犬ヶ島の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:101分

4.0

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

細部の細部までウェスワールドだった
舞台挨拶みてサインもらった監督控えめだったかわいい
おのれ

おのれの感想・評価

2.5
センス良さげな人たちの高評価に釣られて観てみたが、正直そんなに楽しくなかった。
seckey

seckeyの感想・評価

-
アイディア賞!‬
‪オープニングからオリジナルで、彼からみた景色はどこを切り取っても面白い。‬
‪ウェスアンダーソンと日本は両想いです。‬
Ideon

Ideonの感想・評価

3.5
未来の日本、ウニ県メガ崎市では、コバヤシ市長の強権政治で、病気にかかった犬たちを離島のゴミ島に追放し、世論を抑えるため義理の息子アタリの飼い犬も追放してしまった。アタリは愛犬を助けるために単身飛行機でゴミ島に乗り込んだが、飛行機は故障して墜落してしまった。捨てられた犬たちに助けられたアタリは、市長の間違った政策を正すため、五匹の犬たちと立ち上がるというお話。
日本を舞台にしたウェス・アンダーソン監督の人形アニメ。音楽は黒澤明作品、キャラクターは三船敏郎、中島春雄など、東宝映画にゆかりのある人々がモデルになっている。奇想天外な話だが、日本文化は忠実に再現されており、監督の強い日本愛が感じられる楽しい作品である。
日本人が作ったのかと思った。それくらいこの監督は日本人の表現がうまいなと。
考えさせられる部分ありでした。
izumo

izumoの感想・評価

3.8
最初は犬版「ニンジャスレイヤー」かな?と思い、
徐々に「七人の侍」へと化けていった、そんな作品。

背景とか、犬の毛並みとか、物凄い作りこみ。
しかし、それ以上にこの映画、日本文化への愛が、ともすれば
日本人以上に溢れている点が特筆すべき点だと思う。

いまの我々に5・7・5の17文字であれほどのイメージ世界を構築できるひとがどのくらいいるだろうか?

消費じゃなくて玩味する必要を、この映画は教えてくれる。
推し犬はデュークとナツメグ

出演者が国内外問わず豪華すぎて笑ってしまった(でも日本語なぜか音量小さくてほとんど聞き取れなかった)
監督の日本への愛が良くも悪くも溢れてる!
myco

mycoの感想・評価

-
ウェスアンダーソンのアニメ映画!
日本でドッグ病が流行して、犬嫌いの市長が犬ヶ島に犬を追放して、、、の話。
やっぱり独特も独特な色使いとシニカル感!

あまりアニメを観ないけどストップモーションってすごさを初めて感じて、アニメも良いと思えた!

日本を舞台としてるのと、声優のキャストが豪華なのも嬉しいところ。
anna

annaの感想・評価

5.0
まさに脱帽!ウェスアンダーソン監督の日本に対する愛を感じたしさらに野村訓市さんとの交友関係からはじまった作品って聞いてさらに興奮!!!!!!
ruesuke

ruesukeの感想・評価

4.5
テレ東の「池の水 全部抜く」は当初面白いなぁと思い観てましたが、「外来」と言うだけで池に住まう生物を駆除する姿勢だか思想が際立って感じられるようになり、回を重ねるごとに嫌な気持ちが加速する残念な企画となっています。
ヒトのあり方、社会のあり方を「べき論」抜きに語ると、つまり自然なあり方とはこんな感じです。

ヒトや社会を映画という方法で示した、これは面白い映画でした。
>|