犬ヶ島のネタバレレビュー・内容・結末

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:101分

4.0

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿されたネタバレ・内容・結末

少し合わなかった
けれど、デザインがとても素晴らしかった

チーフかっこいい
すごい独特の世界観で日本🇯🇵表現してて興味深かった!!!!!!

改めて、日本って色んな意味で、特殊な国だよなあと。

ただ、もう少しストーリーがしっかりしてたらなとは思った!
監督の癖が強いから好き嫌いは分かれるだろうけど、映像や演出を楽しみたい人にはいい。海外視点の日本が詰まってる。ストーリーはシンプル。
終盤の盛り上がるシーンで少年が俳句読み出しますが、何処に感動すれば良いのか分からん様な句なので、大事な場面で何をふざけてるのかなと思いました。

また、日本が舞台なのに柴犬や土佐犬などの日本の犬種が出てこないのも何か不自然でした。

同じ舞台を使って同じ方法で作られたクボがそれなりにヒットしたのを受けて、二匹目のどじょうを狙いに来た作品なのかなと思いました。
好き!好き!好きー!

NHKの人形アニメとか結構見ているのでこれはもうほんとすごいとしか言いようがない!

見入っちゃって、煙が綿で表現されるところでアッこれ人形だったよな!とハッとする。よくできてる〜!相撲シーンで肌がぶるぶる揺れるのとかウヒョー!となるし。

黒澤明はやはり偉大だ。。。

そして毎回思うスカヨハの声のエロさ。ゾクゾクするね。

https://youtu.be/0AlFwDuS1tc

アートも素晴らしいですよ。気持ちに余裕があれば何度も見たい。

色調も含めおどろおどろしい雰囲気があるので余裕がないと無理w
見始めた感想
「あ、これヴィレヴァンの店頭に流れてそうだな」って。

海外からみた日本文化を
これでもかと取り入れた映画。

そして、ストップモーションアニメという
とてつもなく時間を費やしたであろう(実際4年近く使ったらしい)映画。

「犬ヶ島」という題名だから
犬がいっぱいいる所を倒しにいく
「鬼ヶ島」的要素があるのかと思ったら
その逆で、犬を助けに行くっていう。笑

テンポよくすぐ見終わりましたが
なんか内容は結構薄かったな〜〜。
とにかく世界観の完成度が高い!
日本が舞台ってなるとツッコミどころが多い映画も多いけど、ゴミ捨て場って特有の場所なのもあり違和感とかもなかった。
旅館だったり学校だったり、日本ぽさ出したいシーンは小出しな感じだったから、そこに日本の要素が詰め込まれてて良い。

シュールだけどテンポ良いし、表情も豊かで愛着が持てる。

とにかく映像が良い!!!
どのシーンも絵になるから、画面が常に楽しい。
映画見てからパペットのコマ撮り知って驚いた。毛並みや犬の動き、涙とか、コマ撮りで難しそうなことを普通にやっててすごい。ナツメグの毛並みの光沢がきれいで、美犬というのがよく分かる。同じ言語は話さないけど、同じ口笛を吹くのが意思疎通できてるぽくて素敵。やけに誇張された日本要素が気になってしまうし、最後の俳句の意味が本当に意味わからなかった。2回目見るとそんなもんかって気にならなくなった。
ストップモーションアニメだろうと、案の定ウェス・アンダーソンのシュールな空気が充満していた。
外国人から見た日本をあえて選んで描写している気がして、なかなかニクいなと思ったし、これは外国人にしか作れないなと。

最後はみんなで本島に乗り込んで行くんだけど、この展開は分かっていても面白かったし、素晴らしいラストだった。
面白かった!

他の作品では味わえない独特な世界観に引き込まれました!!

あれをすべて手作業でアニメーションを使わずに作っているのだと思うと素晴らしいと思います。

ストーリー的には最初らへんに大体分かってしまうし、そこまで独創性のあるものではなかったが、犬たちや少年の感情の表現の仕方や世界観が独特で面白かったので、「まあいいや」みたいな感じ

とても中毒性があって面白い作品でした
>|