犬ヶ島の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

4.0

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

犬ヶ島、観た。
映像、音楽、台詞、温度の低さ、センスが良過ぎる。そもそもこれはどういう経緯で、日本が舞台で出来たんだろう。話はもっと感動させる系かと思ってたけど、全然こちらの話の方が好き。nutmegの芸が妙に色っぽい、けど天然入ってて笑っちゃう。
ウェス・アンダーソン監督
yamuki

yamukiの感想・評価

4.5
不思議な日本が舞台の、独特な世界観のパペットアニメーション。
これでもか!という作り込みと、ぎこちない日本語と英語の交じり具合もいい。
監督の変態的こだわりに拍手です👏

ストーリーは王道でも世界観も相まって、犬の一途さ賢さ、仲間と人間との絆にはうるっと来ます。
大袈裟な喜怒哀楽は無いけど、目での感情表現や間の取り方が素晴らしいです。

個人的には、ラストの桜の花を取ってあげるシーンが一番好き。
繰り返し観たくなる映画です。
ma

maの感想・評価

-
英語で見たかったけど、森川さんの声聞きたくて日本語で見た笑笑
日本が好きじゃないとこんな作品は作れないだろうなと思い、嬉しかった
ウェスアンダーソンの飴みたいな世界観が好きだけど、こんな雰囲気もありだなと
me

meの感想・評価

4.6
最初の太鼓の音だけでもずんずんくる
音楽が民族的ですんごいごきげんです
細野晴臣とかオノ・ヨーコとかびっくりするけどアタリくんも最高なんじゃないでしょうか、オーディションの音声を使ったっていうの、とてもすてき
アタリくんがすっごくよいんだよね
人格も性格わかんないけど
犬から見た人間、という感じ
きのこ雲の描写は批判がこないかどきっとしてしまいます
メガ崎って名前だけでもとってもアニメでよいんだけど、縦になって漢字みたいになるの、それもすき
めちゃくちゃシュール!なんか日本を客観的にみるとこんな感じなのかなーって、笑った!笑
これも機内で!すごくトリッキーで好みではある!笑 シュールの極み!
AireMaeda

AireMaedaの感想・評価

3.9
面白かった〜!ストップモーションなのすごい!犬が一匹一匹個性的で魅力的でそれだけでも十分楽しめる。
アタリくんの喋り方の可愛さ!あと日本人声優陣の豪華さに反してめっちゃ出番少ないのがウケる。
ウェスアンダーソンから見た日本が正しいようなちょっと違うようなで笑えた。
劇中の字幕がクソ読みづらいのなんとかしてほしい。
日本への愛情は感じられる作品ですが、日本語吹替での鑑賞なハズが、字幕もあり何だか中途半端。

皆さん評価がよろしいようですが、淡々としているので退屈だし、ストーリーもちょっとね~(..)
いぬ捨て山ならぬ犬ヶ島に犬を捨てるとは、映画と言えども私としては穏やかではないです。
途中で観るのを止めてしまいました。
いその

いそのの感想・評価

4.1
音楽、映像、演出。
全てが新しさと、製作者の遊び心で溢れているすごく見ていて楽しくなる映画。

この映画を観たあとしばらくは街を歩いてる犬が喋り出しそうに思うから不思議(笑
普遍的なテーマを下地にしつつも、観る人の想像力でいくらでも解釈しようがある余地のある不思議な作品。


特定のコミュニティの隔離や差別というテーマ設定自体は普遍的だし、実際ストーリーも骨格は単純で、ズートピアなどと通じるものもある。
しかし、本作の不思議なところは観る人によって解釈が異なる想像の余地が残されていることだ。現在の政治体制への批判や民主主義のあるべき姿を考える作品ととる人もいれば、世界的なテロとの対立を想起する人もいる。とことんこだわった美術は、極めてディテールに凝っているが、それが単純に作品の世界=日本にとどめない発想をさせざるえない、見ていてそれぞれが何かを考えざるえない不思議な魅力を持っているのである。

※以下は、ネタバレになりうる記述を含みます。






さて、作品を観て私が一番謎だったのは、ラストの小林市長の決断だった。なぜ急に人が変わったのか。私は有権者へのアピールのため動いたのかと思っていた。しかし、本作を先に観た弟に、これは結局小林市長が悪い人ではないと見せたかったのではないかと言われ考えさせられた。思えば、本作は言わば無血革命を成し遂げるわけである。犠牲は出るものの、大挙した犬たちが街をめちゃくちゃにしたりしない。実は、ここに監督の日本への愛があるのではないか。明治維新も、結局戊辰戦争で犠牲者が出るものの、肝心の政権交代(大政奉還)自体は無血開城であった。時として、政府に躍らされ騙されるも、根本には優しさをもつその市民たちの描写こそ、日本人のよさともとれ、そこに監督の日本への愛を感じた。
赤鬼

赤鬼の感想・評価

3.0
日本愛に溢れている作品だと何かにつけて宣伝されていた印象が強いけれど、見終わった後は嬉しい気持ちや日本を誇らしく思う気持ちよりも、虚無感の方が残る映画だと思った。
日本人も外国人も、今じゃなくて昔の日本が好きで、この映画は「ALWAYS 三丁目の夕日」みたいにがっつりその年代の映画でって訳では無いけれど、それでもやっぱり過去の栄光みたいなものをどうしても感じてしまった。これを見てウェス アンダーソンは日本が好きなんだ!と喜べる映画では無いと思った。
隣で見てた人は終始いびきをかいており、見終わった後も不満タラタラなのがこちらに伝わってくる程だったけれど、犬を愛している人なら泣いちゃう映画。実際私は2度泣いてしまった。不可抗力。
>|