犬ヶ島のネタバレレビュー・内容・結末

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿されたネタバレ・内容・結末

日本語も浮世絵も俳句も生活も、よく勉強したんやろなぁということがよくわかる。英語圏の人が主な対象として作ってるんやろうけど、日本の人にとっては逆輸入的に楽しめると思う。
話はどうってことないからあまり残るものはない。後半飽きる。
ずっと観たくてようやく観れた!
期待値大きくてハードル上げすぎかな?と思っていたけど全然余裕で大満足、すごく好きな作品。
飽きる瞬間が1秒もなくて、よく出来てるなぁ細かいなぁってスクリーンに釘付けだった。
時々客席で笑いが起こるくらいシュールな笑いもよい!
犬たちがとにかくかわいくて、世界観が本当に大好きで、絶対また観る!
観てよかったーーー!
発想は面白いが、話の展開は普通。クスリとユーモラスな場面はあるがほんとに普通。(チーフが実はスポッツ柄なのは冒頭から想像できた)
ただし、とにかく映像と、音楽の使い方が素晴らしい!背景とか細かい所の作り込みがとにかく素晴らしかった!ので、その分の点数をつけた。
話だけなら3点弱。
凄く好きな作品でした。(と言っても遅い時間に観た為ラストで力尽きましたが…)
犬が自由にマーキング出来てた時代の話でまず心掴まれ、登場人物は基本母国語を話すけど犬は英語という説明がツボでした。
ストーリーは切なくて、犬達の表情(特に涙目になってる時)に込み上げるものがあったのですが、笑える箇所もあっていい。
私が特に好きだったのは度々登場する喧嘩シーン。土煙から顔や手足が見え隠れするギャグ漫画的な描写が可笑しくて仕方がない。
チーフが特に好きなキャラで、「ノラ犬初めてのお風呂」のシーンも大好きです。まさかあんなに色が違うとは!笑
元々アタリ君を守ってきていたスポッツからその役割をチーフが受け継ぐシーンも良かったなあ…アタリ君と一緒に口笛吹くシーンからいい関係になってきてたけど、なんて切ないのだろうか。
ゴミだらけの島に犬を追放なんてことはなくても殺処分は犬に限らず多い現状。動物を大切に出来ない人に届いてほしい。
声優陣も豪華だけど気付けなかった人が多かったし面白かったのでもう一度観たい。
ウェスなのに、シネコンの上映多くない?と思ったけど、観て納得、極小の字幕を多用する演出に対応できる大きなスクリーンが必要だったからだ。文字の大きさは、その声を発する権力の大きさに比例する。科学者・ワタナベのぼそぼそした喋り方、犬や少年たちの小さな(しかしクレバーな)声に対して、小林市長の拡声器を通した権威の醜悪な馬鹿でかさ。その声を、翻訳のフィルターを通して、どう「観測」するかーー実験機器あるいは兵器のモニターで、テレビで、そしてわたしたちは映画のスクリーンでーーとそこで、映画とプロパガンダの関係が頭によぎり、ウェスおなじみの徹底的な正面の構図と上下左右のカメラの移動は、画面に映る視点は人工であること、恣意的であることをより強調する。異なる者たちを共存させない政治の暴力、異なる声と言語のすれ違いを描いているこの作品が、視覚と音、スクリーンを持つ映画でなければならない必然性を何度も噛みしめた。
画面と音の情報量の洪水で、解像度の高いアイロニーが高速同時多発するので、処理が追いつかないし、笑いの痙攣が収まらない! もう一度スクリーンで観て回収したいところ(ですが、適度にスルーしてもいいのだとも感じさせる、こなれたくつろぎのある作品です)。
日本語カタカナ漢字英語…ことばの波🌊🌊
涙を浮かべる瞳
遠吠え🐶
交換留学生
オノ・ヨーコ
北斎ビール🍺
日の丸構図が印象的!
ゆっくりまた見たい
初めてこの監督の作品を見たからついて行くのに精一杯だった。死はあっけないんだなって何度思ったことか。
相手のロボットそこは犬なんだって思った
面白い
犬派!
キャラ一人一人が絶妙に可愛いと可愛くないの中間くらいの造形で謎テンポ謎間謎ストーリーだけどそれらひっくるめて一周回って超可愛いっていうウェスバランス凄く好き。
三船敏郎おじさんスキーとしては小林市長とても嬉しい。
キーホルダー化とかしてくれないかなあ。
要所要所でめっちゃ笑ってしまった笑
特にあの留学生とホームステイ先のお婆さんとの寝る寝ないあんたはもーハァイ寝マスオヤスミナスァイの押し問答最ッ高。
あとハッカー君の主張は薄いが静かに押してくるドヤ顔。
腎臓手術の時のテンション(はーい繋ぐよー)(あー良かったですねぇ腎臓そんなに大きくなくてぇー)(はぁいガーゼー)、ドラえもんかよって感じの喧嘩シーン、薬注射されたワンコの漫画的すぎる体内描写、一本締めからのかんぱーい、軍用歯などなど。
超可愛かった...。
あと案外主人公のアタリ君が愛くるしいという訳でも無く犬に対して特段優しいって訳でも無く結構リアルに子供っぽくてそこが良かった。
助けてくれたワンコ達に今日からお前達僕の犬だお座り!的なジャイアニズムを発動させて七人の侍ムフーッ!てなっちゃってるとこ凄く可愛い。
声優めっちゃ豪華なのにどれが誰で誰がどれでってなった。
しかし腎臓手術の声が渡辺謙ってのにはぎゃふんってなった。
あ、あと同時通訳フランシスマクドーマンドにもすわってなった。
パグがティルダスウィントンなのは素敵。
細部まで作り込んである背景や大量の情報を一生懸命読み取ろうにも字幕も見ないとだったのでてんやわんやだった。でも2回目見る時は字幕すっ飛ばしていけたので割と画面に集中出来て小ネタ小道具満喫できた。
小道具本当に作り込みが凄い...。
ぜひメイキングを見たいし欲をかけば展示会とかして欲しい。
劇中の挿絵とかもっとじっくり見たい。
あと地味に渡辺教授をスモウレスラーが見張ってるの笑ってしまった笑
刺身作るシーンも本当に凄かったなあ。
あの蟹パキャッて開けての中身が本当にリアルで凄かった。
あと個人的に子犬が生まれてお乳飲んでるシーン、ふとデビットリンチのイレイザーヘッド思い出してしまって一人勝手にトラウマが再発しそうになった。
コゥバァヤァシィスポットがリーブシュレイバーなの納得しかない。
ウルヴァリン兄から来るリーブシュレイバーの犬感半端ない。からのスポットライトから来る忠犬感半端ない。
アタリ君の顔面ドアップからの歯軋りキリキリキリ好き。
音楽も全部優しくて可愛くて素敵だったなあ。
そして凄くファンタスティックミスターフォックスを見返したくなった。
そんな感じ。
ストップモーションアニメってこんなに滑らかに動くのかということに感動した。
特に、相撲と寿司を作る場面。

劇中のキャラクターが涙を浮かべる場面でこっちも涙を浮かべてしまいそうになる。
特に、アタリとスポッツが翻訳機を介して初めて意志疎通ができた場面。
実写映画よりも、キャラクターの感情が直接伝わってくるように感じた。

画面内の情報量が異常に高い。
どの画面を切り取ってもお洒落で可愛い。太鼓の音楽が日本愛を感じて、かっこよかった。
ストーリーは、登場してくる誰にも共感できなくて正直あまりのめり込めない。突然スポットとアタリの関係性が説明されたり、チーフがスポットの兄弟だったり、主人公アタリに共感出来る部分の説明が突然やってくる。
唐突だが、アタリも他の犬達の涙の描き方がこちらの涙腺を刺激するくらいのシズル感と呼べる絵力があった。
最後の終わり方は、あっさりだが、男の子が悪者のボスのもとへ乗り込んで自分の意見をスピーチして、世界が変わる、みたいなオチは、日本アニメではドラえもんやクレヨンしんちゃんでよく見るような気がした、海外ではあまりなさそう、、と勝手に思ってた。
最初、アタリの目の前に現れた犬5匹が何か決定するためになんでも多数決を取るのが日本人の特徴をちょっとだけ皮肉ってるような気もした。
>|