マイ・エンジェルの作品情報・感想・評価・動画配信

「マイ・エンジェル」に投稿された感想・評価

結婚が破談になり。娘と二人暮らしも、姿をくらませてしまう。娘はトレーラーハウスに住む男に助けられる。入りびたる。
海風

海風の感想・評価

4.0
内容はクソなんだけど、世界観はいいね〜!
映像がとても好きだった。少女の毒っ気が大好物なので、ビビットピンクを身に纏い、メイクをするエリーの容姿は幼いながらも危ない大人を感じさせていて可愛らしかった。

アルコールに飲まれるタイプの人はこの世に沢山いる。中身のない綺麗な言葉だけで愛を伝えようとする人もいる。
愛情を感じられない子どもは、同じ道を歩むんだと思う。誰かに寂しさを紛らわしてほしくて たまんないんだよね。友達関係もうまくいかないし、不良にはなめられて絡まれるし、食べ物もないし、寄り添ってくれる相手に依存してしまう。愛をもらうためだけに日々を生きるようになる。

Q.母親はこの後変わったのか
A.変われるわけ
と答える人が多いと思うけど、私は変わる希望に賭けたい。存在のデカさに気づいたから、フリオと共に助け合って生活してほしい。
一生ママのエンジェルフェイスでいると思うな。
自分のことを命がけで守ってくれる人に出会えてよかった。
(P.S. ほとんどの人が評価高くないのは承知だしその理由も分かるけど! )
楽園

楽園の感想・評価

3.0
オスカー女優で大好きな女優さんの一人
マリオン・コティヤール主演のフランス映画を動画配信サービス『U-NEXT』にて定額見放題で視聴しました。

映画自体は、ハッキリ言って胸くそ悪くなる内容の作品でした。
映画が面白くない訳ではなく、母親役のマリオン・コティヤールに頭に来ました!

子供を一人残して、男のところへ行く母親なんて
ありえん!

エリー役のエイリーヌ・アクソイ=エテックスちゃんは、めちゃ良かったです。

しかし、マリオン・コティヤールは幸薄い役を演じたらピカイチですねー

映画自体は、つまらない作品ではないので...
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
またもやマリオンコティヤール鑑賞!

どうしようもない母親役合ってました!

でもこれはマリオンコティヤールよりエリー役の子が良かった。
移動遊園地→花火のアンニュイな感じとかフリオと一緒にいる時だけ見せる笑顔とかいいわ〜この子。
でも11歳?でお酒を覚えてしまって将来マルレーヌみたくなるのではとちょっと心配です。

この監督絶対是枝作品のファンよね?ファンでなかったとしてもかなり影響受けてそうだな〜と思いました。
U-NEXTで。

自分の結婚式で男とハメるクズ女を演じるマリオン・コティヤール。

もうね、なんなんだろうね。
この手のシングルマザーの話って子供をほっぽらかしにするくせに子供に執着するじゃない。
子供育てられないなら養子に出すか施設に預けなよって思うのはしょせん他人事だからかな。
しかも大体救いようのない話だったりするじゃない。
ママにきちんとした就職先紹介すれば解決する?それでも働かなかったらどうすりゃいいの。
この話もエリーの人生はきっとママと同じような感じになっちゃうでしょ。もうみんな『存在しない子供たち』観てからセックスして。
megumi

megumiの感想・評価

-
「マイエンジェル」
苦しくなっちゃった
親がこう言った場合子供はどうしたらいいんだろうね
一体何の業を犯してこんな親の元に居るんだろう、、何もしてないのに可哀想に尽きてしまう、無力になっちゃうなこういうの見ると
正解とか出口とかが見えない、分からない
きっとこの負の連鎖をどこかで誰かが断ち切らなきゃ永遠に続いてしまうんだろう
映像とカット、音楽、出てくる人の容姿が美しすぎて大いにカバーできていたと思う
でもやはり無気力になってしまう、そんな

☆4
m

mの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

結婚パーティーでのあの空気の読めない歌の内容が破綻に関係するのかと思ったけど違った。歌詞の内容に意味はなかったのか…
そもそもなんで再婚できたのか謎。あんな広めのかわいい部屋に住めるのかも謎だった。
学校の先生が何も気づかないなんてありえないと思うけど、映画だからってことで現実では先生たちには気づいてほしい。いじめのことも含め。
最後、男の人はあのあと大丈夫だったんだろうか…
残念だけど母親は何にも変わらないんだろうな。
女の子の演技と映像が綺麗なのがよかった。
フランス映画ってあんまり得意じゃないけど、これは出てくる女の子達が本当に天使のように可愛いからまだ見れた。
8歳でアル中にまでなるエリーが男の人と話すと時の口調がどんどんお母さんに似てきて、そこが1番見ていて苦しかったなぁ。
血は水よりも濃い。どんな親でも嫌いになりきれなくて依存して、分離したと思ってもどこか似てきてしまう。
子供は真っさら過ぎて怖い。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.7
覚悟

期待と諦めが混同した言葉が続く、荒みきった世界線だった。
焦燥感に心がざわつくが、美しいとも思ってしまった。
「男とハムハムする人」子供目線で見上げれば、母・マルレーヌはそんな人。
それでも愛されようと熱い目線を送る娘・エリー。
8歳の少女の心が孤独で埋め尽くされたとき、瞳は曇り始める。空っぽのプールで叫ぶ少女の姿は、まさにマルレーヌそのもの。目の前の大人の見本に似ていくのだ。
「親のいない子供はゴミ捨て場行きよ」というセリフが一番辛かった。
リゾートのイメージがある南フランスでも、シーズン外は殺風景。
お気持ち程度の夜灯りと作りこまれた遊園地の光。
唯一手を差し伸べてくれる存在がいて、本当に良かった。

***
その日暮らしの母娘。再婚が決まり、希望に満ちていた母親だが、大きな失態により夢破れる。二人の関係は完全に破綻し少女は取り残されてしまう。
MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

3.7
シンプルに、刺さる。男性に対するすり寄り方が、無意識にも、猫なで声で色目を使って媚び売る感じが出ているのがなんとも心が痛い。あの母を見てるとそうなってしまうよね。
母に問題があるのは明確だが、一体どうしたらいいものか。周りの人間が無理矢理にも介入する他ないのだろう。あの彼じゃそこまでしてくれなそうな…
>|

あなたにおすすめの記事