ゴーン・ベイビー・ゴーンの作品情報・感想・評価

「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に投稿された感想・評価

shuheeeey

shuheeeeyの感想・評価

3.6
何が正しいのかわからない

エンドロールで流れるAlexi Murdochの歌声が優しい
DarcyAnam

DarcyAnamの感想・評価

4.3
ケイシーの声と喋り方大好き。
パトリックの決断はあれはダメだね。
アマンダは絶対幸せになれないよ。
でもどっちが正しいかは分からないけどね。
himaco

himacoの感想・評価

3.6
「アルゴ」のベン・アフレックからたどり着いた作品。
ベン・アフレックの初監督作品だった。

重い。終始重苦しく、後に引きずる。

少女誘拐事件を担当した私立探偵、その事件の真相と結末。

何が正義か、何が正しい選択なのか、決断する人間によっても大きく異なるだろう。
では逆に何が間違いになるのか。

自信を持ってこれが正しい、とは言い切れない深くリアルなテーマ。
ManaTagei

ManaTageiの感想・評価

4.6
やはりこれもケイシー・アフレックである。
あの頼りないようなふわふわした雰囲気たるや、もう一つの芸だとわたしは思っている。
つまり、ストーリー上かなり正義感やら倫理観やらなんやら、いろんな身につまされてみたりするようなことをわたしは明確な答えを出せないままで見終わったのだが、それですら、それでいいのかもしれないと思わせるくらいに彼は悩む。
元々はたぶんかなりハードボイルドなはずな原作だが、それを配役の時点で外してきたアニキのアフレックの勝利だ。
さらに、もちろん、その期待にバッチリ答えた弟のアフレックも。
かれの役はたいてい、フニャつきながらも裏に何かを必ず秘めているキャラクターなのだが、それが今回は意外としっかりしたブレないものだったのかもしれない。
または、ブレるわけにはいかなかったのかもしれない。
なぜならこの街はかなり治安が悪く、そんな中で知り合いばかりしかいない街を出ずに探偵などをやろうとしているのがもうたいへんなことなのだ。
どんなに札付きのギャングみたいな男にも、毅然と話をする。
なかなかやるやんか、と思ったよ、正直。
そして見終わる頃には、この線引きがあるからかれは続けられるのだなあとしみじみ思った。
必ず何かの二面性を出す、そんな俳優もなかなかいない。
だからすでに見たものも含めて、じっくり見直してみたいと思った。
最後に、ベン・アフレック、アニキのアフレックだが、見事な構成だった。
インパクトも伏線も素晴らしい。
ベテランかよ、とつっこみたくなるほどだったが、これが監督デビュー。
たくさん映画つくってほしいな。
アフレック兄弟、なかなかであった。
ケイシー・アフレックのふにゃふにゃした喋り方があんまり好きじゃなかった😕少し迫力にかける感じ😅

ストーリーは犯人は誰だ?的なサスペンス要素が強いと思わせといて 最後の最後で社会派問題提起かい!!と突っ込まざるを得なかった。ミシェル・モナハンの立ち位置も妙に中途半端に思えたし 辛口に言ってしまえばベン・アフレック初の監督で力んでしまったのか詰め込み過ぎて中途半端になった感。

エド・ハリスとエイミー・ライアンの演技はとても良かった👍
mittsko

mittskoの感想・評価

-
【書きかけ】素晴らしい作品だった! 完璧、満点! これが日本で劇場未公開だったとはね(義憤

アフレック兄弟の尋常じゃない目の座り方はこういうところを生きてきたからだったんだろうなぁ、というのが分かる…(・ω・`)
049.
非常に重い。

テーマ性、メッセージ性というのかな?すごく考えさせられてしまう。

何が正義で、そもそも正義が必ずしも良いことなのか?
うーん、ラストシーンを見ると正解がわからない。

アメリカには絶対に住みたくないと思わせるような貧困層の街。


アメリカ、こわい!(笑)
失踪した子どもを地元のツテがある探偵が警察と協力して探し助け出そうとする。
そんな中、ある作戦が失敗に終わるとともに、これまでの操作でのいろいろな違和感に気付き…という展開。
ラストシーンに大きなメッセージが。
子供にとっての幸せとは、法律が勝るべきなのか、正義が勝るべきなのか、そもそもそれは正義なのか。
グッドウィルハンティングの脚本で有名なベンアフレック初監督作。
テーマが重いなぁ…

どこまでも自己中心的な母親と
振り回される子ども

こういった構図は現代で増えてきてるのかもしれないなぁと思った。
価値観の違い、正義の違いはどうしようもないから、誰の選択がベストなのかは誰にも分からないし
だからこそ法律が存在しているんだとも思う。
hokori2710

hokori2710の感想・評価

4.0
何が正しいのか難しいけど、アマンダはあのままの方がよかったと思う
>|