グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちの作品情報・感想・評価・動画配信

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち1997年製作の映画)

Good Will Hunting

上映日:1998年03月07日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」に投稿された感想・評価

Aya

Ayaの感想・評価

4.8
何度見てもイイ泣
まだ若いマット・デイモン×ベン・アフレック脚本の作品。
この頃のマットがいちばん好き♡

ロビン・ウィリアムズを偲んで…
Nishii

Nishiiの感想・評価

4.0
体験、経験、能力
それは1人1人すべて違う。
本や歴史から学べることだけではない。

そして、今を生きる中で、
親友と呼べる人。妻と呼べる人。
あなたにとって相手は最高の人なのか。
相手にとってあなたは最高の人なのか。
モダン

モダンの感想・評価

4.1
ロビンウィリアムズももちろんよかったけどベンアフレックが最高だった
ごんび

ごんびの感想・評価

3.7
勝負どころで行動できるようにチャンスを無駄にするのはいちばんの逃げか。
宝くじが当たる確率は3000万分の1でもあたりかはずれかは2分の1ってことか。
tminamiy

tminamiyの感想・評価

4.0
マット・デイモンが若い!派手さはないけど、じわじわとグッときて、心に沁みる作品。終わり方もいい。
荒れた海の絵を山積みのシンクに繋げるのは良い
ベンチでのロビンウィリアムズや現実の世界の様相を話すマットデイモンなど、キャラクターの感情にグッと引き込まれる長台詞を効果的に配置している
恐れ故に殻に籠る、その外面のみ他人に捉えられる、人間の不思議な二面性を丁寧に描写しているからこそ複雑な感情にも置いてきぼりにされないでキャラクターについていくことができる
そこにウィルだけでなく他者との関係や想いを物語に組み込むことで、一つの人間の話でありながらその環境すらもリアルに感じさせることができている
みず

みずの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

名映画と謳われる由縁がしっかりと感じられる映画でした。

一つの映画で様々な出会いと別れが表れていると感じた。
彼女のスカイラー、セラピストのショーン、親友のチャッキーとのウィルとの会話から見て取れる主人公ウィルの表情が、物語が進むにつれて、変化していく様子が見応えある一面であった。

中でも物語後半の、ショーンとの会話でウィルの内にこもってた殻が崩れ、ショーンと完全に心を許した場面として感じられるシーンは、心にくる。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ラマヌジャン
スラム生まれの天才
お前の話は本を読めば分かる
ハヤシ

ハヤシの感想・評価

3.5
孤独な天才少年と心理学者の交流を見ていると暖かな気持ちになるようでした。
ロビン・ウィリアムズ演じるショーンがウィルを見つめる目が本当に優しくて、優しくて。
劣等感を抱くのではなく、ウィルの背中を押してくれるチャッキーは素敵で胸を打たれました。
adeam

adeamの感想・評価

3.0
後に役者として大成功するマット・デイモンとベン・アフレックの幼なじみコンビが脚本を書いたヒューマンドラマ。
天才的な頭脳を持ちながらも育った環境によって心にトラウマを抱え、人との距離感をうまく測れずに不良仲間と荒れた暮らしを送る青年の成長物語です。
彼の才能を知った大学教授はその有効な使い道を提供しようとサポートする一方で自分が凡人であることが証明されるのを恐れ、彼の心の傷を癒そうとするもう一人の教授は対話の中で自らの傷も癒されていきます。
そして親友は彼と毎日つるみながらも、才能を知っているからこそ相応しい場所への旅立ちを願っています。
主人公を取り巻く人々があまりにも理解のある人ばかりだったり、主人公の悪事がケンカくらいしか直接的には描かれないことで感情移入しやすくなっていたり、作為的な演出に違和感は覚えるのですが、素直な心で観れば爽やかな後味を残す感動の物語として楽しめました。
>|