gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

ahoy

ahoyの感想・評価

5.0
試写会で観ましたが、とても良い作品でした。子役の子とクリスエヴァンスの演技が上手くて特に良かったです!
ギフテッドの女の子が思った以上に数学の天才で恵まれてる反面、苦労も多くて 家庭の事情とか 親権とか色々問題あって、でも フランクは姉の意思を継いで彼なりにちゃんと育てているし、学校の先生とか近所の人とかいい理解者も居て、美しい色彩の映像が最高でした。
なー

なーの感想・評価

4.5
とーってもハートフルで、考えさせられる映画だった。
”他と違うから“
小さな子供にも意思はあって、周りにはそれを押さえつける権利はない。
天才的な才能を伸ばすか?みんな同じ、子供らしい生活をするか?
大好きな人と生活をする事が、何よりも必要な事。
にしてもメアリーの笑顔に癒されたな〜
とえ

とえの感想・評価

4.0
生まれて間もなく母をなくしたメアリーは、叔父のフランクとフロリダの小さな町で暮らしていた

しかしメアリーが7時になって小学校に通い始めると、彼女の天才的な数学の才能が明らかになって…

これは号泣作品だった

叔父のフランクはメアリーに普通の生活をして欲しいと願うが、学校は彼女に適した教育を提供できない

さらに、そこへフランクの「教育ママ」が現れ、メアリーに英才教育を押し付ける

メアリー本人はフランクと共に暮らしたいと思いながら、より高度な教育も望んでいる
しかし、フランクには彼女に素晴らしい教育を受けさせるほどの生活水準がない

「人並み外れた才能」を持っていること(gifted )は、本当ならとても素晴らしく、喜ばしいことなのに、そのせいで大人の間をたらい回しにされている姿を見ていると「才能を持って生まれたゆえの悲劇」に見えてくる

しかし、天才である前に彼女は人間であり、彼女が生きたいように生きるべきで、彼女に天才としての人生を押し付ける権利は祖母にも、叔父にもない

子役の女の子が、本当に演技が素晴らしくて、彼女に泣かされた作品だった

これは、全ての人にオススメするイチオシ作品
とってもとってもハートフル
女の子可愛かったなあ〜
マーク・ウェブ監督の3年振りの最新作は、「I am Sam アイ・アム・サム」を彷彿させるような家族の物語。
タイトルの“gifted”は、子供を対象とした形容詞で「天才的な」という意味がある。
この形容詞が付くのが本作のメアリーなのだが、彼女を演じているマッケナ・グレイスは「I am Sam アイ・アム・サム」のダコタ・ファニングに匹敵するようなキュートさと演技の上手さで我々を魅了する。
そして、メアリー母であった姉が亡くなった為、姪を引き取って育てた叔父のフランクを「キャプテン・アメリカ」のクリス・エバンスが演じているが、スパーヒーローとは一味も二味も違う新たな魅力を出している。
このフランクとメアリーは叔父と姪の関係ながら、恰も親子のようにフロリダの小さな町で片目の猫フレッドと慎ましいが笑顔溢れる毎日を過ごしていたが、メアリーが学校に通うようになってから大きな変化が訪れる。
それはメアリーが学校に行くようになって明らかになった、彼女の驚くべき“gift”である天才的な数学の才能。
彼女の“gift”を巡って周囲の思惑、特に絶縁状態だったフランクの母、メアリーにとって祖母のイブリンの思惑によって、2人の穏やかな日々に嵐が襲来する。
マーク・ウェブ監督の本作は派手でもドラマチックでもない掌編作品。
それでも、テーマやジャンルは違うが、男女の恋模様をユニークな語り口で描いたデビュー作「(500)日のサマー」で感じられた瑞々しさや愛おしさが本作のドラマにもある。
この家族のドラマの中でイブリンが憎まれ役になっているが、彼女は亡き娘が果たせなかったこと、そしてその遺伝子を継いでいるメアリーの将来を思って、彼女なりの“より良い選択”と考えて行動しているのに過ぎない。
そしてメアリーの母である姉の遺志と秘密を守り、この姪との楽しい日々を享受していたフランクも、彼女にとって本当の幸せとは何かを考えていく。
フランクが隠していたメアリーの母の秘密が明かされた後、メアリー、フランク、イブリンという家族の物語を通して我々も、親子とは、人生とは、そして本当の幸せとは何なのかを温かな余韻と共に向き合いたくなります。
まだまだ未熟だと思って、子ども扱いしがちだけど、何歳でもしっかりとした意思がある。
何が正しかったのかは後から付いて来ることで、やっぱり自分で決めることが、自分が納得でるかどうかって大事。
優しいシーンだらけで、なんどもぐっと来る。
一緒に居て楽しいから居るという理由づけが凄く好き。
それぞれがそれぞれの正義を振りかざして守ろうとするんだけど、結局何が良いかは本人が決めるのよね
途中、胸にグサグサくる感じ
やっぱ映画っていいなー
riu

riuの感想・評価

4.2
マッケンナ・グレイス演じるメアリーから目が離せない映画。
大人以上に賢く、7歳にして「大人が嫌う子供像」を理解し行動してみせるのに、傷ついたときには必死に泣いて大人を引き留めようとする。大人びている子供の、子供らしい純粋な泣き顔の破壊力は凄まじいです。

あとは何と言ってもフランクのメアリーの愛し方。
「"実の父が自分に関心がない"と思って傷つく子供」の図はよく見るけれど、そんな子供に対するあんな慰め方は初めてで、忘れられないシーン。

人の幸せなんて分からないから、毎日悩んで、共に過ごして、相手の笑顔や泣き顔を見て、これじゃだめかもなんて思いながらも、幸せでいてくれていることを信じるしかないのだと思う。そんなことを考えさせられる映画でした。

終盤上手くストーリーが追えない部分があったのだけど、字幕を読んでいたからかな。実際に役者が言っていた台詞では、全てが分かりやすく説明されていたのかも。

(11/16/2017)
じゃが

じゃがの感想・評価

3.2

とってもハートフルな作品。

面白いところもあって泣けるところもある。
>|