エイリアン:コヴェナントの作品情報・感想・評価

エイリアン:コヴェナント2017年製作の映画)

Alien: Covenant

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

巨匠リドリー・スコットが描く 全世界待望の『エイリアン』最新作が遂に始動! 人類の植民地を探す宇宙船コヴェナント号 聡明な女性主人公ダニエルズらが降り立った星には……。 “宇宙の楽園”が恐るべき真の姿を現したとき、私たちはかつてない驚きと衝撃に満ちた新たな神話の目撃者となる!

「エイリアン:コヴェナント」に投稿された感想・評価

あずみ

あずみの感想・評価

3.0
マイケル・ファスベンダーの演技がお見事でぞっとする。ラストは下手なホラー映画より余程怖いです。
頭硬すぎ!
最初からエイリアンしてて安心した
ショウはどういう状態なんでしょうね
最高、
水飲み鳥のシーンでアイソレーション!
哲学や芸術など無学な私はワケワカメだったけど、最高の映画でした。
りょう

りょうの感想・評価

3.0
エイリアン度 ★★★
ドキドキ度 ★★★★
予想外度 ★★

内容はまあまあです
あんまりエイリアンの気持ち悪さがなくて少し残念
マイケルファスベンダーがよい

エイリアンシリーズを見たことないひとでも
内容理解しやすい映画だと思います
12g

12gの感想・評価

3.8
プロメテウスで暗躍してたデイビッドがここにて本領発揮。ラストは想像がつく結果だったけど、これしかないってエンド。
「エイリアンvsプレデター」シリーズのプレデリアンみたいに、寄生した対象で形質が変わるってどういうことだよと思っていたけど、ようやく説明してくれたのはすっきり。寄生することが必要な生物のくせに今まで元々生きていた環境が見えなかったのも、生物兵器として創られたのなら納得。エイリアンがあんなに骨ばってて生き物として不格好なのも、創られた生物だからなんだろうな。
さあ、これからデイビッドが2000体のおもちゃを得てどうなっていくだろう。
那由他

那由他の感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

原点回帰を目指した、プロメテウスから続く新エイリアンシリーズ最新作。
原点回帰を意識してか、エイリアンの登場と暴れ具合は少なめ。そのため、元祖「エイリアン」と比べるとあまり絶対的な恐怖は感じなかった。
むしろ乗組員のアンドロイドと同じ型のアンドロイドの狂気のほうに焦点があたっていた印象を感じる。
また、最後の続編を匂わしつつ、観客に絶望感を与える描写は、伝統的なアンドロイドという登場人物がいて初めて成立する。まさに低温睡眠が必要ないアンドロイドの特徴を活かした優れたシーンであるといえる。
uco

ucoの感想・評価

3.0
プロメテウスとつながってるのね。
バージョンアップしててなぜそうなるの!あのひと!
 伝説的SF映画「エイリアン」の前日譚。「プロメテウス」に続く第二弾だが、僕はバカっぽい前作のが好きだった。ダークなSFホラーなのでキャストはみんな顔つきが深刻。エイミー・サイメッツの男勝りキャラからのパニック演技は上手かったと思う。

 主人公たちに欧米諸国の植民地政策が模されていたり、キ○ガイロボットが古い詩を朗読したり、乗組員がツーマンセルのカップル構成→アダムとイヴ?とか、深読み可能なレイヤーが何層にも重ねられている。でも知識がないのでよく分からない。町山智浩さんや岡田斗司夫ゼミの解説を聞いて補完する。もうこの前日譚シリーズよりそっちの方がオモロイんじゃないかと感じなくもない。監督はまだ撮り続けるつもりらしいが、どうなるのかな。
プロメテウスを復習してから観れば良かったと後悔。創造性を満たそうとするアンドロイドが一番怖いよ。。飛行機の中でエイリアンシリーズ観るの、いい加減やめようと思う。
かわせ

かわせの感想・評価

3.5
何だかんだプロメテウスは良かったと思ったけど、続編でショウ博士やデイビッドの扱いが酷い…。
エイリアンの恐怖感はシリーズ随一だと思うけど、グロさも増してて良かったと思う。
最後はまぁ予想通りの終わり方だった。エイリアンシリーズに繋げるための終わり方として仕方なかったのかもしれないけど、猿の惑星の前日譚と比較するとインパクトにかける感じだった。
>|