SYNCHRONIZERの作品情報・感想・評価

SYNCHRONIZER2015年製作の映画)

SYNCHRONIZER

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:83分

3.6

あらすじ

男と女の愛と狂気がもたらす、予測不能なサイコスリラー。人間と動物の脳波を同期させるという無認可の研究を孤独に続ける、研究者の長谷川高志(万田祐介)。研究所で立場の弱い彼を見守る同僚の木下萌(宮本なつ)は、この実験が、脳機能障害をも改善させる素晴らしい成果をもたらすことに気づく。共に研究を続けるふたりは、やがて私生活でも愛し合うようになる。一方高志は、動物だけでなく人間と人間の脳をつなげることで、…

男と女の愛と狂気がもたらす、予測不能なサイコスリラー。人間と動物の脳波を同期させるという無認可の研究を孤独に続ける、研究者の長谷川高志(万田祐介)。研究所で立場の弱い彼を見守る同僚の木下萌(宮本なつ)は、この実験が、脳機能障害をも改善させる素晴らしい成果をもたらすことに気づく。共に研究を続けるふたりは、やがて私生活でも愛し合うようになる。一方高志は、動物だけでなく人間と人間の脳をつなげることで、母・春子(美谷和枝)の認知症を治せるかもしれない、と希望を抱いていた。だが萌はその研究成果が思わぬ結果をもたらすことに気づき、高志を止めようとするが……。大切な人のために倫理を超えた実験に没頭する男。そんな男を盲目的に愛する女。そして息子の愛を一身に受ける母。3つの愛は、やがて人々を狂気へと誘い、暴走する。果たして彼らの愛が行き着く先には、何が待ち受けているのか?

「SYNCHRONIZER」に投稿された感想・評価

oucky

ouckyの感想・評価

3.2
監督は「宇宙貨物レムナント6」の万田邦敏。ってもレムナント6が解らない人の方が多いっすね。96年WOWOWで放送されたSFTV映画なんです。ぶっちやけデキは悪かったですが、当日、WOWOWに加入してたので観ることができました。まだ、若い僕は生意気にも「多チャンネル時代が到来してソフトパッケージが手軽に制作出来る時代が来る!」なーんて思ってましたけどね。
とにかく、本作は役者がダメ…。脚本、演出、音楽等中々面白いです。しかし、役者の棒読み感が半端ない。予算の関係だったのかもしれませんが中々ヤバいレベルです。その他、セットも予算の都合なのか古びた日本家屋で脳波実験が行われる様はとってもシュールな映像となります。
題材はとても面白いです。脳波を同調させることにより、相手の脳を活性化させていくとう設定。その事により互いの意識を共有したりとなんとも奇妙な感じです。「アルタードステーツ」という映画で行われた実験などを思い出させます。
監督は是非、万田監督のままでハリウッドリメイクをしたら中々カルトな映画に仕上がるのでは?と思う程残念な結果になってます…
夜な夜な人間と動物の脳を同期させる実験を繰り返す研究者である主人公。
この実験で同期された側の萎縮した脳が回復する効果がある事がわかる。母親が重度のアルツハイマーである主人公は、無認可の実験を母親に始めるが…といった話。

なんというか世にも奇妙な物語にありそうなエピソードのように感じた。
出演者の演技が淡白なのもあり、また大きな演出などもなく割と淡々としていた印象。
ラストの展開などはまさに世にも奇妙な物語的な展開。
#2018-18
いかんとも形容しがたい凄いものを見てしまった。コアな映画見てる周囲の人にはぜひ見てもらいたい。
脳波の同期で認知症の母を治療しようというマッドサイエンティストもの。

どういう訳か、一部役者の棒読みや演技の乏しさが目についたが、ベッドを軸に繰り広げられる演出、立場の変化やドラゴンボールのセルのように形態変化していく様は眼を見張るものがあった。
同期中の声と、アレの時の声が同じだからつまりそういうことなんだろう。
演出の力だけで持たせる映画。そもそも役者の力など信じていないのだろうか?前作「イヌミチ」もそうだったけど。よくよく考えれば、「接吻」だって感情を見せない主人公の話だったし、この感情を極力見せないというのが、作家性の現れなのだろう。

冒頭のネズミとシンクロさせてからの迷路演出で面白いと思わせて、そういうのがずっと続く。まるでクローネンバーグな展開で、そういうのが好きな方にはお薦め出来る。いい意味で本当に気持ち悪い…。中盤からラストにかけては、照明も凝らして倍々に畳み掛ける。

にしても、主人公の兄貴の演技は相当ひどい。あと、ヒロインがアレの後にタメ口になるのと、お洒落になっていく様はお見事。
notitle

notitleの感想・評価

3.1
個人的実験の中で、接続したものと脳波をシンクロさせると、自分の意思を接続物に反映できることを発見した研究員の話。愛が狂気を生み、超えてはいけない一線を超える。よくありそうな設定な上、着地点も容易に想像できた。全体的に物足りなかった。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.6
万田監督 相変わらず色々引用するわ 独自の味付けするわ オリジナリティーが無さそうで あるような 何とも形容しがたい不謹慎な魅力たっぷりな作品だった

いや絶対どっかで観た設定で 結末もある程度読めるのに それでも最後まで緊迫させちゃう強引さが 本当に傲慢過ぎて きっと次も観るわな これは…

動物とのそれとか 男女のそれまでは予測の範疇でも 母を持ち出してくる このグロテスクな感性といい 同僚の美人でないエロスの際どさ もう全部が禍々しかった
Farm2

Farm2の感想・評価

3.0
ラストは面白かったけど、全体的に演技の酷さが気になって仕方なかった。
あと、私事で介護モノを見るのがキツイ。
紫色部

紫色部の感想・評価

3.0
2018.2.25 CS

クローネンバーグ的なツボを押さえつつ迎えるクライマックス(加えて、ハワード・ショア的なあの劇伴!)は最高だが、言葉で説明し切ってしまうようなオチはなんか微妙。裸Yシャツみたいなローブからのぞく宮本なつの脚の素晴らしさ!

このレビューはネタバレを含みます

 

自宅(CS放送)にて鑑賞。暴走系マッドサイエンティストもので、先進的な設定とは裏腹にチープなガジェットと(特に後半)日本家屋が舞台となるアンバランスさがユニークだった。タイトル表示時から往年のTVドラマを彷彿させるレトロな雰囲気有。長嶌寛幸の音楽が印書的で特にオープニングから多用される同期実験時等に流れるナンバーが佳かった。画面内の動きが少なく演技にも難有──普段はズレまくっており、たまに合う壊れかけの古時計みたいで心地が悪かった。月並みな展開だし、もっと飛躍的で衝撃的なオチが欲しかった。50/100点。

・文部科学省と監督が教鞭をとる立教大学現代心理学部の研究プロジェクト「新しい映像環境をめぐる映像生態学研究の基盤形成」の一環として製作されたと云う。“長谷川高志”を演じる万田祐介は監督の甥にあたるらしい。

・監督によると後半の舞台となる旧家は前作『イヌミチ('13)』と同じロケ地であり、これは意図したものではなく、予算的な折り合いによるとの事。三角関係を思わせる主要登場人物が三人と革新的な実験が閉鎖・隔離された空間で行われる等、共通点は多いが、製作に当たっては、D.クローネンバーグ『ザ・フライ('86)』を意識したと云う。

・痣の為か、或いは一途な愛情によるのか宮本なつの“木下萌”の献身的な言動の動機付けがいかにもステロ的で微妙だったが、シンクロ後の被験者に噛まれるのは、最初のハムスターからの名残だったのだろうか。古川博巳の“荒川正人”の濃い容姿と大きなネタバレになるが、“長谷川春子”のどこか愛嬌がある美谷和枝と妖艶な中原翔子が印象深かった。

・鑑賞日:2018年2月25日

 
WINSRIVER

WINSRIVERの感想・評価

3.8
謎の緊張感に包まれてた。絶対に乳首を見せない宮本さんの台詞がいちいちガツンと来る。ラストとか最高だし、このテイストで色んなタイプの映画作れるんじゃないかと思った。