友だちのパパが好きの作品情報・感想・評価

「友だちのパパが好き」に投稿された感想・評価

Iri17

Iri17の感想・評価

4.2
ラブコメみたいな話かと思ったら、かなりエグくて生々しい作品であり、静謐かつ不気味、冷たさと暖かさの両方を併せ持つような不思議な作品だった。

暗い雰囲気を持っているが、妙なリアリズムを感じさせる。

ちょっとぼーっと観てしまったのでもう一度鑑賞しようと思うが、これは隠れた名作かもしれない。
ポスターとイメージ全然違かった…
もっと…明るいかと…思ったのに…

岸井ゆきのちゃん見たさに鑑賞。

枯れ専好きなわたしとしてはありえなくもないかも?と見始めたけど、ありえない。笑
狂ってた。笑

ワンシーンが長いから会話とテンポがリアルで
映画を見てると言うより日常を覗き見してるような感覚だった。

実際にマヤみたいな友達がいたら嫌だししんどいし、それこそ「なにそれ、マジで言ってんの」状態だったと思う。

誰に共感すればいいのか分からず、感情がたらい回しにされてる感じ。
全ての構成、映画として面白かった。
ただそれを消してしまうくらいのむず痒い気持ち悪さがこの映画の醍醐味。
miiiii

miiiiiの感想・評価

3.0
枯れ専としては遠くない話。笑

さすがに友達のお父さんはどうなの?ってなるけど、あそこまで猛進されたらもうね、、、

登場人物の女が全体的に幸が薄くて、一般的にいるかんじすぎて妙にリアルだったなあ。
みんな狂ってて面白い。

最後の方展開が急すぎて笑っちゃったけど、終始クレイジーで良かったと思う。
オモロイ!
純愛もある程度節度保ってこそだね〜この猛進ぶりはまさしく純粋な変態!友達妙子の父をモノにするのに手段を選ばないマヤのパパまっしぐら感とコラコラ〜と言いつつニヤつくパパw無様も修羅場も構いなしな欲望はもはや付け入る隙がないし滑稽と戦慄が交互に来るw

2人の自由過ぎる愛欲に掻き乱される家族や愛人、元恋人など歪みが歪みを呼び目も当てられない拡がりwそんな二度と心が噛み合うことなく壊れていく様子を湿気たっぷりな会話で延々と見せる。ワンカットによる空気感も居心地の悪さを生み吐き気を催す生々しさwラストも引き笑い!

そりゃ岸井ゆきのの如くイライラするとこもあったけど、この2人に感情乱されたらこっちの負けやなみたいな感覚。さらにこの2人より醜い奴ら出てくるしw純愛など程遠いクズオンパレードに呆然。吹越満の飄々とクズやけどモテるのもまあわかる丁度良さ、このナチュラル軽薄さは素晴らしい!
ノリコ

ノリコの感想・評価

4.0
岸井ゆきのの演技が良いし
ポジティブなメンヘラは厄介だし
キモい純愛に振り回されて終わる感じ…
嫌いじゃないけど胸糞悪い
面白かった
abx155

abx155の感想・評価

3.7
ある日、親友から自分の父親が好きだと告白されることから始まる恋愛ドタバタ劇。
自分の夢や希望に向かって周囲への迷惑を顧みず突き進むマヤの個性が強烈だけど、それに対峙する普通の人である妙子を演じる岸井ゆきのが存在感で負けてないのが凄い。
会話シーンの長回しやセリフ回しが演劇的だな、と思っていたら、監督・脚本が山内ケンジで納得した。
もな

もなの感想・評価

2.5
こうゆう映画って評価めちゃ難しい、!
ストーリーの完成度や、役者さんたちのすごさだけで評価したら4.5くらい、、、
本当に常にいや〜〜な気分になって、観終わった時の後味の悪さ半端じゃないし、
監督の狙い通りだと思う
マヤみたいな女ってがっつり精神病だよね
ポジティブなメンヘラが一番厄介や

そんでもって、愛がなんだのレビューみてたら今作の岸井ゆきのちゃんがいいってなってたから観たんだけど本当に良かった!

だけどこうゆう後味悪い系の映画は好みではないから評価は低くなってしまった
、!渇き。とかと同じ類だ、、、
面白い脚本。面白い構成。そしてナチュラルにものすごくナチュラルに狂ってる。さんかくを観た時と似たような感情をこの映画に対しておぼえました。すごく面白かった。
いやー、なんだコレ最初からずっと薄ら胸クソ悪い展開。終始ずっとドロドロした人間関係だし、苦手な人は耐えられなくて見ていられないかも。個人的には嫌いじゃなかったけど。
>|