犬ヶ島の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

4.0

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

sakae

sakaeの感想・評価

3.8
ウェス・アンダーソンの新しい世界感を感じました。
しかし、彼の映画は本当にオシャレです。
ただ何故今この題材なのかと感じましたが、充実の完成度だと思いました。
モアイ

モアイの感想・評価

3.5
この監督の作品って、いつも不思議な世界を見ているような気がして、独特だなぁと✨最初から最後までテンションが変わらなく淡々としていると思うし。
でも展開の予想がつかないから、主人公達が助かって欲しいという若干のハラハラもある☆
おもしろかったです🎵
あと声のキャストがめちゃくちゃ豪華でビックリした(*゚Д゚*)❗
まゆ

まゆの感想・評価

-
今これ英語?日本語?ってなってしまった〜。日本語喋ってても日本語として認識できなくて、頭こんがらがった、、、もっと意識はっきりしてる時に見直します、、

あと太鼓の音がなんか胸がザワザワする
独特な映像が癖になる。

外国から見た日本の様な感じで。古い部分と新しい部分が重なった世界観。
横山

横山の感想・評価

5.0
あああああああああああああああーーーーーーーーー………!
これは…もう………ダメです…
ファンタスティックMrフォックスもロイヤルテネンバウムズもムーンライズキングダムも大好きだけどこれは超えてきたかも
今年のベスト映画かもしれない
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

4.2
松竹での「希望のかなた」との二本立て。共に不平等不公正への異議申し立てをテーマとし、銀熊賞受賞作品であり、日本文化の描写が挿入される。
細部まで徹底的な作り込みが成されている、箱庭的な世界観の画面を見ているだけで楽しい。情報量が多くて一回では消化しきれないほどだった。
画面の細部を見ながら字幕を読むのはかなり大変。常に刺激が供給されて展開も立ち止まらないので退屈とは無縁。
おそらく画面を完璧にコントロールするために、ビスタサイズの画面の上部にシネスコサイズで映像を映し、下部に字幕を表示するという徹底具合。
画面上に表示される文字は日本語英語併記なのだが日本語の方が大きくて読みやすかったりする 。こっちとしては有難いけど非日本語圏の人は見づらくないだろうか。
絵に描いたような悪役の独裁者があっさり改心したり、図式的な勧善懲悪の構図だったり、若干ステレオタイプ的な日本文化の使用だったりというのは、元々作り物感満載の世界だからか大して気にならない。
犬は人間にとって都合のいい感じの性格なのであくまで「人間目線」の作品ではあって、感動したりするのはちょっと分からない。
本筋とそこまで関係ない寿司作りのシーンのアニメーションに異様に力が入っていて面白かった。
話題になるので、一応毎回観るのだけれど、ウェス・アンダーソン監督の映画はハマらない…すごい映像だとは思うんですが…

もうなんか、しょうがないですね!好みの問題!考えるの諦めます!笑
namuge

namugeの感想・評価

-
ギャグがシュール過ぎるよ…

シンメトリー好きなウェスアンダーソンの作風は日本の風景とも親和性が高いんじゃないですかね、主人公たちの苗字が小林なのも、ほぼほぼ線対称な形の小林の字のシンメトリーとしての美しさにウェスアンダーソンが惚れ込んじゃったんだろうなあキット…知らんけれども。

日本が好きだとは到底思えないくらいのトンデモ日本感が逆に清々しい。舞台がウニ県メガ崎市だからね、どこだよそれ。

ペロっ…これは麻薬…!ならぬ、ペロっ…毒わさび…!で渡辺さんが死んじゃう場面とかも可笑しい。

日本キャストはいっぱいいるのに俳句はもう少しどうにかならなかったのか。
大尊敬ウェスアンダーソン監督の待望の新作やっと観た。ウェスアンダーソンの節が炸裂してて開始10秒くらいで感動してた。とても良かった。最高だった。センスがありすぎて嫉妬しかない。日本もウェスアンダーソンの手にかかればこんなに魅力的な世界になるんだなと。日本にもこういうすごい監督いればいいのになあと思う。もう一回観に行きたい。というか何度も観たい。
>|