
冒頭の目のドアップを筆頭にブレラン想起シーンてんこ盛りでちょっとそこもセルフパロディで笑かしにかかってるのかなという気もしたりしました。変な映画ですが結構好きです。
>|