LIVE FOR TODAY 天龍源一郎の作品情報・感想・評価

LIVE FOR TODAY 天龍源一郎2016年製作の映画)

上映日:2017年02月04日

上映時間:121分

3.9

あらすじ

1976年にプロレスデビューをしてから40年、生涯現役を高らかに宣言し、どの時代も現役プロレスラーとして変わらず居場所を求め、プロレスに没頭していた天龍源一郎が65歳を迎えた2015年2月9日、慣れ親しんだ後楽園ホールで現役プロレスラー廃業を宣言した。そして2015年11月15日の両国国技館で行われた、新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々をカメラが密着した。そこには、プロレ…

1976年にプロレスデビューをしてから40年、生涯現役を高らかに宣言し、どの時代も現役プロレスラーとして変わらず居場所を求め、プロレスに没頭していた天龍源一郎が65歳を迎えた2015年2月9日、慣れ親しんだ後楽園ホールで現役プロレスラー廃業を宣言した。そして2015年11月15日の両国国技館で行われた、新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々をカメラが密着した。そこには、プロレスラー・天龍源一郎としての姿だけでなく、父をサポートしてきた娘であり、天龍プロジェクトの代表でもある嶋田紋奈との引退までの二人三脚で駆け抜けた姿や、普段ファンの前では決して見せることのなかった、家族の絆を克明に描いている。腹一杯のプロレス人生に、何を想い、何を語ったのか。

「LIVE FOR TODAY 天龍源一郎」に投稿された感想・評価

誠治

誠治の感想・評価

3.5
両国で当日、観戦した者としては涙なくしては観られない。
監督がリングシューズを履く天龍に拘っているのが印象的。
オカダが「ショートタイツを履いてこい(履ける体を作って来い)」の件がなかったのが残念。
娘と父親の距離感が心地よい(この度、結婚が決まったそうで!)
吉祥寺TUTAYAにドキュメンタリー作品にも関わらず、新作映画並みの本数が並んでいた事にも感動した!
鶴次郎

鶴次郎の感想・評価

2.0
全日勢との絡みはやっぱ刺激的
馬場さんへの言及がなかったのが残念
これで俺の中の昭和のプロレスは終わったなぁと言う感じだった

未だに目に焼き付いてる地元の小さな球場に全日本が来て休憩中にテントのところでサインを書く馬場さんと、試合後にサインをする天龍さんが被って見えた

ちょっと書き出したらあれもこれもと書きたくなるのでやめとく

ただ知らず知らずに泣いてた自分
プロレスラー天龍源一郎の引退ロードを追ったドキュメンタリー作品。

映画と同じくらいプロレス好きな私としては偉大なる天龍源一郎のドキュメンタリー映画は非常に楽しみにしておりました!
そうは言っても晩年の天龍は見ていても痛々しい状態でした。
かつて熱くさせてくれた姿からは想像も出来ないほど。
引退を発表した時も「そっか」くらいな気持ちでした。
しかし引退試合はとりあえずスカパー!で鑑賞したのですが…現役バリバリなオカダ・カズチカ相手に真っ向勝負を挑んだ勇姿に泣けましてね(T ^ T)

で、この作品は娘さんとの絆に焦点を当ててまして。
親父としての生き様を娘さんに見せる天龍に感動。
そしてやはり引退試合を迎えるあたりでもうウルウルしっぱなしでした(T ^ T)
天龍自身もそうですが、それをサポートし続け引退試合当日を迎えた娘さんの姿にも感動でしたね。

本当にかっこいいミスタープロレスの幕引きだったと思います。

【大垣コロナシネマワールド】
4050000

4050000の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

天龍源一郎
引退ロードドキュメンタリー

偉大なレスラーの
引退ロードだけでなく、
家族愛溢れる
関わった方全員に寄り添った作品。

たまに、
ん?ん?となる演出があります。

あと、鈴木軍ボス 鈴木みのるの
うっかり(しっかり)
【イイ人っぷり】出ちゃってますw

総じて
「プロレスは美しい」と
改めて思った作品。
たいき

たいきの感想・評価

4.0
天龍の引退ロードのドキュメント
多くの人たちが天龍の引退を盛り上げようとしていて胸が熱くなった
最後の両国の紋奈コールは泣いてしまった

染谷くんのナレーションはちょっと違かったかなぁ…

「お客さんは命の次に大切なものを払って見に来てくれるんだから、全てを見せたい」
ってセリフが印象に残った
40年に渡るプロレスラー人生に幕を下ろした65歳のミスタープロレス、天龍源一郎の引退試合に至るまでの日々を追ったドキュメンタリー映画。

長年の闘いの果てに膝も腰も完全にやられちゃって、杖をついて歩く姿は80歳のおじいちゃん。でもひとたびリングに上がると、その眼は爛々に輝き、頬も赤く染まり、20代、30代の若手レスラーとバチバチやり合う。試合後はなんかもう40代ぐらいに見えるほど若返ってる。人間ってほんとに不思議✨

激動の昭和の時代とともに生きてきた男が自分の最後の相手に選んだのは、日本最大のメジャー団体、新日本プロレスのエースにして、平成の時代を象徴するレスラー、オカダカズチカ。時代をつくりあげてきた男が最後は時代に挑戦する。65歳と29歳の魂のぶつかり合いがいま始まる。。🤼‍♂️

この映画のもうひとつのテーマは、天龍事務所の責任者として、青春の全てを父親に捧げた娘の物語。命をかけてリングに上がる父の背中を見守る娘の胸中やいかに。🙍

てなわけで、長年天龍に熱くさせられてきた俺にとっては、涙なしには見れない映画だった😭

老いとは、挑戦とは、闘いとは、痛みとは、人間の美しさとは、生きるとは。
天龍が俺に問いかけてくる。。。

#livefortoday#天龍#天龍源一郎#ミスタープロレス#オカダカズチカ#プロレス#それにしても#字幕スーパーがないと#天龍の言ってること半分も聴き取れない#でも字幕スーパーは不要#それが漢の心意気

最後にひとつ。
プロレスって真剣勝負じゃないんでしょ?ショーなんでしょ?とか言ってるやつ!!
レスラーは観客と真剣勝負してるの!!🔥
勇気を出して偏見の眼鏡を外して、好きじゃなきゃできない仕事を真剣にやってるレスラーと真正面から対峙してみて!!
🤓➡︎😭
プロレスラー天龍源一郎65歳。
彼が引退を表明してから、実際に現役最後のリングに上がるまでのドキュメンタリー。

ミスタープロレスの異名をとり、ジャイアント馬場とアントニオ猪木の両名から3カウントを奪ったことのある唯一のレスラー。
お茶の間には「バラエティ番組に登場する聞き取りにくい声オッさん」くらいの認識かもしれないし、僕がプロレスに興味を持ったころには遠に全盛期を過ぎたベテラン選手でありました。

いや、めちゃくちゃ格好いいなおい!
大相撲時代から50年に渡って酷使されてきた身体はボロボロだし、年齢によって衰えている部分もある。そんな中ですら、引退ロードとして挑む試合全てに全力でぶつかっていく。

そんな姿にも心打たれるが、何よりも引退を前にした彼と対峙する相手選手たちから、天龍源一郎というレスラーの人柄が見える。
デビュー間もない10代の選手から、共に時代を生きてきた盟友、先に引退した名レスラー、果ては現役最高齢の選手まで。国内外問わずプロレスに携わる全ての人間から天龍への強いリスペクトがうかがえる。これこそ彼が生きてきた人生の証明だろうと感じた。

そして、そんな彼が、正真正銘最後の試合の相手に選んだ選手とは・・・
「あの人は時代と闘って終わろうとしている。その"時代"が俺じゃないのが悔しい。」と語った鈴木みのる選手の表情が印象的。

映画としての評価はしません。
プロレスが好きな人しか観ない映画だろうし、好きでないとわからない要素もある。でも、そうでない人が観てもきっと意味のある映画だと思います。
NZRK1

NZRK1の感想・評価

-
20170219 福井コロナシネマワールド (舞台挨拶付上映)
346

346の感想・評価

5.0
事実は小説よりも奇なりではないですけど、こんなに素晴らしい物語が世の中にあるのかと思った。

前述されているみなさんが沢山エピソードを書かれているので、割愛しますが、好きなシーンを挙げたらキリがないです。サンダーストームを溜めて溜めて流れた瞬間涙腺決壊した。
こんなにかっけーおじさんが世の中にいて、その人の活動を少しでも観れたことが本当に幸せ。

プロレス好きで本当に良かった。ミスタープロレスと呼ばれる所以がここにある。プロレスファンじゃない人もこれ見たらプロレスに興味持つんじゃないかな。
>|