SYNCHRONIZERの作品情報・感想・評価

SYNCHRONIZER2015年製作の映画)

SYNCHRONIZER

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:83分

3.6

あらすじ

「SYNCHRONIZER」に投稿された感想・評価

ヒト同士の脳波を同期させる…。禁断の実験に没入する科学者の狂気と愛を描くサイコスリラー。科学者として息子として、そして異性として越えてしまう一線。KODAMA生理学総合研究所。眼帯型脳波測定器。脳細胞再生。シンクロ率。「もえさんいつもありがとう。でも高志は私のものだよ」

このレビューはネタバレを含みます

シンクロ実験が、セックスのメタファー?

三角形の昼ドラ的な?

近親相姦的な。

主導権を取られ、恋は盲目。

なんか落語みたいな話という印象。
えし

えしの感想・評価

3.4
いきなり出てくる立教大学。

夜な夜な研究室でネズミと脳波を同調させる実験をしている研究者の男が主人公。
普段の研究では室内の立場が弱い主人公に心を寄せる同僚の女性がおり、彼の秘密の実験を手伝うこととなり2人は付き合うようになる。
そんな中、主人公の母が重度の認知症で施設に収容された。
実験でネズミの脳の萎縮が回復したことにより、主人公はネズミ相手に行っていた実験を母相手に行うことにするが…

低予算ながらも頑張っているSFスリラー。
マッドサイエンティストものって需要ありそうだけど、低予算だとチープに見えちゃうし中々の冒険だと思う。
割と面白く観れたんだけど、脇を固める俳優さんたちが、めちゃくちゃ棒なのが気になるけどわざとなのかしら。
テーマ音楽が怪獣映画っぽい。

日本映画専門チャンネル2018/6/25。
oucky

ouckyの感想・評価

3.2
監督は「宇宙貨物レムナント6」の万田邦敏。ってもレムナント6が解らない人の方が多いっすね。96年WOWOWで放送されたSFTV映画なんです。ぶっちやけデキは悪かったですが、当日、WOWOWに加入してたので観ることができました。まだ、若い僕は生意気にも「多チャンネル時代が到来してソフトパッケージが手軽に制作出来る時代が来る!」なーんて思ってましたけどね。
とにかく、本作は役者がダメ…。脚本、演出、音楽等中々面白いです。しかし、役者の棒読み感が半端ない。予算の関係だったのかもしれませんが中々ヤバいレベルです。その他、セットも予算の都合なのか古びた日本家屋で脳波実験が行われる様はとってもシュールな映像となります。
題材はとても面白いです。脳波を同調させることにより、相手の脳を活性化させていくとう設定。その事により互いの意識を共有したりとなんとも奇妙な感じです。「アルタードステーツ」という映画で行われた実験などを思い出させます。
監督は是非、万田監督のままでハリウッドリメイクをしたら中々カルトな映画に仕上がるのでは?と思う程残念な結果になってます…
夜な夜な人間と動物の脳を同期させる実験を繰り返す研究者である主人公。
この実験で同期された側の萎縮した脳が回復する効果がある事がわかる。母親が重度のアルツハイマーである主人公は、無認可の実験を母親に始めるが…といった話。

なんというか世にも奇妙な物語にありそうなエピソードのように感じた。
出演者の演技が淡白なのもあり、また大きな演出などもなく割と淡々としていた印象。
ラストの展開などはまさに世にも奇妙な物語的な展開。
#2018-18
いかんとも形容しがたい凄いものを見てしまった。コアな映画見てる周囲の人にはぜひ見てもらいたい。
脳波の同期で認知症の母を治療しようというマッドサイエンティストもの。

どういう訳か、一部役者の棒読みや演技の乏しさが目についたが、ベッドを軸に繰り広げられる演出、立場の変化やドラゴンボールのセルのように形態変化していく様は眼を見張るものがあった。
同期中の声と、アレの時の声が同じだからつまりそういうことなんだろう。
演出の力だけで持たせる映画。そもそも役者の力など信じていないのだろうか?前作「イヌミチ」もそうだったけど。よくよく考えれば、「接吻」だって感情を見せない主人公の話だったし、この感情を極力見せないというのが、作家性の現れなのだろう。

冒頭のネズミとシンクロさせてからの迷路演出で面白いと思わせて、そういうのがずっと続く。まるでクローネンバーグな展開で、そういうのが好きな方にはお薦め出来る。いい意味で本当に気持ち悪い…。中盤からラストにかけては、照明も凝らして倍々に畳み掛ける。

にしても、主人公の兄貴の演技は相当ひどい。あと、ヒロインがアレの後にタメ口になるのと、お洒落になっていく様はお見事。
notitle

notitleの感想・評価

3.1
個人的実験の中で、接続したものと脳波をシンクロさせると、自分の意思を接続物に反映できることを発見した研究員の話。愛が狂気を生み、超えてはいけない一線を超える。よくありそうな設定な上、着地点も容易に想像できた。全体的に物足りなかった。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.6
万田監督 相変わらず色々引用するわ 独自の味付けするわ オリジナリティーが無さそうで あるような 何とも形容しがたい不謹慎な魅力たっぷりな作品だった

いや絶対どっかで観た設定で 結末もある程度読めるのに それでも最後まで緊迫させちゃう強引さが 本当に傲慢過ぎて きっと次も観るわな これは…

動物とのそれとか 男女のそれまでは予測の範疇でも 母を持ち出してくる このグロテスクな感性といい 同僚の美人でないエロスの際どさ もう全部が禍々しかった
Farm2

Farm2の感想・評価

3.0
ラストは面白かったけど、全体的に演技の酷さが気になって仕方なかった。
あと、私事で介護モノを見るのがキツイ。