グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちの作品情報・感想・評価

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち1997年製作の映画)

GOOD WILL HUNTING

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」に投稿された感想・評価

Coco

Cocoの感想・評価

-
ウィルが、今まで避けてきた、自分と向き合うことをした瞬間の涙と、
恐怖を感じながらも向き合おうとしているウィルを見ている先生の、どっしりした構え。
あれはすごい。あの瞬間を作り出すのにどれだけの時間をかけて信頼関係を気づいてきたことか。
先生の辛抱強さと、自分のコーチングに対して信念を曲げずにやり抜くところが感動的。自分より何より、相手のことをファーストに考えるとはまさにこういうこと。

その過程で、先生も自分自身の人生と向き合っていたんだなぁ。

2人の絆、最高。
Yuji

Yujiの感想・評価

3.1
映画のスピード感 0.4
感動 おもしろさ 0.8
意外性 ストーリー性 0.6
映像の美しさ 0.8
初めてみた衝撃とその後心に残るかどうか 0.5

ぼーっと見すぎた
ちょいちょい出てくる友達たちがいらないなーって思ってたけど最後までみて重要なのは友達たちだった

ベンアフレックの最後の演技が最高。そりゃバッドマンにもなれるわ。、
ryo

ryoの感想・評価

3.8
良い映画だ 廃人で午後ロード観れちゃうけど、午後ロードは人生の大切な事を教えてくれる
Tetuo01

Tetuo01の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

これこそ名優の映画
ロビンウィリアムズの妻をバカにされた時のキレた感じは絶妙な演技
nono

nonoの感想・評価

3.7
あったかいね。たまに二人のブロマイドを眺めるけど、本当にあったかいです。
次は絶対日本語字幕!笑
早いし内容難しいしスラング多いし分からないところあったけどそれでも泣けた、

このレビューはネタバレを含みます

人と人が関わること、人が人を愛するとはどういうことなのか、考えさせられます。
tyym

tyymの感想・評価

4.2
天才でありながら、幼少期に受けた虐待が原因で心を閉ざしているウィル ハンティング。
題名にも深い意味が込められている。


MITの教授やハーバードの学生でさえあざ笑う能力。
暗記力や数学の能力がすざましい。
不良とのギャップも良い。

読んだ本を一語一句、ページも暗記してしまう能力。

自分にもこんな天才的な能力があったらと思う反面、こんな能力があって生きていけるのだろうか?

本来、人間は忘れる生き物。

忘れるということが、成長するのに必要な能力だと思う。
この能力がなかったら、嫌なこと悲しいことを「時」が解決してくれない。


ウィルの場合、幼年期に受けた虐待を時が解決することなく、その時に感じていた辛さ100%のまま常に生きているのだろう。
人との出会い、自分をさらけ出す勇気、ウィルの姿に感動しました。
ショーンの言葉が刺さる。

学生のうちに見れて良かった作品。
ところどころショーンの言葉が胸に刺さって自然と涙が出てきました。

自分の殻に閉じこもっていて攻撃的だったウィルが少しづつ変わっていく。

人との出会いで人生って変わりますね。

色んなとこにメッセージやふせんがあったのでまたゆっくりみたいとおもいます。
>|