グランド・ブダペスト・ホテルの作品情報・感想・評価

グランド・ブダペスト・ホテル2014年製作の映画)

The Grand Budapest Hotel

上映日:2014年06月06日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

1932年、格式高いグランド・ブダペスト・ホテルには、“伝説のコンシェルジュ”と呼ばれるグスタヴ・Hがいた。究極のおもてなしを信条とする彼は、宿泊のマダムたちの夜のお相手もこなし、多くの客が、彼を目当てにホテルを訪れる。しかし、彼の人生は一夜にして変わる―― 長年懇意にしていた“マダムD”が殺され、貴重なルネッサンス時代の絵画と莫大な遺産争いに巻き込まれたのだ。ベルボーイのゼロとともにコン…

1932年、格式高いグランド・ブダペスト・ホテルには、“伝説のコンシェルジュ”と呼ばれるグスタヴ・Hがいた。究極のおもてなしを信条とする彼は、宿泊のマダムたちの夜のお相手もこなし、多くの客が、彼を目当てにホテルを訪れる。しかし、彼の人生は一夜にして変わる―― 長年懇意にしていた“マダムD”が殺され、貴重なルネッサンス時代の絵画と莫大な遺産争いに巻き込まれたのだ。ベルボーイのゼロとともにコンシェルジュ・ネットワークを駆使するグスタヴは、誇りをかけて謎を解き、ホテルの威信を守ろうと大戦前夜のヨーロッパ大陸を飛び回る!

「グランド・ブダペスト・ホテル」に投稿された感想・評価

akrutm

akrutmの感想・評価

4.0
数年前にヨーロッパ行きの飛行機で途中まで見たままになっていたので、きちんと最後まで鑑賞してみました。前に見た時のあまり面白くないなあという感想は今回も基本的に当てはまるのですが、映像がとても素敵です。ストーリーで魅せる映画ではなく、映像そのもので魅せる映画なんですね。出演者が豪華なのも見どころですね。
あ

あの感想・評価

3.8
全く期待しないで観たんだけどすごく面白かった🙌🏻✨
感動したとか泣けるとかではないんだけど、現代から過去の時代が繋がってる感じがすごく良い構成だった👍🏻
ピンクが目立つカラフルな画面は可愛いけど、ストーリーはわりとシリアスで、生首とかも出てきたりして、なんか「本当は怖い童話」みたいな感じがした👸🏼
「グスタフさんは、もう存在しない世界の幻を見事に演じた」ってのが映画全体を表してるみたいで素敵だった💜
あとやっぱ脱獄シーンってわくわくしていいね😁
あきら

あきらの感想・評価

4.5
最初は素敵過ぎる映像を目に焼き付けるのに必死で、内容理解が追いつかなかった。

二回観てやっとわかるのですが…
世界大戦という時代背景も匂わせるストーリーで、見た目に反して棘のあるシーンも多々ありますが、そういうのが好きな方は是非観て欲しいです。

本当に細部まで作りこまれていて、物凄いこだわりを感じます。一回観るくらいではそれを堪能しきれません…

彼の作品の中で一番好きです。
ふうこ

ふうこの感想・評価

3.6
ロビーボーイゼロの目を見開く演技が好き。四角いアスペクト比で展開する回想シーンすてき。ヨーロッパの人たちが観たらもっと深い感想を持つお話なんだろうな
犬ヶ島のために再見。むちゃ面白いんだけど、もう少し肩の力を抜いてほしいというか。
明らかに「郷愁」の話なのに、私はなんだかそこにあまり入り込めない。「郷愁」といえば、その土地・街の景色をきちんと捉えることが大事だと思うのだけれど、この映画の景色は作り物感が強すぎて「土地感」が薄れているから、私には「郷愁」が感じられないのかもしれない。
Haruka

Harukaの感想・評価

4.3
率直な感想は、かなり面白かった!!!
個人的に撮り方、美術の使い方が面白いと思えたポイント。「犬ヶ島」の予告でウェス・アンダーソンの名前を見ていたからか、なるほどと撮り方に納得。
ストーリーのテンポが良くて、あっという間に話に引きずり込まれて観てしまう。
映画にあるグロいシーン好きじゃなかったけどこの程度なら観れるな、と。でもそれはきっと、この映画がおもちゃ箱のような、「絶対現実に無いだろ」という作品だからなのかもしれない!
久しぶりに、「観た〜!!」という満足感120%なのです。
ゆぅ

ゆぅの感想・評価

4.7

絵本読んでるみたいでかわいい
小道具にめっちゃ力入れてて世界感出してるなって
ぽん

ぽんの感想・評価

2.3
.
2018🎬4
グランド・ブダペスト・ホテル
.
.
魅力的な廃墟だ
.
過去のストーリーが淡々と話されてくコンシェルジュのお話。世界観かわいいのに、ふつうに人死んでくの怖いけど、やっぱりかわいい。グスタフとゼロ、ふたりの関係性が心地よくて、最後には素敵だなって自然と思える映画だった。あと、アガサに関しては、純粋で勇敢で、いかにも愛される女の子😌「アガサの名を思い出すだけで、感情が抑えられない」っていうゼロが印象的だった。
ここからは全然映画とは関係ないけど、ホテルマンという仕事はお客様の期待以上に応えることが普通?な感じがして、めっちゃ大変だと思った。でも自分たちが普段生活する中でも、相手の期待以上のこと、100じゃなくて120のことを察してすることは大切だし、サービスは印象とか「また来たい!」って思わせるうえで、AIじゃなくて人間だからこそできるものとしてこれからも大切なんだろうな、と思ったね〜〜就活生だね〜。
Knock

Knockの感想・評価

4.0
ホテルという特別な場所に始まり、そこが舞台となるかと思いきや飛び出してどんどん旅をしていく。そして、最後はまたホテルに還ってくる。
装飾の凝った、美しい絵本のような映画だなと思った。
ミステリー要素や人間の仄暗い心情、強欲さも描かれているのに、どこか滑稽で小気味好い。
純粋な少年と、純粋なようで世を渡る術も知っている大人のコンビが好きだった。
結末は呆気なさを感じたけど、そのくらいの軽さの方が合っていると思う。
強くてクセのある色彩、やや離れて低く構えたカメラ、たいていのカットで人物を真正面から捉えて、画面は真横か真縦か前後にしかスクロールしない。独特なルールで作られた奇抜な映像がたのしい。

ただ奇抜なだけでなく、本を渡す場面でのスクロールのアイデアは感激したし、パート4のタイトルが出てからの楽しさったらないし、「代われ」などのユーモアにもハマった。

音楽はマンドリンが軸なんかな、次々と楽器がかわってすごくたのしい、スコア見てみたい。あと、そこにエドワードノートン、レアセドゥ、ビルマーレイ、熊の剥製を置くセンスも好みだった。
>|