記憶の香りの作品情報・感想・評価

記憶の香り2006年製作の映画)

製作国:

上映時間:27分

3.2

「記憶の香り」に投稿された感想・評価

buccimane

buccimaneの感想・評価

3.0
普通に女の子放っとくのダメじゃんと思って没入感が削がれる…。
TaiRa

TaiRaの感想・評価

-
他人の本だからというのはあるだろうけど、濱口竜介の中ではつまらない部類。

バス通勤の男、バス停で待つ少女。花の名前や学生時代に記憶など、会話内容に興味を引く点が大してない。河井青葉が出て来てから死のムードは一貫してる。主人公の軽さはそれほど効果的に見えない。オフィスの虚無感はなんか懐かしい。非現実を感じさせる前に現実を感じさせておくべき。意図的な反復なのだろうけど、あまり面白くない同じ構成のカットが続く。本人としては習作なのかな。撮影の佐々木靖之にとっても。監督曰く「絶対に二度観て欲しい」とか。じゃあ、機会があったら。
スタンダードサイズでしたかね?調べたら16ミリということですけど、非常に黒が印象的に映された作品でしたね。
正直なんだか寓話なのか怪綺談なのかよう分からん話でしたわ。脚本が分かんなかったですね。あれだけ乗り物撮るのがうまい濱口監督ですら初期作品ではバスのなかの撮り方が凡庸でちょっと感動しました。
画像が悪くて暗すぎて厳しかったけど、そんな中でも少女の日焼けした肌と白いワンピースの対比が鮮やかに目に焼きつく。最後のバス停のひかりの美しさ。話はせつなくて好きだった。
香りは記憶を呼び覚ます。
河井青葉って声が柔らかくて素敵。
atsuki

atsukiの感想・評価

2.0
カサヴェテスの『ハズバンズ』が濱口竜介監督の支柱にはあるらしいから、『PASSION』の猫とか、『不気味なものの肌に触れる』の彼女とか、『親密さ』では戦争、『ハッピーアワー』では失踪、『寝ても覚めても』では震災など、いわゆる「死」もしくはそれを連想させる出来事が、私とあなたの関係性を駆動させていたと思うんだけど、結局のところ、今作はある男のリビドー的な物語だと感じる。つまり、私だけの話なのかな。他人の脚本でも良い作品はあるから、そういうところが間違ってるだけというか、濱口竜介監督的ではないんじゃないのかな。
菩薩

菩薩の感想・評価

3.0
あの世とこの世をバスが繋ぐ、私はそのバスを降りるべきでは無かったし、君はそのバスに乗ってはいけない。中間地点としての病院、死神としての河合青葉、忘れてしまった花の名前、忘れられない記憶の香り、けどその記憶も確かなものではない。



「赤黄色の金木犀」

期待外れな程
感傷的にはなりきれず
目を閉じるたびに
あの日の言葉が消えてゆく

いつの間にか地面に映った
影が伸びて解らなくなった
赤黄色の金木犀の香りがして
たまらなくなって
何故か無駄に胸が
騒いでしまう帰り道
なるほど。僕は脚本の良し悪しは分からないけど、濱口竜介が自分で書いてる脚本が好きなのは分かった。
映像が荒くて表情の動きが見えにくい。そのため皆ずっと心の声で会話しているような不思議な感覚だった

このレビューはネタバレを含みます

バスや電車に乗ってる人たちを外から見てるとあの人たちはもう死んだ人たちでこれからあの世に運ばれる人たちに見えてくることがある。プラットホームは此岸で電車は彼岸、河岸と川のようなものだ。
papikO

papikOの感想・評価

-
映画の中で、音がストンとカラダに落ちるときがあった。
それは、
耳が刺激される
じゃない。
ちゃんと感じる、だと思う。
iPhoneで観れる映画とか、ドラマとかじゃない。


音と同じように、キンモクセイの香りが漂ってきた。
においとか香りとか。詩人か。
て思う。
でも、
寝ても覚めてもでもそうだった。
五感。そうだ…わたしは人間だったなぁ。
優しい
>|