ゴーン・ベイビー・ゴーンの作品情報・感想・評価

「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に投稿された感想・評価

umi

umiの感想・評価

5.0

良くできた脚本。ケイシー・アフレックは良い兄を持ったね。
MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
非常に重苦しいサスペンスですね。「ミスティック・リバー」と同じ原作者だと聞いて納得(誘拐事件というモチーフも一緒)。画面の色調や音楽も暗くて陰鬱。エド・ハリス、モーガン・フリーマンといった重鎮もまた重厚感を際立たせています。それでも主人公の若いカップルの青臭さがある分「ミスティック・リバー」ほどの救いようのなさはないですね。

二転三転して最後にたどり着く真相は意外なものでしたが、事件の解決が当事者の幸せをもたらすとは限らないという問題提起は非常に重く(「ディープエンド・オブ・オーシャン」や「八日目の蝉」なんかと同じ話型ですが)、これでよかったのかと思い佇む主人公の姿が余韻を残します。
azulao

azulaoの感想・評価

3.5
胸糞でわろた。世の中親になっちゃいけない人間というのは存在するからなぁ...自分だったら返さないな。
情を優先するか法を優先するか、の話でこの見せ方だと視聴者のほとんどはアンジー側に立ってしまうから、偽善空気読めないボーイ扱いされちゃうパトリックは損な役回りだと思った。全編通してアンニュイな雰囲気で良かった
RYOYA

RYOYAの感想・評価

4.0
何が善?何が悪?
法ってなんだ??
彼の選択は「正しかった」のか
yougazuki

yougazukiの感想・評価

4.0
いい作品だった。
ほら言わんこっちゃない感の母親とゴミ小児性愛者には
本当に腹が立つ。
TAKE

TAKEの感想・評価

3.5
何が悪で何が善だろう。法か愛か。
重いテーマだけどわりと観ていられる。
ケイシー・アフレックの英語が好きだから。意見ありげに〝sure〟って言うのが好きだから。
彼の瓶ビールの飲み方は最高だな。
今んとこ、瓶ビールが似合う俳優、第1位。2位以下が見当たんない。多分2位はイーサン・ホーク。
supupu

supupuの感想・評価

3.8
幼女の誘拐事件の発生から解決までの話を主軸に、それに関わる人たちの想いや思惑が複雑に入り乱れる。
サスペンス要素と複雑に絡み合う人間模様により、静かながらに飽きずにのめり込んで見れました。

法を犯してまで自身の信念に従って自身が思う正しいことをしようとする者、
葛藤しつつもそれに同調する者、
葛藤しつつもやはり自身の信念にしたがい法に正しい事をしようとする者、
それぞれの考え方に共感出来るが故に、ラストのケイシーの選択には色々と思う事が。

冒頭の街や人の流し撮りが当初理解できなかったが、ラストのケイシーの選択とその結末、最後に再び街や人の流し撮りと、そこにこの作品で伝えたい事が詰まっているのかなと感じました。何が幸せなのか?他人が幸せを決めていいのか?それがこの作品の主題ではないかと。それに気づいた時の高揚感は格別。
オーラスの、ほーらやっぱり、言わんこっちゃない、、、、、的なオチがまた良い!

さすがベン・アフレック監督、好きな監督です。あと、エド・ハリスがカッコ良すぎて痺れる。
ALOHA

ALOHAの感想・評価

3.8
久しぶりの、どよーんってなる系作品
正義ってなにかね??
ラストはほんと…。
Selena

Selenaの感想・評価

3.5
話自体は面白かったが、主役のキャスティングが微妙。キャラクターがあまり合ってない気がした。
kiko

kikoの感想・評価

3.1
子供にとって親とは?を問う作品。育児放棄・麻薬常習者でも血の繋がりある産みの親なのか…。正義感ある行動が全て正しいとは限らない。
>|