LIVE FOR TODAY 天龍源一郎の作品情報・感想・評価

LIVE FOR TODAY 天龍源一郎2016年製作の映画)

上映日:2017年02月04日

上映時間:121分

3.9

あらすじ

1976年にプロレスデビューをしてから40年、生涯現役を高らかに宣言し、どの時代も現役プロレスラーとして変わらず居場所を求め、プロレスに没頭していた天龍源一郎が65歳を迎えた2015年2月9日、慣れ親しんだ後楽園ホールで現役プロレスラー廃業を宣言した。そして2015年11月15日の両国国技館で行われた、新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々をカメラが密着した。そこには、プロレ…

1976年にプロレスデビューをしてから40年、生涯現役を高らかに宣言し、どの時代も現役プロレスラーとして変わらず居場所を求め、プロレスに没頭していた天龍源一郎が65歳を迎えた2015年2月9日、慣れ親しんだ後楽園ホールで現役プロレスラー廃業を宣言した。そして2015年11月15日の両国国技館で行われた、新日本プロレス、オカダ・カズチカとのラストマッチまでの日々をカメラが密着した。そこには、プロレスラー・天龍源一郎としての姿だけでなく、父をサポートしてきた娘であり、天龍プロジェクトの代表でもある嶋田紋奈との引退までの二人三脚で駆け抜けた姿や、普段ファンの前では決して見せることのなかった、家族の絆を克明に描いている。腹一杯のプロレス人生に、何を想い、何を語ったのか。

「LIVE FOR TODAY 天龍源一郎」に投稿された感想・評価

しんご

しんごの感想・評価

4.0

ワールドプロレスリングを
見だしたのが5、6年前から
なので天龍さんの引退試合は
ワールドプロレスリングで
当時見てました。
正直天龍さんの事はあんまり
詳しくないですが当時の試合の
裏側や引退試合までの道のりを
見る事が出来て個人的には
とても面白かったです。

最近Amazonビデオの
有田と週刊プロレスとを
見だして、昔のプロレス
勉強中です(笑)
ry

ryの感想・評価

4.0
自分がプロレスに夢中になっていたのはおよそ10年ちょっと前、天龍が55歳という技を武器に外敵として、鈴木みのる・高山善廣・鈴木健介らと新日本プロレスで暴れ回っていた頃。

その天龍が10年後の65歳で引退を決めて引退試合までの1年を追ったこの作品。インディーからメジャー団体までわかり歩く天龍のプロレス愛とそれを支える家族とプロレス仲間たちのリスペクトが感じられて最後はひたすら感涙。

中盤の鈴木みのるのセリフが印象的だった。「あいつは時代と闘っているんだ」この歳で現役バリバリのオカダカズチカとの最終試合ではプロレスの真髄を見た気がした。

このドキュメンタリーを通して本当の男のおおらかさを感じられた気がした。

フィルマファミリーの皆様

新年明けましておめでとう御座います

本年もご指導ご鞭撻の程どうぞ宜しくお願い致します(´∀`)

さて、2018年一発目の映画は今作!

もう、これですね、

泣く!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

新年一発目から泣く!悲しい涙や感動の涙じゃなく、男泣き!

カブキが突き上げるアッパー打つ

ドリーファンクのお爺ちゃんぶりにしんぱいになる

川田が丸くなってる

一瞬すれ違った高山が笑ってる

ジャンボの墓碑で笑わせた後のあのセリフとジェスチャー

藤原組長との抱擁

グレート小鹿と世界の荒鷲との記念写真

多分プロレス興味ない方には、何言ってんの意味不明!ってなるでしょうがまっぽし、この世代の私にはもう、涙無しには観れないプロレスラー 天龍源一郎 の引退ドキュメンタリー映画でした(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

多分、観ないと思いますが、10〜20代の若者達が今作観たらどう思うのだろう?
共感は出来なくても、なにか感じてくれるのだろうか?とても興味があります 。
息子二人に観せて実験してみるかな!笑笑
(´∀`)

今年一年の始まりに、1日1日を頑張りなさいよ!って 天龍源一郎に喝を入れられたたようです! LIVE FOR TODAY !



しゅん

しゅんの感想・評価

4.0
天龍源一郎の引退試合やそこに向けての引退ロード22戦を追ったドキュメント。
そして天龍プロジェクトを支えた娘さんとの話。

天龍は「プロレスは伝承文化」だと言い、様々な団体赴き、看板レスラーや次世代を担うレスラーたちと闘う。
技を食らっても食らっても立ち上がる彼はこれが俺のプロレスだと言わんばかりだった。
プロレス好きでよかったなーって思えた。

天龍のドキュメントとあって、何を言ってるのか曖昧な箇所があったが
天龍曰く「お客はそれを聴きに@#&☆♪だから、いいんだよっ!ガハハー」だってさ
その通りっ!
BOSSblack

BOSSblackの感想・評価

4.3
衰えぬ競技への情熱。
それと相反する肉体の衰え、自身への憤り。
しかし自身を卑下することなく、時には若手の壁となり、時には伝道師となり、見せて、感じさせ、次世代へ継承しつつも自身を誇示する生き様。

散り際にも、美しさを感じさせる
男の理想であろう終焉のひとつが描かれています。


技の美しさではなく、気迫や魂で魅せてきたプロレスラー、天龍源一郎。

龍源砲、メガネスーパー、グーパンチ、パワーボム、デンジャラス・ドライバー・天龍などなど
これらのキーワードが記憶にあるという方は胸が熱くなるはず。

現役チャンピオン、オカダ・カズチカとの引退試合。その試合後の一言。
何気無いよく聞く一言ですが、天龍源一郎というプロレスラーの説得力であり、生き様がその一言を名言にしています。


おまけ
天龍源一郎の滑舌が心配という方にも大丈夫!
日本語字幕オン/オフ機能付いています。
たくや

たくやの感想・評価

4.0
天龍源一郎の引退の遠征試合と引退試合のドキュメンタリー。最盛期の80年代の試合映像はなかったが、なくても十分だった。遠征試合も若手が手を緩めることなく、引退する選手と思えないほどの迫力。引退遠征試合に続々と挨拶に来る選手たちが豪華だった。ドリーファンクジュニアやスタンハンセンも年をとったけれど面影は、あの頃と変わらない。
全盛期の時でも鉄柱でテッポウをしていたのかなぁ。テッポウと四股は天龍らしい。娘さんを大将と言える関係がまた凄いなぁ。
あとちょっとだけ映っていた高山善廣が笑顔だった。
最後の両国国技館の試合に感動した。オカダカズチカも手を抜かず引退試合に花を添えた。リングサイドからの映像は迫力。
プロレスが伝承文化が心に残った。
ゲン太

ゲン太の感想・評価

4.0
☆8.5
最初はテレビっぽい強めの演出に違和感を覚えたが、ハンセンや藤原組長といったそうそうたるメンバーが出てきたときには血が騒いだし、ドリーファンクジュニアが老体を押してリングに上がったときには色んな意味でハラハラした。
鈴木みのるの「時代と戦って終わろうとしてる」というのも名言だし、引退試合を見届ける娘にも胸が熱くなった。天龍カッケー。
天龍の重ねてきた人生そのものが姿となって現れているみたいに、重くて分厚くてかっこいい。途方もない奥行きに圧倒されて憧れる。
誠治

誠治の感想・評価

3.5
両国で当日、観戦した者としては涙なくしては観られない。
監督がリングシューズを履く天龍に拘っているのが印象的。
オカダが「ショートタイツを履いてこい(履ける体を作って来い)」の件がなかったのが残念。
娘と父親の距離感が心地よい(この度、結婚が決まったそうで!)
吉祥寺TUTAYAにドキュメンタリー作品にも関わらず、新作映画並みの本数が並んでいた事にも感動した!
鶴次郎

鶴次郎の感想・評価

2.0
全日勢との絡みはやっぱ刺激的
馬場さんへの言及がなかったのが残念
>|