犬ヶ島のネタバレレビュー・内容・結末

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

4.0

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿されたネタバレ・内容・結末

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・オープニングから和太鼓ドンドコドンドコ盛大にならして、キャストのテロップをバンバン出してカオスの様相を呈しつつ笑、太鼓叩くマペット3体がダイナミックにぐるぐる回って、わたくし、うおおおお!!!と、圧倒されていきなり泣いた。笑

・『七人の侍』の音楽が不意打ち気味に飛び込んできて泣いた。終盤の方でウェス・アンダーソンっぽいアコギ系の曲(タイトル知らん)流れた時も泣いた。

・音楽アレクサンドル・デスプラさん、『シェイプ・オブ・ウォーター』に続き、ほんま最高でした。楽器なんでも使いこなしちゃうじゃん。。。

・とまぁ、音楽に絡んだ部分で、色々泣かされた。

・結局本作の何が良かったのよと言われれば、ざっくり「おかしみと優しさ」じゃないかなぁ。

・おかしみは、まぁまぁそのまんまで、犬たちの掛け合いもそうだし、アタリくんとチーフの絡みもそうだし。あとはヘンテコ日本的なところとか、ユーモア(とその情報量)がスクリーンから溢れてたよなぁ。

・優しさは、例えば犬ヶ島という過酷な環境での犬同士の助け合いであり、犬たちによるアタリくんの救出と支援であり、まぁ、随所に優しさがあったよなぁ。例えば好きなのは、アタリくんが寝てる横で、犬たちが「アタリってあの小林市長の子供だろ?やばいぜ」と会話している時、「いい面を見よう。わざわざ飼い犬を探しにここまできたじゃないか。」と、伝聞や思い込みからくるマイナスイメージを、自らの目で見た真実で覆すところ。この「いい面を見よう。」が大好きで大好きでめっちゃ泣く。「いい面を見よう。」なんていい言葉なんだ。

・ウェスのインタビューから読むに、全然意図的じゃないようなんだけど、この映画にはとにかく今の社会・政治の問題が滲んでいて、このコミカルで軽快な語り口とビジュアルからそれが放たれていると思うと、アンバランスさがとても良くて好き!

・政府のプロパガンダ、市民(国民)の敵対感情を煽り、特定の種族を排除したり。あるいは前述のような、伝聞や思い込みで、差別をしてしまったり(犬が島先住民が凶暴だという情報とかね)。まぁ色々と。(ジャーナリズムも描かれているのがいいよね!『ペンタゴン・ペーパーズ』『タクシー運転手』!)

・それについてウェスは「社会に真似された」と冗談交じりに返してるんだけど、その返しもいいよね…。(この映画を作り始めた時、まだオバマ)

・原題『Isle of Dogs』を、音だと「アイ・ラブ・ドッグズ」に聞こえるってめっちゃ後になって気づいた。
ミニシアターでみた
好きなやつです
すごいよ
みんながウェスアンダーソンの世界
っていうから
ああ、この監督ってこういう世界観なんだ
ってわかりました、恐らく
前作からはだいぶイメージ変わったけれども。
これ2回みたいやつです!!!
人の名前もいい
犬は英語、人間は日本語
っていう分かれ目
海外の映画で日本語でてくると嬉しい気持ち。
シャンプーのシーン
第2章冒頭の曲
やや赤の雰囲気を感じてしまうデザインのポスター

キャラや世界観がめちゃかわいい
ウェス・アンダーソン監督作品は今作で初めて触れたのですが、なんて繊細でなんてとんでもない密度の世界なのか。圧倒されました。

ザックリとした感想ですが、
密度がなんだ、もう、すごい。
です。

もうとにかく面白かったし引き込まれた。ですがあまりの情報量とその密度に脳みそが処理しきれなくて「もう一回見なきゃ…」という感じで、ちょっと消化しきれませんでした。
字幕で見たので吹替を見てもう一度字幕で見たいです。

登場人物みんなが素朴でありながら凛としているのが大好きで、文明こそ発達しているがどこか重い空気が漂う世界観がなんとも不穏で。

アタリ役のコーユー君が素晴らしかったです。吹替のアタリは日本の子が吹替をしてるのでしょうか。劇中で日本語を喋っているキャラクターは吹替の必要はない気もしますが。これほど字幕版と吹替版を比べたいと思う作品もなかなかない気がします。
ストップモーションの動かし方もいい意味でクセがあって好き。言語化しづらい不思議な魅力でいっぱいの映画でした。
あとはマンガみたいなケンカシーン、あそこだけずっと見ていたいです。

円盤化の際にみた見ます。その時にまた何か書くかも。
ネームタグ
シャンプー
兄弟対面
飼い犬と野良犬
ワクチン
犬歯ミサイル
メモ
すべてを超圧縮した映画
ナラティブで語り、断片的な言語情報で補完する
平面的な描写が近代的
なんかずっと泣いてた。
ワンダーと変わらんぐらい泣いた。

アタリとスポッツの出会いのシーン、
家族を亡くして独りぼっちになってしまったアタリに、真っ直ぐと「貴方を守ります」「ずっと一緒です」ってそんな感じのことを言ってくれたスポッツ。遊びじゃないから無駄話するな!!って怒られつつも、コッソリ話しながら二人が友情を育むシーンでは、アタリと一緒にポロリ😢

人語を喋る動物すきです。(通じて無くても)
下半期(7月初旬)今のところナンバーワンです。

ワンちゃん可愛いんですけど、まさかチーフとスポックが兄弟だったとは思いませんでした。

あと声が良いなあ……。チーフの声がやたらいいと思ったら、ブレイキング・バッドのウォルター先生役のブライアン・クランストンさんでした。改めてめっちゃ声が良いな。

横スクロールの画面がゲームみたいで面白いって思ってたけど、Mrフォックスでもそういえば横スクロールがあったような……。

使った人形は1000体超え!すごい!変態!(褒め言葉)

ウェス・アンダーソンだなあ〜ってウェス・アンダーソンを浴びるみたいな、優勝したあとのビール掛けみたいな……。

好きなことやってやったぜ感があって、不思議とシェイプ・オブ・ウォーターを彷彿とさせました。

話は違いますが、なんか変態的なこだわりがみえて……(褒めてます)

面白かったです。また観たいな。
犬の不公平を糾弾するし犬は親友って言うけど犬と人が対等とは全然思ってないよね
日本の文化を上手く捉えて、作り込んでない当たり前の日常(ちょっと昔)を描いててすごい。
ただ日本人の日本語が本当に聞き取りづらくて、そうした意図が分からない。言葉なくても心で繋がるっていうメッセージ?日本人は英語話せないっていう偏見?
あと、アメリカ人の女の子が助けるっていうのもちょっと苦笑い。

でもペット大量に処分してるのは事実だしそれを変えないのは現状。日本は世界から見たら、(ペットに関わること)とても利己主義で人間中心なのかもしれない。

相変わらず作り込まれてて画面が魅力的でした。
>|