SYNCHRONIZERのネタバレレビュー・内容・結末

SYNCHRONIZER2015年製作の映画)

SYNCHRONIZER

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:83分

3.6

あらすじ

男と女の愛と狂気がもたらす、予測不能なサイコスリラー。人間と動物の脳波を同期させるという無認可の研究を孤独に続ける、研究者の長谷川高志(万田祐介)。研究所で立場の弱い彼を見守る同僚の木下萌(宮本なつ)は、この実験が、脳機能障害をも改善させる素晴らしい成果をもたらすことに気づく。共に研究を続けるふたりは、やがて私生活でも愛し合うようになる。一方高志は、動物だけでなく人間と人間の脳をつなげることで、…

男と女の愛と狂気がもたらす、予測不能なサイコスリラー。人間と動物の脳波を同期させるという無認可の研究を孤独に続ける、研究者の長谷川高志(万田祐介)。研究所で立場の弱い彼を見守る同僚の木下萌(宮本なつ)は、この実験が、脳機能障害をも改善させる素晴らしい成果をもたらすことに気づく。共に研究を続けるふたりは、やがて私生活でも愛し合うようになる。一方高志は、動物だけでなく人間と人間の脳をつなげることで、母・春子(美谷和枝)の認知症を治せるかもしれない、と希望を抱いていた。だが萌はその研究成果が思わぬ結果をもたらすことに気づき、高志を止めようとするが……。大切な人のために倫理を超えた実験に没頭する男。そんな男を盲目的に愛する女。そして息子の愛を一身に受ける母。3つの愛は、やがて人々を狂気へと誘い、暴走する。果たして彼らの愛が行き着く先には、何が待ち受けているのか?

「SYNCHRONIZER」に投稿されたネタバレ・内容・結末

シンクロ実験が、セックスのメタファー?

三角形の昼ドラ的な?

近親相姦的な。

主導権を取られ、恋は盲目。

なんか落語みたいな話という印象。
 

自宅(CS放送)にて鑑賞。暴走系マッドサイエンティストもので、先進的な設定とは裏腹にチープなガジェットと(特に後半)日本家屋が舞台となるアンバランスさがユニークだった。タイトル表示時から往年のTVドラマを彷彿させるレトロな雰囲気有。長嶌寛幸の音楽が印書的で特にオープニングから多用される同期実験時等に流れるナンバーが佳かった。画面内の動きが少なく演技にも難有──普段はズレまくっており、たまに合う壊れかけの古時計みたいで心地が悪かった。月並みな展開だし、もっと飛躍的で衝撃的なオチが欲しかった。50/100点。

・文部科学省と監督が教鞭をとる立教大学現代心理学部の研究プロジェクト「新しい映像環境をめぐる映像生態学研究の基盤形成」の一環として製作されたと云う。“長谷川高志”を演じる万田祐介は監督の甥にあたるらしい。

・監督によると後半の舞台となる旧家は前作『イヌミチ('13)』と同じロケ地であり、これは意図したものではなく、予算的な折り合いによるとの事。三角関係を思わせる主要登場人物が三人と革新的な実験が閉鎖・隔離された空間で行われる等、共通点は多いが、製作に当たっては、D.クローネンバーグ『ザ・フライ('86)』を意識したと云う。

・痣の為か、或いは一途な愛情によるのか宮本なつの“木下萌”の献身的な言動の動機付けがいかにもステロ的で微妙だったが、シンクロ後の被験者に噛まれるのは、最初のハムスターからの名残だったのだろうか。古川博巳の“荒川正人”の濃い容姿と大きなネタバレになるが、“長谷川春子”のどこか愛嬌がある美谷和枝と妖艶な中原翔子が印象深かった。

・鑑賞日:2018年2月25日

 
介護ベッドを軸にしてヒエラルキーの様子が変容するのはよかった。あのガジェット的なものと劇伴で、もう少しバカバカしさに振り切れば黒沢の『ドッペルゲンガー』になるのかなーとか。横たわる人をみると手術台映画っぽさも。第三形態トゥルットゥルしてた。エロスは第二形態の方が上。どうでもいいことかもしれないが、あまりにも役者に演技をつけなさすぎてってのは感じたかな。まあ、アホくささは好きだけど、もう少しジャンル映画に振り切って欲しかった願望があるかな〜

・追記
病院でアホくさくただ立ったまま話すってシーンはラストの〝立つこと″への対比かなと思わなくとも。印象付けね。
監督と中原昌也トーク付き。
「ザ・フライ」みたいな話かと思いきやSF近親相姦ホラー(?)であった。面白い脚本だと思ったが終盤はちょっと雑な気が…婆さんの変化プロセスとか、繋がりたい、という欲望をもっと視覚的に面白くできたら更によかった?
木下さんの「私処女なんです」、婆さんの「アレして」には笑った。