バイオハザードV リトリビューションの作品情報・感想・評価

バイオハザードV リトリビューション2012年製作の映画)

RESIDENT EVIL: RETRIBUTION

上映日:2012年09月14日

製作国:

上映時間:96分

3.2

「バイオハザードV リトリビューション」に投稿された感想・評価

yuu

yuuの感想・評価

3.6
ミシェルロドリゲスが敵…

かつての仲間だった人たちがクローンとなり登場。
と

との感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

時系列→?
目的→ロシア海下施設から脱出

アルカディアでとらえられたアリス
クローン祭り開催!ガンツ

施設ではクローンを使ってゾンビの襲撃演習?みたいな実験がされてる
カルロスクローンと穏やかに暮らすクローンアリスのお宅にもゾンビ
主婦でも尋常じゃなく強いクローンアリス
ベッキー

エイダとレオン なんなの???
ロシアの町並み カーアクション

ジル なんか変な虫で洗脳?されてた

やっぱり隊長はすぐ死ぬ
バイオの中で一番わけわかんない
Joker

Jokerの感想・評価

4.0
アルバート・ウェスカーとの死闘を終え、アルカディア号に囚われていた生存者達を救出して甲板へ出てきたアリス・アバーナシーを、上空からアンブレラ社の戦闘部隊が急襲する。それを率いていたのは、かつてアリスと共に戦った仲間のジル・バレンタインだった。圧倒的な戦力差を前にそれでも一人戦うアリスは、多大な犠牲者を生んだ壮絶な銃撃戦の末に戦闘機の墜落に巻き込まれ、海へ転落する。体が深く沈みゆく中、アリスは絶望感と孤独感に打ちひしがれ、意識が遠のいていった。
意識を取り戻すと、目の前には平和な家庭があった。耳の不自由な娘と頼もしい夫に囲まれ、アリスは主婦として幸せな朝のひと時を過ごしていたが、そこへアンデッドが襲来したことで、周囲はたちまち地獄絵図へ変わる。娘を連れて逃げ出したアリスはとある民家へ落ち延びるが、そこで娘を隠してアンデッドを撃退した直後、新たなアンデッドに襲われる。それは、自宅で身を挺してアンデッドから逃がしてくれた夫の変わり果てた姿だった。
再び意識を取り戻すと、アリスは謎の実験施設の独房に囚われていた。そこでジルから執拗な拷問を受けるが、突然セキュリティシステムが停止し、独房の扉が開く。アリスは逃走の末に施設の制御室へ到着するが、そこでアンブレラ社の元工作員エイダ・ウォンに出会う。アリスがエイダを殺そうとした時、モニター越しにある人物が現れる。それは、死んだはずのウェスカーだった。ここがアリスだけでは脱出が困難な場所であり、エイダがウェスカーの命令で救出に来たことを知ったアリスは、やむなくエイダと行動を共にするが、すぐそこにジル率いるアンブレラの攻撃部隊や強力なアンデッド、そして生物兵器が迫っていた。
かつての仲間から攻撃され、かつての敵に助けられるアリスは、果たして実験施設から脱出することができるのか。
振わなかった理由はまあ分かりました。でも好きです。無事にアンダーソン監督の描くラストに辿り付けますように。彼がこのまま監督で在り続けますように。
滝和也

滝和也の感想・評価

2.9
ミシェルの無駄遣い

最早、何処に行くのか
何がしたいのか、
わからん…。

「バイオハザードⅤ
リトリビューション」

ミシェル・ロドリゲスやシエンナ・ギロリーが再出演と聞いて期待したのですが…、無駄遣いです(T_T)

前作の引きから、再びアンブレラの地下巨大施設に閉じ込められるアリス。それを助けるウェスカー!?それはアンブレラが電子頭脳レッドクイーンに牛耳られたからだった…。

北斗の拳の世界から、第一作の世界観へ戻して脱出ものにするのは悪くないのですが、ゲーム的な展開すぎてチープになったのは否めない…。

何でもありですからね。シエンナ演じるジル以外はコピー、クローン。前作までにお亡くなりになった方々が総出演…。これキャラへの愛情とか、思い入れ無視かい(T_T) ゲームならあり得るだろうけど…。

処刑人とか、デカいやつ、武器使うゾンビとかキャラてんこ盛りなんだけど、盛り上がらないな〜。ミシェルもバケモンなんだけど、それでいいのかいって扱いだし。シエンナは何か劣化してCG感がなくなっちゃいましたし…。

これはミラ・ジョヴォヴィッチのPVですよ。綺麗さは変わらないし。美しいですし。その1点だけは変わらない!

後、よくわからないポジションで出てきたリービンビンは綺麗なんですが、中国資本が入りましたか…。

まぁ次で終わりですし…。頑張ります(T_T)
みや

みやの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

アンブレラ社の施設に捕らわれたアリスが、仲間たちに助けられながら仮想現実の世界から脱出するアクションホラー。

今までで一番ゲームっぽい。
元のバイオハザードがどんなゲームなのかは1以外は分からないのだけれど、所謂「ゲーム」な雰囲気が全編続く。
アリス側もグループ側も、いろいろなダンジョンや敵が出てきて、時間制限もあったりして面白かった。
凄く好き。
ストーリーとしては、シリーズの中で大して進んでいないのかもしれないけれど、単品として楽しめた。

一方で、これまでのシリーズでメインキャラクターだった人達が勢揃いでワクワクする。
女性陣の方がインパクトが強かったのだと再認識。
1のレインは特に印象に残っているキャラだったので、再登場してくれて嬉しい。
髪型が違うから前作の最後に出てきたのがジルだとは気付かず、今作でもなかなかイメージが結びつかなかった。
髪の色が与える印象って凄い。
新キャラ・エイダは赤のスリッドスカートにガーターベルトという素適なファッションで、顔も可愛らしくて好き。
相変わらず女性陣の美しさは上がり、男性のイケメン率は上がらなくて残念。
「美女だけを楽しむ映画」というのは監督の一貫したテーマなのだろうか。
一人くらいイケメンがいてくれてもいいのに。

次回はモンスターVS人間たちのガチ戦争なのかな。
人間側はサイボーグ化して強すぎると萎えてしまうのだが、迫力あるバトルを期待したい。
nico

nicoの感想・評価

-

20160920 hulu
20161226 TV

シリーズ5作目。

中島美嘉出てくるやつ。
敵の敵は味方ということで、ウェスカーと取りあえず組んで敵を倒しましょうぜってな感じで終わる。
今まで味方だった人たちのクローン?が襲ってくる。
ミシェル・ロドリゲス強すぎ笑
シュミレーションのアリスママが可愛い。
女同士の戦いもいいよね。
氷の下でゾンビにやられることろスカッとする。
皆山

皆山の感想・評価

3.3
ミシェル・ロドリゲスに抱かれたいという気持ちは変わらなかった
アリスは一体何体いるんだ?w

ゾンビの突然変異?w

今作はゲームバイオハザード4の影響が強いかなって感じ。

特にアリスとエイダの接近戦シーンとかセリフもいっしょ。(レオンじゃないけど)

個人的にプラーガを使うんだったらもうちょっとボスを出して欲しかった...

でもアクションは安定に面白い!

スタントマンの体格が良いせいか中島美嘉の脚が太いw
>|