gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

miyakkai

miyakkaiの感想・評価

4.0
子供は等しく可愛いものですね。

私の甥と姪が幸せに暮らしているのが、如何に幸せなことか良く分かりました。
ドラマチックな展開はない。
むしろ細やかな気持ちが揺れ動き、
その積み重ねが物語に昇華していく素敵な体験。
初めて渋谷シネパリスに行きましたがこぢんまりとしててお気に入りとなりました。

才能溢れる子供をどう育てるかなんてよく見るお話ですが、途中で弛れることなく、安易なお涙頂戴な感じもなく安心して観れる作品でした。
子役の演技がすごい。

giftedっていう言葉が良いですね。先天性の才能を授けられたものという日本にない言葉が好きです。
ANRI

ANRIの感想・評価

4.3
女の子可愛すぎた❣️
まつ毛めっちゃふさふさ!!笑
羨ましすぎ!

泣くと思ってたけどやっぱ泣いた💦
もう年齢重ねるにつれて泣いてる人見るだけでこっちも泣いちゃう笑

頭良いのは羨ましいけど
見せびらかしちゃダメって言われるのは小さいながら「なんで?」って思ってたやろうし退屈やったやろなーって!

でも段々と難しい数学に挑戦させてもらって楽しそうで楽しそうでさすが天才の血受け継いだなって!

おばあちゃんの言い分もわかるし、パパ役の人の言い分も分かるし里親に預けるのもなんかなーって思いながら再開した2人見てだだ泣き😂😂😂
もう離さんといてっっ!!


最後はハッピーエンドで終わって良かったです!!!
しょう

しょうの感想・評価

3.1
ある程度、希望の展開と着地。子役の女の子が可愛いくて上手いのと、先生の声がいい。
才能はギフトだけど、それだけでは幸せになれない。子どもにとって幸せをどうギフトするのかは大人の責任。
数学者はかっこいい。
ものすごくほっこりして
すごく暖かい物語😢💗

なにより、もうメアリーが
可愛すぎる!
全ての登場人物が優しくて
すごくよい人達だった!

ほっこりしたい方にオススメな映画
かなた

かなたの感想・評価

4.3
メアリーも猫もフランクもロバータも、登場人物がみんなすてき。
ひとりひとりでも魅力的だけど、一緒にいるともっとすてきで幸せな気分になる。
血が繋がっていなくても、愛しあう、想いあうってこんなに人を輝かせるんだなと。

マッケナグレイスちゃんほんとすごい。
鰯

鰯の感想・評価

3.7
メアリーかわいい!猫かわいい!

7歳の少女メアリーは、ボートの修理工であるフランクと片目の猫フレッドとともに暮らしている。メアリーには数学に秀でた才能が備わっていたが、フランクは普通の生活をしてほしいと考え特別な学校への進学を望んでいなかった

お話が面白い。才能をどう引き出すか、偉業を実現するためには、望ましい養育者とは、などなど。特に大人がみんな欠陥を抱えている描写が良かった。コメディも結構笑える
映像も暖色が映えて印象的。夕焼けをバックにフランクとメアリーのシルエットが動く場面が最高でした

だけど色々と疑問も。普通と特別の二項対立が軸に進むのだけれど、序盤から両立できそうと感じてしまった。後半に出てくるある解決策も扱いが雑では?と感じてしまった
Foydou

Foydouの感想・評価

4.0
天才的な数学の才能をもつ7歳の姪メアリーと静かに楽しく暮らす叔父のフランク。亡き姉の遺志通り「普通の子供らしく育てたい」叔父と、才能を伸ばせる英才教育を施したい祖母の親権争い。

割とありがちなテーマにも関わらずシンプルに良い映画だった。テンポも良く、お涙頂戴!といった過剰すぎる演出もないのに泣ける。叔父と姪の親子のような相棒のような信頼関係の描かれ方もすごく良かった。待合室のシーンが1番好き。才能ある子供にとって1番良い環境とは?ラストまで爽やかで温かくて良い。

マークウェブ監督の過去作品は個人的にあまり合わなかったのでどうだろうと思っていたけど、全然心配いらなかった。

子役のマッケナ・グレイスちゃん、抜群の演技力。天才子役と言われるのもわかる。
クリエヴァ、キャプテンアメリカの正義感溢れるヒーローイメージばかり先行してしまうけど、繊細で陰のある役も見事にこなしていた。
リンゼイ・ダンカン、オクタヴィア・スペンサーまで余すことなくキャストが良い。

子供にとって、本当に幸せな環境は何なのか。我が家も0歳児のちびっ子を、3人の大人で育てているので、常々この子のベストな環境はなんなんだろうと考えるし、周りから色々言われることもある。
.
.
映画では、これまでも子育てについて沢山描かれてきた。
例えばアイアムサムでは、障害者の親は子育て出来るのかということ。
チョコレートドーナツでは、同性愛者カップルに子育て出来るのか。
はじまりへの旅では、父親の特殊な教育に対して、それは正しいのか、ということについて。
その手の見識者たちや世論は、常識を逸脱した環境であるとなると、あれこれ言う。育てる側も、子供のことが大切だからこそ他人の意見に悩む。
.
.
けど、みんな子供の気持ちは聞かない。子供がどうしたいか。子供が誰といたいのか。
子供の声に耳を傾ける。
それが一番大切なのではないか。
.
.
この映画でも、天才少女をめぐって、叔父と祖母がバトルするが、結果彼女の気持ちは蔑ろになり深く傷つくことになる。彼女が求めているものはとてもシンプルで、健気だ。というか、この子役の女の子が大人顔負けの演技で、まぁ泣ける泣ける。
そして教師役は、日本でやるなら絶対、尾野真千子!笑
>|